あいちトリカエナハーレ。 あいちトリカエナハーレ2019「表現の自由展」 【終了】

あいちトリカエナハーレを開催する表現の自由とその杞憂

あいちトリカエナハーレ

「あいちトリエンナーレ2019」を意識したもので、同展では講演のほか、ベトナム戦争時の韓国軍兵士の蛮行を表現する「ライダイハン像」、不自由と大きく書かれたバッグ、「ルンルン楽しい日韓断交」「犯罪者はいつも朝鮮人」と書かれた「かるた100連発」などを展示されました。 トリカエナハーレはユーチューブで講演や展示作品を公開、サイトでは同展開催にあたり「あいちトリエンナーレ2019でも議論となった表現の自由につきまして、改めて私共から問題提起を致し皆様に考えて頂きたいと思っております」と呼びかけをしていました。 面白い、あいちトリエンナーレで「誰かが傷付こうが表現の自由は守られるべき!」と言ってた左翼がこれに反対するとダブルスタンダードになる。 そしてそれに気付かずまんまと罠にハメられる左翼のアホさ。 A RhadzJaz October 28, 2019 昨日、参加した【あいちトリカエナハーレ2019】で貰った参加チケットです。 第二弾のもっとトリカエナハーレに期待しています。 — アンチKOREA KenkanKoichi あいちトリカエナハーレ2019 日本第一党 党首 最高 税金一切使わず全て「私費」で開催したのにあいちトリエンナーレで天皇を焼き踏みつけるヘイト作品に抗議すると「表現の自由」を主張したパヨクの奴らがこちらは中止迫る喜劇 — 船木朱音 kensyuu12 あいちトリカエナハーレ2019というイベントらしい。 この人ならやるんじゃないかと思ったけど、本当にやりよった。 その名も浅田彰。 しかも毎日新聞掲載。 かるたの内容が反韓・嫌韓をあおるものでは?ということから、ネットで拡散、「表現の自由だからOK」「これもアート」「あいちトリエンナーレは良くて、こっちはダメなのか」「公金は使われていないでしょ」と擁護する声もあがっていました。 あいちトリカエナハーレ2019、表現の自由展!桜井誠とは あいちトリカエナハーレ2019の展示物に共感はしないけれど、このニュースで一番驚いたのはある意味この写真。 2005年(平成17年)1月29日、「会社員・木村誠 32 」と名乗り、朝鮮問題に詳しいブロガーとしてテレビ番組ジェネレーションジャングルに出演したことがあります。 サスペンダーと眼鏡の装いで関係者とともに全国各地を訪ね、街頭で日韓関係をはじめ様々な問題の糾弾を行っています。 などの対抗勢力が共同出資したサイバーエージェントとテレビ朝日やスポンサーに電凸を行うように呼びかけていました。 橋下徹との公開討論会 2014年10月20日、当時大阪市長であった橋下徹と大阪市役所で公開討論会を行いました。 会談は互いに相手を罵り合うという緊張状態の中で開始され、議論が白熱しつかみ合いになりそうな場面も見られたが関係者が間に入り、討論は予定時間より大幅に短い10分で打ち切られました。 討論会については「居酒屋で酔っ払いが言い合いをしている」と酷評されています。

次の

愛知・大村知事、表現の自由めぐる二枚舌が物議…トリカエに「中止すべき」、トリエンと真逆

あいちトリカエナハーレ

29日、大村秀章愛知県知事(59)は27日に同県の施設「ウィルあいち」(名古屋市東区)で開催された「芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」について「内容からして明確にヘイトにあたると言わざるを得ない」と発言、法的措置を考えていることを明らかにした。 「あいちトリカエナハーレ」は政治団体「日本第一党」の党首・桜井誠氏(47)が企画。 タイトルは愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を意識したものだ。 あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」では慰安婦問題を象徴する「平和の少女像」、昭和天皇とみられる人物を含む肖像画が燃える映像「遠近を抱えて」などを展示。 芸術なのか? 芸術作品なら許されるのか? 公金投入の是非など大きな議論を巻き起こった。 桜井氏は「あいちトリカエナハーレ」開催にあたり「あいちトリエンナーレ2019でも議論となった表現の自由につきまして、改めて私共から問題提起を致し皆様に考えて頂きたいと思っております」と呼びかけ、ベトナム戦争時の韓国軍兵士の蛮行を表現する「ライダイハン像」、不自由と大きく書かれたバッグ、「ルンルン楽しい日韓断交」「犯罪者はいつも朝鮮人」と書かれた「かるた100連発」などを展示した。 大村知事に「あいちトリカエナハーレ」はヘイトと認定された桜井氏は、同日夜にユーチューブの公式チャンネルで「重大な名誉毀損。 これから先もトリカエナハーレを展開しようとしていたところで、あのような発言をされて我々の芸術活動が妨害された」と反発。 「愛知県知事、大村を相手どって法的措置を取ります。 検討じゃないです。 直ちに行うよう、指示を出しました」と法的措置の手続きに入ったことを明かした。 桜井氏は「私はチマチョゴリを着てライダイハンの説明をしただけで、ヘイトなんて全くやっていない」「かるたは売っている物。 それがヘイトというのは検閲じゃないですか」と説明。 表現の不自由展の再開での大村知事の「表現の自由は守られなければいけない」発言を争点にする意向だ。 ネットでは2つの芸術祭について「表現の自由ならOK」「どちらもヘイト」「大村知事はダブルスタンダート」など様々な意見が出ている。 芸術祭での大村知事の対応に反発してきた、明治天皇のやしゃごで作家の竹田恒泰氏(44)は自身のツイッターを更新。 大村知事が「明確にヘイト」とした記事を引用し、「大村知事よ、お前がいうな!」とつぶやいた。

次の

あいちトリカエナハーレ2019会場の場所はどこ?期間はいつからいつまで?

あいちトリカエナハーレ

経緯 [ ] 主催側の主張では、「国民からの猛反発を受けて一部が展示中止され、未だに責任の所在や事実の検証、展示再開是非で迷走を続けるに対抗する日本人のための芸術祭として企画・開催された」 芸術祭である。 あいちトリエンナーレがやなどからの税金、県や複数企業からの後援を受けたうえで開催されていたのに対し、こちらは全て個人個人からの資金により開催され、県や企業からの後援を一切受けていない。 また、一時停止後に再開されたでは撮影などが禁止されていたが、こちらでは参加者の顔を映さない限りは撮影や中継はほぼ可能としていた。 内容 [ ] 桜井誠によるについての講演と、同氏制作の芸術作品「ベトナムの子供」の展示、「不自由」と大きく書かれたバッグ、ベトナム戦争時の韓国軍兵士の蛮行を表現する紙粘土製「ライダイハン像」 、「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタなどが展示された。 芸術監督は日本第一党副党首、会場責任者は日本第一党愛知県本部長。 開催にあたっての行政側の判断 [ ] ウィルあいちの設置条例と管理運営要綱には、差別的言動が行われる恐れがある場合に施設を使用させないとの規定がある。 これに基づき反差別を標榜する市民団体が施設側に展示会の中止を申し入れた。 これを受けウィルあいちは主催者の日本第一党に事前に確認をとったが、主催者側は差別的言辞を取らない旨の回答を行った。 結果的に施設の管理者は「中止を判断できない」として催しを許可している。 開催にあたって主催者と愛知県との話し合いにおいて、主催者は県による後援をもとめたが、これに対して県側は手続き上の不備および過去の実績がないことを理由に却下した。 これに対し同会合において主催者側は県側が意図的に受理を遅らせたことが手続きの不備を生じさせた原因であると主張したが県側は意図については否定している。 これを受け主催側は、今後も継続して展示会を開催する意向を示した。 愛知県の大村知事は、「内容からしてヘイトに当たると言わざるを得ない。 (内容を確認した時点で)中止を指示すべきだった」と述べた。 主催者側代表のは「私はチマチョゴリを着てライダイハンの説明をしただけで、ヘイトなんて全くやっていない」「かるたは売っている物。 それがヘイトというのは検閲じゃないですか」と主張した。 展示会開催にあたっての主催者と行政との意見の対立 [ ] 本展示に対しは「明確ににあたるのではないかと思います。 その時点で中止を指示すべきだった」と明言し 、催しを開いた政治団体へのも視野に対応を考える方針も明らかにした。 これに対し2019年10月19日も逆に大村知事を提訴するとアナウンスした。 これら主催者と行政との対立に対し「企画意図は理解できても芸術としては受け入れられない」とする大村への賛意と、「トリエンナーレで表現の自由を強調した大村知事が、今度はヘイトだと言う。 それは芸術に対するでは?」という批判も向けられている。 2つの展示会によって表現の自由論争が引き起こされたかたちとなった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2019年10月27日閲覧。 東スポWeb. 2019年10月28日. 2019年11月25日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年10月27日. 2019年11月25日閲覧。 中日新聞. 2019年10月29日. の2019年10月29日時点におけるアーカイブ。 2019年12月11日閲覧。 東スポWeb. 2019年10月30日. 2019年11月25日閲覧。 Business Jouranal. 2019年10月29日. 2019年11月25日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年10月29日. 2019年11月25日閲覧。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる。

次の