妊婦 足 の 裏 痛い。 足の裏が痛いです。。

妊娠超初期は足がだるい!?原因と6つの足のだるさ・むくみの解消方法

妊婦 足 の 裏 痛い

妊娠中にふくらはぎや太ももに痛みや痺れが起こるのは、骨盤や骨格のゆがみと筋肉の硬直が、足の裏側にある「坐骨神経」を押しつぶすためです。 坐骨神経の痛みや痺れは「お尻から足のつま先」にかけて、どこに発生してもおかしくありません。 つまり、太ももやふくらはぎの痛みや痺れは、坐骨神経痛と判断して良いでしょう。 なお、あなたの坐骨神経痛が、どのような原因で起こっているか 「具体的な見分け方」については、以下の記事をご覧ください。 関連記事: 足にむくみがある妊婦さんは「血行不良」で筋肉もカチカチですよ… 足に痛みや痺れがあると同時に 「むくみ」が出ている妊婦さんは 「血行不良」にもなっていると判断してください。 血行不良になると体が冷えて、筋肉が硬直します。 柔軟性を失った筋肉は、骨格のゆがみを正常な位置に戻すことができません。 その結果、さらに骨格が坐骨神経とぶつかり痛みが起こりやすくなります。 つまり、血行を良くするだけでも、筋肉の硬直がやわらぎ、骨盤や骨格が正常な位置に戻りやすくなります。 >> 坐骨神経痛は、トコちゃんベルトなどの骨盤ベルトや腹帯で楽になる? 腰痛や坐骨神経痛をやわらげる方法として、トコちゃんベルトなどの骨盤ベルトや腹帯を検討する方は多いです。 ベルトは骨盤や恥骨の開きを矯正し、腹帯は赤ちゃんの重みを支えてくれるため、骨格や筋肉が坐骨神経を押しつぶす圧力をやわらげることはできます。 ただし、 これらは「あくまでサポーター」であり、坐骨神経の圧迫を弱めることしかできません。 痛みや痺れを根っこから解消するのは、ほぼ不可能です。 実際、トコちゃんベルト利用者の中には、少し楽になるぐらいの効果しかない方や、まったく改善しなかった方もいらっしゃいます。 また、装着するのが難しく、動きづらく、トイレに行くときが面倒なため、結局やめてしまった妊婦さんが多いのも現実です。 坐骨神経痛の痛みや痺れを「完璧に消し去る方法」ってあるの? その答えは簡単で、 ズバリ「あなたの筋肉を柔らかくすること」です。 なぜなら、骨盤や骨格を支えているのは「筋肉」であり、 筋肉こそが「最強の骨格矯正ツール&サポーター」だからです。 体が柔らかい人が、どんな無茶な姿勢をしても痛みを感じないのは、 柔軟な筋肉によって「稼動域」が広いからです。 逆に、体が固い人は、ちょっとした姿勢で激痛が走ります。 これは 筋肉が硬直しているため「稼動域」が狭いからです。 妊婦さんの中で、坐骨神経痛が出る人と出ない人の違いとは「筋肉」なのです。 さらに、血行が良い人は筋肉が固まらないため坐骨神経痛にはなりにくいです。 では「体が固い妊婦さん」は、太ももやふくらはぎに出る痛みを、我慢するしかないのでしょうか? いいえ、実は 「一瞬で筋肉を柔らかくして血行を良くする方法」があるのです。

次の

妊婦さんで足の裏が熱い!足が熱い!眠れないときの対処法

妊婦 足 の 裏 痛い

ヒトが二足歩行を始めたときから、私たちの身体を支えてくれているのが、ふたつの足。 あの小さな面積で、重たい身体を頑張って支えていることを思うと、なんだか健気な部位に思えてきますよね。 でも、やはり身体全体の重みがかかる足は、負担や痛みが生じることもしばしばあります。 今回は、足の中でも特に足首から先、いわゆる「フット」の部分の痛みにスポットを当てて、どんな病気やケガなどが考えられるのかを見ていきます。 これを読めば、私たちをいろんなところへ運んでくれる足を、もっともっと大切にしたくなるかもしれません! ハイヒールを履く人は注意!足の横や指が痛んだら外反母趾かも! 女性の足指が痛むとき、外反母趾であることは意外なくらい多いものです。 ご存じの方も多いと思いますので、今回は外反母趾について、ごく簡単にご紹介しておきます。 外反母趾の症状 外反母趾の症状には、• 足指の痛み• 足指が曲がる• 親指付け根横の骨の変形 というものがあります。 直接的な症状はこのようなものですが、外反母趾を放置すると肩こり・頭痛・自律神経失調症など、様々な不調につながることもありますので、お気を付けください。 外反母趾の原因 なぜ外反母趾になってしまうのかというと、大元には悪い歩き方があります。 足の指をしっかり使わないで歩くことで、足底の筋肉が刺激不足となってしまいます。 パンプスやハイヒールなど、指の部分が狭くなっている靴だと、どうしても足の指を使わない歩き方になってしまいがちなこともあり、外反母趾となってしまうのです。 外反母趾の治療法 ビリビリとした痛みが不快な外反母趾ですが、治療法にはいろいろな方法があります。 テーピングや装具など• ストレッチやマッサージ• 手術 手術は最終手段と考え、まずは足指のストレッチやテーピングなどを試すとともに、歩き方の改善をすると効果的です。 いずれにしても、自己判断はさらなる悪化を招いて危険です。 足指の変形や痛みを感じたら、お早めに整形外科を受診しましょう。 外反母趾は、女性にはお馴染みの病気だよね。 足指の痛みだけで済むならマシで、頭痛や肩こりにまでなっちゃうこともあるのか! 靴だけじゃなく、歩き方の癖を改善することも大切なんだな! 滑液包炎から疲労骨折まで!大きな負担が加わる踵に起きる病気 ここでは、踵(かかと)周辺に起きる痛みの原因となる病気やケガについてお話します。 「足へん」に「重い」と書いて「踵」です。 その漢字が表すように、踵は足の中でもより大きな負担がかかりやすい部位です。 それゆえに、痛みが出やすい部分でもあるんです。 よくある滑液包炎とは かかと部分のよくある痛みとして、まず「滑液包炎」というものが挙げられます。 滑液包炎は、かかとの中でも部位によってさらに細かく、以下のように分類されます。 踵骨下滑液包炎• 踵骨後部滑液包炎• アキレス腱皮下滑液包炎 しょう液性粘液嚢という部分が炎症を起こしてしまうのが、踵骨下滑液包炎です。 踵骨後部滑液包炎とアキレス腱皮下滑液包炎は炎症が起きるものです。 滑液とは衝撃から骨や関節などを守るためのもので、歩きすぎ、スポーツ時の負担、靴が合わない、といったような原因で踵への負担がかかりすぎた結果、痛みや腫れという症状が現れるのが、滑液包炎です。 治療法は、かかりすぎた負担を減らすことです。 具体的には、• 靴を替える• 靴にパッドを入れる• スポーツを休む これらの対策をとって様子を見れば、治癒していくことが多いです。 アキレス腱炎 かかとといえば、アキレス腱が有名ですよね。 このアキレス腱に炎症が起きてしまう「アキレス腱炎」も、かかとに痛みや腫れが起きるものです。 アキレス腱炎の原因は、やはり過度の負担です。 スポーツや立ち仕事などでアキレス腱に刺激や負担がかかりすぎると起こりやすいものです。 治療法は、原因を取り除くことです。 スポーツや立ち仕事が原因ならば、練習やお仕事を少しお休みしたり、靴にパッドを入れたりして、アキレス腱への負担を減らすことで、基本的には治っていきます。 いったん治っても、再び同じように負担をかけ続ければ再発してしまうリスクはあるので、テーピングや、運動やお仕事の前後にストレッチをするなど、再発しないような対策も重要になってきます。 踵骨の疲労骨折 疲労骨折は事故などの大きな衝撃があったわけではなく、日常の負担の積み重ねで骨にひびが入ったり折れたりしてしまうものです。 こんな疲労骨折が踵骨に起きてしてしまうことも、あるんです。 主な症状は、痛みです。 走ったり歩いたりすると踵が痛むのが典型的な症状ですが、ひどいケースだと立っただけでも痛むことがあります。 原因は、これもまた踵への過度の負担です。 マラソンなどスポーツをやっている人に多いですが、骨粗鬆症のある高齢者にも見られ、元々の骨の弱さも関係します。 治療法は、やはり原因を取り除いて休むことです。 スポーツが原因なら練習を休むことが第一です。 負担をかけないように過ごすことで、自然に治ります。 確かに、かかとにはすごく大きな負担が常にかかっていると言えるね。 歩けないほどの痛みが出てからだと治療も大変だから、立ち仕事やスポーツをする人は靴を工夫したり、足のストレッチをしたりして、予防に努めよう! 足の指先が痛い!原因は足だけじゃない!モートン病や痛風に注意 踵に続いて、次は足の指が痛む病気のご紹介です。 その代表として、モートン病と痛風についてお話したいと思います。 モートン病 ちょっと聞き慣れない病名ですが、女性にとってモートン病は、他人事ではない病気と言えます。 中指と薬指の間にある深横中足靱帯と地面の間に神経が挟まれ、圧迫されるために痛みが起こるという病気です。 治療法は、• ハイヒールを履かない• 鎮痛薬• 靴にパッドを入れる• 手術 などがあります。 まずはハイヒール等つま先立ちになってしまうような靴をやめて、経過観察します。 多くのケースはそれで治っていきますが、それでも辛い場合は手術治療が検討されます。 痛風 足指が痛む病気として、痛風もあります。 痛風と聞くと、中年男性の病気というイメージを持つ人が多いと思います。 確かにその通りで、9割以上は男性と言われています。 しかし、痛風が女性に少ない理由として女性ホルモンの影響があるため、閉経を迎えて女性ホルモン量が減ると、つまり50代以降では男女差がなくなります。 というわけで、女性も決して無縁の病気ではないんです。 痛風の症状は、足指の痛みです。 痛風発作が起きると、歩けないほど痛むことも珍しくありません。 この痛みの原因は、尿酸です。 尿酸とはプリン体が代謝されてできる物質で、その尿酸が関節の中で結晶化して痛みが生じるのです。 痛風になってしまう要因は、以下のものが代表的です。 アルコール• プリン体を多く含む食事 治療としては、まず生活習慣の改善が挙げられます。 飲酒やプリン体の多い食事を控えて様子を見ます。 尿酸値が高く痛みも酷い場合は、薬を飲んで炎症を抑えます。 生活習慣病との関連も大きいので、まずは生活習慣を見直すことが重要です。 女性はハイヒールを履く機会も多いから、モートン病には特に気を付けよう。 指先までしっかり使って歩くことを意識して、できるだけ痛みが出てくるのを防ぎたいものだね。 閉経前後からは、痛風にも注意だね! 足裏の痛みでよくある病気がコレ!足底筋膜炎ってどんなもの? 足の裏が痛むとき、一番よく見られる病気が、この足底筋膜炎というものです。 別名で足底腱膜炎とも呼ばれ、整形外科や接骨院などではとてもメジャーな病名です。 とはいえ、一般的にはそれほど知名度の高くないものかと思いますので、ぜひここで知識を蓄えておきましょう。 足底筋膜炎の概要と原因 この病気は、その名が表す通り、足底筋膜に炎症が起きるものです。 足底筋膜の使いすぎや経年劣化で炎症が起きます。 スポーツ選手や長時間立ち仕事をする人に良く見られる病気です。 40代以降に多いですが、若い人でもスポーツなどで足底筋膜を酷使すれば、発症する可能性もあります。 足底筋膜炎の症状 この病気の主な症状は痛みです。 その痛み方には、特徴があるので比較的分かりやすい病気です。 朝起きた直後や、長時間座っていた後に歩きはじめたときに足の裏が痛み、しばらく歩いていると、その痛みが軽くなったり消失したりするのが特徴です。 これは、寝ている間や座っている間に炎症が改善したのに、歩きはじめたことによりまた負荷がかかり、炎症が復活するために起きる現象です。 その他には、かかと部分の前の方を押すと痛むのも、足底筋膜炎の特徴です。 足底筋膜炎の治療法 治療法には、以下のようなものがあります。 薬物治療• ストレッチやリハビリ• 靴にパッドを入れる• 体外衝撃波 ほとんどの人が、塗り薬や湿布薬、ストレッチ、足を衝撃から守るパッドなどの簡単な治療によって治ります。 しかし、そのような治療でも回復しない場合や、痛みが強いケースでは、手術をすることも稀にあります。 また、従来の治療法で効果が出ない場合の比較的新しい治療法として、体外衝撃波が広まってきています。 これは、機械で衝撃波を痛む部分に当てる方法で、神経や伝達物質に働きかけることによって、痛みが取れると考えられています。 朝起きて歩いたとき違和感や痛みがあるという人は、けっこう多いかもしれないね。 足に負担がかかる生活をしている人は、要注意だ! 歩き始めが痛くてもすぐ治まるからといって、放置は良くない!早めに整形外科へ行くことをお勧めするよ! 足裏の中でも特に土踏まずが痛いなら、足底繊維腫の疑いアリ! 足底繊維腫は、痛む部分が足底筋膜炎と似ていますが、別の病気です。 では、どんな病気なのか、くわしく見ていきましょう。 足底繊維腫の概要と症状 この病気は、足の裏、特に土踏まずの辺りに良性の腫瘍ができるものです。 痛みのある部分を触ってみると、硬い腫瘍があるのが分かるので、足底筋膜炎との区別は簡単です。 腫瘍といっても良性なので、ガン化などの心配はありません。 足底繊維腫の原因 では、なぜ足裏に腫瘍ができてしまうのでしょうか。 その原因は、まだまだ不明点が多いのですが、• 足裏への刺激• 感染 などが関係していると言われています。 足底繊維腫の治療法 足底繊維腫ができてしまったら、どう対処すればよいでしょうか。 治療法としては、以下のようなものがあります。 経過観察• 靴にパッドを入れる• 薬物治療• 腫瘍の切除 痛みが強くなく日常生活に支障がなければ、靴にパッドを入れたりしながら、そのまま様子を見ていくこともあります。 しかし、痛みが気になるようなら、神経ブロックや鎮痛剤の注射や薬を使ったり、メスで切開して腫瘍を取り除く処置をすることもあります。 土踏まずが痛くて触ると硬いものがあるなら、足底繊維腫の疑いがあるね。 痛みが気になるようなら、整形外科へ行ってみよう! 足の裏は、知らないうちに感染を起こしやすい部位なんだ。 日頃から清潔を心がけて繊維腫を予防しよう! こんなことも原因になるの!?その他の足に痛みを生じる要因 ここまで、足のいろんな部分に痛みをもたらす病気やケガについてお話してきました。 しかし、他にも足の痛みを引き起こす要因となるものがあります。 中には、足そのものに異常がなくても足に症状がでることもあるんです。 以下に、ご紹介してきたもの以外に足の痛みをもたらす要因を、いくつか挙げておきます。 糖尿病 糖尿病は生活習慣病のひとつですが、実に様々な合併症が出ることでも知られていますよね。 その中のひとつに、足の痛みも含まれているのです。 これは、「糖尿病性神経障害」の中の一症状です。 糖尿病性神経障害は、ひどくなると逆に痛みを感じなくなることもあります。 そうなると、ケガや低温やけどなどに気づかず悪化してしまったり、化膿してしまうことも少なくありません。 これが、足の切断に繋がってしまいます。 それを防ぐためには、何はなくとも糖尿病の治療をしっかりとすることです。 生活習慣に気を付けて血糖値のコントロールをきちんとすることで、糖尿病性神経障害をはじめとする様々な合併症を防ぐことができます。 糖尿病のある方は、主治医と相談しながら、悪化させないようにお気を付けください。 魚の目 魚の目は、経験されたことのある方も多いかもしれませんね。 足の裏や指にできる、皮膚病の一種です。 角質が硬く分厚くなってしまい、真ん中に芯のようなものがあるのが特徴です。 主な症状は、歩くときの痛みや違和感ですが、特に何の症状もないこともあります。 魚の目の原因は、摩擦や刺激などに加え、何らかの感染があるとも考えられています。 また、冷え性の女性は、魚の目になりやすいとも言われています。 治療法には、• 薬物治療• 外科的治療 の2つに大別されます。 市販の貼り薬を試しても良いですが、それでも治らなければ、皮膚科でレーザーやメスなどで切除してもらいます。 芯から取らないと再発しやすいので、自己処理はせず専門医にお任せしましょう。 偏平足 人間の足には、土踏まずがあるおかげで、地面から足の裏にかかる衝撃が和らぎます。 したがって、土踏まずが少ない偏平足だと、足裏に負担がかかりやすくなり、様々な症状を引き起こしてしまいます。 足裏の痛みもその症状のひとつで、他にも足首や脛などに痛みが生じることもあります。 なぜ偏平足になってしまうかというと、多くの場合は遺伝です。 しかし、ハイヒールやスポーツなど、足に負担がかかりすぎて土踏まずが少なくなっていくこともあるため、注意が必要です。 偏平足を治すには、アーチのある中敷きを靴に入れて土踏まずを作る、ストレッチをするなどの方法があります。 糖尿病が原因になっている足の痛みは、放置すると大変なことになりかねない。 糖尿病を甘く見ないで、しっかり治してね。 偏平足や魚の目も、見た目が悪いだけじゃなく痛むこともあるんだから、きちんと対策をしよう! 足への負担を少しでも減らして、痛みや変形を予防しよう! 足の痛みと、その元になる病気やケガについてお伝えしてきました。 実にいろんな種類の病気がありましたが、多くの病気の原因は、やはり足への負担がかかりすぎることでした。 私たちの身体全体の重みと地面とに挟まれて、毎日毎日歩き続けているわけですから、よく考えてみれば当たり前ではありますね。 そう考えると、足の痛みは頑張り続けた足からの悲鳴でもありますね。 靴や歩き方などに気を付ければ、予防・改善できる痛みも多いもの。 一生自分の足で歩き続けるためにも、日頃から足をいたわってあげましょう。

次の

妊娠中(妊婦) 足の付け根 股関節の痛み改善方法

妊婦 足 の 裏 痛い

A ベストアンサー 現在、予定日を目前に控えた妊婦です。 たぶん、ほとんど同じ痛みを私も体験しています。 まさに膣が刺さるような痛み。 膣とか、子宮口とかの方向に向けて、太めの針でズーンと刺されるような、結構な痛みが、9ヶ月くらいからたまに感じるようになり、臨月になってからはしょっちゅうです。 そして予定日1週間をきってからは毎晩、ものすごく「その痛み」があるんです。 妊婦友達が複数いますが、少なくない人が同じ痛みを体験しているので、「きっと赤ちゃんの頭突きだろうね」と笑っています。 先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。 まさにお産に向けての準備として、赤ちゃんがメリメリと下降したんだなぁと思わせられました。 診察では特に異常もなかったし、後期特有の症状かな、と思います。 donpatiさんも検診で特に言われなかったのなら、少なくない妊婦が体験する痛みじゃないかしら? お互い元気な赤ちゃん産みましょうね。 などが挙げられます。 A ベストアンサー 私は36週の検診で子宮口が3cm開いていると言われました。 で、37週で3センチのまま、38週で5センチ、39週で5cmで 子宮口も柔らかくなっていると言われました。 結局産まれたのは、39週3日目でした。 子宮口が開いていても柔らかくならないと産まれて こないみたいで、早く産みたかったので 39週の検診のときに柔らかくする 薬を入れようと言われたのですが、内診ですでに 柔らかくなっているので薬はやめました。 その3日後に破水から出産になりました。 私も3cm開いていると言われてからは、 いつ陣痛がくるかとドキドキしていました。 36週の頃から推定体重も2500グラムを超えていて いつ産まれてもいいと言われていて よく歩いてねーと先生に言われて散歩してましたよ。 でもなかなか出てきてくれませんでした(笑) 陣痛がきても子宮口がなかなか開かず苦しい思いを する方もいるのですでに開いてると少しはラクかもしれ ませんよー 私は初産でしたが2時間で産まれました。 本当に辛い陣痛からは1時間で産まれてきてくれて 超安産と言われました。 あと少しで赤ちゃんに会えますね。 頑張ってくださいね。 私は36週の検診で子宮口が3cm開いていると言われました。 で、37週で3センチのまま、38週で5センチ、39週で5cmで 子宮口も柔らかくなっていると言われました。 結局産まれたのは、39週3日目でした。 子宮口が開いていても柔らかくならないと産まれて こないみたいで、早く産みたかったので 39週の検診のときに柔らかくする 薬を入れようと言われたのですが、内診ですでに 柔らかくなっているので薬はやめました。 その3日後に破水から出産になりました。 私も3cm開いていると言われてからは、... A ベストアンサー 私も規則的な張りが陣痛の始まりでした。 初めに気づいたのが10分間隔。 もしかして、と思ったのでお風呂入ってシャンプーしてました 笑 それが朝の4時半頃で、とりあえず病院に行こうと思ったのが7時半。 その頃には5分間隔で、痛みはお腹を壊した時のような感じだったと思います。 実際、汚い話で恐縮ですが下痢気味だったのもあったのかも知れませんが^^; 病院に着いたのが8時で、その頃には間隔は3分無かったです。 お腹が痛いと言うよりは腰が酷くて・・・ 苦しいって感じだったと思います。 でもそこから生まれるまで9時間半掛かりました。 初産婦ですぐ生まれると言うことはあまりありませんが、 病院に一度電話してみた方が良いと思いますよ! いよいよですもんね! 焦る気持ち、よく分かります。 初産です。 胎動は少し少なくなってきたかな?と思うぐらいで、先週の健診でも 「まだまだ自由に動き回ってるな」 「下に降りてきていない」 などとお医者さんに言われ、今週末の健診で2度目のNSTを受ける予定です。 昨夜、寝ているときに伸びをして足がつってしまい、「いたたたた!!!」 と声をあげたものだから、旦那さんが「陣痛がついにきた!」 と思ったらしく慌てて起き上がってくれたのですが、どうも陣痛はまだまだ来そうにありません。 ウォーキングをしたり、床拭き掃除をしたり、スクワットをしたり、おっぱいマッサージをしたりいろいろ していますが、出てくる気配なし…。 お腹の張りなどもあまりなく、たまに感じる程度ですし、前駆陣痛などともまだ無縁です。 こんな私でも急に陣痛が来たりすることはあるのでしょうか? それともやはりお腹の張りが頻繁になって、前駆陣痛があり、徐々に陣痛を迎えるものなのでしょうか? 初産でなにも分かりません。 教えて頂けたら嬉しいです。 A ベストアンサー 二児の母です。 私は、一人目を予定日から3日遅れ、二人目は1日遅れで出産しました。 一人目の時は、予定日の前日が検診で「週末あたりかな?」と言われて、その通り週末でした。 でも、何となく明日あたりかな~って、感じてました。 お腹が張ったりして、あれ?と思っていたら時々キューっときて寝れなくなりました。 そのまま病院に電話しました。 二人目は予定日翌日、朝おきたらおしるしがあって、「今日だ」と思いました。 気付くかな~と心配してましたが、絶対に解ります! 次の検診では、先生がいつ頃かな~?と言われるかもしれませんよ。 予定日はあくまでも予定なので、あまり気にせずゆったり過ごしてくださいね。 元気な赤ちゃん、産んでね! A ベストアンサー こんにちは。 10ヶ月ともなると毎日ドキドキですね(^^;) ですが、順調なマタニティ-ライフを送られてきたのでしたら出産まではまだ時間がかかると思います。 私はまだ8ヶ月ですが、足の付け根や恥骨の違和感、骨盤付近の痛みも感じますし、おりものもありますよ。 お医者様のおっしゃる通り36週で赤ちゃんの頭が下がってくるのは普通の事と思いますが、実際に出産が多い週数は39週、次いで40週だそうです。 39週に入ったらドキドキし始めるくらいでちょうどいいと思いますよ(^^) 私は3人目を妊娠中なのですが、 1人目は40週6日の朝から便が出たいのに出ない感じが続き、その夜陣痛開始となりました。 2人目は39週6日の朝起きたら突然のおしるし。 で、その日に出産となりました。 出産の兆候(というか、お産の始まりの合図)は必ず何かしらの形で現れます。 それは陣痛だったりおしるしだったり破水だったりするかもしれませんが、 お産には時間がかかりますので、その兆候を見てからでも十分間に合います。 出産はまさに「案ずるより産むが易し」です。 1人目の出産後、身を持って実感しました。 「出産より妊娠10ヶ月間に感じた不安のほうが大変だったなぁ~」と。 10ヶ月ともなると毎日ドキドキですね(^^;) ですが、順調なマタニティ-ライフを送られてきたのでしたら出産まではまだ時間がかかると思います。 私はまだ8ヶ月ですが、足の付け根や恥骨の違和感、骨盤付近の痛みも感じますし、おりものもありますよ。 お医者様のおっしゃる通り36週で赤ちゃんの頭が下がってくるのは普通の事と思いますが、実際に出産が多い週数は39週、次いで40週だそうです。 39週に入ったらドキドキし始めるくらいでちょうどいいと思いますよ(^^) 私は... Q 初めての妊娠で、現在34週に入ったところなんですが、最近お腹の張りが頻繁なのと胎動がものすごいのでとても心配しています。 先週末に心配になって受診したところ、子宮口はしっかり閉じているようなのですが、赤ちゃんが下りてこようと準備している?みたいなことをお医者様に言われ、ウテメリンを処方されました。 まだ3日間しかお薬は飲んでいませんが、お腹の張りは以前と変わりません。 常に張っている状態で、そうでない時が珍しいくらいです。 お腹を触るとカチンコチンになっています!! 横になると多少はよくなったような気がするのですが、少しするとまたカチンコチンです。 湯船に入って温まるとお腹は柔らかくなるのですが、温めたほうがいいのでしょうか? それから、胎動がものすごくて心配です。 これもお医者様に相談したところ、赤ちゃんが元気な証拠だから心配しなくてもいいですよって言われたんですが、異常なくらいに赤ちゃんが動くので、お腹が張っていて苦しくて居心地が悪いのかなって心配になってしまうんです!! お腹の張りと同様、赤ちゃんも動きっぱなしです。 動いていないときが珍しいくらいなんです!! あまりにも動きが激しくて、痛いって声に出してしまったりうずくまったりしてしまうほどです。 お腹の張りと胎動は関係があるのでしょうか? 初めての妊娠で分からないことだらけなので、先輩ママさんからアドバイスいただけると嬉しいです。 宜しくお願いします。 初めての妊娠で、現在34週に入ったところなんですが、最近お腹の張りが頻繁なのと胎動がものすごいのでとても心配しています。 先週末に心配になって受診したところ、子宮口はしっかり閉じているようなのですが、赤ちゃんが下りてこようと準備している?みたいなことをお医者様に言われ、ウテメリンを処方されました。 まだ3日間しかお薬は飲んでいませんが、お腹の張りは以前と変わりません。 常に張っている状態で、そうでない時が珍しいくらいです。 お腹を触るとカチンコチンになっています!! 横に... A ベストアンサー 妊娠30週の者です。 私も最近、お腹の張りがすごく、胎動もものすごいです笑 お腹の張りは私の場合、1時間に2回あるかないかですけど、megumegu41さんはどうですか?? ずっと張るようでしたら心配ですね。 私も心配で先生に24日に聞いてみたら子宮口はちゃんと閉じてるし大丈夫と言われました。 胎動はすごいですよねぇ。 今までは小さな胎動だったのに、大きいキックがきます。 お腹が揺れてびっくりしますよ。 あばら骨が折れる!!っていう位たくさんキックしてくるし、ウッっていつも言ってます。 痛いけれど、赤ちゃんは元気だからなんですよ。 もし苦しければ赤ちゃんは動かないそうです。 グッタリしてしまうからだそうですよ。 他の人が言ってましたが、夜中に今までない大きな胎動を感じ、ものすごく元気な赤ちゃんねと思っていたら次の日胎動が全くなくて、病院に行ったらへその緒が赤ちゃんの首に巻き付いて亡くなってました・・・。 大きな胎動は赤ちゃんが苦しんで暴れたんだそうです。 最後の力を振り絞って暴れてたんでしょうね。 大きな胎動を毎日感じていても次の日も胎動があれば元気な証拠だから心配しないでね。 お互い冬生まれの赤ちゃん。 出産頑張りましょ! 妊娠30週の者です。 私も最近、お腹の張りがすごく、胎動もものすごいです笑 お腹の張りは私の場合、1時間に2回あるかないかですけど、megumegu41さんはどうですか?? ずっと張るようでしたら心配ですね。 私も心配で先生に24日に聞いてみたら子宮口はちゃんと閉じてるし大丈夫と言われました。 胎動はすごいですよねぇ。 今までは小さな胎動だったのに、大きいキックがきます。 お腹が揺れてびっくりしますよ。 あばら骨が折れる!!っていう位たくさんキックしてくるし、ウッっていつも言ってます... Q ただいま妊娠9ヶ月の妊婦です。 夫に離婚を言い渡されました。 きっかけは2ヶ月前に主人から突然「夫婦別室」を切り出されたことです。 その前から夫婦で過ごす時間もほとんどなくなっていたのでおかしいとは思っていたのですが、話をしてみると「離婚してほしい」とのことでした。 とてもショックでした。 主人は10年以上付き合って一昨年結婚しましたが「実は結婚前に(主人の)就職が決まってから結婚を急かされたり、仕事で大変なときも結婚の話ばかりされたのが耐えられなかった。 結婚したら少しはお前も変わるかと思っていたが、返って態度が横柄になった。 これ以上我慢できない」と言われました。 既に妊娠7ヶ月だったこともあり、私も主人のことは好きだったので「子供のためにも思いとどまってほしい」と頼みました。 それから2ヶ月間、食事もがんばって少しでもおいしいものを作り、主人の前ではなるべく笑顔でいるよう、ときどき厭味も言われましたが受け流していました。 しかし、昨日ついに私が耐えられなくなり、家を出ました。 その日の夜には帰宅しましたが・・・。 もう一度話し合いをしましたが、主人の気持ちは固く、「家事が手抜きだったとかそんなんじゃなくて、お前は俺の言うことをなに一つ聞こうとしなかった。 それは付き合っているときからずっと変わらなかった。 言い合いになると結局俺が我慢するしかなかった。 こんな状態をあと何十年も耐えられないと思った。 」と言われました。 私は「これからどんな努力もするから思いとどまってほしい」と嘆願しましたが「この十数年変わらなかったお前をもう信じることができない。 」「別れようかと迷っていたのは結婚を切り出された頃からずっと考えてきたことで、結婚後もお前との関係に堪えられると自分自身の力を過信していたが無理だった。 こんな時期に打ち明けて申し訳ない。 お腹の子供にも申し訳ないがお前と一緒には育てられない。 養育費は出来るだけのことはする。 母子家庭で生計が大変だったら子供は自分が引き取ってもいい。 」と言われました。 離婚時期も出産が終わって私の気持ちに整理が着くまで待つといってくれています。 確かに私も彼に対して傲慢な態度を取り続けていましたし、何をやっても許されるとタカをくくっていました。 今は深く反省していますし、なんとかやり直したいと思っていますが、彼も悩み抜いて考え抜いて出した結論だと言っているので、よほどのことが無いと決心は変わらないと思われます。 子供は渡す、渡さないの問題ではなく、二人で育てていきたいと切に願っています。 出産は実家に帰らず、こちらで行う予定ですので、当分別居というのはありませんが、なんとか回避できる方法はないかと悩んで一睡もできません。 いっそのこと、彼のことを一番そばでみてきた(主人は結婚するまで実家暮らしでした)主人のご両親に相談にのってもらおうかとも考えますが、主人の心が余計に頑なになるのではないかと思い、それも出来ずにいます。 「俺の両親にはめちゃくちゃ怒られるだろう。 」と主人は自分で覚悟を決めています。 私はどうしてももう一度でいいから彼とやり直すチャンスが欲しいと願っていますが、どうしたらよいか判りません。 どなたか良いアドバイスをお願いいたします。 ただいま妊娠9ヶ月の妊婦です。 夫に離婚を言い渡されました。 きっかけは2ヶ月前に主人から突然「夫婦別室」を切り出されたことです。 その前から夫婦で過ごす時間もほとんどなくなっていたのでおかしいとは思っていたのですが、話をしてみると「離婚してほしい」とのことでした。 とてもショックでした。 主人は10年以上付き合って一昨年結婚しましたが「実は結婚前に(主人の)就職が決まってから結婚を急かされたり、仕事で大変なときも結婚の話ばかりされたのが耐えられなかった。 結婚したら少しはお前も変わ... A ベストアンサー 言葉は悪いですが「なし崩し作戦」はどうでしょうか? まずご両親に話すのは絶対やめた方がいい。 今の状態だとご両親は怒るだろうし、ご両親の怒りや説得に耳を貸すとは思えません。 反対に頑なになるでしょう。 出産後、ご両親に話をしてなければ旦那様は子供に会わざるを得ないし あなたと赤ちゃんが帰ってきたのなら一緒に住まざるを得ない。 ご両親に離婚の話をすると、「子供に情がわく」と言う理由で きっと会いにもこないし、一緒にも住まないでしょう。 とりあえず「離婚の話は出産後落ち着いてからにして」ともうこの話題は出さないようにする。 あなたの態度は全面的に改めて旦那様を大切にする、これは言うまでもありません。 旦那様を大切にし、命がけで自分の子供を出産し、いつくしみ育てている姿を見て 父親の自覚が芽生え「自分が守っていかなければならない」 と旦那様の意識も変わるかもしれません。 あなたもかなりひどかったのかもしれませんが、 「養育費などはできるだけのことをする」なんて言えるのは、子供の顔を見てないからでしょう。 頭では「自分勝手な理由で離婚を言い出したのだから、誠意は尽くすべき」と思っていても 頭で理屈を考えるのと、実際状況が変わるのとではまた違ってくると思います。 まずは問題を大きくしないためにもご両親に話すのは絶対やめましょう。 旦那様の頭の中は「白黒はっきるつける!」という考えしかないようですね。 そんな時にあなたが「もう一度チャンスを」なんてお願いすると「NO」と はっきり白黒答えが出てしまいます。 とりあえず今は白黒はっきりさせず (白黒はっきりさせようとしても旦那様の頭は「離婚」しかないですし) グレーのまま数か月待ちましょう。 「もう一度チャンスをくれ」とお願いするものナシ。 グレーの状態を保ちましょう。 態度を改めた姿、命がけで出産する姿、子供を愛している姿、 それらを見て旦那様の気持ちも変わるかもしれません。 そして落ち着くところに落ち着くのではないのでしょうか? 今すぐ白黒はっきりさせず、グレーの状態で 「なし崩し的」に収まるよう持っていく作戦です。 言葉は悪いですが「なし崩し作戦」はどうでしょうか? まずご両親に話すのは絶対やめた方がいい。 今の状態だとご両親は怒るだろうし、ご両親の怒りや説得に耳を貸すとは思えません。 反対に頑なになるでしょう。 出産後、ご両親に話をしてなければ旦那様は子供に会わざるを得ないし あなたと赤ちゃんが帰ってきたのなら一緒に住まざるを得ない。 ご両親に離婚の話をすると、「子供に情がわく」と言う理由で きっと会いにもこないし、一緒にも住まないでしょう。 とりあえず「離婚の話は出産後落ち着いてからに... A ベストアンサー おはようございます^^現在39週、今か今かと我が子に会えるのを楽しみにしている33歳です。 下腹部の方は「なんだかグリグリしてるなぁ・・・。 これ、早く出たいって子宮口を手でいじってるんじゃ。。。 (笑」最近では、今までになかった痛みも感じるので、「今頭突きした!?!?」なんて勝手に想像して主人と我が子に話しかけて遊んでます^^。 洋服の上から見ても、動いているのがわかりますから・・・。 私の場合は赤ちゃんの胴体が右側によっていますので、おなかの形が若干いびつです。 エコーでも逆子ではない、異常はないと判断されているのでしたら心配は要らないと思います。 いろいろ考えてしまいますよね・・・母親ですもん当然ですよね。 我が子は太ももの長さがちょっと短い気がして私は気になってます。 主人は「お母さんがちびっ子(私の身長150cmなのでTT)で足が短いんだもん。 似てるだけだよな~^^」なんて失礼なこと言います。 でもそうゆう明るい考え方で乗り越えないとどんどん不安になっちゃいますよね・・・。 下腹部の方は「なんだ... Q こんにちは。 29週 8ヶ月 の妊婦です。 最近、生理痛の様な鈍い下腹部の痛みと、子宮から膣?! にかけて「キュー」となる痛みがあるのですが・・・。 皆さんの体験談等あれば教えて下さい。 突然、背中から腰にかけて激痛が走り、暫くすると治まり・・・。 6~7ヶ月の時に下腹部の痛みを訴え 今回の症状とは違う痛みです 時間外外来を受けた事があります。 結果は、子宮を支えるじん帯?! が引っ張られて痛みがあるものなので心配ないとの事でした。 その際に当直の先生から「妊娠してるんだからおなかの痛みは仕方ないって考える妊婦さんもいるんだよ!」と 少々の痛みで時間外にくるな!と言った対応をされた為、その言葉が脳裏に焼きつき中々、健診以外に病院へ行く気になれません。。。 母が私を29週の早産で出産しています。 「親のお産に似るから気をつけるように」と言われています。 それもあり、この痛みが気になります。 おりものの異常等も含めて、早産へ繋がる「症状」がどんなものか教えて下さい。 A ベストアンサー #2です。 大変でしたね、お疲れ様でした。 早産で出産するということは、決してママのせいじゃありません。 赤ちゃんが早く出たがっていた、ママの体が早く出してあげないともたなかった、そういうことだと思います。 私もたった2週間でしたが早産でした。 子供が低体重児で保育器に入り、質問者様同様私だけ先に退院しました。 質問者様に比べれば大したことじゃないんですけど、その当時は自分を責めましたね。 お気持ちよく分かります。 でもね、後悔してもどうしようもないことだったんです。 診察が早かれ遅かれ、きっと早産は免れなかったでしょう。 違うのは、それにそなえて準備できたかどうか、その程度だと思います。 早産になったのはママが悪いとか、病院が悪いとかそういうことじゃなくて、赤ちゃんが早く出たがったんです。 その方がママが楽だから。 親思いの赤ちゃんじゃないですか。 私は今はそう思ってます。 小さかったから私が楽に出産できたのだ、遅く退院したのは私が夜眠れるようにと思ってのことだ、と。 そう思うまでには時間がかかるかもしれせんが、後悔しても産まれてしまったものはしょうがない。 現実を受け止めて、前向きに頑張りましょうよ。 搾乳して2時間を届けるのは大変でしょうが、一緒に退院すると体が回復していないところに平均睡眠時間1時間半程度の過酷な日々があるわけです。 それを思えば、心配で眠れないでしょうが、今後のためにもしっかり眠ってしっかり食べて、赤ちゃんが帰ってきたら全力で迎えられるようしっかり体力付けて待っててあげてくださいね。 病院を間違えたかも、とのことですが、それは結果論です。 医者だって人間。 かといって誤診は絶対に許されないことですが、結果的に今は赤ちゃんも母体も無事だったのでとりあえるよしとしましょうよ。 ですが経過をこちらで読む限り、ちょっとずさんな診察ですね。 ひとまずは赤ちゃんが退院して、一段落するまで待って考えてもいいと思いますが、今後のためにも何らかのクレームはあげるべきではないでしょうか。 あれこれ考えて不安も募るかもしれませんが、赤ちゃんは病院でちゃんと成長してます。 赤ちゃんがくれた休憩だと思って、落着きましょうね。 大丈夫、赤ちゃんってママが思うよりずっと強くてたくましいです。 1400グラムで産まれてもちゃんと生きてるでしょ!大丈夫!! ちょっと早く産まれてきた分、これからも成長もちょっとゆっくりでしょうね。 標準とか、一般とか、そういう言葉に惑わされないで、ゆっくりゆっくり見守ってあげてくださいね。 本当にお疲れ様でした。 無理しないで、頑張らないで、ゆっくりやりましょうね。 #2です。 大変でしたね、お疲れ様でした。 早産で出産するということは、決してママのせいじゃありません。 赤ちゃんが早く出たがっていた、ママの体が早く出してあげないともたなかった、そういうことだと思います。 私もたった2週間でしたが早産でした。 子供が低体重児で保育器に入り、質問者様同様私だけ先に退院しました。 質問者様に比べれば大したことじゃないんですけど、その当時は自分を責めましたね。 お気持ちよく分かります。 でもね、後悔してもどうしようもないことだったんです。 診察が早...

次の