ヨシモリ 超 ボンビー やきそば。 ヨシモリ超ボンビーやきそば買ってきた

ペヤング…じゃない! 「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」

ヨシモリ 超 ボンビー やきそば

ヨシモリ 超ボンビーやきそば 「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」は、麺とソースだけのシンプルなやきそば。 そのまま食べても、具材を用意してアレンジしてもOKです。 そして、ブランド名の「ヨシモリ」とはどんな盛りなのか? 同社サイトには「詳しくは動画をご覧ください」とあります。 動画を見ると、ますます脳が混乱してしまいます。 動画のタイトルは「ヨシモリやっちゃいます!! 第2弾 社長にないしょでブランド作っちゃいました。 (笑)」。 ヨシモリとその部下のハルキとコジマがコント風のやりとりをする動画です。 「ちなみに社長は知っているんですか?」と恐る恐る聞く部下。 ヨシモリは「ないしょだよ」と答えます。 社長にないしょでQUOカードもプレゼントします この動画はどこかのPR会社が作った物なのかなと思いつつ、同社のYouTubeチャンネルに投稿された他の動画を見ていくと、衝撃の事実が分かりました。 「」という動画によると、 ヨシモリはまるか食品の社長の息子。 「」では、姉・兄・ヨシモリ・妹の四兄弟であることや、2019年10月時点で働き始めて1年半ほどなことが明かされています。 ガチのペヤング王子です。 ヨシモリブランドを作った理由は、動画再生数が全くあがっていないため。 確かに、「ペヤング王子」のチャンネル登録者数は891人とそれほど多くはありません(12月4日21時15分時点)。 ヨシモリブランドの商品が店頭に並べば、ヨシモリを知らない人はいなくなるという戦略のようですが、どこまで知名度が伸びるのか楽しみですね。 「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」は12月9日より一般発売します。

次の

【実食】ヨシモリの超ボンビーやきそば!?ペヤングと比較して違いを解説!!

ヨシモリ 超 ボンビー やきそば

ヨシモリ 超ボンビーやきそば 「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」は、麺とソースだけのシンプルなやきそば。 そのまま食べても、具材を用意してアレンジしてもOKです。 そして、ブランド名の「ヨシモリ」とはどんな盛りなのか? 同社サイトには「詳しくは動画をご覧ください」とあります。 動画を見ると、ますます脳が混乱してしまいます。 動画のタイトルは「ヨシモリやっちゃいます!! 第2弾 社長にないしょでブランド作っちゃいました。 (笑)」。 ヨシモリとその部下のハルキとコジマがコント風のやりとりをする動画です。 「ちなみに社長は知っているんですか?」と恐る恐る聞く部下。 ヨシモリは「ないしょだよ」と答えます。 社長にないしょでQUOカードもプレゼントします この動画はどこかのPR会社が作った物なのかなと思いつつ、同社のYouTubeチャンネルに投稿された他の動画を見ていくと、衝撃の事実が分かりました。 「」という動画によると、 ヨシモリはまるか食品の社長の息子。 「」では、姉・兄・ヨシモリ・妹の四兄弟であることや、2019年10月時点で働き始めて1年半ほどなことが明かされています。 ガチのペヤング王子です。 ヨシモリブランドを作った理由は、動画再生数が全くあがっていないため。 確かに、「ペヤング王子」のチャンネル登録者数は891人とそれほど多くはありません(12月4日21時15分時点)。 ヨシモリブランドの商品が店頭に並べば、ヨシモリを知らない人はいなくなるという戦略のようですが、どこまで知名度が伸びるのか楽しみですね。 「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」は12月9日より一般発売します。

次の

ヨシモリ超ボンビーやきそばを食べた

ヨシモリ 超 ボンビー やきそば

『ヨシモリ超ボンビーやきそば』は、「麺が多くて」「具材・ふりかけ・スパイス無し」のペヤングで、言われてみれば確かにボンビーっぽい雰囲気が漂っている。 だがしかし、本物貧乏は「 こんなの全然貧乏じゃない」と怒りを隠さない。 果たしてどういうことなのだろうか? ・リアル貧乏人が大激怒 12月2日よりコンビニで先行発売中の『ヨシモリ超ボンビーやきそば』。 冒頭でもお伝えした通り、ソースしか付いていない究極のシンプルやきそばである。 コンビニでの販売価格は 税別193円。 麺が通常の約2倍であることを考えれば、コスパは決して悪くない。 ……と思いきや、かつて 本物の貧乏生活を経験し、今でもちょい貧乏の当編集部・いわく「こんなもん全然貧乏じゃない」「所詮、貧乏じゃないヤツが作ってる」とのことである。 いいですか? 200円ですよ? 本物貧乏が1食で200円使えますか!? 誕生日だってせいぜい1食100円ですよ!! だって貧乏ですから。 ちなみに木綿豆腐を選ぶ理由はわかりますよね? 絹より食べ応えがあるからです。 飽きるに決まってるじゃないですか! でも金が無いんだから仕方ないじゃないですか!! 「飽きるから豆腐の半分はそのまま食べて、もう半分は潰してご飯にかけたりしていました。 「ゴージャスに行くときはカツオ節を少しだけかけます。 だいたい月に2回くらいですね。 口の中に広がるカツオの風味ったらもう……! あとはマヨネーズも週1くらいで使ってましたね。 「1番のぜいたくは、ことです。 これは月に1回でした。 ただ、 あまりにもアボカドがウマすぎて、2食連続で食べちゃったりするんですよね。 「ぜいたくでしょ? だって、私の知り合いのバンドマンは 湯葉に見立ててティッシュを茹でて食べてましたから。 私は豆腐生活を3年してるんですよ? ハッキリ言って不愉快です」 話を聞く前は『ヨシモリ超ボンビーやきそば』に何の疑問も持たなかったが、中澤の体験談を知ってしまった以上、 心の底から超ボンビーだとは思えなくなってしまった。 世の中には想像を遥かに超えるボンビーが存在する。 なお、中澤に『ヨシモリ超ボンビーやきそば』を食べてもらったところ「当時こんなにウマいもん食ったら強盗でもしてたかもしれませんね」と話していたから、味の方は折り紙付きである。 ただ、 超ボンビーではない、という話だ。 というわけで、『ヨシモリ超ボンビーやきそば』が本当に貧乏かどうかは疑問が残るところだが、コスパが良い商品であることは間違いないだろう。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の