三井住友visa 特典。 引っ越し代を節約!三井住友VISAカードで割引できる引越特典をまとめて紹介

三井住友VISAカードの特典は?三井住友VISAゴールドカードの優待は?

三井住友visa 特典

多大なる信頼をよせる三井住友VISAゴールドカード。 基本情報は以下のようになります。 ポイント還元率:0. 国際ブランド:VISA or Master• 年会費:初年度無料、2年目以降:10,800円• 家族カード:あり 1枚目無料、2枚目以降1,080円• ETCカード:あり 年会費無料、年に1回以上利用がない場合は年会費540円• 発行元:三井住友カード株式会社 通常のカードと大きく変わったの年会費。 Web明細サービスなどを利用すると年会費が下がったりと、 数々の特典を備えています。 三井住友VISAゴールドカードのデザインとは.

次の

三井住友カード ゴールドの特典|年会費11,000円は余裕でペイできるか!?|金融Lab.

三井住友visa 特典

年会費が同額(50,000円 税抜き )である「JCBザ・クラス」と比較されるケースが少なくない三井住友カード プラチナ。 ただし、取得方法に違いがあり、三井住友カード プラチナは既存ゴールドカード会員へのインビテーションのほか、新規申込みも受付けています。 僕自身は、三井住友カード プラチナ時代に5度のインビテーションを受け取り、インビテーションから入会しました。 インビテーションから入会した場合、三井住友カード プラチナの初年度年会費は半額に優遇される特典があります。 国際ブランドは、VISAまたはMasterCardからの選択できるほか、2枚同時に取得することもできます。 VISAとMasterCardの2枚を申込みの場合は、年会費が55,000円(税抜き)と割安。 最初に述べますが、このプラチナカード、ライバルとなる同じ年会費設定の、と比べて、コスパの面で劣ります。 三井住友カード プラチナには、JCB THE CLASS同様、「メンバーズセレクション」なる特典があり、毎年、カタログから好きな商品を1点もらうことができます。 メンバーズセレクションで用意されている品は、JCBが2万円~2万5千円であるのに対して、三井住友は5千~1万円と、雲泥の差。 Visaブランドにこだわるなら、三井住友カード プラチナより1万5千円年会費が安い、という選択肢も検討した方がいいでしょう。 グルメ関連、ホテル関連、いずれも優待特典は他社と比べて見劣りがします。 そしてなによりも、プライオリティ・パスが標準で付いていない点と、コンシェルジュが繋がりづらい点が、かなりストレスです。 一方、他社と比べて三井住友カード プラチナのいい点、メリットを挙げると、 こんな感じでしょうか。 もともとクローズドで、インビテーションからの申込みを原則としていましたが、現在は新規申し込みを受付けています。 三井住友ゴールドカード会員に対しては、2年程度の会員履歴があり、毎月コンスタントに利用していればインビテーションが届きます。 年間合計利用額100万円が目安のように思われ、これを2年連続して実績を残せば、ほぼ確実にインビテーションが届きます。 インビテーションからの申込みは通常申込みと異なり、初年度年会費が半額(25,000円(税抜き))になることが多く、新規申込みよりお得に入会することが可能です。 届いたインビテーションを無視しても毎年のように届きますので、もし三井住友カード ゴールド会員で「入会に躊躇するけど、無理してでも年会費半額優待の今、入会するのがお得なのかなぁ?」と悩む方がいたらご安心を。 (笑) しっかり検討を重ねてから入会しても遅くはありません。 ただし、インビテーションに記載されている年会費優待期間を過ぎると、次回のインビテーションが届くまで待たなければならないので、そこをお忘れなく。 三井住友カード プラチナ 年会費 本会員 50,000円+税(VISAかMasterCardいずれか1枚) 55,000円+税(VISAとMasterCard 2枚の場合) 家族会員 無料 取得方法 新規申込み・インビテーション カードブランド 三井住友カード プラチナは、2011年10月より新規会員の募集を始めました。 公式サイトでは、申込み対象を以下のように記載しています。 ちなみに、は、他社のゴールドカードと比較して比較的審査のハードルが高く、プラチナカード会員の申込みとなると当然新規申込みでは通らないケースが少なくありません。 「年収1000万円以上で、持家あり、既婚」などのように、審査に自信のある方は新規申込みをすすめますが、年収が500万円程度以下の方など審査に不安のある方は、まずはゴールドカード会員を通過点として入会し、実績を積んだうえでプラチナカードへランクアップすることをおすすめします。 この方が、審査のハードルも低くなり、プラチナカードを取得する可能性が高まります。 三井住友カード プラチナの主な会員特典 東京・大阪を中心とした全国の有名レストランで2名以上で所定のコースメニューを予約すると、1名分のコース料金が無料になる特典です。 国内の有名ホテルや旅館を優待料金で利用できたり、客室若しくは料理をアップグレードできる特典があります。 国内外で、ホテルや航空券、列車、レンタカーなどの移動交通機関や、レストラン、ゴルフ場、ミュージカル等の手配や予約をしてくれるサービスです。 1年に一度、全国選りすぐりの逸品や各種サービスの中から、お好きな商品・サービスを無料でもらえるサービス。 三井住友カード プラチナのポイントプログラムについて紹介します。 通常のポイントサービスのほかに、半年間のカードご利用状況に応じて、プラチナカード会員限定のボーナスポイントを用意しています。 三井住友カードは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルカードであり、プラチナカード会員はアトラクション優先入場券を1人につき1日1枚がもらえるサービスがあります。 三井住友カード貸切公演を開催しており、プラチナカード会員には優先して販売するほか、SS席も用意しています。 ビジネスプラチナカードについて 三井住友カード株式会社では、ビジネスプラチナカードの新規会員も受付けています。 優待特典・サービスは、このページで紹介している個人向けカードとほぼ変わりませんが、「じゃらん」と連携したお得なビジネスホテル予約を可能とした『じゃらんコーポレートサービス』、ANA・JALの国内航空券をインターネットで24時間365日、チケットレスで予約・発見できる法人カード向けサービス、さまざまなビジネスの場面で役立つお得なサービスがパッケージ化された「ビジネスサポートパック」が用意されています。 国際ブランドはVisaとMasterCard。 加盟店数が世界的に多く、グローバルに利用できるのもこのビジネスカードの特徴です。 ゴールドカードの中では、一番古くから利用していた三井住友ゴールドカード。 三井住友カード プラチナのインビテーションは何度となく届きましたが、自分にとってはベネフィットが薄いため入会をしてきませでした。 しかし、2017年になって入会を決意しました。 年会費25,000円なら、まぁ、一度入会してみてもいいかな?と。 ただし、結局というか、やはり自分には合わないプラチナカードであったため、解約をしました。 カードデザインはいいですね 新規申し込みを受付けているプラチナカードでもあり、デザインは気になった方なら誰でも知っていると思いますが、【黒】を基調としたデザインです。 同じ年会費設定のJCB THE CLASSは、同じ【黒】でもピアノブラック調で顔なんかが反射して映りだすんですが、三井住友カード プラチナの場合はマット調。 三井住友ゴールドカード同様に、パルテノン神殿がモチーフに描かれていますが、これも悪くないですよね。 僕個人としては好印象のデザインです。 三井住友カード プラチナのメリットは何か? 三井住友カード プラチナのメリットは、まず 世界通貨Visaであること。 JCB THE CLASSはもちろん、日本では高額年会費のアメックス・プラチナやダイナースクラブ プレミアムカードも海外での利便性を考えると心細い。 さらに、電子マネーが搭載されていること。 プラチナカードの中で 電子マネーiD一体型といったら、このカード以外ないのではないでしょうか? Apple Payもスマートですが、電子マネー一体型のクレカも決して見劣りするとは思えません。 スマホの場合、電源入れてパスコードを入力する手間があるほか、万が一のバッテリー切れの際には役に立ちません。 ほかに、PiTaPaやWAONカードも追加発行できる点も三井住友カードのメリット。 もうひとつ、他社のプラチナカードに無い特典として挙げられるのが「カードご利用プレゼント」 半年間のカード利用額が50万円以上の場合、 利用合計金額の0. 5%相当がVISAのギフトカードとして手元に送られてきます。 年間400万円の利用がある方なら、半年ごとに1万円分、年間で2万円分のギフトカードが届きます。 僕自身、三井住友カード プラチナはメインで利用しているカードではないのですが、2017年上半期には5,000円のギフトカードが届きました。 (汗) 100万円~120万円使っていたようです。。 ただ、公式サイトでも「0. 5%相当」と記載されていますが、正しくは「最大0. 5%相当」というのが正確な書き方だと思います。 理由は、このギフトカード、10万円利用ごとに500円分がプレゼントされるので、10万円利用した人も19万円利用した人も500円分のギフトカードしかもらえないからです。 ここは注意しなくてはなりません。 園内には三井住友カードのラウンジがあり、プラチナカード会員はこれを無料で利用でき、かつジョーズへの優先搭乗もOK! ラウンジ内ではソフトドリンクを無料で飲むことが出来ます。 このため、USJに毎年行かれる方にとっては、メリットが大きい1枚となっています。 デメリットは何か? まず、 Visaブランドを選択した場合、1名分のコース料理が無料になるグルメ系の特典対象となるお店が全国に約100店舗と少な目。 東京都内の飲食店を利用される方なら、さして問題ありませんが地方都市に住んでいる方にはあまりメリットがありません。 ちなみに、都内のほかでは大阪、名古屋、福岡、京都あたりだと10件以上の対象店舗があります。 Mastercardブランドを選択した場合は、全国約200店舗のお店で1名分のコース料理が無料になるので、ひとり1万円程度以上の料理を食べる機会が多い方ならVisaよりもメリットがあります。 このほか、個人的に大きなデメリットと感じているのが 「コンシェルジュ」 正直、電話が繋がりづらいです。 昼夜問わず。 コンシェルジュって言ったら秘書なので、本来、お願いごとをするときには直ぐに連絡が取れないと困ります。 それが、3分~5分電話を待たされるのでは、全く意味がありません。 会社だったら、別な方を秘書に迎えます。 (笑) なので、コンシェルジュを目的の一つとしてプラチナカードへ入会するなら三井住友カード プラチナはお勧めできません。 三井住友ゴールドカードの方がコスパ抜群なので、そちらで十分です。 また、コンシェルジュ重視なら同じ年会費5万円(税抜き)のがおすすめですので、ご検討されては?と思います。 メンバーズセレクションは過度な期待をできない の場合、2万円~2万7千円くらいの商品がメンバーズセレクションの対象となっていますが、三井住友カード プラチナの場合は実勢価格5千円~1万円程度の商品が対象となっています。 なので、過度な期待はしてはいけません。 商品数もJCBと比べてかなり少なく、商品が掲載された冊子はパラパラっとめくったらすぐに終わりのページに。 このプラチナカードは、やっぱり【カードご利用プレゼント】が大きな目玉のように感じます。 ただし、JCBザ・クラスが初年度メンバーズセレクションもらえなかったのに対して、三井住友カード プラチナは初年度からメンバーズセレクションをもらえるのは良い点です。 インビテーションから入会した方なら、利用状況にもよりますが、初年度に年会費以上のメリットを受けること間違いなしのプラチナカードです。 関連ページのご案内.

次の

【口コミ多数】三井住友プライムゴールドは20代におすすめの特典が豊富!メリット・デメリットを解説!

三井住友visa 特典

三井住友カード ゴールドの年会費は11,000円 三井住友カード ゴールド 還元率 ポイント 0. 3~2. 3~1. インターネットからの入会で初年度年会費無料 三井住友カード ゴールドは、 インターネットから申し込んで発行すると初年度年会費無料になります。 このすることができます。 下記のいずれもインターネットから行うことで初年度年会費無料で発行することができます。 三井住友カード ゴールドの申し込み• 下位カードから三井住友カード ゴールドへのアップグレード• 他のカードから三井住友カード ゴールドへの切り替え• インビテーションでの三井住友カード ゴールド申し込み 三井住友カード ゴールドは申込書を公式サイトから取り寄せて郵送で申込みすることもできます。 しかし、 郵送で発行した場合は初年度年会費無料特典は適用されません。 初年度がから11,000円の年会費が発生します。 特別な理由がない限りインターネットから申込むのがおすすめです。 年会費割引特典で最大6,600円割引 三井住友カード ゴールドの通常年会費は11,000円です。 インターネットで入会した場合も、 2年目以降は11,000円が発生します。 しかし、三井住友カード ゴールドには年会費割引特典があり、条件をクリアすることで年会費を 最大6,600円割引くことができます。 条件と割引額は下記の通りです。 つまり年会費割引特典による年会費のパターンは下記のようになります。 と考えるとかなりお得ですよね。 しかし、4,400円では大した特典を利用できないのでは?と思うかもしれません。 次は気になるカード特典について紹介します。 三井住友カード ゴールド特典は? 三井住友カード ゴールドには初年度年会費無料特典があり、 初年度はでお試し感覚で発行できるのが特徴的ですね。 しかし、もある中、年会費を支払ってまで発行する価値があるのかという疑問を持つ人もいるでしょう。 ここからは三井住友カード ゴールドのカード特典を紹介します。 ポイントが貯まる 三井住友カード ゴールドの通常ポイント還元は、1,000円ごとに1ポイントです。 1ポイントの価値は交換先にもよりますが5円程度の価値なので、ポイント還元率としては0. ポイント還元率が1. 利用頻度の高いお店でポイント5倍 しかし、 以下のお店で利用するとポイントいつでも5倍という特典があります。 マクドナルド• セブン-イレブン• ローソン• ファミリーマート 上記のお店では200円ごとに1ポイント貯まっていく計算となり、 ポイント還元率は2. 日常的に利用する機会の多い コンビニでポイント5倍はかなりメリットが大きいです。 『ポイントUPモール』で最大ポイント20倍 ネットショッピングの際に『ポイントUPモール』というサイトを経由することで、対象のネットショップでの ポイントが2倍以上になります。 店舗ごとにポイントボーナスの倍率は異なりますが、 最低でも2倍 還元率1. ポイントUPモールにはAmazonや楽天市場、ヤフオクなどのネットショップ業界でも最大手級のショップが参加しています。 一例として紹介すると、 Amazonと楽天市場は常時ポイント2倍です。 日用品から大きな買い物までできるAmazonと楽天市場でのポイント還元率が高いのは大きなポイントですね。 『ココイコ!』でポイントボーナスorキャッシュバック 画像引用元: 街中のショップで ポイントボーナスもしくはキャッシュバックが受けられる『ココイコ!』という特典もあります。 使い方は簡単。 まず『』というサイトに参加しているショップにエントリーします。 そしてエントリー後にそのお店でショッピングをすると所定のボーナスポイントもしくはキャッシュバックがもらえます。 参加しているショップには以下のようなものがあります。 高島屋• 東急ハンズ• 東急百貨店• ビックカメラ• かっぱ寿司• びっくりドンキー 例えば東急ハンズであれば、ポイント3倍か、キャッシュバック1. 『ポイントUPモール』と合わせるとネットでも街中でもポイントがザクザク貯まるでしょう。 日本31カ所+海外1カ所の空港ラウンジ無料利用特典 三井住友カード ゴールドには、 空港ラウンジ無料利用特典が付帯しています。 これは、ワンランク下の三井住友カードにはありません。 利用できるのは日本の主要31空港のラウンジと、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジです。 回数無制限で無料利用できます。 そのため、旅行や出張で空港を利用する方にとってはこの特典のためだけに三井住友カード ゴールドを持つ価値があると言えるでしょう。 24時間の健康相談サービス『ドクターコール24』 三井住友カードではゴールドカード以上のカードで『ドクターコール24』という特典が利用できます。 『ドクターコール24』では、医師や看護師などの専門スタッフが 24時間・年中無休で健康に関する相談に対応してくれます。 利用料金は無料です。 「病院に行くほどではないけど調子が悪い」「子どものちょっとした不調が心配」といった場合に利用することができます。 ただし、治療をしてくれるわけではなくあくまでも相談に応じてくれるのみです。 それでも体調が優れず不安を抱えているより、気持ちが楽になることもあるかもしれませんね。 メイン特典とは言えませんが、あると嬉しい特典ですね。 もちろん電話はフリーダイヤルです。 ドクターコール24 0120-498-024 受付時間 / 24時間・年中無休 引用元: 最大5,000万の海外旅行保険 三井住友カード ゴールドは海外旅行保険も充実しています。 内容は下記の通りです。 項目 保険金額 傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 うち利用付帯4,000万円 傷害治療費用 300万円 疾病治療費用 300万円 賠償責任 5,000万円 携行品損害 50万円 自己負担:1事故3,000円 救援者費用 500万円 保険の内容は『傷害死亡・後遺障害』の一部を除いて全て 自動付帯です。 カードを持っているだけで保険が適用されます。 海外旅行保険で最も重要性の高い補償の一つ 怪我・病気に対する金額も300万円とかなり高額ですね。 個人的な経験談ですが、タイを旅行中に食あたりにあって4日間入院したことがあります。 そのときにかかった入院費・治療費は約13万円でした。 東南アジアだったのでそれほど高額ではなかったものの、自腹だとかなりの痛手だったと思います。 そのときは 三井住友カード ゴールドの海外旅行保険を請求し、全額補償を受けることができました。 海外旅行や出張に行く方であれば無料で、しかも自動付帯で利用できるクレジットカードの海外旅行保険は嬉しい特典です。 Reluxとは、厳選されたホテルや旅館を予約できるといった宿泊施設予約サービスですが、 『最低価格保証』があるのが特長です。 最低価格保証とは、「他のサイトより値段が高かったら、Reluxとの値段の差額分をお返しします。 」というもの。 『最低価格保証』があることで、どのサイトで予約するよりも少なくとも5〜7%安くホテルや旅館を予約できます。 『ポイントUPモール』でポイント最大20倍• 『ココイコ!』でポイントボーナスorキャッシュバック• 24時間の健康相談サービス『ドクターコール24』• 最大5,000万円の海外旅行保険• ポイント還元でペイする まずは、年会費以上のポイント還元を受ける方法を考えてみましょう。 年会費11,000円の場合と、割引特典を利用した4,400円の場合でシミュレーションしてみました。 通常還元率0. 年会費 税込 ペイするために必要なカード利用額 11,000円 220万円 4,400円 88万円 年会費割引き特典を全く利用しない場合、年間220万円カード利用することで年会費分のポイントが得られます。 ポイントボーナスを活用しよう! 次はセブンイレブンやローソン、ファミリーマート、マクドナルドといった ポイント5倍のお店で利用するケースを考えてみます。 現実味のある金額ですね。 年間17万6,000円は月に換算すると約14,700円です。 1日500円程度利用するならそれだけで年会費分が取り返せます。 毎日コンビニでランチなどを購入する人なら、実際それくらいの金額は使いそうですよね。 その他、日用品などを『ポイントUPモール』でAmazonや楽天市場で日用品を購入すればポイントいつでも2倍なので、三井住友カード ゴールドを実質無料で利用することも不可能ではないですね。 空港ラウンジ無料利用特典でペイする 空港ラウンジ無料利用特典も年会費に見合ったメリットの大きい特典です。 空港ラウンジは有料で利用すると1回あたり1,100円程度の利用料がかかります。 年間10回以上利用する人なら十分年会費を払う価値があると言えそうです。 家族カードの活用でもっと簡単にペイできる 三井住友カード ゴールドは、 家族カードの1枚目は初年度年会費無料で発行することができます。 年3回のカード利用で翌年度も年会費無料となります。 家族カード会員も本会員と同じようにコンビニ3社とマクドナルドでポイント5倍の特典や、空港ラウンジ無料利用特典が利用できます。 ゴールドカードを持てない 審査に通りにくい 家族もゴールドカード特典を利用できるため、家族カードのメリットは大きいです。 同じ年会費で家族もカード特典が利用できるようになるため、三井住友カード ゴールドの特典を最大限活用できるでしょう。 三井住友カード ゴールドは初年度無料でも充実の特典! 今回の記事の内容をまとめると下記の通りです。

次の