身体がかゆい。 見た目はなんともないのに無性にかゆい!皮膚そう痒症の原因と対処法

妊娠中に体がかゆい!原因は?予防策と対処方法も合わせて紹介

身体がかゆい

皮膚が乾燥したり、アレルギー症状としての皮膚のかゆみはよくあります。 ですがとにかく全身がかゆいという場合、それは体にどんなことが起こっているのでしょうか。 特別な理由は思い当たらないけれど、とにかく全身のかゆさが治まらないという場合には、体の中にかゆみの原因があるかもしれません。 かゆみの原因が内臓にあるって本当? 冒頭に書いたように、特別に原因が見つからないのに全身がかゆい、またそのかゆさが薬などで落ち着かないといった場合には、体の中の原因が疑えます。 特に疑われるのは内臓系の病気で、体の中の悪いものに体が反応して、かゆみを生じることがあります。 かゆみに隠れる内臓疾患には何がある? 皮膚と臓器の関係の深さは、古くから言われているようで、内臓の病変に伴う皮膚症状のことをデルマドロームと言うそうです。 考えられる内臓の病変には以下のようなものがあります。 ・糖尿病 ・甲状腺疾患 ・悪性腫瘍 ・鉄欠乏貧血 ・原発性胆汁性肝硬変 ・肝疾患 などです。 全身の皮膚のかゆみがある場合は、こうした疾患があることを念頭に置いて、検査が進められていきます。 皮膚の乾燥と内臓疾患は関係あるの? 皮膚が乾燥することによって、かゆみが生じるというのは、病気でなくてもよくあります。 ではこの皮膚の乾燥と、内臓系の疾患から来るかゆみというのは、関係があるのでしょうか。 このかゆみは原因となる疾患によっては、関係がある場合があります。 例えば糖尿病の場合、高血糖状態による脱水と発汗の異常によって皮膚が乾燥する傾向があります。 糖尿病の場合それによって、皮膚のかゆみが生じるとされています。 全身のかゆみの場合と書きましたが、限局性のかゆみの場合でも、内臓の病変に原因があることがあります。 特に膣ガンジダなどによる、外陰部のかゆみはよく知られていると思います。 いずれにしろ理由の見つからないかゆみと言うのは、体のSOSであるということを知っておいたほうがよいかもしれませんね。 糖尿病でおきる?!代謝性アシドーシスと糖尿病の関係は? 代謝性アシドーシスが起きる原因として、代表的なものに「糖尿病性ケトアシドーシス」があります。 人のカラダは通常、ph7. 4の弱アルカリ性を保つようになっています。 これがアシドーシスの状態になると、血液を酸性に傾けようとするのです。 糖尿病になると、なぜ血液が酸性になってしまうのでしょうか? 糖尿病とは? すい臓から分泌されるインスリンの量が減る、インスリンを受け取る細胞の抵抗性が増す なれて効かなくなる 、あるいはこのどちらも起こるのが糖尿病です。 糖のかわりに脂肪を使ってしまう インスリンは、血液中の糖の利用を促進するホルモンです。 筋肉などの細胞が、糖をエネルギーとして使えるように受け渡しをする役割があります。 糖尿病ではインスリンの作用が落ちるので、細胞は糖をエネルギーとして使えなくなります。 糖の代わりのエネルギー源として使われるのが、脂肪です。 脂肪は、エネルギーとして代謝される過程で、ケトン体という物質を生成します。 このケトン体は酸性の物質なので、糖を使えずに脂肪ばかりを燃焼する糖尿病患者や飢餓患者は、アシドーシスになってしまうのです。 アシドーシスになると意識障害や昏睡を起こします。 1型に多い 糖尿病性ケトアシドーシスは、2型糖尿病患者にはほとんど見られず、1型糖尿病患者で見られます。 その理由としては、2型糖尿病患者ではケトン体の産生が、1型糖尿病患者に比べてゆっくりだからだと考えられています。 たとえケトン体が産生されても、排尿や呼吸によってpHのバランスをとれるからです。 てんかん患者が摂取エネルギーを、脂質中心の食事にするケトン療法でも、ケトアシドーシスが起きないのはこの為だと思われます。 まとめ 糖尿病の方は、アセトン臭といってりんごの腐ったような甘酸っぱい口臭がしたり、グスマウル呼吸といって深く大きな呼吸が見られます。 これは体内のケトン体を排出したり、酸とアルカリのバランスを取るために起きるものです。 このような症状が見られたら、医師に相談してみましょう。 緩徐進行型1型糖尿病と劇症1型糖尿病…1型糖尿病の原因とは? 最近話題となっている糖尿病は2型に分類される糖尿病であり、食生活の乱れなどで発症する糖尿病です。 しかし、1型の糖尿病においても近年微量ではありますが、毎年発症率が増加しています。 今回はあまり知られていない1型の糖尿病発症の過程、関わるであろうとされている原因を紹介しようと思います。 1型糖尿病の原因 1型の糖尿病は遺伝子の異常が原因です。 インスリンが作れなくなることにより、糖尿病を発症します。 これらの1型糖尿病の原因となる遺伝子のことを糖尿病感受性遺伝子といいます。 1型糖尿病の中での分類 1型糖尿病の中には緩徐進行型1型糖尿病と劇症1型糖尿病という2つの分類があります。 緩徐進行型1型糖尿病はSPIDDMと呼ばれることもあり、発症6ヶ月はインスリン治療を必要とせず、2型糖尿病のような症状をしています。 劇症1型糖尿病と異なり、あくまでインスリンの分泌量が低下している状態であり、治療はインスリンの分泌を促すようなものから始まります。 発症時期は10代~20代で多いですが、90代でも発症する場合があります。 初期の症状は風邪のような症状で、吐き気、腹痛、下痢などを伴います。 発症時期については様々ですが、20歳以上がほとんどです。 1型糖尿病とは遺伝子に原因がありますが、生まれつき糖尿病を発症している場合もあります。 上記のように10代以降から発症する場合が多いです。 1型糖尿病発症に関係するとされる環境要因 1型糖尿病発症に関係するとされる環境要因については現在研究中ですが、以下のようなものが予想されています。 ・日光不足によるビタミンD不足 ・あまりにも清潔すぎる環境 ・母乳以外のミルクで赤ちゃんを育てる(母乳に糖尿病を防ぐための成分が含まれていると予想されている) このように1型にもさまざまな種類があり、なりやすい条件などがあります。 もし、血縁関係に糖尿病の方がいたりすれば気を付けてください。 体重減少、疲れやすい、目のかすみは2型糖尿病が原因かも?! 糖尿病の中でも特に多いのが、2型糖尿病。 糖尿病患者の実に95%が2型糖尿病だと言われています。 では、2型糖尿病の初期症状はどのようなものなのか、また早期発見できる兆候はあるのでしょうか? 2型糖尿病と症状の現れ方 インスリンの分泌低下や、インスリンの感受性低下の二つを原因とする糖尿病。 インスリンの作用不足として徐々に病状が進行していきます。 1型糖尿病と比較して、症状はとても緩徐に現れます。 自覚症状が少ないのも特徴で、病状が進行してから気付く人も中にはいます。 5%以上の場合、糖尿病と診断されます。 その他の症状 脱力感、疲労感がある、ひどい眠気がある、手足がしびれる、下腹部がかゆい、肌の乾燥が気になる、視力が落ちた気がする、立ちくらみがある、甘い食べ物や飲み物が急に欲しくなる、など諸症状は様々。 高血糖による全身症状と原因 喉の渇きと尿意 高血糖によって、血液は血糖の影響で濃くなります。 つまり、水分の割合が低くなり、脱水状態と同じような症状になります。 そのため、水分を多くとるように喉が渇いたり、血糖を排出するように多量の尿として排出させようとします。 視力低下、目のかすみ 高血糖状態が続くと、眼のレンズが膨らみ、厚みも増すことがあります。 丁度、老眼鏡をかけたような感じになります。 そのため、視力が落ちたような感じになります。 疲れやすい 高血糖とは、血液中に糖分が多い状態のこと。 つまり、細胞内にエネルギー源となるブドウ糖を取り込みにくい状態になっているということ。 そのため、エネルギーを生み出すことができないので、疲労感や脱力感として感じるようになります。 体重が減る インスリンの欠乏、作用不足などにより、エネルギー源となるブドウ糖を取り込みにくくなる2型糖尿病は、食事として得たエネルギー源を体内にうまく取り込めずに、尿糖として排出してしまうので、結果として体重が減少してしまいます。 また、エネルギーを脂肪を分解して得たり、筋肉のタンパク質を分解してエネルギーを生成するようになるので、さらに体重は落ちます。 風邪を引きやすくなる、体調を崩しやすい 高血糖は、さらに免疫力も下げてしまいます。 つまり、感染症にかかりやすくなります。 手足の痺れ 思考力にも悪影響を及ぼし、神経にも障害を及ぼすようになり、手足のしびれなどの症状が出てきます。 2型糖尿病は緩徐に症状が進行することが多いので、最近体の調子がおかしいと感じた時は、迷わず受診するようにしましょう。 Photo by: ).

次の

体のかゆみ.com原因と対策

身体がかゆい

皮膚が乾燥したり、アレルギー症状としての皮膚のかゆみはよくあります。 ですがとにかく全身がかゆいという場合、それは体にどんなことが起こっているのでしょうか。 特別な理由は思い当たらないけれど、とにかく全身のかゆさが治まらないという場合には、体の中にかゆみの原因があるかもしれません。 かゆみの原因が内臓にあるって本当? 冒頭に書いたように、特別に原因が見つからないのに全身がかゆい、またそのかゆさが薬などで落ち着かないといった場合には、体の中の原因が疑えます。 特に疑われるのは内臓系の病気で、体の中の悪いものに体が反応して、かゆみを生じることがあります。 かゆみに隠れる内臓疾患には何がある? 皮膚と臓器の関係の深さは、古くから言われているようで、内臓の病変に伴う皮膚症状のことをデルマドロームと言うそうです。 考えられる内臓の病変には以下のようなものがあります。 ・糖尿病 ・甲状腺疾患 ・悪性腫瘍 ・鉄欠乏貧血 ・原発性胆汁性肝硬変 ・肝疾患 などです。 全身の皮膚のかゆみがある場合は、こうした疾患があることを念頭に置いて、検査が進められていきます。 皮膚の乾燥と内臓疾患は関係あるの? 皮膚が乾燥することによって、かゆみが生じるというのは、病気でなくてもよくあります。 ではこの皮膚の乾燥と、内臓系の疾患から来るかゆみというのは、関係があるのでしょうか。 このかゆみは原因となる疾患によっては、関係がある場合があります。 例えば糖尿病の場合、高血糖状態による脱水と発汗の異常によって皮膚が乾燥する傾向があります。 糖尿病の場合それによって、皮膚のかゆみが生じるとされています。 全身のかゆみの場合と書きましたが、限局性のかゆみの場合でも、内臓の病変に原因があることがあります。 特に膣ガンジダなどによる、外陰部のかゆみはよく知られていると思います。 いずれにしろ理由の見つからないかゆみと言うのは、体のSOSであるということを知っておいたほうがよいかもしれませんね。 糖尿病でおきる?!代謝性アシドーシスと糖尿病の関係は? 代謝性アシドーシスが起きる原因として、代表的なものに「糖尿病性ケトアシドーシス」があります。 人のカラダは通常、ph7. 4の弱アルカリ性を保つようになっています。 これがアシドーシスの状態になると、血液を酸性に傾けようとするのです。 糖尿病になると、なぜ血液が酸性になってしまうのでしょうか? 糖尿病とは? すい臓から分泌されるインスリンの量が減る、インスリンを受け取る細胞の抵抗性が増す なれて効かなくなる 、あるいはこのどちらも起こるのが糖尿病です。 糖のかわりに脂肪を使ってしまう インスリンは、血液中の糖の利用を促進するホルモンです。 筋肉などの細胞が、糖をエネルギーとして使えるように受け渡しをする役割があります。 糖尿病ではインスリンの作用が落ちるので、細胞は糖をエネルギーとして使えなくなります。 糖の代わりのエネルギー源として使われるのが、脂肪です。 脂肪は、エネルギーとして代謝される過程で、ケトン体という物質を生成します。 このケトン体は酸性の物質なので、糖を使えずに脂肪ばかりを燃焼する糖尿病患者や飢餓患者は、アシドーシスになってしまうのです。 アシドーシスになると意識障害や昏睡を起こします。 1型に多い 糖尿病性ケトアシドーシスは、2型糖尿病患者にはほとんど見られず、1型糖尿病患者で見られます。 その理由としては、2型糖尿病患者ではケトン体の産生が、1型糖尿病患者に比べてゆっくりだからだと考えられています。 たとえケトン体が産生されても、排尿や呼吸によってpHのバランスをとれるからです。 てんかん患者が摂取エネルギーを、脂質中心の食事にするケトン療法でも、ケトアシドーシスが起きないのはこの為だと思われます。 まとめ 糖尿病の方は、アセトン臭といってりんごの腐ったような甘酸っぱい口臭がしたり、グスマウル呼吸といって深く大きな呼吸が見られます。 これは体内のケトン体を排出したり、酸とアルカリのバランスを取るために起きるものです。 このような症状が見られたら、医師に相談してみましょう。 緩徐進行型1型糖尿病と劇症1型糖尿病…1型糖尿病の原因とは? 最近話題となっている糖尿病は2型に分類される糖尿病であり、食生活の乱れなどで発症する糖尿病です。 しかし、1型の糖尿病においても近年微量ではありますが、毎年発症率が増加しています。 今回はあまり知られていない1型の糖尿病発症の過程、関わるであろうとされている原因を紹介しようと思います。 1型糖尿病の原因 1型の糖尿病は遺伝子の異常が原因です。 インスリンが作れなくなることにより、糖尿病を発症します。 これらの1型糖尿病の原因となる遺伝子のことを糖尿病感受性遺伝子といいます。 1型糖尿病の中での分類 1型糖尿病の中には緩徐進行型1型糖尿病と劇症1型糖尿病という2つの分類があります。 緩徐進行型1型糖尿病はSPIDDMと呼ばれることもあり、発症6ヶ月はインスリン治療を必要とせず、2型糖尿病のような症状をしています。 劇症1型糖尿病と異なり、あくまでインスリンの分泌量が低下している状態であり、治療はインスリンの分泌を促すようなものから始まります。 発症時期は10代~20代で多いですが、90代でも発症する場合があります。 初期の症状は風邪のような症状で、吐き気、腹痛、下痢などを伴います。 発症時期については様々ですが、20歳以上がほとんどです。 1型糖尿病とは遺伝子に原因がありますが、生まれつき糖尿病を発症している場合もあります。 上記のように10代以降から発症する場合が多いです。 1型糖尿病発症に関係するとされる環境要因 1型糖尿病発症に関係するとされる環境要因については現在研究中ですが、以下のようなものが予想されています。 ・日光不足によるビタミンD不足 ・あまりにも清潔すぎる環境 ・母乳以外のミルクで赤ちゃんを育てる(母乳に糖尿病を防ぐための成分が含まれていると予想されている) このように1型にもさまざまな種類があり、なりやすい条件などがあります。 もし、血縁関係に糖尿病の方がいたりすれば気を付けてください。 体重減少、疲れやすい、目のかすみは2型糖尿病が原因かも?! 糖尿病の中でも特に多いのが、2型糖尿病。 糖尿病患者の実に95%が2型糖尿病だと言われています。 では、2型糖尿病の初期症状はどのようなものなのか、また早期発見できる兆候はあるのでしょうか? 2型糖尿病と症状の現れ方 インスリンの分泌低下や、インスリンの感受性低下の二つを原因とする糖尿病。 インスリンの作用不足として徐々に病状が進行していきます。 1型糖尿病と比較して、症状はとても緩徐に現れます。 自覚症状が少ないのも特徴で、病状が進行してから気付く人も中にはいます。 5%以上の場合、糖尿病と診断されます。 その他の症状 脱力感、疲労感がある、ひどい眠気がある、手足がしびれる、下腹部がかゆい、肌の乾燥が気になる、視力が落ちた気がする、立ちくらみがある、甘い食べ物や飲み物が急に欲しくなる、など諸症状は様々。 高血糖による全身症状と原因 喉の渇きと尿意 高血糖によって、血液は血糖の影響で濃くなります。 つまり、水分の割合が低くなり、脱水状態と同じような症状になります。 そのため、水分を多くとるように喉が渇いたり、血糖を排出するように多量の尿として排出させようとします。 視力低下、目のかすみ 高血糖状態が続くと、眼のレンズが膨らみ、厚みも増すことがあります。 丁度、老眼鏡をかけたような感じになります。 そのため、視力が落ちたような感じになります。 疲れやすい 高血糖とは、血液中に糖分が多い状態のこと。 つまり、細胞内にエネルギー源となるブドウ糖を取り込みにくい状態になっているということ。 そのため、エネルギーを生み出すことができないので、疲労感や脱力感として感じるようになります。 体重が減る インスリンの欠乏、作用不足などにより、エネルギー源となるブドウ糖を取り込みにくくなる2型糖尿病は、食事として得たエネルギー源を体内にうまく取り込めずに、尿糖として排出してしまうので、結果として体重が減少してしまいます。 また、エネルギーを脂肪を分解して得たり、筋肉のタンパク質を分解してエネルギーを生成するようになるので、さらに体重は落ちます。 風邪を引きやすくなる、体調を崩しやすい 高血糖は、さらに免疫力も下げてしまいます。 つまり、感染症にかかりやすくなります。 手足の痺れ 思考力にも悪影響を及ぼし、神経にも障害を及ぼすようになり、手足のしびれなどの症状が出てきます。 2型糖尿病は緩徐に症状が進行することが多いので、最近体の調子がおかしいと感じた時は、迷わず受診するようにしましょう。 Photo by: ).

次の

そのかゆみ、もしかしたら原因は内臓疾患かもしれません!代謝性アシドーシスとの関係は?1型・2型糖尿病の原因とは?

身体がかゆい

2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。 もっと見る 「原因はわからないけど無性にかゆい!」そんな経験はありませんか?時間が経てば治るかも…と、放っておく方も多いと思いますが、もしかすると病気である可能性もあります。 その代表が皮膚そう痒(よう)症です。 この記事では、原因不明のかゆみがつづく、「皮膚そう痒症」について解説しています。 原因不明の病気「皮膚そう痒症」になるきっかけ 皮膚そう痒症のメカニズムは現在明らかとなっていません。 精神的な原因や、外的要因など、何らかのきっかけによって発症する人もいます。 例えば、肌の乾燥や、同じ場所をかく癖、花粉や金属などのアレルギーとともに発症したり、薬を飲んだことによって発症したりすることもあります。 また、他の病気から2次的に起こることもあります。 とくに、高齢者は、体内水分量が少ないことが多いので、肌の乾燥が原因でかゆみが生じることが多くあります。 また、湿度が低く、空気が乾燥している冬は、体内の乾燥も起こりやすいため皮膚そう痒症になりやすくなります。 見た目の異常はない!症状について かゆみがあるにもかかわらず、その痒いところを見ても何もできていないのが皮膚そう痒症です。 蕁麻疹(じんましん)のように肌に何かプツプツとできるものではありません。 症状の出方は、大きく分けて2つあり全身がかゆくなる 「汎発性皮膚そう痒症」と、特定の場所のみ痒くなる 「限局性皮膚掻痒症」があります。 全身がかゆくなる「汎発性皮膚そう痒症」 からだ全身がかゆくなる場合は「汎発性皮膚そう痒症」とよばれます。 かゆみは体の内側からジワジワと発作的でます。 中には、皮下の出血によって紫斑や、ひっかき傷でできる掻破痕(そうはこん)ができている場合があります。 特定の場所がかゆくなる 「限局性皮膚掻痒症」 とくに、陰部や肛門部にかゆみがでることが多いです。 女性の傾向 閉経後の女性はホルモンの影響により、陰部が乾燥しやすくなり、陰部に皮膚そう痒症の症状が起こりやすくなります。 また、卵巣機能が低下していたり、おりものや多大なストレスが影響して症状がでることがあります。 男性の傾向 中年以降の男性は、前立腺肥大症や尿道狭窄(にょうどうきょうさく)の影響にで肛門部にかゆみが出やすくなります。 また、頭部にもかゆみの症状が出る場合もあり、理由としてシャンプーや紫外線の刺激などを受けやすい場所であることが考えられています。 皮膚そう痒症の治療方法 原因不明の場合は対処療法 皮膚そう痒症は、原因が明らかでないことがほとんどなので、完全にかゆみを抑えるのは難しく、かゆみを軽減するための対処療法が主な治療法です。 抗ヒスタミン薬やステロイド薬を内服、外用したり、漢方薬を用いたり、また保険適用外ですが紫外線療法をおこなうことがあります。 また、ほかの病気が隠れていることもあるので、原因が明らかではないときには全身の血液検査や該当しそうな病気の確認を行い、その治療を優先させることもあります。 原因が明らかになっている場合 原因が明らかになっている場合は、その原因となるものを取りのぞくための治療をおこないます。 薬や病気が原因の場合 何かの薬を飲み始めてから症状がで始めた場合は、その薬を変更します。 また、病気が原因であればその病気の治療をしたり、乾燥が起こっていれば保湿剤を塗るなどそれぞれ適切な処置をおこないます。 歯科金属や骨折手術など、体内の金属が原因の場合 意外に忘れられがちなのが、 歯科金属や骨折の術後 など 過去に体内に入れた金属 に反応し、アレルギー反応がおこっている場合です。 医療機関で治療をうけるときは、原因を特定できるように、 かゆみが出始めたころの日常の変化や手術治療歴を主治医に伝えることをおすすめします。 いまからできる!予防法 室内での乾燥対策 乾燥した室内は肌も乾燥させ、かゆみを引き起こす原因です。 加湿器を使い、冷暖房を使いすぎないようにするなど空調管理をしましょう。 また、体を洗う際、ナイロン製のタオルは刺激が強すぎることがあります。 刺激の少ない石鹸を使い手で優しく洗うようにしましょう。 しかし、入浴しないのも皮脂が過剰にたまり、そこに微細な感染を起こしかゆみを感じる原因となります。 一日一回はリフレッシュもかねての入浴をしましょう。 その他 アルコールや唐辛子、豆板醤などの香辛料は体を温めかゆみを増してしまいますので、食事にも気を遣いましょう。 また、ストレスによる影響もあるので、睡眠時間を確保したり、リフレッシュする時間を作ったりして、ストレス緩和をすることも大切です。 衣服は、肌に優しい綿素材のものを選び、フリースやニットのようなな化学繊維はさけて刺激をおさえましょう。 まとめ 皮膚そう痒症はメカニズムがわかっていないからこそ、早めに医療機関へ行って医師と相談することが大切です。 ストレスや乾燥のような一時的な刺激のこともありますが、 貧血や糖尿病、肝硬変、さらには悪性腫瘍(がん)など、思わぬ病気が隠れていることもあります。 湿疹や発疹がないのにかゆみがある場合は、早めに医療機関へ受診をしましょう。

次の