いかりのまえば 剣盾。 【ポケモン剣盾攻略】ポケモンの体力を奇数・偶数にする理由一覧【ソード&シールド】

ポケモンソード・シールド (剣盾) 攻略

いかりのまえば 剣盾

HPはなるべく奇数にしよう! HP満タンの状態からやられるシチュエーションは効果抜群の技によるものがほとんどでしょう。 実は、 効果抜群のダメージはそのまま倍のダメージになっているため、受けるダメージは偶数になるという法則があります。 HPを奇数にすることで無駄なく最低限の値で済むようになるのです。 他にもHPを奇数にすることで以下のダメージを減らすことができます。 「 いかりのまえば」や「しぜんのいかり」のダメージ• 「とびげり」や「 とびひざげり」を外した際の自傷ダメージ• 岩4倍弱点のポケモンへの「 ステルスロック」 ステロや膝外しは2回耐えるかどうかで生存にも大きく関わってくるため、これらに当てはまるポケモンのHPは絶対に奇数にしましょう! 緑ゲージで耐えることで「しおみず」の威力を上げさせなかったりと細かいメリットもありますので、特別な事情がない限りHPは奇数にしていきましょう。 ただし、「ビックリヘッド」の反動は切り上げなので、奇数でも偶数でも2回の攻撃で倒れてしまいます。 「てっていこうせん」も同じ仕様と思われます。 理想の数値「16n-1」とは? 砂や毒、宿り木などの定数ダメージで削られるHPは「最大HP」で決まっています。 これらはHPが一定値になるごとに被ダメージが増える仕様になっているので、その直前のHPに設定することでそれらを最小限にすることができるのです。 なお、4倍弱点持ちのポケモンは効果抜群のダメージが4の倍数になるため、それも考慮すると「16n-3」も候補になります。 持ち物で変わるHP調整 HPに干渉する持ち物を持たせる場合に有効になってくる調整があります。 たべのこし 「たべのこし」の回復量は砂嵐や霰と同じ値をとり、16の倍数ごとに回復量が増えていきます。 一撃で倒されることがほとんどないポケモンであれば「16n」でも良いでしょう。 オボンのみ 基本的にはHPが奇数である方が良いのですが、 「オボンのみ」を持たせる場合には偶数にするべきです。 次の攻撃で発動できればいいのですが 回復できなかったが故に倒されてしまうケースもあるのでよほどのことがない限りは偶数にしておくのが無難です。 混乱実 特性「くいしんぼう」を持つポケモンに混乱実を持たせる場合はオボンのみと同じく偶数にするのが好ましいです。 ですが、「いかりのまえば」などの技を連続で受ける機会はあまりないため、それ以外のポケモンは無理にHPを偶数にする必要はないでしょう。 HPを「 10n-1」に調整することで消耗を抑えていくことができます。 例えば、HP「160」のポケモンは144,128,112…とHPが推移していくのに対し、HPが「159」のポケモンは144,129,114…と推移していきます。 HPの高い個体の方が倒れやすくなるといった事態になっていますね。 しかし、この持ち物を持たせるポケモンは基本的に攻撃的な型であるため努力値でHP調整するわけにはいかないでしょう。 少し面倒ですが、個体値を落とした個体を採用するなどの調整が必要になってきます。 とはいえHPを大きく落としてまで叶える調整ではないので、個体値VのHPが10nぴったりになってしまうポケモンのときだけ意識するようにしましょう。 その他の細かい調整 ここで挙げる調整はそれほど大きなものではありませんが、余裕があれば調整すると良いでしょう。 ちきゅうなげ・ナイトヘッド ポケモンの技にはレベルと同じダメージを与えるものがあり、Lv50での対戦では50ダメージになります。 また、HPを「205」まであげることができれば「みがわり」が「ちきゅうなげ」を耐えられるようになるというメリットもあります。 物理アタッカーなら「6n-1」に調整してもいいですが、「メガガルーラ」以外のポケモンはそこまで神経質になる必要はありません。 Lv1ポケモンにおけるHP調整 この記事ではLv50のポケモンにおけるHP調整を書いていますが、Lv1のポケモンにもHP調整は存在しています。 詳しく知りたい方は以下の記事も読んでみてください。

次の

HPの調整でこんなに変わる?より強いポケモンの育て方!|ポケモニット

いかりのまえば 剣盾

ダイマックスの効果 まとめると• ダイマックス技に変化。 威力は元の技によって決定。 3ターンでダイマックス解除。 交代でダイマックス解除• HPが上昇 ダイマックスレベルによって変化• ひるまない• 所持しているこだわり系のアイテムは解除。 ダイマックス終了後は再びこだわり直す• ダイマックスしても、とつげきチョッキの効果は続く ダイマックス時でも特防は1. 5倍のまま、ダイウォールを使用できない• 重さの関係する技、一撃必殺技、交代させる技、きのみを潰す技は効かない。 みちづれ、アンコールは無効。 ダイマックス技は必ず命中する。 定数ダメージは元のHPで計算される。 怒りの前歯のダメージも元のHPで計算される。 ダイマックスレベルについて ダイマックス飴を使用すれはダイマックス時のHPを上げることができる。 5倍と2倍の違いは段違い。 対戦に大きく影響する要素の一つ。 よって、上げておかない理由とかないので、ランク戦に潜る前に全員カンストしておくこと。 ダイマックスレベル HPの変化 0 1. 5倍 1 1. 55倍 2 1. 6倍 3 1. 65倍 4 1. 7倍 5 1. 75倍 6 1. 8倍 7 1. 85倍 8 1. 9倍 9 1. 95倍 10 2倍 ダイマックスでこだわり系の道具は全て解除 こだわりメガネ、こだわりハチマキ、こだわりスカーフが対象。 この道具を持たせることで同じ技しか出せなくなるが、ダイマックスすることでその効果も解除できる。 同時にその道具の効果を失ってしまうので注意 例えばこだわりスカーフの1. 5倍の効果。 ダイマックスが終了すると再びこだわり直す。 ここで注意して欲しいのが、 ダイマックスの解除後、ダイマックス前に使用していた技と同じ技しか使えないということ。 例えばダイマックス前に地震を使っていたとすると、解除した後も地震しか使えない。 技のこだわりは解除されない。 技の選択ごと解除されると勘違いする人がいないので一応紹介。 ダイマックスに対して、一部の技は無効 以下の技はダイマックスポケモンには効果なし。 ターンを無駄にするので注意。 重さの関係する技• けだぐり• ヘビーボンバー• ヒートスタンプ• くさむすび 交代させる技• ふきとばし• ほえる• すてゼリフ きのみを潰す技• むしくい• ついばむ• やきつくす 一撃必殺技• じわれ• ぜったいれいど• つのドリル• ハサミギロチン その他• みちづれ• アンコール 定数ダメージは元のHPで計算される これもわかってもらえないことが多いのでいのちのたま持ちのポケモンで解説。 いのちのたま…自分のくりだす技のダメージが1. 定数ダメージを受けるもの• 天候などのダメージ• いのちのたま• 毒、火傷。 ダイマックス技効果一覧。 ダイアタック: ノーマル 相手のすばやさを1段階下げる。 ダイウォール: ノーマル 全ての技から身を守る。 ダイマックス技も含む ダイバーン: 炎 天候を晴れ状態にする。 ダイストリーム: 水 天候を雨状態にする ダイソウゲン: 草 フィールドをグラスフィールドにする ダイサンダー: 電気 フィールドをエレキフィールドにする ダイアース: 地面 味方の特防を1段階上げる ダイアイス: 氷 天候をあられ状態にする ダイジェット: 飛行 味方の素早さを1段階上げる ダイロック: 岩 天候をすなあらし状態にする ダイアシッド: 毒 味方のと特攻を1段階上げる ダイワーム: 虫 相手の特攻を1段階下げる ダイナックル: 格闘 味方の攻撃を1段階上げる ダイサイコ: エスパー フィールドをサイコフィールドにする ダイホロウ: ゴースト 相手の防御を1段階下げる ダイアーク: 悪 相手の特防を1段階下げる ダイドラグーン: ドラゴン 相手の攻撃を1段階下げる ダイスチル: 鋼 味方の防御を1段階上げる ダイフェアリー: フェアリー フィールドをミストフィールドにする 注目のダイマックス技は? ダイジェット これが一番注目されていると言っても過言ではない。 素早さを1段階上昇させるぶっ壊れ能力の1つ。 飛行タイプポケモンの評価が検討され直されている。 この技の恩恵を受け、ギャラドスが環境で大暴れ。 ギャラドスのダイジェットでポケモンを倒すと特性じしんかじょうで攻撃1段階上昇。 攻撃に加えて、りゅうのまいと同じ効果を受けられるとか強すぎ。 ダイアイス、ダイロック この技のせいでタスキ潰しの手段が増えた。 てダイアイスなら環境に多いタスキ持ちのドラパルドを潰すことができる。 タスキ潰しが手軽にできるので、パーティによるがステルスロックとか採用しなくていいかなと思ってしまっている。

次の

【ポケモン剣盾】環境激変!?最強デデンネ育成論【ダブルバトル】

いかりのまえば 剣盾

弱点2・耐性11とこの上なく恵まれたタイプ耐性を持つ。 等倍範囲が優秀と言われるの一致技を半減に抑えられる数少ないポケモンのひとつ 他にはのみ。 種族値合計380という下手な進化前より低い能力値が最大の問題点。 前作まではメガシンカによる種族値増強と屈指の強特性の獲得でこの欠点を克服し、重火力アタッカーとして大活躍していたが、今作ではメガシンカの廃止によりその地位を一気に失ってしまう。 こと特殊耐久の低さについては、優秀なタイプ耐性をもってしてもとても補いきれないほど。 更にはメタルバースト・はたきおとす・いかりのまえばといった重要な技が過去作限定となってしまい、非常に苦しい立場に立たされている。 幸い特性は優秀で、場に出るだけで仕事ができる「」と、適用技の多い「」を持っている。 前者は特にダブルバトルで活躍の場を見出せ、今作で新規習得したてだすけなどを活かしてのサポート型運用などが考えられる。 上述通りにメガシンカが無い環境下で「鎧の孤島」で登場した同複合で役割が被ってると差別化を活かしたい所。 ちからずくアタッカーもできなくはないが、同特性で単鋼タイプのがトリルエースとしてより優秀なため意識する必要がある。 剣盾で新規にサイコファング・ドレインキッス・てだすけなどを獲得している。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 かいりきバサミ 相手に攻撃を下げられなくなり、いかくやキングシールドに強くなる。 物理エースだった前作ならともかく、素の火力の足りないクチートでは後続にも効果が活きるいかくのほうが有用か。 同じ特性を持つカイロスやキングラーとは違い火力がたりないので優先度は低い。 いかく 繰り出すだけで相手全員の攻撃力が下がる。 特にダブルでは仕事を増やせるので非常に有用。 ただし、シングルよりかちき・まけんき持ちが多いので注意。 第8世代では無効化できる特性が増えてしまったが、依然として物理型のポケモンが多い環境である為、基本はこれ。 ちからずく 隠れ特性。 状態異常付与・自身の能力アップ・相手の能力ダウンの追加効果を犠牲にして、技の威力を1. 3倍にする。 適用技にはいのちのたまの反動がなくなるので、デメリットなしで合計1. 69倍の火力を叩き出すことが可能。 足りない火力を大きく補ってくれるが、ダイマックス技には効果が乗らないので要注意。 命中不安。 性能安定。 サイコファング 超 85 - 100 壁破壊 毒への遂行手段。 タイマン性能を高めてくれる。 ちからずく以外の型で。 鈍足との相性はよい。 悪 道具により変化 - 100 道具により変化 追加効果狙いでかえんだま・でんきだまなど。 イカサマ 悪 95 - 100 - 攻撃無振りでも使える攻撃技。 高威力・命中不安。 ちからずくなら命中率の高い岩技、 いかくを活かしたトリルパなら怯み技として優秀。 ちからずくとは相性が悪い。 追加効果が優秀。 襷を潰しつつ能力アップ。 かわらわり 闘 75 - 100 壁破壊 対鋼。 壁構築に強くなる。 ちきゅうなげ 闘 - - 100 固定ダメージ 火力に振らないのなら。 ほのおのパンチは覚えない。 火傷対策として。 メタルバースト 鋼 - - 100 被ダメージ1. 5倍返し タスキと組み合わせて。 過去作遺伝技。 過去作教え技。 いかりのまえば 無 - - 90 - 削り技。 ゴーストには無効。 過去作教え技。 HPを消費する大技。 安定性能。 ドレインキッス 妖 50 75 - 100 - 唯一の一致特殊妖技。 威力が足りない。 範囲・威力とも優秀だが命中不安。 命中やや不安。 妖技の代用としてドラゴンへの遂行にも。 主にダブルでのサポート用。 威力不安定。 シャドーボールと選択。 足りない火力を強化。 バトンタッチ 無 - 後続サポート。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 ふいうちと相性が良い。 みがわり 無 - 補助技対策や、交代読みで。 ふいうちと相性が良い。 ステルスロック 岩 - サポート用。 交代読みで。 こらえる 無 - 相手のダイマックス技を確実に耐えられる。 連続使用で失敗しやすくなるので注意。 ミストフィールド 妖 - ダイマックスを消費せずにフィールド貼りかえができる。 てだすけ 無 - ダブルでの補助に。 耐性は優秀だが耐久数値 特に特殊耐久 が貧弱なので、無効タイプやいかくを活かさないと後出しは厳しい。 広い攻撃範囲に先制技も揃うが、攻撃の種族値自体は控え目なので過信は禁物。 ちからずくならメインウェポン含め火力が補強できるが、場に出るだけで物理相手に最低限仕事ができるいかくは捨てがたい。 A特化じゃれつくで無振りを超高乱数1発 ちからずくだと確1。 仮にタスキ型でもふいうちで縛れるが、おにび型等には要注意。 物理環境も相まって、他の役割破壊技も特殊技のほうがいかくにも強いので安定しやすい。 無論つるぎのまい採用型に関してはこの限りではない。 ふいうちがあるので最低限タスキ潰しもでき、がんせきふうじでS操作もできる。 サイコファングとかわらわりは壁展開の阻止用。 前者だと、後者はに無効化されるので注意。 ちょうはつは鈍足耐久型の起点阻止用。 Sに振っておけばある程度機能する。 てっていこうせんは2ターンかかるが自主退場できる。 火力がなく起点化されやすいので、起点回避の手段はなにかしら持っておきたい。 相性考察 互いの弱点をすべて半減以下に抑えることができる。 ただし、複合範囲ではなど両者に弱点をついてくるポケモンも少なくない。 無効、半減。 サザンドラが苦手なむし・こおり・ドラゴン・フェアリーに強い。 物理特殊で役割も分担できる。 対クチート 注意すべき点 優秀な複合タイプによる多耐性といかくにより、数値以上に繰り出し性能が高い。 ステルスロック・ミストフィールドといった設置技、ちょうはつ・てだすけなどの有用な補助技を持つ。 ちからずくを活かしたアタッカーもおり、技範囲が広く、適用技も多く習得するため数値以上に火力が出る。 つるぎのまい+ふいうち、バトンタッチなどのコンボも備えており油断ならない。 対策方法 数値の割にできることが多いというだけで、クチート自体はステータスが低く特別危険なポケモンではない。 特殊耐久は壊滅的に低く、いかくで誤魔化されない特殊アタッカーなら容易く殴り倒せる。 エース運用はまずされず、いかくを絡めてサイクル運用されることが主なので、後続を常に意識して立ち回ると良い。 覚える技 レベルアップ 3rd 4th 5th XY OA SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 - - 1 1 じゃれつく 90 90 フェアリー 物理 10 - - 1 1 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 - - 1 1 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 - - 1 1 なきごえ - 100 ノーマル 変化 40 - - 1 1 ようせいのかぜ 40 100 フェアリー 特殊 30 1 1 1 1 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15 6 6 6 5 うそなき - 100 あく 変化 20 11 11 11 9 かみつく 60 100 あく 物理 25 16 16 16 13 あまいかおり - 100 ノーマル 変化 20 21 21 21 17 はさむ 55 100 ノーマル 物理 30 26 26 26 21 だましうち 60 - あく 物理 20 31 31 31 25 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 36 36 36 29 かみくだく 80 100 あく 物理 15 41 41 41 33 てっぺき - - はがね 変化 15 - 46 46 37 ふいうち 70 100 あく 物理 5 46 51 50 41 たくわえる - - ノーマル 変化 20 46 51 50 41 のみこむ - - ノーマル 変化 10 46 51 50 41 はきだす - 100 ノーマル 特殊 10 - 56 56 45 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 - - 60 49 じゃれつく 90 90 フェアリー 物理 10 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10 技37 すなあらし - - いわ 変化 10 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技54 みねうち 40 100 ノーマル 物理 40 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技63 さしおさえ - 100 あく 変化 15 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技97 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の