自転車通勤 距離 限界。 自転車通勤スタートガイド

一般的に自転車通勤って何キロくらいまでが限界でしょうか?

自転車通勤 距離 限界

距離別の難易度 距離(片道当たり) 難易度 10km 楽勝 20km 初心者でも何度かOK 30km ふつうの人だと筋肉痛になるかも 40km 途中でリタイアするかも 50km いきなりはもはや無理 クロスバイクで走れる距離について、まず10kmくらいの道のりならだれでもクリアできるレベルだろう。 毎日の通勤や通学でもクロスバイクを使える距離の範囲内でもある。 少し郊外から都市部の中心地へ行くという人が結構な数がいる。 20kmになると、初心者だとギリギリというところになる。 往復するとなると、ややきついかもしれない。 特に坂道が多い地域だと厳しさを感じる。 無理することなくゆっくり進むのがよい。 30kmまでがクロスバイクで走れる距離の限界という人が多い。 いつも自転車に乗っている人でも、ロード乗りなどでない限りは限界を感じる道のりになる。 田舎の平坦な道であれば比較的クリアできるものの、都市部の信号機が多いエリアを走るとなると、疲れが非常に溜まりやすい。 片道30kmが限界の1つの目安 特に自転車に乗る習慣があまりない人にとって、いきなり長距離を乗るのは厳しい。 フラットバーハンドルのクロスバイクだと、ドロップハンドルのロードバイクよりも長い距離を移動するには向いていない。 信号機がこまめにある街中を走るのが中心であれば、片道30kmくらいが限界となる。 所要時間は約2時間程度になるだろう。 片道10、20kmは比較的初心者でも十分走れる距離である。 休日にサイクリングを楽しむためにクロスバイクに乗るのであれば、30kmまでなら体に大きな負担をかけることが少ない。 しかし、30km以上になるときつくなる。 途中で足腰が痛くなるというケースが多い。 片道だけだったら問題ないとしても、往復することを考えると避けたい。 片道40km以上のロングライドを視野に入れるのであれば、クロスバイクである程度長距離を走ることに慣れてからチャレンジすることをおすすめする。 おすすめ記事•

次の

マイカー通勤の許可上限時間・距離範囲について

自転車通勤 距離 限界

1位 45分〜1時間• 2位 30分〜45分• 3位 15分〜30分• 4位 1時間〜1時間半• 5位 15分以内• 6位 1時間半以上 出社に掛かる人数の約半数を占める「30〜45分」「45分〜1時間」という時間が出社に掛かる人は、圧倒的に「電車通勤」が多くなっています。 「15〜30分」の時間帯で会社に出社できる人のほとんどは電車通勤であり、次に自家用車、自転車、徒歩が続く結果となりました。 「15分以内」という通勤時間としては限界まで短縮させている人は、公共交通機関で待たされることのない、車通勤、自転車、徒歩を交通手段としていました。 「1〜1時間半」の通勤時間を要する人は「電車」と「バス+電車」での通勤が多く、乗り継ぎの時間が掛かってしまうことが通勤時間が長くなってしまう人が多数を占めました。 また、最も時間がかかっている「1時間半以上」の方々は、東京郊外から東京都内への移動が必要となる電車通勤の方々でした。 通勤時間内で勉強や読書をすることが多く、ある程度の時間は確保したい• 通勤時間よりも、生活環境や家賃の方を優先したい• 電車の中で2回目の眠りを満喫するのが楽しみだから• 現在通勤している乗り換え駅のご飯が美味しいから• 車での移動中に音楽をゆっくり聞きながら走るのが好き• これくらいの通勤時間なら限界とまでは言わないまでも耐えられる 「1時間半以上」を許容できる人も少なからずいますが、その理由は 通勤中にすることもあるので特に苦にならないといったものでした。 「15分以内」と回答した人は、現時点で15分以内の通勤時間が限界と考える人のみで、以前満員電車での通勤でパニック障害になりかけたため、現在の通勤状況以外は考えらえないという理由もありました。

次の

自転車通勤可能な最長範囲はどれくらい?限界距離と平均時間の目安

自転車通勤 距離 限界

平地を走って1時間なのか?• 山道を走っての1時間なのか?• 渋滞によっての1時間なのか?• 細道を走っての1時間なのか?• 高速を使用しての1時間なのか? 同じ1時間でも「さまざまな要因」で、目や体に対する負担、車に対する負担が違ってきます。 高速を利用して片道1時間半 私の場合を挙げてみると、 以前、片道83. 5kmの距離を毎日通勤していた時がありました。 高速を使っての通勤でしたが、高速に乗るまでは平道。 高速を降りてからは山道を行かなければいけない。 渋滞にはまらないように6時には出発していたので渋滞にはまることはありませんでした。 しかし、高速でどれだけ飛ばしても1時間半ほどの時間がかかっていました。 毎日、 「交通事故への恐怖」「スピード違反への恐怖」にビビりながらの往復3時間以上でした。 仕事に対して支障が出てくるのも当たり前です。 渋滞をともなう約1時間 今は普通道路(ほぼ平地)を使って、片道約50分〜1時間の通勤ですが歳なのかこれでも結構疲れます。 またこれが渋滞を伴っての時間なのでそうとうストレスが溜まるんですね。 しかし職場のある市街では確実に渋滞にはまるんですね。 出勤の際は、出る時間を早めることでこの渋滞を逃れることができるのですが、帰宅の際はそうもいかないので、毎日のようにイライラを引き起こしているといった感じです。 1時間以上はやっぱりキツイ このように同じ「車通勤」にしても、その道のりによってさまざまですので一概に1時間が限界とは言えません。 高速での運転では2時間走ったら10分ほどの休憩を摂るべきと言われているので、2時間までは大丈夫なのかもしれません。 しかし、車通勤においては、ずっと目を見開いて、事故を起こさないように運転するといった作業を毎日行うわけです。 ゆえに私の経験上で時間的な目安では1時間と言っているわけです。 1時間以上もの通勤を余儀なくされている方で、体に負担や異常を感じているならば、何か問題が起きる前に 「交通手段の変更」や「勤務先の変更」、もしくは「アパートを借りてもらう」などの主張を会社にすべきだと思います。 ただ、自ら会社から離れた家を買ってしまった場合はあきらめるか、近場に転職するしかないと思いますが。。 とっても大好きでやりがいのある仕事なら、たとえ遠距離でも通う気持ちも湧くとは思いますが、私の同僚の場合、家族のことや自分のことを考えたら、それはできないことだったんでしょうね。 それはそれで自分の人生だからコレもありだと思います。 私も車通勤もできなくて単身赴任しか選択肢が無い場合は、 「転職」しか浮かばないと思いますね。 今はバブル崩壊の頃に比べれば、たとえ年がいっていても、転職先もけっこう多くなっています。 ゆえに今の会社にしがみつく必要はないです。 ただ自分に何かしらの「実績」「技術」「魅力」があるのが前提ですのであしからずw ちなみに、こちらのサイトに登録しておけば、転職に関する情報をけっこう得られます。 「自分にも選択肢がけっこうあるな〜」と実感することができますよ。 出勤時間を早めて、帰宅時間をずらして渋滞を回避する なかなか前に進めないという 「渋滞」はとても大きなストレスをもたらします。 ゆえにできるだけ渋滞を回避するためには交通量が少ない時間帯に通勤するのが一番です。 私の場合は上に示した通り、朝は早めに出て、夜は少し遅めに出て渋滞を回避していました。 具体的には朝6:30前には家を出て、会社近くの「コメダ」でモーニングを摂りながら仕事。 夜もコメダでコーヒーを飲みながら仕事をして時間をずらし帰宅していました。 ポイントとしては、朝の場合はいいんですが、夜の場合は渋滞が少なくなる時間帯を見つける作業が伴うということですね。 私も少しずつずらしながらこれならOKという時間帯を見つけました。 そのために使えるのが、耳から聴く「音楽」や「ラジオ」「学習の音声」ですね。 詳しくは「」「」で紹介していますが、ツラいはずの通勤時間がこれによってとっても充実した時間に変えることができます。 音楽を聴くことで、ストレス解消はもちろん、モチベーションUPにもつなげることができますし、ラジオを聴くことで政治・経済はもちろん、マーケティングやセールスについて学ぶこともできます。 また、学習用の音声を聴くことで、自分に足りたい知識を学ぶことができるのはもちろん、英語などの語学を習得する時間にあてることもできるわけです。 これらの習慣をつけると、通勤が負担どころか、自分をレベルアップさせる時間に変えることができます。 その歌詞の意味を解説するサイトがあるぐらいとても深ーいんです。 とくに男性の方には一度聴いてもらいたいです。 いつでも仮眠が取れるようにアイマスク・毛布を用意しておく 車通勤をしていることで、一番怖いのが「睡魔」に襲われることです。 どうしても働いていたら睡眠時間が削られ、運転しているうちに「ウトウト」してしまうものです。 こうなった場合は、目をこすりながら運転を続けるのではなく5分でも10分でも仮眠をとったほうが間違いないです! そこで、用意しておきたいのが 「アイマスク」と「毛布」 アイマスクがあれば、朝の出勤時にも日差しを遮ってくれて短時間でも良い睡眠を促してくれます。 そして、寒くない時期ならいいですが、冬だとどうしても体を冷やすことになるので、毛布もしくはタオルケットなどを用意しておくと体調を管理する上でも便利です。 あと、他のページでも紹介しましたが、昼休みに車で睡眠をとる際にも「アイマスク」と「毛布」は大活躍します。 そんなに場所をとるものでもないのでおススメです。 サプリメントを使用して体の負担を軽減する 目の酷使を保護する! 車通勤によって引き起こされる疲労は目によるものが大きいですね。 そりゃずーと目を見開いてさまざまな危険要素を確認しながら進んでいくわけですから疲れないわけがないです。 また、目の疲労は肩こりや頭痛を引き起こす原因になります。 目の疲労をとるには、しばらく目をつぶる時間をとるのが一番ですが、そうも時間を作るのが難しいという方もいらっしゃるでしょう。 そんな方におススメなのが、目に良いとされるブルーベリーを使用したサプリメントです。 ブルーベリーが目に良いとされる理由は、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」が目を正常に作用させるために必要な「ロドプシン」を再合成させる働きがあるためなんですね。 通常、目を酷使しすぎると「ロドプシン」が減ってしまい眼精疲労を引き越してしまうわけです。 これを保護するのが「アントシアニン」というわけですね。 アントシアニンを含むサプリメントは色々発売されていますが、やわたさんの「北の国から届いたブルーベリー」というサプリメントを推す方が多いですね。 とくに軽自動車での長距離運転は本当に疲れますからね。 確かに軽自動車を利用すれば、自動車税など金銭的負担は軽くなりますが、自分の体や仕事への影響を考えると結果的に普通自動車のほうがメリットが大きいです。 私は現在「ホンダフリード」を使用していますが、車高が高くて視界がよく、ひじ掛けもついているので運転がとても楽ですね。 この車は中古で購入しましたが、日本の車は世界が注目するほど耐久性が高く、10万キロ以上乗っても問題なく走るので高いお金を払って新車を買うより、中古車で購入したほうが全然お得で快適です。 燃費を考えてハイブリッド車にしても中古なら安く買えますしね。 最近プリウスの新車が出ましたので、中古のプリウスを探せば150万円以下で購入することも可能です。 ちなみに私はガリバーさんでフリードを購入しました。 ガリバーさんは数多くの車種をそろえているので自分の好みと価格にあった車を見つけることができますよ。 あと保証もしっかりしているので中古車を買う不安もなくなります。 まとめ ここでは、車通勤の限界としての時間を1時間と紹介しました。 まあこれはわたしの経験上なのでこれが限界なのかどうかは分かりません。 それは人によって違いますからね。 若い人ならもっといけるかもしれませんし、車が好きな人なら一日中乗っていてもハッピーでしょうからね(笑) ただ言えることは、長時間の運転は、事故を引き起こす可能性を高めることにもなりますし、疲労度を高めて病気を引き起こすことにもなりかねません。 ここでは色々な解決法も紹介しました。 長距離運転に不安があるなら、たとえ面倒でも公共交通機関を利用したほうが良いですし、それが無理ならばできるだけ快適に通勤できる方法を試みることが必要です。 詳細は下記をご覧ください。

次の