ゆうちょ 銀行 小銭。 ゆうちょATMで小銭は引き出せる? 入金はできる?

【貯金】貯めた小銭をゆうちょ銀行で預け入れを簡単にする方法

ゆうちょ 銀行 小銭

ゆうちょATMでは、ゆうちょ銀行の口座から 小銭の引き出しができます! 10円以上からすることができます。 それも 1円単位で引き出しが可能です。 65円、1192円など、中途半端な金額でも大丈夫で、お札と一緒に引き出すこともできます。 ただし、他の銀行の口座からの引き出しは、小銭を出すことができません。 利用可能な時間は、 平日の7時〜21時、土日祝の9時〜17時となっています。 ゆうちょって意外ときめ細かいサービスをしてたんですね。 どこでもできるわけではないので注意! 小銭の引き出しや入金ができるゆうちょATMは、 郵便局に設置されているATMのみとなります。 ショッピングセンターや駅の中などに設置されている店舗外ATMは、小銭を出し入れするところがない機械を設置しているため、利用することができません。 間違っても、お札を入れるところに小銭を無理やり入れないでくださいね。 機械がストップして使えなくなります。 ゆうちょATMでは、ゆうちょ銀行の口座へ 小銭の入金もできます! こちらも、 10円以上からで、1円単位で入金が可能です。 ただし、 1度に入金できる枚数は100枚までです。 100枚以上ある場合は、複数回に分けて入金しましょう。 万が一100枚以上入れてしまった場合は、最初からやり直しになるので、前もって100枚単位に小分けしておくと良いです。 小銭の入金は、お札だけの入金にくらべて少し時間がかかり、100枚だと5分くらいかかることもあります。 後ろに人が並んでたらちょっとやりにくいですね。 また、ゆうちょATMで他の銀行の口座へ入金をするときは、小銭を入金できないので注意しましょう。 利用可能な時間は、引き出しと同じく、 平日の7時〜21時、土日祝の9時〜17時となっています。 小銭を入金するときに気をつけたいこと 小銭の投入口は意外と繊細なので、一度にドバッと入れてしまうと 小銭が詰まることがあります。 投入口に入れるときは、 あわてずゆっくり入れるよう心がけてください。 また、入金する小銭が合計1000枚など大量すぎる場合は、複数回に分けて何度も入れているうちに、気がつけば自分の後ろに大行列が…なんてことになりかねません。 他の人の迷惑にならないよう、小銭の枚数が極端に多い場合は日にちを分けてATMで入金するか、窓口に持って行って処理してもらいましょう。 混んでなければ、窓口のほうが確実に早いですよ。 それから、汚れが激しい小銭は詰まることがありますので、ATMには入金しないほうが無難です。 私の友人は、海水につかった小銭を、乾かしたから大丈夫だと言ってATMに投入したら、見事に詰まったそうです…。 みなさんも気をつけましょう。 関連ページ ゆうちょATMは全国どこにでもあるので、便利ですよね。 他行のキャッシュカードでも引き出しができるとあって、利用する人は多いのではないでしょうか。 土日祝日でも稼働しているATMが多く、お出かけのときにお金を引き出したくて立ち寄る人もいると思います。 しかし、引き出し手数料がかかるのではないかと気になります。 そこで、ゆうちょATMの引き出し手数料が、土日祝日は有料なのかどうか調べてみました。 他の銀行からゆうちょ銀行に振り込みをしてもらうために、自分の口座の支店名・支店コードを伝えようと思ったら、どこにも書いていなくて困ったことがあります。 実は簡単に調べる方法があります。 というわけでゆうちょ銀行の支店名・支店コードをどうやったら調べられるのかまとめてみました。 ゆうちょ銀行は、ATMでお金を引き出す際キャッシュカードがなくても通帳だけで利用できるので便利ですよね。 しかし、記入する欄がいっぱいになっていて焦った経験はありませんか? そこで今回は、ゆうちょの通帳がいっぱいになってしまった時どうしたらよいか、詳しく解説します。 ゆうちょの貯金口座にお金がいくら残っているのか、気になったことはありませんか? 特に、公共料金やクレジットカード支払いの引き落としがある場合は、残高が足りているのか不安になりますよね。 確認のためATMに出向くのは面倒だから、手軽にできたらいいな、と感じる方も多いでしょう。 そこで、ゆうちょの貯金の残高照会をする方法をご紹介します。 先日、私名義のゆうちょの口座が休眠口座になっていると母から連絡がありました。 長い間使っていないと休眠口座になるのは知っていましたが、具体的に何年で休眠口座になるのかは聞いたことがなかったので、気になりました。 そこで、ゆうちょの口座は何年経つと休眠口座になるのか調べてみました。 休眠口座を復活させられるのかどうかについてもご紹介します。 自分のゆうちょ銀行の口座に預け入れしたいけど、やり方が良く分からなくて・・・ 預け入れの方法を忘れてしまった方、これから初めて預け入れをする方にも分かりやすいように、「ゆうちょ銀行への預け入れの方法」を説明していきます。 今回は「ATMを使った、ゆうちょ銀行への預け入れの方法」について触れていきます。 ゆうちょ銀行同士の振り込みは振込手数料が無料になります! 今回はゆうちょ銀行の振込手数料が無料になる条件についてまとめて見ました。 、みなさん郵便貯金の通帳はお持ちでしょうか。 郵便貯金の口座は、なんと振込手数料が無料!なんです! というわけで、今回は郵便貯金の振込手数料が無料になる条件についてご紹介したいと思います。 郵便局で入金しようとすると、入金したい金額では限度額の規制がかかってしまい、入金できないなんてことがあったりします。 入金限度額っていくらだっけ? ATMの場合と窓口の場合で限度額は違うの? 他の銀行とも限度額は違う? 今回はゆうちょ銀行のATMでの入金限度額について、ご説明します。 私もよくゆうちょ銀行のATMを利用するのですが、振込をしようとしたときに「いったいいくらまで振込ができるんだろう?」心配になったことがあります。 ATMって大きいところでなければ聞く人もいなくて困っちゃうんですよね! というわけで、今回はゆうちょ銀行のATM振込限度額をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

大失敗!ゆうちょ銀行ATMに硬貨・小銭を入金したら大迷惑だった!

ゆうちょ 銀行 小銭

貯金箱の小銭が大量にあるけど、これってどうすればいいの? まとめて両替したいけど、どこに持って行けばいいの?と悩んでいませんか。 コツコツ貯めた小銭が気付けばパンパンになっていることありますよね。 小銭のままでは使いにくいので、お札に両替したり口座に入金する必要があります。 でも、銀行に持って行くとかなり手数料を取られてしまいます。 ・三菱東京UFJ銀行(500枚毎) 540円 ・みずほ銀行(501枚以上) 864円 ・三井住友銀行(501枚~1,000枚) 864円 せっかく貯めた小銭が手数料でなくなるのはもったいない! そこでお勧めなのが、郵便局に持って行く方法です。 郵便局に持って行けば、手数料無料で入金することができます。 今回は、貯金箱の小銭を手数料なしでお得に両替・入金する方法をご紹介します。 スポンサーリンク 郵便局で手数料無料で両替してもらう手順 まずは、大量の小銭とゆうちょ銀行のキャッシュカード、又は通帳を用意します。 缶に小銭を貯金している場合、缶切りで開けていった方が良いです。 郵便局によっては缶切りを用意しているところもありますが、ないところもあります。 窓口でもたつく前に、家でしっかりと用意しておきましょう。 ちなみに、 入金するために判子は必要ありませんでした。 キャッシュカード(又は通帳)だけで大丈夫。 郵便局の窓口に持って行き「小銭を入金したいのですが」と伝えれば対応してもらえました。 ネットで調べてみると「あるだけ入金(預け入れ)でお願いします。 」でも通じるみたいです。 「入金票」という青い用紙を渡されるので、それに名前を記入して局員さんに渡せば完了。 あとは、小銭を計測してもらうのを待つだけです。 今回は3~5分ほど待ちました。 また同じ用紙を渡されるので、計測された金額を記入します。 以上です。 めっちゃ簡単! 最後に、改めて大量の小銭を郵便局で入金してもらう方法をまとめておきます。 大量の小銭とゆうちょ銀行のキャッシュカード、又は通帳を窓口に持ち込む• 「小銭を入金したいのですが」と伝える• 局員さんから入金票(青い紙)を渡されるので名前を記入する• 機械で小銭をカウント後、局員さんから伝えられた金額を記入する• 入金完了! 空いている時間に行けば10分程度で終わります。 ちなみに今回私が持ち込んだ小銭の枚数は1,010枚! これだけ多くても3分から5分程度で計測してもらえました。 1円玉:302枚 5円玉:85枚 10円玉:468枚 50円玉:75枚 100円玉:71枚 500円玉:9枚 たったこれだけで家にある大量の小銭がなくなりました! 両替が必要な場合、そのままATMでお金を引き下ろせばできます。 大量の小銭を直接両替してもらうことはできないですが、この方法なら問題なしです。 郵便局で入金する際の注意点 小銭の上限枚数は特にないが、多すぎる場合は事前連絡が必要 大量の小銭を持ち込むときに上限枚数が気になると思うんですよ。 今回私は1,010枚の小銭を持って行きましたが、特に何も言われませんでした。 郵便局員さんも特に何も仰っていなかったので、上限は気にしなくても良いと思います。 そもそも多ければ、機械を何回かに分けて使えるのかもしれないですね。 ただ、あまりにも小銭を大量に持って行く場合は、計測に時間がかかるため事前連絡をした方が良いみたいです。 Q:窓口で大量の硬貨を預け入れることはできますか。 また、手数料はかかりますか。 A:お預け入れは可能ですが、お時間がかかりますので、あらかじめご来店いただくゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口にご連絡ください。 なお、手数料はかかりません。 引用元: どれくらいから大量なのか?ということについては記載がないですが、1万枚超えているようなら事前連絡した方がよいでしょうね。 お昼や閉店前、月末などの込んでいる時間帯なら特に気を付けた方が良いと思います。 特に下記の時間帯は混雑しやすいので、小銭の両替・入金は避けた方が無難です。 ・12時~13時(お昼休み) ・連休の前後(ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始など) ・月曜・金曜 ・月始めと月終わり ・五十日(ごとおび)(毎月5日10日15日20日25日30日) 貯金窓口に持って行けばよい 郵便局の窓口には、「郵便窓口」「貯金窓口」「保険窓口」の3つがあります。 小銭を両替・入金してもらうためには 貯金窓口に持って行けば対応してもらえます。 キャッシュカード(又は通帳)を忘れないように気を付けてください。 貯金窓口の営業時間は9時から16時まで 貯金窓口の営業時間は、全国的にほとんど統一されているようです。 気を付けておきたいこととして、 郵便窓口が開いていても貯金窓口が閉まっていれば対応してもらえないということ。 郵便窓口はもう少し遅くまでやっているところもあるので、郵便局は遅くまで営業しているイメージがありますよね。 だけど、それぞれの窓口が違うので、小銭の両替・入金は上記の時間内に行くように気を付けておきましょう。 小銭が100枚以下ならATMでも入金可能! 小銭が100枚以下の場合は、わざわざ窓口に行かなくてもATMでの入金もできます。 ただ、ATMで小銭を入金する場合、2つの点に注意しないといけません。 1、郵便局の店舗内に設置されているATMを使う 2、異物が混入していないか十分確認する コンビニやスーパーに置いている出張型のATMでは基本的に小銭の入金はできません。 必ず郵便局の店舗内に設置されているATMを使う必要があります。 もう一つが、異物混入のチェックです。 知らない間にゲームのコインが入っていたり、クリップが入っていることが良くあります。 こんなのいつ入った?ってことが結構あるんですよ。 窓口に持っていた場合は、弾いて返してくれるのですが、ATMで直接混入すると最悪機械が止まります…。 後ろに長蛇の列ができて、その間いたたまれない気持ちで点検を待つことになります。 こうならないためにも異物チェックは必須ですが、店舗まで足を運んでいるなら窓口でやってもらったほうが早くて確実だと思います。 まとめ 知らず知らずの間に貯まった小銭は、郵便局に持って行けば口座に貯金できるので便利です。 私は財布に貯まった小銭をバンバン貯金箱に入れる習慣があるので、頻繁に貯金箱がパンパンになります。 貯金箱に入れっぱなしだと使えないし、場所は取るしで大変。 貯金箱が貯まったらすぐに郵便局に持って行くようにすれば解決です! なんといっても、手数料無料で両替・入金できるのは助かります。

次の

小銭貯金の両替はゆうちょがおすすめ!郵便局は手数料無料でOK!

ゆうちょ 銀行 小銭

小銭を貯金箱等に貯めている人は意外と多い。 一部の人はいっぱいになるまで貯めて、将来的には紙幣への両替を望んでいるはずだ。 ただ、 小銭を銀行口座に入れるにも、紙幣への両替を行うにしても、手数料を取られたり、面倒な手間が生じてしまう。 今まで無料だった銀行もどんどん有料化、手数料の増加傾向になる。 少しずつでも良いので、電子マネーにして残すなど、小銭を出さない生活へと移行すべきだ。 小銭を貯める楽しさは理解できる。 ただ、キャッシュレス生活に移行ずれば多かれ少なかれ生活も豊かになる。 なぜなら、 日本政府は2019年10月からキャッシュレス決済利用者に対し、最大5%の還元を増やす制度を始めるからだ。 日本政府主導で始まるキャッシュレス決済でのポイント還元制度については下記記事を参考に。 貯まった小銭を銀行口座へ入金し、それを良い機会に小銭を出さない生活へ移れば生活に余裕を作ることもできる。 貯まった小銭を銀行口座へ入金する方法 貯まりに貯まった小銭を銀行口座に入金する方法として 1.小銭を入金できるATM機を使う 2.銀行窓口で入金する がある。 小銭を入金できるATM機を使う コンビニや出張ATMなど、現在は小銭の入金に「対応していない」ATMも多くなっている。 小銭を入金できるATM機としてはゆうちょ銀行の他、メガバンクと呼ばれる大手3銀行の三菱UFJ、みずほ、三井住友銀行、地方銀行や地方信用金庫になる。 ただ、ゆうちょ銀行はATM設置台数が少ないため、小銭の両替はタイミングによっては迷惑がかかる。 また地方銀行、信用金庫だと手数料を取られるケースもあるので、台数も多く揃えている メガバンクで行うのがおすすめである。 ただし、メガバンクでも、スーパーやショッピングセンターなどの 店舗外無人ATMコーナーでは小銭の入金に対応していない。 また、利用手数料・時間外手数料がかかる時間帯もあるし、一度に入金できる小銭の枚数が50から100枚と制限されていることもある。 入金枚数が制限されているATMでは複数回入金を繰り返す必要があるため、ATM設置台数が多い場所、かつ混雑しない時間帯・日に行った方が良いだろう10日、15日、20日、25日のお昼時間は混雑している所も多い。 銀行窓口で入金する 銀行窓口から入金したい場合、銀行の有人支店へ行かなければならない。 口座を持っていないと口座への入金は出来ないので、銀行口座のある銀行の支店へ行こう。 支店を持たないネット銀行だったり、窓口の無いセブンイレブンでは当然両替できない。 また、銀行の窓口を使って入金すると手数料を取られる。 三菱UFJ銀行では硬貨の枚数ごとに手数料が変わり、 枚数 手数料 1~10枚 無料(銀行口座を持っている人) 11~500枚 540円 501以上 (500枚毎)540円を加算 となっている(窓口での手数料は銀行ごとに若干異なる)。 500枚毎に540円を取られるので、大量に小銭があり、かつ1円玉が多いと、入金額における手数料の割合はかなり多くなってしまう。 小銭が何百枚、何千枚とありそうなら、窓口を使った方が手っ取り早い。 しかし、枚数が少なかったり、手数料を取られたくないならATMで少しずつ入金しておくべきだ。 銀行窓口で小銭を入金するまでの流れとしては 1.自動発券機で受付番号カードを発行する。 大量の小銭を入金するという項目は無いのが普通なので総合窓口へ行く。 2.番号を呼ばれたら指定の窓口へ行き、「小銭を入金したい」といった目的を伝える。 3.専用の用紙に必要事項を記入し、店内でしばらく待つ。 4.窓口で再度呼ばれるので、入金額と手数料の領収証をもらう。 といった流れになる。 ちなみに、窓口では銀行口座へ入金せす、総額を全てお札で受け取ることもできる。 手数料や条件も、入金する場合とは若干異なる。 ATMでも小銭を入金後、引き出しで札を受け取ることは当然できる。 外貨の小銭を両替する方法 外貨の両替は通常、お札でしか受け付けていない。 例えば、日本でも海外でも、コイン(小銭)を外貨に変えることができなくなっている。 海外では500円玉を受け付けていない両替所がほとんどである。 ただ、 コインを含む外貨を 日本及び海外で使えるポイントへ両替できるサービスが最近出てきた。 ポケット・チェンジ(Pocket Change)と呼ばれるサービスである。 日本円はもちろん、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォンもコイン及び札に対応している。 日本の他、アメリカ、中国、韓国といった国で使うことができるポイントもある。 旅行予定の無い外貨、特にコインなら、普段から滞在する国で使えるポイントへ交換した方が良いだろう。 ただし、ポケット・チェンジ(Pocket Change)による両替 レートは市場レートに比べてかなり悪い。 近いうちに使う機会があるなら、外貨はそのまま残しておいた方が良いだろう。 小銭を残さない生活へ移行し豊かになる方法 小銭を銀行窓口から入金するにも以前までは無料だったり、手数料は今より安かった。 しかし、今では有料化し、手数料も上昇傾向にある。 ATMからの入金でも、枚数制限がある上に、小銭の入金可能なATMは割合的にどんどん減少している。 小銭を使いやすい、管理しやすい形にするコストも上がっていると言えるだろう。 貯金箱といった場所に小銭を貯める楽しさだったり、貯めざるを得ない環境があることは理解できる。 ただ、小銭を意識的に使い、貯めない生活を面倒に感じる人もいるはずだ。 これら小銭から生じる煩わしさから解放されるために、小銭を全く出さないキャッシュレス生活への移行も検討すべきだ。 クレジットカードはもちろん、デビットカード、その他スマホを使った決済でも、消費者から見れば現金決済よりも得なことは多い。 1%以上の還元を受けることもできるからだ。 クレジットカードは審査に通らないため、使えないという人もいる。 こういった人は 楽天デビットカードで良いだろう。 楽天銀行に口座開設する際、デビット機能付きのキャッシュカードを一緒に申し込みをすることができる。 もちろん、楽天へ銀行口座を持ってる人もデビット機能付きのカードに変更することができる。 楽天デビットカードはクレジットカードのような審査も必要なく、利用料の1%が楽天ポイントとして還元される。 また、審査のいらない下記プリペイドカードと合わせることで3%以上の還元を受けれる。 年間200万円を消費に使う人は3%の還元率でも年6万円残すことができるようになる。 キャッシュレス生活を少しずつ始めたい。 けれどもクレジットカードが作れないという人におすすめである。 asiaasia.

次の