オノンド 育成論。 【ポケモン剣盾】DLCの内定・追加ポケモン一覧【ソードシールド】

【ソードシールド】オノンドの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

オノンド 育成論

基本データ 全国 No. 611 オノンド 分類: あごオノポケモン タイプ: 高さ: 1. 0 m 重さ: 36. 25倍になり、異性相手だとわざの威力が0. 75倍になる。 かたやぶり 相手のダメージ軽減・無効化・回避に関する特性の効果を無視してわざを出せる。 相手のステータス上昇や反撃に関する特性の効果は無視できない。 きんちょうかん 相手がきのみを使えなくなる。 48以上にレベルアップさせる] 出現場所・主な入手方法 第5世代 【ブラック】【ホワイト】 [洞窟] 外 【ブラック2】【ホワイト2】 [草むら] [濃い草むら] 第6世代 【X】【Y】 [進化] キバゴをLv. 38で進化させる [サファリ] ドラゴンタイプのサファリ 【オメガルビー】【アルファサファイア】 [進化] キバゴをLv. 38で進化させる 第7世代 【サン】【ムーン】 [進化] キバゴをLv. 38で進化させる 【ウルトラサン】【ウルトラムーン】 [進化] キバゴをLv. 38で進化させる 【Let's Go! ピカチュウ】【Let's Go! イーブイ】 [非登場] 入手不可 第8世代 【ソード】【シールド】 [通常レイド] [レアレイド] 剣 、 剣 【ソード】【シールド】 鎧の孤島 [未生息] ヨロイ島には未生息 育成論• ポケモン王国• 育成論掲示板 剣盾 Lv. または預かり屋で同種のポケモンから教わって覚える。 剣盾 No. +わざマシン94「ひみつのちから」はORAS限定。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

オノンド 育成論

概要 ポケモン剣盾のエキスパンションパス・鎧の孤島で登場したポケモン。 鎧の孤島のストーリー中でダクマから進化します。 このページではウーラオスの「れんげきのかた」の育成について考察します。 一般ポケモンとしてはかなり高水準な能力値です。 高い攻撃と高水準な物理耐久、なかなかの素早さを備えています。 ただし特防は低め。 ローブシンと同程度なので許容範囲との見方もできますが、ウーラオスは素早さと攻撃に振り切ることも多くその場合は低い特殊耐久がもろに出てしまいます。 5と、かなりの威力。 更に必ず急所に当たるということは相手の能力上昇やひかりのかべを無視し、こちらの攻撃力がダウンしていてもダメージが落ちない、ということです。 今作では相手のダイマックス技により能力が上下する場面が多いため、この技の効果はかなり活きてくるものと思われます。 使用率の高いミミッキュに対してもかなりのダメージを与えることが可能で、強化アイテムや雨天候が加わればばけのかわの上からそのまま倒すことも可能です。 ちょうどミミッキュより1高い素早さが活きてきます。 特性 ふかしのこぶし いちげきのかた、れんげきのかた共通 特性「ふかしのこぶし」は、ウーラオスの攻撃が 相手のまもるやみきりを無視するというものです。 まもるが多く使われるダブルバトルでは勿論、シングルバトルでも時間稼ぎ技としてまもるは度々使われるのでそれらの読み合いから開放される非常に有用な特性です。 キョダイマックス技・キョダイレンゲキ ウーラオス はキョダイマックスすることができるポケモンでもあり、その場合水技がキョダイレンゲキに変化します。 キョダイレンゲキの効果は、相手のダイウォールを無効にできるというもの。 元々特性により相手のまもるに強いウーラオスですが、キョダイレンゲキがあれば相手のダイウォールすら警戒する必要がなくなります。 なお通常のダイストリームも天候を雨に変化させる便利な技です。 どちらも一長一短なので、 悩む方はまだウーラオスはキョダイマックスさせない方がいいかもしれません。 個体値厳選について ウーラオスは物理型のポケモン、かつ基本的には非トリックルーム下で戦うポケモンなので、低い個体値を狙って厳選などする必要はないでしょう。 何となく性別や性格の好みがあればお好みで厳選、というくらいです。 厳選は必要ないですが、キョダイマックスさせるかどうかだけは慎重になったほうが良さそうです。 技考察 物理技 すいりゅうれんだメインウェポン。 まず確定で採用して良いでしょう。 インファイト、ドレインパンチ タイプ一致のメインウェポン。 基本的にはインファイトがオススメですが場持ちを重視する場合はドレインパンチもアリかと思います。 かみなりパンチ メインウェポン両方を半減するアシレーヌ、ギャラドス、ブルンゲルなど水複合ポケモンに有効です。 ダイマックス時はエレキフィールド発生により眠り状態の対策とすることもできます。 れいとうパンチ メインウェポン両方を半減するドラパルト、オンバーン、フシギバナ・エルフーンなどドラゴンやフェアリー複合ポケモンの弱点を突くことができます。 アクアジェット なかなか便利な先制技。 技スペースは厳しいですがそれでも持たせておく価値はあります。 つばめがえし、アクロバット ダイマックス時にダイジェットに変化します。 こちらの弱点を狙ってくる草タイプに対する有効打でもあります。 どくづき メインウェポン両方を半減するアシレーヌ、エルフーンなどフェアリー複合ポケモンの弱点を突くことができます。 ただしダイマックス技との相性はいまいち。 ほのおのパンチ メインウェポン両方を半減するフシギバナ、エルフーンなど主に草タイプの弱点を突くことができます。 あなをほる 追加効果が優秀なダイアースに変化します。 ただし攻撃範囲が水技や格闘技と被りがちです。 いわなだれ、ストーンエッジ 格闘タイプとの相性補完の良い技ですが、基本的には対フェアリーや草で活躍する他の技の方が優先度が高そうです。 ボディプレス タイプ一致のボディプレス使いでもあります。 てっぺきと組み合わせるなら。 HPが高めなこともありなかなか強力。 ゴーストに効かない点が惜しいところ。 変化技 ちょうはつ 実は覚えます。 相手の補助技持ちを対策したいときに。 てっぺき ボディプレスと組み合わせて 持ち物考察 いのちのたま ダイマックスと相性良好な攻撃的な持ち物。 きあいのタスキ タイマン性能が高めなこのポケモンは先発にも向いているでしょう。 カウンターやアクアジェットなどきあいのタスキと相性が良い技も覚えます。 こだわりハチマキ ダイマックスなしでも強力な専用技の性能を最大限活かすことができます。 豊富な耐性で有利対面を作り、強烈な一撃をお見舞いしましょう。 とつげきチョッキ 低めの物理耐久を補うことができます。 こだわりスカーフ 高性能な専用技を高い素早さから繰り出すことができるようになります。 性格考察、努力値調整 性格 基本的にはようきにして最速にするのが一番使いやすいと思われます。 ミミッキュ、ドリュウズなどから先手を取れる点が非常に大きいです。 何か意図あって調整する時のみいじっぱりを選択することになるでしょう。 努力値調整 随時更新予定です。 最速ミミッキュ抜き 162 最速ウインディ抜き 155 最速ドリュウズ抜き 149 準速。 147 最速ギャラドス抜き 117 無振り。 【調整例】 177-185-121-x-93-148 12-148-4-x-100-244 主にスカーフ型用として考えた調整。 準速95族抜き 129エルフーンのムーンフォース確定耐え 176-180-121-x-100-147 4-108-4-x-156-236 ダイマックスさせるために最低限の耐久も確保したなんとなく調整。 素早さ147は80族付近とのダイジェット合戦を想定。 コーチングリオルと組む用に調整してみたものの、そもそもウーラオスは先発ダイマックスには微妙かもしれない。 育成例 最速タスキ型 ようきAS きあいのタスキ 175-182-120-x-81-163 すいりゅうれんだ インファイト カウンター アクアジェット 先発でのタイマン性能に優れますが、ドラパルトなど一部手も足も出ないポケモンが存在します。 球フルアタ型 ようきAS いのちのたま 175-182-120-x-81-163 すいりゅうれんだ、インファイト、かみなりパンチ、つばめがえし ダイマックスエースとしての運用を視野に入れた攻撃的ないのちのたま型。 メインウェポン2種と、アシレーヌやギャラドスを意識したかみなりパンチ、ダイジェットに変化し草への有効打にもなるつばめがえしを採用しています。 maikeruexe.

次の

オノンド

オノンド 育成論

概要 ポケモン剣盾のエキスパンションパス・鎧の孤島で登場したポケモン。 鎧の孤島のストーリー中でダクマから進化します。 このページではウーラオスの「れんげきのかた」の育成について考察します。 一般ポケモンとしてはかなり高水準な能力値です。 高い攻撃と高水準な物理耐久、なかなかの素早さを備えています。 ただし特防は低め。 ローブシンと同程度なので許容範囲との見方もできますが、ウーラオスは素早さと攻撃に振り切ることも多くその場合は低い特殊耐久がもろに出てしまいます。 5と、かなりの威力。 更に必ず急所に当たるということは相手の能力上昇やひかりのかべを無視し、こちらの攻撃力がダウンしていてもダメージが落ちない、ということです。 今作では相手のダイマックス技により能力が上下する場面が多いため、この技の効果はかなり活きてくるものと思われます。 使用率の高いミミッキュに対してもかなりのダメージを与えることが可能で、強化アイテムや雨天候が加わればばけのかわの上からそのまま倒すことも可能です。 ちょうどミミッキュより1高い素早さが活きてきます。 特性 ふかしのこぶし いちげきのかた、れんげきのかた共通 特性「ふかしのこぶし」は、ウーラオスの攻撃が 相手のまもるやみきりを無視するというものです。 まもるが多く使われるダブルバトルでは勿論、シングルバトルでも時間稼ぎ技としてまもるは度々使われるのでそれらの読み合いから開放される非常に有用な特性です。 キョダイマックス技・キョダイレンゲキ ウーラオス はキョダイマックスすることができるポケモンでもあり、その場合水技がキョダイレンゲキに変化します。 キョダイレンゲキの効果は、相手のダイウォールを無効にできるというもの。 元々特性により相手のまもるに強いウーラオスですが、キョダイレンゲキがあれば相手のダイウォールすら警戒する必要がなくなります。 なお通常のダイストリームも天候を雨に変化させる便利な技です。 どちらも一長一短なので、 悩む方はまだウーラオスはキョダイマックスさせない方がいいかもしれません。 個体値厳選について ウーラオスは物理型のポケモン、かつ基本的には非トリックルーム下で戦うポケモンなので、低い個体値を狙って厳選などする必要はないでしょう。 何となく性別や性格の好みがあればお好みで厳選、というくらいです。 厳選は必要ないですが、キョダイマックスさせるかどうかだけは慎重になったほうが良さそうです。 技考察 物理技 すいりゅうれんだメインウェポン。 まず確定で採用して良いでしょう。 インファイト、ドレインパンチ タイプ一致のメインウェポン。 基本的にはインファイトがオススメですが場持ちを重視する場合はドレインパンチもアリかと思います。 かみなりパンチ メインウェポン両方を半減するアシレーヌ、ギャラドス、ブルンゲルなど水複合ポケモンに有効です。 ダイマックス時はエレキフィールド発生により眠り状態の対策とすることもできます。 れいとうパンチ メインウェポン両方を半減するドラパルト、オンバーン、フシギバナ・エルフーンなどドラゴンやフェアリー複合ポケモンの弱点を突くことができます。 アクアジェット なかなか便利な先制技。 技スペースは厳しいですがそれでも持たせておく価値はあります。 つばめがえし、アクロバット ダイマックス時にダイジェットに変化します。 こちらの弱点を狙ってくる草タイプに対する有効打でもあります。 どくづき メインウェポン両方を半減するアシレーヌ、エルフーンなどフェアリー複合ポケモンの弱点を突くことができます。 ただしダイマックス技との相性はいまいち。 ほのおのパンチ メインウェポン両方を半減するフシギバナ、エルフーンなど主に草タイプの弱点を突くことができます。 あなをほる 追加効果が優秀なダイアースに変化します。 ただし攻撃範囲が水技や格闘技と被りがちです。 いわなだれ、ストーンエッジ 格闘タイプとの相性補完の良い技ですが、基本的には対フェアリーや草で活躍する他の技の方が優先度が高そうです。 ボディプレス タイプ一致のボディプレス使いでもあります。 てっぺきと組み合わせるなら。 HPが高めなこともありなかなか強力。 ゴーストに効かない点が惜しいところ。 変化技 ちょうはつ 実は覚えます。 相手の補助技持ちを対策したいときに。 てっぺき ボディプレスと組み合わせて 持ち物考察 いのちのたま ダイマックスと相性良好な攻撃的な持ち物。 きあいのタスキ タイマン性能が高めなこのポケモンは先発にも向いているでしょう。 カウンターやアクアジェットなどきあいのタスキと相性が良い技も覚えます。 こだわりハチマキ ダイマックスなしでも強力な専用技の性能を最大限活かすことができます。 豊富な耐性で有利対面を作り、強烈な一撃をお見舞いしましょう。 とつげきチョッキ 低めの物理耐久を補うことができます。 こだわりスカーフ 高性能な専用技を高い素早さから繰り出すことができるようになります。 性格考察、努力値調整 性格 基本的にはようきにして最速にするのが一番使いやすいと思われます。 ミミッキュ、ドリュウズなどから先手を取れる点が非常に大きいです。 何か意図あって調整する時のみいじっぱりを選択することになるでしょう。 努力値調整 随時更新予定です。 最速ミミッキュ抜き 162 最速ウインディ抜き 155 最速ドリュウズ抜き 149 準速。 147 最速ギャラドス抜き 117 無振り。 【調整例】 177-185-121-x-93-148 12-148-4-x-100-244 主にスカーフ型用として考えた調整。 準速95族抜き 129エルフーンのムーンフォース確定耐え 176-180-121-x-100-147 4-108-4-x-156-236 ダイマックスさせるために最低限の耐久も確保したなんとなく調整。 素早さ147は80族付近とのダイジェット合戦を想定。 コーチングリオルと組む用に調整してみたものの、そもそもウーラオスは先発ダイマックスには微妙かもしれない。 育成例 最速タスキ型 ようきAS きあいのタスキ 175-182-120-x-81-163 すいりゅうれんだ インファイト カウンター アクアジェット 先発でのタイマン性能に優れますが、ドラパルトなど一部手も足も出ないポケモンが存在します。 球フルアタ型 ようきAS いのちのたま 175-182-120-x-81-163 すいりゅうれんだ、インファイト、かみなりパンチ、つばめがえし ダイマックスエースとしての運用を視野に入れた攻撃的ないのちのたま型。 メインウェポン2種と、アシレーヌやギャラドスを意識したかみなりパンチ、ダイジェットに変化し草への有効打にもなるつばめがえしを採用しています。 maikeruexe.

次の