計測id 楽天アフィリエイト。 楽天アフィリエイトでスマホからはみ出る時の対策!収益を取りこぼさないで!

【ITP徹底解説】何がヤバくてこれからどうなる?ASPにも緊急アンケート

計測id 楽天アフィリエイト

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます• こんにちは! アフィリエイト広告の成果発生通知の仕組みを劇的に便利にしてくれたについてはもう読んでいただけましたか? 今日は、A8. net のシステム担当にバトンタッチして、アフィリエイトのトラッキングの仕組みについて、初心者向けの説明をお届けします。 net で現在主流になっているコンバージョンのトラッキング方法は以下の2つです。 ・ブラウザのCookieを用いたトラッキング ・パラメータ渡しによるトラッキング スマートフォンの出現前には、いわゆるガラケーの個体識別番号を用いたトラッキング方法もありましたが、ガラケーのCookie対応が進んだため 現在は事実上、個体識別番号に頼ったトラッキングはほとんど行われていないと思われます。 また、 A8. net では、上記以外にもIPやUser-Agentを用いたトラッキング方法を組み合わせてトラッキング精度の維持向上に努めています。 ブラウザのCookieを用いたトラッキング ブラウザのCookieを用いたトラッキングは、アフィリエイトだけでなく、ネット広告全般で主流となっている仕組みです。 アフィリエイト成果のトラッキングの場合は、広告をクリックしたタイミングでCookieを発行しておき、 ユーザが広告主ページの成果地点となるページ(会員登録完了や購入完了のページ)に辿り着いた時に 該当のCookieを保持していたらコンバージョンとなります。 ユーザがCookieを削除したり、ブラウザの設定でCookieを読み書きできない場合などは、この方法ではトラッキングできません。 古いガラケーなどに搭載されているブラウザではCookie自体が利用できない場合もあります。 また、Cookie はブラウザ毎に保持されているため、Internet Explorerで広告をクリックしてFirefoxで商品を購入した場合などもトラッキングできません。 最近では、iOSに搭載されているSafariが、初期設定で「知らないサイトや広告のみCookieの読み書きをブロック」するようになっているなど、 Cookieを用いたトラッキング精度には問題がないと言えない状態になっています。 パラメータ渡しによるトラッキング パラメータ渡しによるトラッキングは、広告をクリックして広告主のページに遷移する際に、広告を識別する情報をパラメータとして渡し、 ユーザが広告主ページの成果地点となるページ(会員登録完了や購入完了のページ)に辿り着いた時に 該当のパラメータを A8. net のシステムに返却することでコンバージョンとなります。 パラメータを広告主のシステムできちんと保持することさえできれば、異なるデバイスを挟んでもコンバージョンさせることが可能です。 (例えば、PCで会員登録し、スマートフォンのメールアドレスの存在確認が取れたタイミングでコンバージョンなど) それぞれのメリットとデメリット Cookie によるトラッキングもパラメータ渡しによるトラッキングにもそれぞれメリットとデメリットがあります。 パラメータ渡しによるトラッキングは広告主のシステムで渡されたパラメータを管理しなければならないため、導入コストが高くなりがちです。 その反面、Cookie トラッキングでは広告主は成果地点に特定のタグを埋め込むだけなので低コストで導入できます。 対してパラメータ渡しによるトラッキングは広告主のシステムの仕様にもよりますが、 Cookie よりも高いトラッキング精度を実現しやすいです。 最近であれば端末推定技術が実用レベルになってきています。 一方、パラメータ渡しによるトラッキングは広告主のシステムから返されるパラメータを信用せざるを得ないため、 ASP 側でトラッキング精度を向上する余地はほとんどありません。 また、パラメータ文字列が長くなると広告主のシステムに影響が出る場合もあり、トラッキング関連で新機能を追加することが難しい場合があります。 最近 A8. net でコンバージョンリファラレポートがリリースされましたが、パラメータ渡しでトラッキングしている広告のリファラが取れないのはこのためです。 以上、アフィリエイトのトラッキング方式のお話でした。 それではまた。

次の

楽天アフィリエイト計測ID設定方法と注意☆ブログごとの報酬割合がわかるように!

計測id 楽天アフィリエイト

だから、TENGAじゃなくてよくね? WPアソシエイトポストR2の各種設定方法 では、WPアソシエイトポストR2が使いやすそうと思われた方に、設定方法をご紹介します。 WPアソシエイトポストR2をインストール、有効化するとWordPress管理画面の「 設定」に「 WPアソシエイトポストR2」が追加されますので、そちらをクリック。 すると、設定画面が開きます。 上から順番に設定していきましょう。 Amazonアソシエイトの設定方法 まず、Amazonアソシエイトのリンクを有効にするをクリックします。 Amazonの設定には「 アクセスキーID」と「 シークレットアクセスキー」が必要です。 また、Bitlyの短縮URLを使いたい人は、が必要になります。 これらは、説明書どおりに進めていけば問題ないでしょう。 超簡単。 ヤフーショッピングの設定方法 ヤフーショッピングの設定には、予めというASPへの登録が必要になります。 バリューコマースの登録ができたら、バリューコマース内でヤフーショッピングと提携します。 提携が完了したら「 sid」と「 pid」を取得します。 sidとpidを取得したらWordPressのWPアソシエイトポストR2の入力欄に入れるだけです。 もしもアフィリエイトの設定方法 を利用している場合は、もしもアフィリエイトのリンクを使用するをクリックします。 もしもアフィリエイトを使うメリットは、ASPを一つにまとめられるというところだと思います。

次の

アフィリエイトリンクのクリック回数をアナリティクスで計測する方法

計測id 楽天アフィリエイト

商品価格ナビ(価格比較)に設定 商品価格ナビに設定するかしないかはお好みで。 私は、「ON」に設定。 もし貼っている広告が品切れになっているとそこでサイトを訪れた人が離脱しやすいからです。 「ON」にしていると楽天の商品価格ナビページにリンクしてくれるので、リンクの飛び先で品切れを回避することができます。 画像を選択する 基本はトップ画像を選択すればいいと思います。 たまに、トップ画像はしょぼい、もしくは購入を検討している人に対してアピールになってない画像のことも…。 一番は、その画像を見た時に自分だったら「購入してみたい」「興味が湧く」画像を選ぶべきです。 計測ID こちらは特に設定していません。 カスタマイズをする チェックを入れる項目は、こちらです。 スマホで買い物をする人は約8割なので、楽天アフィリエイトで商品を売っていくためには見え方の設定次第で収入が変わってきます。 広告がスマホからはみ出ていると購入される可能性も低くなります。 設定は難しくないのでぬかりなくやって修正を増やしていきましょう!.

次の