プリペイドカード 還元率。 プリペイドカードの比較ランキング。還元率や年会費無料に注目しておすすめは?

プリペイドカードの比較ランキング。還元率や年会費無料に注目しておすすめは?

プリペイドカード 還元率

概要 ANA JCBプリペイドカードは、事前にチャージした金額分を利用できるプリペイド機能と、ANAマイレージクラブの機能が1枚になったカードで、国内外のJCB加盟店で利用可能です(一部使用できない店舗があります)。 発行元、ブランド JCB カード発行手数料 利用開始手数料 550円 初回チャージ 税込 2021年3月31日まで無料 年会費 無料 利用可能額 1回あたり30万円、1日あたり30万円 還元方法 マイルコース:月額使用料1000円 税込 につき5マイル付与 キャッシュバックコース:月額使用料200円 税込 につき1円キャッシュバック チャージ方法 クレジットカード コンビニエンスストア店頭 Webコンビニチャージ 銀行口座 チャージ限度額 クレジットカード、コンビニエンスストア店頭:49000円 銀行口座、Webコンビニチャージ:29000円 チャージ手数料 コンビニエンスストア店頭、クレジットカードはなし 銀行口座、Webコンビニチャージは10000円未満は100円 税別 、10000円以上はなし 上の表を見ていただいてもわかるように使用する際、いくつかの注意点があります。 一部決済代行、決済サービス 特徴 ANA JCBプリペイドカードはANAマイルを貯めることができるマイルコースと、バリュー プリペイドカードの残高 にキャッシュバックを行うキャッシュバックコースを選択することができ、どちらも還元率としては0. マイルコース 月額合計利用金額1000円 税込 につき5マイルが付与されます。 還元率は0. 当月16日~翌月15日締めの月額合計利用金額がで付与されるマイルが計算されるので取りこぼしもなく効果的にマイルを貯めることができます。 また、 チャージ合計金額に対するボーナスもあり、半年間 3月16日~9月15日の期間と9月16日~3月15日の期間でカウント のチャージ合計金額が12万円以上で180マイル、24万円以上で360マイルが付与されます。 キャッシュバックコース 月額合計利用金額200円 税込 につき1円のキャッシュバックを受けることができます。 ANA JCBプリペイドカードの残高(バリュー)に上乗せされる形になり、還元率は0. 5%です。 マイルコースと同様に当月16日~翌月15日締めの月額利用合計金額でキャッシュバック金額が計算されます。 また、 チャージ合計金額に対するボーナスもあり、半年間 3月16日~9月15日の期間と9月16日~3月15日の期間でカウント のチャージ合計金額が12万円以上で180円、24万円以上で360円がキャッシュバックされます。 ANA JCBプリペイドカードの利用方法 詳細は後述しますが、以下のように利用することでポイント二重取り、還元率UPを図ることができます。 楽天カード(JCB)やnanacoチャージを介したリクルートカードでチャージをする• 3月16日~9月15の間で合計24万円チャージをする• 9月16日~翌年3月15日の間で合計24万円チャージする• 普段の決済で利用する• d払いのキャンペーン期間外で支払いカードとして設定しd払いを利用する やるべきのチャージ方法 以下の2つのチャージがおすすめとなります。 nanacoによるチャージ セブンイレブンでのチャージ 上記2つの方法であれば、ANA JCBプリペイドカード利用による還元率0. クレジットカードによるチャージ ANA JCBプリペイドカードにチャージが可能なクレジットカードはJCBマークがついたクレジットカードに限られます。 また、JCBが直接発行しているクレジットカードについてはポイント付与はされません(My JCBに登録可能なクレジットカード)。 そのため、ANA JCBカードや高還元率カードとして有名なリクルートカードJCBではポイント付与はありません。 私がチャージに利用しているクレジットカードはJCBブランドの楽天カード 以降、楽天カードJCBと記載します になります。 楽天カードJCBでチャージをした場合、 楽天スーパーポイントとANA JCBプリペイド決済で付与されるマイルorキャッシュバックの二重取りが実現できます。 楽天カードは利用金額100円あたり楽天スーパーポイントが1ポイント付与されるため、 還元率は合計1. 5%となります 楽天カード:1%、ANA JCBプリペイドカード決済:0. そのため、私は、楽天カードでチャージしたANA JCBプリペイドカードを普段は使っています。 nanacoによるチャージ セブンイレブンでチャージ nanacoでチャージを行うには3つのステップが必要です。 セブンイレブンレジでnanacoで支払い それぞれのステップについて説明します。 クレジットカード等からnanacoにチャージ nanacoにチャージできるクレジットカードとしては、還元率1. 2%という高還元率カードで有名なリクルートカードがあります チャージ金額上限は1ヶ月あたり3万円という制約あり。 私はリクルートカードを2枚所有 VISA、JCB しておりそれぞれ3万円ずつチャージできるため、合計6万をANA JCBプリペイドカードにチャージすることができます。 7%になります リクルートカードチャージ:1. 2%、ANA JCBプリペイドカード決済:0. Webコンビニチャージの手続き nanacoからANA JCBプリペイドカードへのチャージはセブンイレブン店頭で行いますが、事前にANA JCBプリペイドカードのマイページでの手続きが必要となります。 この手続きでセブンイレブンのレジで提示するバーコードを発行します。 Webコンビニチャージは、 チャージ金額が10000円以下の場合手数料が100円 税込 かかりますので必ず10000円以上をチャージするようにしましょう。 セブンイレブンレジでのnanacoの支払い セブンイレブンレジでバーコードを提示してチャージを行いますが、チャージを行う前にセブン銀行ATMで残高確認をしておきましょう。 モバイルnanacoの場合、残高確認は不要ですが、nanacoカードの場合、チャージしたnanacoは「センター預かり」という状態になっています。 この場合、レジでチャージしようとしてもnanacoの残高が足りない状態になっています。 残高確認を行うことでセンター預かり状態のnanacoがnanaco残高に加わり使用可能な状態となります。 レジで残高確認を行うことも可能ですが、店員にいちいち言うのがめんどくさいので私はセブン銀行ATMで残高確認を行ってからレジに行くようにしています。 その後レジでバーコードを見せて「nanacoで払います」と言えばnanacoでチャージできます。 還元率を0. 具体的には、半年間 3月16日~9月15日の期間と9月16日~3月15日の期間でカウント のチャージ合計金額が12万円以上で180マイル(キャッシュバックコースでは180円)、24万円以上で360マイル(キャッシュバックコースでは360円)が付与されます。 これにより還元率0. その他のメリット 還元率1. 7%のほかに以下のメリットがあります。 d払いに関してはキャンペーン期間中はdカードが最もメリットが出るカードとなりますが、キャンペーン未実施時はANA JCBプリペイドカードを紐づけするのが最も優れているのではないかと思います。 デメリット 利用開始手数料がかかる 初めてチャージするときに利用開始手数料として550円(税込)かかります。 ただ、2021年3月31日までは無料です。 この日までに初めてのチャージをすれば利用開始手数料を支払う必要はありませんので、今のうちのANA JCBプリペイドカードを発行しチャージをするようにしましょう。 海外での決済で困ることがある 国内での決済ではそう困ることはないと思いますが、 JCBブランドであるため欧米等の海外では決済できないことが多いと考えられます アジア圏は比較的JCBが使えるお店が多いと思います。 高還元率プリペイドカードKyashに還元率では劣る 高還元率で有名なプリペイドカードのKyashの還元率には負けます。 まとめ 私が現在メインカードとして使用しているANA JCBプリペイドカードですが、日本国内であれば有能だと考えています。 私は年に一回くらいは飛行機に乗る出張があるためマイルコースを選択していますが、マイルに興味がない、あるいは旅行に行かないという方でもキャッシュバックコースを選択しても十分活用できるものと考えます。

次の

nanacoチャージ出来るうえ還元率5%を越える世界最高のクレジットカード(たぶん)

プリペイドカード 還元率

エポスカード会員様しか発行できない理由は、エポスカードと紐づけて利用するからです。 プリペイドカードは、お金をチャージ(入金)して利用するものです。 エポスVisaプリペイドカードにチャージする方法は、チャージ分をエポスカードのクレジット決算するか、エポスカードに貯まっているエポスポイントを移行するかの2通りしかありません。 ナナコやWAONなどの電子マネーのように、コンビニのレジでチャージ…ということができません。 ですので、誰でも発行できるというわけではなく、 正真正銘エポスカード会員様限定のプリペイドカードとなっております。 強いていうなら、エポスゴールド・プラチナカードをお持ちの方は、状況に応じた年会費がかかります。 (ゴールドはインビテーションからの切替や年間利用額が50万円を超えると年会費無料になります) 通常のエポスカード会員様は、問題なく ランニングコスト0です。 ご安心ください。 実際に使って利便性を確かめたい人は、無料なのでとりあえず作ってみるのもありですね。 発行までにかかる日数は?即日発行できる? 「エポスVisaプリペイドカード」は、お申込み後、 1~2週間ほどで、登録住所に郵送されてきます。 残念ながらマルイ店頭での即日発行や、お申込みをして次の日に発送…というわけにはいきません。 早く手にしたい気持ちはやまやまですが、こればかりはエポス側のルールなので、どうしようもありません。 自宅に郵送されてくる期間を加味して、お申込みはお早目にと言ったところです。 利用金額の0. 5%をキャッシュバック! 「エポスVisaプリペイドカード」は、エポスカード同様、ポイント還元率0. 5%(200円につき1ポイント)で利用することができます。 エポスカードと少し違う点は、、お買物分が、ポイントではなく、そのままエポスVisaプリペイドカードに0. 5%分キャッシュバックされるというところ。 ちなみに、 キャッシュバックされるタイミングは、ご利用月(買い物した分)の翌月の中旬頃です。 その場ですぐにキャッシュバックされるのではないので、注意しましょう。 プリペイドカードにクレジットチャージしたらエポスポイントはつく? ここで、誰しも思うことがあります。 それは、「エポスカード」で「エポスVisaプリペイドカード」にクレジットチャージしたら0. 5%ポイントが付いて、エポスVisaプリペイドカードでお買物すれば、さらに0. 5%キャッシュバックされてお得じゃん!…と。 しかし、残念ながら、そううまい話はありません。 エポスさんのケチ~!なんてことは言わないように 笑 全国のVisa加盟店で利用可能!…ということは? 「じゃあエポスVisaプリペイドカードを作っても、あまりいいことないじゃん!0. 5%の還元率もエポスカードと一緒だし!」 と思う方がいらっしゃいましたらナンセンス。 実は、エポスVisaプリペイドカードは、全国のVisa加盟店で利用することができるのです。 コンビニやレストランはもちろんのこと、プリペイドカードには固有のカード番号があるので、楽天やアマゾンでネットショッピングだってできちゃいます。 「そ、それがどうしたっていうのさ…」 と、思った方、当記事を冷静に振り返ってみてください。 エポスVisaプリペイドカードはには、チャージする方法が2通りありましたよね? エポスVisaプリペイドカードチャージ方法• エポスカードに貯まった「エポスポイント」は、マルイでのお買物や、VJAギフトカードやクオカードに交換することができます。 しかし、普段マルイでお買物をしない方もいらっしゃると思います。 また、各種ギフトカードやクオカードは、お釣りが出なかったり、そもそも利用できないお店も多いです。 そうなると、せっかく貯まったエポスポイントの使い道が、限定的になってしまいます。 しかし、エポスポイントをエポスVisaプリペイドカードにチャージすれば、その不安は解消されます。 つまり、エポスVisaプリペイドカードは、エポスポイントをVisa加盟店で自由に使えるようになる最強に便利なプリペイドカードなのです! これは、エポスVisaプリペイドカードの最強メリットと言っても過言ではありません。 エポスVisaプリペイドカードはすごいやつなんです ネットショッピングにも対応 先ほどの説明しましたが、「エポスVisaプリペイドカード」は、ネットショッピングにもご利用いただけます。 プリペイドカードとはいえ、クレジットカード同様、固有のカード番号が設定されています。 ですので、クレジットカードでネットショッピングする感覚で、利用することができます。 カード裏面には、クレジットカード同様、署名欄もあるので、一応本人様以外の利用はできないということになっております。 ご注意ください。 海外での利用もOK 「エポスVisaプリペイドカード」は、全国のVisa加盟店でご利用可能なので、もちろん海外での利用もOKです。 海外旅行にクレジットカードを持ち歩くのに抵抗がある場合には、代わりに「エポスVisaプリペイドカード」を携帯するという小技も使えます。 クレジットカード被害を避けられるのは頼もしい限りですね。 公共料金の支払いはできない 「エポスVisaプリペイドカード」は、各種公共料金の支払いには利用できないので注意しましょう。 まぁ、これは大したデメリットとは言えないので、気にはなりません。 公共料金の支払いは、エポスカードで済ませてポイントを貯め、プリペイドカードにチャージする感じでいきましょう。 もし、作りたいと思ったかたは、でお申し込みができます。 発行手数料や年会費がかからないので、気軽に作ってみるのも大いにありです。

次の

クレジットカードよりお得!還元率3%VISAプリペイドカード「Kyash」の登録方法と使い方

プリペイドカード 還元率

Polletカード• Kyash• LINE Payカード• バンドルカード• dカードプリペイド• au WALLETプリペイドカード• ソフトバンクカード キャッシュレス化の流れから、近年では国際ブランド付きのプリペイドカードが多く、それぞれのプリカで特色のあるメリットが用意されています。 しかし、選択肢が多くなり過ぎると、プリペイドカードを選ぶ際に比較する点も見えづらくなってしまうものです。 ここでは、これを押さえておけば間違いない、主要7つのプリペイドカードをご紹介します。 Polletカード 人気のポイントサイト「」から誕生したプリペイドカードが 「Polletカード(以下:ポレットカード)」です。 ポレットカードでは、 チャージごとにチャージ金額の0. 5%が加算され、チャージをするたびに残高が増えるおトクなプリペイドカードとなっています。 また、ポレットカード最大の特徴となっているのが、 450種類以上の膨大な方法でチャージをすることができる点です。 100種類以上のポイント• 金券・外貨・切手類• 仮想通貨・電子マネー• クレジットカード ハピタスの発行するプリペイドカードということもあり、各種ポイントサイトを経由したチャージで、100種類以上のポイントでのチャージを可能としています。 また、 金券や外貨・切手類でもチャージできますので、金券ショップに行く手間なく、使っていない商品券や切手を換金することができますよ! ポレットカード• Kyash 最大5枚のクレジットカードを登録して決済できるプリペイドカードが「Kyash」です。 Kyashでは、最大5枚のクレジットカードを登録してクレジットチャージできますので、複数のクレジットカードを1枚のプリカにまとめることができます。 Kyashの利用では、 最大1. 0%の還元率でポイントが貯まりますので、登録したクレジットカードの利用ポイントと合わせて ポイントを2重取りすることが可能です。 また、楽天のモバイル決済サービス「楽天ペイ」の支払用カードにKyashを利用することで、楽天ペイの利用ポイントと合わせてポイントを最大3重取りできますよ! Kyashの利用では、これまでの還元率2. 0%でのキャッシュバックから、還元率1. 0%でのポイント付与に変更となりました。 月間利用金額 マイカラー 還元率 10,000円未満 ホワイト 0. 5% 10,000円以上50,000円未満 レッド 0. 8% 50,000円以上10万円未満 ブルー 1. 0% 10万円以上 グリーン 2. 0% 最大で利用金額の2. 0%が還元されますので、現金払いよりもずっとおトクにプリペイドカードを利用できますね! LINE Payカードは、人気のトークアプリ 「LINE」のアプリから簡単に発行することができますので、手軽に作りやすいプリペイドカードと言って良いでしょう。 あわせて読みたい• バンドルカード アプリから最短1分で手軽に作れるVISAプリペイドカードが「バンドルカード」です。 バンドルカードでは、 最短1分でバーチャルカードを発行することが可能となっており、ネット通販でクレジットカード同様に利用することができます。 さらに、アプリから「リアルカード」を申し込みできますので、VISA加盟店の店舗でリアルカードを使ってお買い物することができますよ! また、バンドルカードでは、手持ちが無くてもスマホタップでチャージできる「ポチっと」を利用できるのが大きなメリットです。 バンドルカード• dカードプリペイド NTTドコモが発行するプリペイドカードが「dカードプリペイド」です。 dカードプリペイドでは、カードの利用で dポイントを貯めることができますので、使い勝手の良いポイントを貯めたい方には最適です。 dポイント加盟店では、 カードの利用ポイントとdポイントカードのポイントを2重取りできますので、dポイントを非常に効率よく貯められますよ! dカードプリペイドでは、ローソンでいつでも利用金額の3%分が割引となりますので、ローソンでお買い物をする機会の多い方にもおすすめです。 また、dカードプリペイドには「iD」が搭載されていますので、カードをタッチするだけでスマートに決済できるのも嬉しいですね! au WALLETプリペイドカード auユーザーの方におすすめのプリペイドカードが「au WALLETプリペイドカード」です。 au WALLETプリペイドカードでは、カードの利用で 「au WALLETポイント」を貯めることができます。 さらに、 au WALLETポイントは、毎月のau利用料金に応じて自動的に貯まりますので、auのスマホ・携帯を使っているだけで毎月ポイントを貯めることが可能です。 また、au WALLETプリペイドカードでは、セブン-イレブンをはじめとしたポイントアップ店が用意されていますので、お得にカードを利用できますね! ソフトバンクカード ポイントの使い勝手にこだわってプリペイドカードを選びたい方には「ソフトバンクカード」がおすすめです。 ソフトバンクカードの利用では、国内最大級の共通ポイント 「Tポイント」を貯められますので、貯まったポイントをファミリーマートやTSUTAYAなどで現金同様に利用できます。 また、ソフトバンクカードにはTカードが一体となっていますので、 Tカード加盟店では利用・提示でポイントを2重取りすることができます。 さらに、ソフトバンクカードは、TSUTAYAのレンタル会員証としても利用できますので、入会金・年会費無料でTSUTAYAでレンタルできますよ! ソフトバンクカード• 主要プリカの基本情報を比較 ここでは、 主要7枚のプリペイドカードの基本情報を比較します。 また、Polletカードやバンドルカードでは、街のVISA加盟店で使えるプラスチック製のカードを発行する場合、発行手数料が必要です。 ムダな手数料を支払わずにプリペイドカードを発行したい方は、 発行手数料が無料のプリペイドカードを選択するようにしましょう。 プリペイドカードでは、クレジットカードでチャージをすることで、クレジットカードのポイント・プリペイドカードの利用ポイントを2重取りすることができます。 ただし、LINE Payカード・ソフトバンクカードの2枚では、クレジットチャージに対応していませんので注意が必要です。 LINE Payに登録可能な唯一のクレカ? LINE Payでは、LINEの発行する「Visa LINE Payカード」を登録することで、LINE Payでのコード決済でクレジットカード払いが可能です。 ただし、Visa LINE Payカードは、2020年東京オリンピック限定デザインの数量限定版のみの発行が予定されており、その後の正式リリースは未定です。 クレジットチャージで利用する前提なら、LINE Payカード以外のプリペイドカードを選択した方が無難ですね。 LINE• ポイント還元率を比較 ポイント還元率で比較すると、 最大2. 0%の還元率で利用できるLINE Payカードが有利です。 ポイントプログラム 還元率 Polletカード キャッシュバック 0. 5%(チャージ時に加算) Kyash Kyashポイント 1. 0% LINE Payカード LINE Payボーナス 最大2. 0% バンドルカード 無し — dカードプリペイド dポイント 0. 5% au WALLETカード WALLETポイント 0. 5% ソフトバンクカード Tポイント 0. 5% LINE Payカードでは、カードの利用金額に応じたマイカラーによって、 最大2. 0%の還元率で「LINE Payボーナス」を獲得できます。 LINE Payボーナスは、LINE Payカードの利用時に残高と同様に利用することができますので、実質キャッシュバックと言っても良いでしょう。 これまで、主要プリペイドカードでは、Kyashが2. 0%の高還元率でキャッシュバック還元を行っていましたが、還元率1. 0%でのポイント付与と改悪されました。 ですので、月間の利用金額にもよりますが、ポイント還元率でプリペイドカードを選ぶならLINE Payカードが最強と言って良いでしょう。 ただし、携帯キャリア系のプリペイドカードでは、dポイントやTポイントと言った使い勝手の良い共通ポイントが貯められますので、ポイントの使い勝手で選ぶのも1つの選択肢です。 使い勝手で比較 使い勝手で比較すると、 コード決済とカード決済のどちらにも対応する「LINE Payカード」が便利です。 スマホ1台で支払いを完結することができますので、より手軽にプリペイドカードを活用できますね! また、キャリア系のプリペイドカードでは、 各キャリアの携帯電話料金と合算してのチャージが可能です。 現金やクレジットカードでチャージする必要なく、スマホ操作で簡単にチャージできますので、自分の利用しているキャリアのプリペイドカードは1枚持っておいても良いでしょう。 バンドルカードはポチっとで手持ちが無くてもチャージできる バンドルカードでは、アプリでスマホをタップするだけでチャージできる「ポチっと」が便利です。 ポチっとチャージでは、 手持ちの現金やクレジットカードがない場合でも、最大25,000円まで後払いでチャージをすることができます。 チャージ金額は、翌月末までの好きなタイミングで支払いをすればOKですので、給料日まで少し足りない場合などに重宝するサービスですね! ただし、ポチっとチャージの利用では最大1,150円の手数料が発生しますので、使い過ぎには注意が必要です。 ポチっと• チャージ方法で比較 チャージ方法で比較した場合、 450種類のチャージ方法に対応した「Polletカード」が最強です。 Polletカードでは、各種ポイントサイトを経由することで、100種類以上のポイントでチャージすることができます。 バラバラに貯まったポイントを1か所にまとめてチャージできますので、複数のクレジットカードや電子マネーなどを利用している方にもおすすめです。 また、Polletカードの最大のメリットとも言えるのが、 商品券や金券・外貨でのチャージが可能となっている点です。 実際にチャージ可能な金券を検索してみると、地域性の強いスーパーの商品券や株主優待券なども対象となっていますので、引出しに眠った金券の消化先にも役立ちますね! クレジットチャージ可能ならポイント2重取りも LINE Payカードとソフトバンクカードを除く、5枚のプリペイドカードでは クレジットチャージでポイントを2重取りすることができます。 ただし、バンドルカードでは独自のポイントプログラムが用意されていませんので、2重取りできるプリペイドカードは以下の4枚のカードに限られます。 クレジットカード:後払い• プリペイドカード:先払い クレジットカードは、利用した金額を月間で締め、毎月の支払日に支払いをする後払いとなっています。 クレジットカードの利用限度額は審査によって設定され、利用限度額内なら手元に現金を持っていない状態でもお買い物をすることが可能です。 対して、プリペイドカードでは、 事前にチャージをした金額しか利用することができませんので、事前にチャージ金額を用意(またはクレジットチャージ)する必要があります。 ですので、プリペイドカードは支払能力を超えた使い過ぎになってしまうリスクが低く、18歳未満の若者でも作ることが可能です。 また、プリペイドカードでは、チャージ残高分しか利用できませんので、分割払いやリボ払いなどを利用することはできません。 プリペイドカードなら審査なしで作れる! プリペイドカードの大きなメリットが、 審査なしで誰でも作ることができる点です。 クレジットカードを発行する際には、所定の審査に通過する必要があり、中学生・高校生は申込資格がないために作れません。 また、過去にクレジットカードの支払いに遅延や延滞がある方など、個人信用情報に問題がある方もクレジットカードを作れなくて悩んでいるのではないでしょうか。 プリペイドカードなら、審査なしで誰でも作ることができますので、 クレジットカードを作りたいけど作れない、審査に通過できない方にもおすすめです。 審査なしで作れるクレジットカード• 対象外の支払い先があるのはデメリット プリペイドカードでは、事前のチャージが必要という支払方法の特性から、 一部対象外の店舗・サービスがあります。 クレジットカードを作るのに抵抗がある方• クレジットカードの審査に落ちてしまった経験のある方• 現金払いよりもお得にポイントを貯めたい方 プリペイドカードでは、VISAやMastercard・JCBなどの国際ブランドが搭載され、クレジットカード同様に利用することができます。 審査なしで手軽に発行することができますので、 クレジットカードに抵抗がある方や審査落ちの経験がある方にもおすすめできますね! また、プリペイドカードの利用では、現金払いでは得ることができないポイントが付与されますので、毎日のお買い物を少しでもおトクにしたい方におすすめです。 自分に合ったプリカを見つけよう!店舗・サービスによって使い分けも プリペイドカードにはポイントやチャージ方法だけではなく、各カードによって特色があります。 ポイント還元率にこだわるならLINE Payカード• チャージ方法にこだわるならPolletカード• クレジットチャージならKyash• 1枚のカードだけではなく複数枚の使い分けを ポイント還元率にこだわってプリペイドカードを選ぶなら、最大2. 0%の高還元率で利用できる「LINE Payカード」がおすすめです。 また、450種類以上のチャージ方法を利用できる「Polletカード」や、手数料無料でクレジットチャージできる「Kyash」など、求めるテーマでお得なプリペイドカードが変わります。 それだけではなく、各プリペイドカードでは、利用先に応じてお得なポイントアップや割引の特典が用意されています。 プリペイドカードは手数料無料、もしくは少額で発行できますので、1枚だけではなく複数枚のカードを持って使い分けちゃいましょう! あわせて読みたい•

次の