スロット 無理 ゲー。 スロットゲームを無料でプレイ

パチスロが無理ゲーになった原因

スロット 無理 ゲー

スロットで負けて大金を失うと、 「こんなの無理ゲーだろ。 ふざけんな。 金返せ!」何て思ってしまいますよね。 そんな時に自分より明らかに下手なおっちゃん・おばちゃんが「たまたまフリーズを引いて爆勝ち!」みたいな状況を目の当たりにすると怒りはさらに増幅します。 しかし、そういったネガティブな感情を抱く事は自分にとって「マイナス」でしかありません。 なぜなら、パチンコ・スロットは 「感情的」になった者から脱落していくゲームだからです。 そうならないためにも、パチンコ・スロットで勝つ為の「正しい知識」をしっかりと身に付けましょう。 そこでこの記事では、パチンコ・スロットという 「無理ゲー」を「ヌルゲー」にするための 【とっておきの秘策】をあなたに伝授します。 「パチンコ・スロットで勝てない」と悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 結論:パチンコ・スロットは無理ゲーではない。 まずはじめに、パチンコ・スロットは無理ゲーなのか?という件についてお答えします。 結論から言うと、 パチンコ・スロットは全然無理ゲーじゃありません。 むしろ「ヌルゲー」だと私は思っています。 パチンコスロットで負けると「無理ゲー」と思ってしまう気持ちもよく分かります。 しかし、最低限の知識を身に付け、ある程度努力すれば、 誰でも簡単に勝ててしまう「ヌルゲー」というのがパチンコ・スロットの本来の姿なのです。 実際に私は、パチンコ・スロットで毎月20万円〜30万円ほど勝てています。 ぶっちゃけほとんど努力もしてないですし、頭もたいして使ってません。 それでも勝ててしまっています。 なので、パチンコ・スロットで勝つ事は「誰でも可能」と断言できますね。 今は「無理ゲー!」と思ってしまうかもしれませんが、一度コツさえ掴めば、本当にパチンコ・スロットってヌルゲー何ですよ。 パチンコ・スロットの正しい勝ち方|無理ゲーをヌルゲーにする方法 それでは、どうやってパチンコスロットをヌルゲーにしていくのか、その具体的な方法をご紹介します。 その方法とは、ズバリ、 「期待値稼働」を覚えるだけです。 期待値稼働とは、期待値がプラスの台のみを打ち続ける立ち回りのことです。 期待値稼働の「本質」を理解することで、誰でも簡単にパチンコ・スロットで勝てるようになります。 実際に私は、期待値稼働を覚えた事で、パチンコ・スロットで勝てるようになりました。 「パチンコ・スロットが無理ゲー過ぎて困る」という方は、ぜひ期待値稼働を覚えてください。 パチンコ・スロットはなぜ無理ゲーになってしまうのか パチンコ・スロットで勝つためには、期待値稼働をすればいいだけですが、それでは一体なぜ多くの人は無理ゲーだと思ってしまうのでしょうか。 その理由は大きく3つあります。 収支を短期間で見てしまう• 期待値を信じられなくなってしまう• 感情的になってしまう それでは深掘りしていきます。 パチンコ・スロット無理ゲーの理由その1. 収支を短いスパンで見てしまう パチンコ・スロットの収支を「その日」だけで見てしまうと、無理ゲーになってしまいます。 というのも、パチンコ・スロットは期待値稼働を行っても、 直ぐに結果が出るわけではないんですよね。 例えば、スロットの設定6をもし仮に打てたとしても、その日だけの結果で見た場合、負けてしまう事もあるでしょう。 パチンコ・スロットはあくまで「確率のゲーム」なので、 1日単位ではとてもじゃないですが収束しません。 現に私はバジリスク絆の設定6で10万円負けた経験があります…。 こういった事が当たり前のように起きるのがパチンコ・スロットなので、勝ち続けるためにはやはり、 収支を長期的に見なくてはならないのです。 そうすることで、例え期待値プラスの台を打って負けてしまっても焦らなくなります。 焦りがなくなれば、常に落ち着いた状態で立ち回れるので、その後も引き続き期待値稼働を継続することができます。 継続できればいずれ必ず勝てる時期が来るので、トータルで勝てるというわけですね。 この点をしっかりと理解していないと、負け出した途端に焦りが生まれ、結果的に立ち回りが振れて負けてしまいます。 パチンコ・スロット無理ゲーの理由その2. 期待値を信じられなくなってしまう 期待値稼働を行なっていても、長期的に結果が付いてこない事があります。 いわゆる 「下振れ」というものです。 この下振れを食らってしまうと、例え期待値プラスの台を打っていたとしても、長い事結果が付いてこないので、精神的に参ってしまい、 期待値稼働を信じられなくなってしまうのです。 実際に私は、昨年の8月に大幅な下振れを食らい、 2週間で20万円ほどの期待値を稼ぎましたが、実収支は何とマイナス20万円でした…。 もちろんその後取り返しましたが。 つまり、稼いだ期待値の量と実収支の振れ幅が「40万円」まで開いたというわけです。 こんなことが実際に起きるからパチンコ・スロットって怖いんですよ…。 そして、一番怖いのは、こういう体験をしてしまうと、 「期待値プラスの台を打っても勝てないのではないか?」と疑心暗鬼になってしまう事です。 こうなってしまうとかなりヤバイです。 「結局運ゲー」と思ってしまい、適当な台で勝負し始めてしまったら、それこそパチ屋の思惑通りですからね。 この、下振れを食らった時に 「いかに耐えられるか」ということが、今後あなたがパチンコスロットで勝ち続けられるかを左右するのです。 無理ゲーの理由その3. 感情的になってしまう パチンコ・スロットを「無理ゲー」と思ってしまう人は、 直ぐに感情的になってしまう人ですね。 というのも、繰り返しになりますが、パチンコ・スロットは例え 「期待値プラスの台しか打たない」と心に強く決めていたとしても、中々思うように結果が付いてこない事は良くある事です。 というより、ずーっと勝ち続けられる 1回も負けない 人なんていないんですよ。 ですから、パチンコ・スロットで勝ち続けたいのであれば、調子が悪い時こそ冷静に立ち回るように心がけないといけないのです。 また、この「冷静に立ち回れるか」ということが、パチンコ・スロットで 「勝てる人と勝てない人の最大の違い」とも言えます。 そういった時に感情的になってしまっては、勝てるものも勝てなくなってしまいますからね。 なので、例え結果が付いてこなくても、そこまで気にする必要はありません。 そんな時は、 淡々と期待値プラスの台を追い掛けていればいいのです。 そうしていれば、いずれ下振れ時期は終わり、上振れ時期にが訪れます。 感情的になっても何一良い事はありません。 パチンコスロットで勝ち続けるには 「我慢・忍耐力」がとても重要なのです。 まとめ パチンコ・スロットは正しい勝ち方を覚えればヌルゲーです。 正しい勝ち方は 「期待値プラスの台を打つ」たったこれだけです。 無理ゲーだと思っていたあなたも、期待値稼働を覚えれば、パチンコ・スロットで勝てるようになるのでぜひ挑戦してみてください。 PR:有料noteでスロットの正しい勝ち方を公開しています。 有料noteで 「スロットの正しい勝ち方ガイドマップ」を公開しました。 正攻法のノウハウなので、楽して稼ぎたいと考えている方にはおすすめできませんが、 「本気でスロットで勝ちたい」 「努力して稼げるようになるなら苦労は惜しまない」 という方には自信をもっておすすめできるnoteです。

次の

【絶望】6号機時代は無理ゲーすぎてスロットやめた

スロット 無理 ゲー

【逆万枚】たったの4日で20万負けれるって逆にすごくないか?【スロット無理ゲー】• 2019年10月4日• こんにちは。 k2です。 今日も負けました。 もうなんていうか、負けるのが普通すぎていちいちリアクション取ってられない。 番長2連続で天井単発。 リセットでも50ベルとかで捨てられることがあるので天井狙いをしましたが二連続天井。 そして単発。 もうね、どうやって勝てと。 超番長ボーナスは思ったよりゴミだった。 今日マイナス50k。 ほんとうに辛い。。 負け負け負け!!! 負けェェェェエーー! 期待値は稼いだ。 アホ!! もうパチンコでも打とうかなぁ。 スロット無理ゲーすぎだよ。 18kで352回回った。 ボーダーやんけ。 そして当たらんやんけ。 惨敗でしたとさ。。 本日の収支 そんなところで、愚痴ばっかになりそうなので本日の収支を発表します。 いろいろ 合計:6022円 スロット収支• 投資:1700枚(持玉)+30000円(現金)• 回収:748枚• 収支: -47000円 パチンコ収支• 投資:22000円(現金)• 回収:1036玉• なにこれ。 さすがにヤバくね。 たったの4日で20万負けはやばくね。 明日も負けるんかおれ。 明日も負けたらさすがに引退するレベルやぞ。 おれもう金ないぞ。 どうしてくれんだ。 たのむぞ。 明日たのむぞほんと。 勘弁してくれよほんと。 寝ます。

次の

【お手柔らかに】ネット民が嘆く「無理ゲー機種」まとめ2017

スロット 無理 ゲー

パチスロが無理ゲーになった原因 パチスロが無理ゲーになった原因ってなんでしょうか?スロットが勝てなさすぎて最近はパチンコを打っています。 そして設定6でも余裕で負けれる仕様。 やはりメーカーはホール側の欲するような辛い台を作り、エンドユーザーのことは全く考えていないように感じます。 皆さんはどう感じているでしょうか? 補足エウレカの第3のボーナスとかいうARTをボーナス扱いし出した頃からおかしくなったと思ってます。 というか最近のAT機は機械割とか関係ないと思います。 結局薄いところを引いてやっとスタートラインに立てる感じじゃないですか?ゾーン狙いでもほとんど当たらないがたまに爆発して収束してるだけでしょ?実際マイホのプロ達も毎日いたのに今は全然いません。 最近の台で勝ってる人って全体の1割にも満たないでしょう。 波の荒さは4号機時代の爆裂AT機時代に似てますね。 しかし、パチスロ人口が激減してる分当時より状況は悪いと思います。 薄い所を引いても4号機の様なリターンを期待出来ない分、客が負ける額が増える一方ですね。 後、新台が使い捨て状態なのでホールに体力がないのも問題です。 客に還元する前に客が飛び、新台は続々出るので導入せざる得ない。 機械台を回収する頃か、回収する前にはまた客が飛ぶ。 この繰り返しが現状ですよね。 名前やキャラ、特化ゾーンの名称だけを変えた同じ様な台ばかり乱発してる状況は4号機時代の末期と酷似してますね。 パチスロ業界自体が斜陽なので仕方ないのかもですが、業界自体の体質がダメなんでしょうねきっと(笑) >最近の台で勝ってる人って全体の1割にも満たないでしょう。 4号機の頃から、買ってる人は全体の1割に満たない程度ですよ。 >メーカーはホール側の欲するような辛い台を作り、エンドユーザーのことは全く考えていないように まぁ、メーカーの客はホールであって、打ち手ではないからね。 ただ、「波が荒くても出玉のある機種」を欲したのはエンドユーザーです。 ジャグラーがホールの半数を占め、残りがARTorAT機と言う状況を作り出したのも、そういう機種に客がつくから。 いくら割のキツイ機種でコイン単価がよかったとしても、客がつかない機種はホールも求めません。 逆に、5号機になって低設定で吹く可能性が低くなり、元々低設定中心だったホールが出玉感を煽れずに客が飛んでいるかパチンコに人が流れているかと言う印象ですね。 どの辺から無理ゲーって考えているかだよね。 スロットでどれぐらい利益をだそうと考えているか分からないけど、きっちりゾーンの狙い撃ちしてればそこまで負けないよ AT機でゾーン深くまで連れて行かれるのは、言っては悪いが典型的な負けパターン。 ずるずると打ち続けずに、最初のゾーンで止めておけば負債が少なくて済む。 やっとAT入れても30~50Gでは結局何もできず100枚ちょいで終了というのはよくありますが、逆に特化ゾーンに入れれば500~1000枚ぐらいは堅い機種が多い。 投資が2万ぐらいまでなら、逆転が狙えますね(それ以上投資している人も多いが、5号機の場合は2万つぎ込んで何も起こらないような台は低設定濃厚なんで、プレミアフラグでも引かないと逆転は難しい)。 設定6で余裕で負けれる仕様っていうのは、裏を返すと低設定の誤爆の可能性も高い仕様って事だし。 割だけみれば、メーカーの作っている機種自体は甘い物が多いよ。 目押し不要で初心者が損しないような仕様も最近は多いし。

次の