鳥取県 コロナ 補助金。 <全国共通まとめ>給付金・補助金・助成金はこんなに!新型コロナウイルス感染症に伴う支援情報|ウォーカープラス

47都道府県別、新型コロナウイルス補助金・助成金の対象者と条件

鳥取県 コロナ 補助金

鳥取商工会議所では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めるとともに、事業者の皆様へ各種対策などの情報を発信してまいります。 各補助金の内容及び申請方法などの詳細は鳥取県のホームページをご確認下さい。 地域経済変動対策資金「令和元年度国際経済変動」を借入れをされる中小事業者のうち、新型コロナウィルスによる影響を受けた方に対し、設備・運転資金が当初5年間0.7%(固定金利)・無保証料で提供されています。 これに合わせ、プレミアム付飲食券に協力していただける店を募集しています。 申込方法など詳細につきましてはをご確認下さい。 詳細につきましてはをご参照下さい。 当商工会議所のHPへの自社商品の掲載、各種情報発信メディアとの仲立ちなどの情報発信支援やテイクアウト商品の開発支援などを通して、事業者の皆様の事業運営をお手伝いいたします。 詳細につきましてはをご覧ください。 掲載費用は無料で申請はから可能となっております。 ぜひともご活用下さい。 全国各地の名産・特産品を産地直送でお届けするECサイト「うまいもんドットコム」では、全国の困っている給食関連事業者を支援するため、未利用食材の購入支援キャンペーンを実施しております。 給食関連事業者様は過剰在庫解消策としてぜひ活用をご検討下さい。 詳細につきましてのをご参照下さい。 詳細につきましてはをご参照下さい。

次の

フリーランス、個人事業主の新型コロナウイルス関連助成金、補助金について

鳥取県 コロナ 補助金

鳥取ふっこう割最新情報はこちら 新型コロナからの観光支援・割引情報は、こちらへ じゃらんクーポンも案内中! 【終了】西日本豪雨災害に伴う観光支援情報 平成30年7月の西日本豪雨により、鳥取県も多大な被害を受け、その後の風評被害もあり県内のホテルや旅館で1万件規模の宿泊キャンセルが発生しました。 鳥取県は、2016年10月21日に最大震度6弱を観測した鳥取県中部地震の際もその後約1週間で、1万件以上の宿泊キャンセルが発生しました。 「鳥取ふっこう割」の支援もありようやく元の姿に戻りつつあったにも関わらず、今回の豪雨災害となりました。 8月からは、政府が被災地への周遊旅行に補助金を出す、観光支援も始まります。 割引制度や宿泊クーポンを利用して、ぜひ鳥取旅行を楽しんでください。 以下のページに詳しくまとめましたので、ご覧ください。 西日本被災地への宿泊を伴う旅行に対して一人あたり最大6千円を割引く支援となります。 鳥取へGO!1万円引宿泊クーポンがお得! 鳥取県は、るるぶトラベルと楽天トラベルと提携し、9月までの旅行が1万円引となる宿泊クーポンを配布します。 楽天トラベルクーポン 8月10日10時より配布! 【宿泊対象期間】 2018年8月16日(木)チェックイン~9月30日(日)チェックアウト るるぶトラベルクーポン 会員登録住所に制限がありますのでご注意ください。 その後約1週間で、県内のホテルや旅館で1万件以上の宿泊キャンセルが発生。 ほとんどの宿泊施設が通常に営業している状況ながら、新規の予約が入らない状態が続くなど鳥取県の観光産業に大きな影響を及ぼしています。 これを受け、鳥取県を含む関西8府県からなる関西広域連合は、広域連合委員会で、旅行代金や宿泊代を安くするため国が助成する「鳥取ふっこう割」の創設を国に要望することを決定しました。 当サイトでは、主に観光支援情報や義援金などの情報を発信し、鳥取県の復興を応援しています。 るるぶトラベル 星取県宿泊クーポンで8,000円割引! るるぶトラベルでは、2017年12月28日まで利用可能な宿泊クーポンを配布しています。 11月6日に松葉ガニ漁も解禁となりました。 温かい温泉と合わせて鳥取和牛やカニをぜひ満喫してください。 じゃらん 鳥取県ふるさと割クーポンで1万円割引! じゃらんでは2017年5月末まで利用可能なふるさとお得クーポンを配布しました。 2017年春休みやゴールデンウィークにも利用できます。 観光庁 とっとりで待っとりますキャンペーンで鳥取ふっこう割を実施 2016年12月6日、観光庁は旅行会社が発売する2017年1月10日から3月20日催行の鳥取県へのツアー商品に対して特定の条件を満たせば1万円を助成するふっこう割「とっとりで待っとります!キャンペーン」の実施を行うことを公表しました。 「鳥取応援プログラム」の一環です。 割引条件などは、以下の記事にてどうぞ。 【とっとりで待っとりますキャンペーン 割引ツアー販売サイト一覧】 自治体独自のふっこう割は既に11月より実施されています。 はわい温泉・東郷温泉の1万円引宿泊クーポンを1月4日より配布予定です。 下の記事にて紹介しています。 1月の旅行限定です。 るるぶトラベル 最大1万円引 宿泊クーポン配布! るるぶトラベルでは、をとっとりで待っとりますキャンペーン開始より一足早く宿泊のみで利用可能な最大1万円引クーポンを配布しています。 【対象予約期間】 2016年12月22日(木)〜2017年2月27日(月) 【対象宿泊期間】 2017年1月4日(水)〜2017年2月27日(月) はわい温泉・東郷温泉ふっこう割「応援割カニ食うポン」 鳥取県湯梨浜町のはわい温泉・東郷温泉旅館組合は、観光客を町に呼び戻し、「鳥取元気!」をアピールするため、旅行予約サイトを通じて2万円以上の宿泊予約をすると、1万円を割引する「ふっこう割」クーポン券の配布をるるぶトラベル・じゃらん・楽天トラベルにて実施します。 3サイト合計1,100枚限定です。 (ちょっと参考に!)先日、同じ3サイトから配布された三朝温泉ふっこう割クーポンは、合計約1,600枚の配布がほぼ即日完売でした。 今回のクーポンも即日完売が予想されますのでご予約は配布日にどうぞ。 【予約対象期間】 2016年11月28日(月)以降、順次。 第2弾 乞うご期待!! 【第2部】 当初予定になかったるるぶトラベルからも30枚配布されることとなりました。 クーポンは、10時配布予定ですが、第1弾配布時と同様、サイトによっては若干時間がずれ込む可能性があるとのことです。 (第1弾と比較すると割引額は落ちるのは残念ですが。 クーポンは、大手旅行予約サイトのるるぶトラベル(JTB)、じゃらん、楽天トラベルから配布されます。 11月14日以降に旅行会社により配布日が異なりますのでご注意を。 じゃらんで予約できる全国の遊び・体験。 三朝温泉では、三朝町の特産品である「白狼焼」の陶芸体験ができる「ふるさと健康むら」が対象施設になっています。 最大5,000円分の割引クーポンを配布中ですので、この機会にぜひ体験してください。 (宿泊をるるぶで予約、陶芸体験をじゃらんで予約することもできます。 11月27日(日)から12月25日(日)約1か月間、宿泊客を対象に温泉街と西梅田バス暫定注射場(大阪市)を結ぶ往復バスを1日1便、1,000円で運行します(金・土を除く週5日)。 現行の民間バスは片道およそ4,000円程度なのでかなり格安です。 12月25日までの期間限定でJTBと近畿日本ツーリストより三朝温泉元気です号と宿泊がセットになったツアーを販売しています。 詳細は、以下の特集記事にて。 また、早期予約「旅割」で2017年1月からの東京-鳥取・米子間の一部の便で、料金を割引します。 宿泊・ツアー・レンタカーに利用できます。 るるぶトラベル 館内利用券が貰える鳥取県復興プラン! るるぶトラベルからも鳥取県の観光支援のため、一室につき1,000円分の館内利用券を進呈する鳥取県への支援ツアーの販売を開始しました。 利用券は、お土産や飲食に利用可能です。 日本旅行 お買い物券が貰える鳥取県応援プラン登場! 日本旅行は、鳥取県の観光産業復興のため、大人1人に付き500円分のお買い物券を進呈する鳥取県への応援ツアーの販売を開始しました。 10月28日 「鳥取ふっこう割」創設を申請。 関西広域連合 関西広域連合は、奈良市で開催した広域連合委員会で、旅行代金や宿泊代の一部を国が負担する助成金制度「鳥取ふっこう割」の創設を国に要望することを決めました。 また、すでに27日、鳥取県知事が首相官邸にて安倍首相に「ふっこう割」はじめ、鳥取県への復興支援対策の申請を行っています。 11月3日(木)、石井国交相は、三朝町の三朝温泉や外壁が剥がれ落ちた倉吉市の観光名所・白壁土蔵群を視察。 平井伸治知事や地元自治体との意見交換の場では、「公共施設の早期復旧に向け災害査定の手続きを簡略化し、国の助成で宿泊料金などが割引となる旅行商品を検討する」と述べました。 11月6日(日)の松葉ガニ漁解禁や紅葉シーズンに合わせて、来年1月くらいまでが集客のピークです。 それに間に合うよう支援が必要かと思います。 国が迅速に対応してくれることを期待しています。 鳥取県へのふるさと納税・寄付による復興支援について 以下の記事にて紹介していますので、ふるさと納税の際の参考に。

次の

コロナに負けない!とっとり絆事業補助金(鳥取県)

鳥取県 コロナ 補助金

県内の製造業が新型コロナウイルス対策として国内回帰、内製化等のための設備投資 投資額3,000万円超の大規模な事業 を行う場合、鳥取県産業成長応援補助金 一般投資支援 の加算措置 補助率+5% の対象に加えることとしました。 また、3月6日付けで「地域経済に特に大きな影響を及ぼす事象及び資産の取得」を指定しました。 令和補正予算として3,600億円の生産性革命推進事業である上記3つの補助金は、それぞれ「もの補助」「持続化補助金」「IT補助金」としても知名度の高い補助金ですが、新型コロナウイルス感染症による影響を受けてサプライチェーンの毀損等に対応するために設備投資や販路開拓、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入に取組む事業者を優先して支援されていくようです。 ・ ・ ・ 株式会社補助金ポータル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福井 彰次、以下「当社」)は、本日2020年4月1日(水)に、幅広い補助金・助成金に対する疑問を解決する窓口を拡大するため、「補助金ラボ(所在:東京都新宿区、以下「補助金ラボ」)」を開設いたしました。 新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、各省庁をはじめ地方自治体でも多くの対応策が日々更新されている中で、どこに問い合わせたらいいのか困ってしまうという声が高まっています。 こうした中で当社は日々更新される補助金・助成金の情報を収集し、問合せ窓口場所にお困りの方をサポートするため、窓口を拡大し「補助金ラボ」を開設することにいたしました。 補助金ラボの基本サービス 補助金ラボでは、企業のみなさまのお悩み毎、ご要望毎に対応した、きめ細かいサービスをモットーに運用してまいります。 企業の補助金顧問となれる「補助金コモン」サービスを始め、今申請が殺到している「雇用調整助成金」や「省エネ補助金」「IT導入補助金」など各種補助金・助成金の申請における基本情報から疑問に関する補助金・助成金の総合相談窓口として、対応をしてまいります。 今、雇用調整助成金は経済環境の悪化などにより事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員の雇用を維持するために活用できる制度で、新型コロナウイルスの影響を受けた事業主への特例措置として、これまで複数回の拡充が行われています。 「最新の助成内容や申請要件がわかりにくい」 「結局どのくらい助成金がもらえるのか知りたい」 といったご質問にも、補助金ラボでお答えいたしますので、お気軽に補助金ラボの相談窓口までお問合せください。

次の