グランメゾン東京 3話。 【グランメゾン東京】動画3話を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【11月3日/木村拓哉主演ドラマ】

【グランメゾン東京】動画3話を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【11月3日/木村拓哉主演ドラマ】

グランメゾン東京 3話

Contents• 第3話のあらすじ グルメ雑誌「 マリ・クレールダイニング」の 久住栞奈が、 ジビエ料理コンテストの企画を知らせに尾花たちの前に現れる。 倫子はグランメゾン東京の名前を売るには、絶好のチャンスだと張り切った。 さっそく 鹿肉の仕入れに向かう尾花たち。 しかし冷凍のものばかりで、生肉はgakuのオーナーである 江藤が流通を抑えていると知る。 仕方なく冷凍の鹿肉で調理してみるが、やはり味がかなり落ちる。 京野の提案で 相沢にアイディアを借りることに。 家庭を優先したい相沢は簡単に承諾しない。 尾花の料理には相沢のアイディアが必要だ、と説得され 2ヶ月だけという約束で引き受ける。 ただし娘の アメリの迎えを優先するのが条件だ。 相沢の紹介で世界一のジビエ料理を出しているという 峰岸の店へ行く。 尾花と倫子は峰岸の料理に感動する。 峰岸は生きたまま鹿を捕獲し、食肉にしているという。 だからこそ簡単に他所には譲りたくないと頑なだった。 後輩の萌絵から 相沢のレシピ動画の投稿が止まっていると知った祥平。 祥平はグランメゾン東京へ足を踏み入れた。 京野から相沢が協力していること、ジビエ料理コンテストの話を聞く。 鹿肉が手に入らず困っていると祥平に相談した。 やっと手に入ったが、 もも肉だった。 尾花は柔らかい部分を使うと決め、レシピを研究し始める。 良い味付けが決まらず一同は苦戦する。 少し手伝うだけだった相沢も、自宅で一人研究をしていた。 思い悩んだ倫子は、京野に弱音を吐いてしまう。 京野は 自分を信じられないシェフは、絶対星は取れないと厳しく返す。 やる気を取り戻した倫子は、 コンソメに豚の血を混ぜると提案。 しかしそれはもう相沢が自分で試していたと言う。 だが尾花はその案から、 鹿の血を混ぜることを思いついた。 峰岸は生きたまま鹿肉を捌いているため、血を譲ってもらえた。 これによりメニューが決まる。 コンテスト当日、尾花は会場に現れず連絡も取れなくなっていた。 倫子が1人で確実に仕上げる。 一方、尾花は峰岸のところへ向かっていた。 この料理を峰岸に食べてもらい、認めてもらうつもりだった。 コンテストの審査が始まる。 審査員の反応はかなり良いものだった。 だがgakuの料理も高い評価を得ていた。 その結果、 優勝はgaku。 喜んでいた丹後だが、久住から鹿肉の流通が抑えられていたことを知る。 そして江藤が審査員と会っているところを目にした。 江藤は 店のためなら何でもする、と開き直る。 京野はコンテストに出した料理を、祥平に届け食べてもらう。 1人厨房で調理していると、萌絵が顔を出す。 2人で食べていると、その背後に 美優の姿が・・・ コンテストを終え、グランメゾン東京の厨房で落ち込む倫子たち。 そこへ尾花は峰岸を連れて戻ってくる。 グランメゾンの料理に納得した峰岸は、 肉を卸すことを約束した。 メニューは10品作り上げた。 約束の期日を終えたので、相沢はグランメゾンを後にする。 アメリの迎えに行くと、毎日 尾花がお弁当を用意していたと知る。 相沢はキャラ弁の作り方を教えてもらう、と理由をつけグランメゾンへ戻ってきた。 倫子は正式に 相沢を従業員として迎えると宣言。 そこへ久住が編集長の リンダ・真知子・リシャールを連れて店を訪れる。 リンダはグランメゾン東京の料理を食べさせてほしいという。 グランメゾン東京の動画視聴は? グランメゾン東京は paraviと Tver配信されています。 TVerは放送後1週間以内しか配信されません。 paraviは過去の放送もいつでも見ることができます。 しかもparaviは 月額925円(税抜)なので、とてもリーズナブルな動画配信サービス。 TBS、テレビ東京のドラマが基本料金で見放題です。 ジャニーズアイドルの限定動画「 パパジャニWEST」「 KAT-TUNの世界一タメになる旅」も見放題になっています。 第3話の感想 新しい仲間が増えました。 第2話で仲間になるのかな、と思っていた相沢さん。 尾花たちが作った料理を食べて泣いてしまうほど。 こっそり祥平の彼女の美優が見ていましたが・・・ ここは グラグラメゾン東京第3話で詳しく描かれています。 美優から見たら、そうなっちゃうよなあと思えます。 思いがけない NARUTOネタ(笑) 尾花がキャラ弁の準備をしているとき「 気分転換だってばよ」と言ってました。 フランスでは人気だということで、男子向けのNARUTOキャラ弁を作ってしまう。 相沢の「連載終わってるし」とツッコミ。 ・ナルトくんのキャラ弁! ・フランスで人気なNARUTO🍥 ・良いものはいつまでもいいんだってばよ キムタクvoice ドラマのクレジットに岸本先生の 名前が〜〜〜💗🙈💗 — は る。 今週の 、実質NARUTOだった。 ちょっとずつ仲間が増えるのはワンピースっぽいけど。 そしてネット上でも「 あれは誰?」と騒がれていた人がいました。 ラストシーンで突然、尾花の後ろにいた男性。 いつのまにか厨房に入っているあのひとは? 大貫さんほんまイケメン かっこいいなぁ〜 でも、突然の現れ。 いつの間に?笑笑 — megu mixaaa09090204 大貫勇輔さん演じる 柿谷光です。 カテゴリー•

次の

グランメゾン東京6話、魚をテーマに木村拓哉と尾上菊之助が直接対決!

グランメゾン東京 3話

動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。 そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。 最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。 ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。 そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。 上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。 「gaku」とは雲泥の差の食材を使い、どう料理を作るか…尾花は必死に向き合う。 しかし、迫り来る期日…ついにコンクールの日を迎えてしまう。 美味しく食べる為に銃で殺さず、ワナで捕まえ肉の血抜きから考えられていた。 ジビエ料理の神様に臭みがない理由を教えて欲しいと詰め寄るが、教える義理はないと突き放される。 オバナは自分がもっと美味しいジビエ料理を作るから教えてくださいと、約束をする。 ショウヘイの気持ちもわかるけど、おばなさんを尊敬する気持ちは変わらないようで、りんこさんの店に現れた。 ジビエのもも肉の仕入れも、ショウヘイの名前で仕入れが出来た。 コンクールでは、ガクが優秀する。 だがガク以外、フレッシュな肉の流通量が減っていた。 手回しされていたのだ。 だが、オバナ達の料理に心動いたジビエの神様の気持ちは動き、りんこの店に新鮮な肉、キノコが納品されることが決定した。 プロの料理人顔負けの腕前を毎週披露していました。 既視感はそれだけじゃなかった。 玉森裕太さんは「信長のシェフ」で、戦国時代にタイムスリップしたフランス料理人ケンを演じていました。 そして信長役は……及川光博さんでした。 なんと、お館様と現代に戻って同じ料理人として再会? みたいな妄想が膨らんでしまいます。 原作コミックの方もまだ続いていますし、是非続編を見てみたいものです。 そして、信長のシェフと尾花との料理対決も見てみたいですね。 しかし、現実的には平古は一流ホテルながら、ブィッフエ担当のようなので、料理人的には尾花の方が格上のようなので、グランメゾンにスタッフとして加入する可能性が高いですかね。 感想 コンクールのために睡眠時間を削って、ジビエ料理を追求する尾花と相沢の努力する姿に、今まで夢が叶わなかったのは自分の努力が足りなかったせいだと気がつく倫子。 人の意見を聞くようになり、仲間のアイデアを取り入れる。 さらに猟師の思いと、頂いた命を尊ぶ気持ちを大事にして、峰岸を仲間に引き入れます。 さらに相沢の娘の細かな変化に気がついて、娘にお弁当を届ける。 さらに、相沢も正式に仲間に入りました。 この人、ホントに人間か?と言うような超人的な尾花の活躍でした。 猪のももの仕入れで京野は平古を頼っていたのでした。 グランメゾンの鹿料理に涙する平古といつもそばにいる萌絵。 それを隅で見ていた黒い影? 婚約者の美優なんでしょうか? そのあと萌絵のロッカーに仕掛けが…… 美優のしわざ? 知らず知らず平古と萌絵に危機が迫っているようです。 またGAKUのシェフ・丹後もジビエ料理コンテストで優勝しながらも、 オーナー江藤のやり方に不信感をいだき始めました。 鹿のロース肉を市場で買い占めて、最上の素材を自分たちで独占する。 審査員長を金で抱き込んで、審査の結果をコントロールする。 次々と手段を選ばない卑劣な行為をします。 今後この2人の関係がどう変化が訪れるのか心配です。 今後の展開 尾花がナルトのお弁当をつくりましたが、今ナルトはボルトに代替わり、 少年ジャンプでは「サムライ8」という新しい作品が新連載されています。 ジャンプの王道漫画のように、だんだんと仲間を増やしていく尾花。 「ONE PIECE」や「NARUTO」と同じように、ボスが中心にいてドーンとしている感じではなくて、みんなと同じ立場で、みんなの個性を引き出していくタイプの少年漫画のようなリーダーです。 一人ずつ仲間を増やしていって、今度は平古が仲間に加わるかどうかですね。 しかし、平古の婚約者美優は国会議員で、権力を持っていそうでした。 平古が加わることで、なにか権力をつかってグランメゾンを妨害してきそうな予感がします。 いやあ、でも毎回料理がおいしそうでホントに見るのが楽しみなドラマです。 ドラマ「グランメゾン東京」出演作品リンク 木村拓哉• 【あなたを救うために、生きてきた】ドラマ「A LIFE ~愛しき人~」を見逃し動画無料フル視聴はこちら• 【木村拓哉伝説の名作ドラマ!】ドラマ「Beautiful Life ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~」を見逃し動画無料フル視聴はこちら• 【熱き副操縦士の青春ドラマ!】ドラマ「GOOD LUCK!! グッドラック 」を見逃し動画無料フル視聴しよう• BRAIN ミスターブレイン 」を見逃し動画無料フル視聴はこちら 鈴木京香• 【埋もれた謎を「文字」で暴く。 】ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ• 【素人同然の若夫婦が二人三脚の大冒険?!】連続テレビ小説「わろてんか」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ• 【11人の豪華主役が競演!】ドラマ「東野圭吾ミステリーズ」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ• 【ジェットコースターのような展開がヤミツキに!】ドラマ「夜行観覧車」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ• 【開けてはいけないパンドラの箱】NHKドラマ「セカンドバージン」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ• 【本当に幸せになるための家族の在り方とは】ドラマ「非婚家族」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ• 【三谷幸喜脚本の大ヒット料理ドラマ!!】ドラマ「王様のレストラン」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ 玉森裕太(Kis-My-Ft2)• 【親友の死に隠された秘密】ドラマ「リバース」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ.

次の

グランメゾン東京 ロケ地情報

グランメゾン東京 3話

『グランメゾン東京』7話 あらすじ ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。 相沢(及川光博)は並々ならぬ覚悟で迎えていた。 というのも、発表の一週間前に、失踪していた妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然『グランメゾン東京』を訪れ、娘のアメリー(マノン)をパリに連れて帰ると言い出したのだ。 アメリーを引き止める条件は、グランメゾン東京がトップ10を超えること。 尾花(木村拓哉)も気合が入っていた。 なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからだ。 そんな中、尾花は、相沢のためにあることを思いつく。 一方、丹後(尾上菊之助)と祥平(玉森裕太)も日本トップを取るために、力を尽くしていた。 こうして、それぞれの料理人が想いを込めて挑んだ戦いに、いよいよ決着の瞬間が訪れようとしていた。 壇上のリンダ(冨永愛)によって次々と読み上げられていくランキング。 tbs. はいどうぞ。 という訳にもいかず抵抗する相沢。 なぜか敵であるエリーゼを家に泊める倫子w 昔話をしたり仲良くなる。 そんな中、アメリーが熱を出す。 しかし相沢はエリーゼとアメリーを会わせない。 娘の熱を心配したエリーゼは母国の料理を作り、倫子に届けてほしいと頼む。 何も食べられないほどの高熱だったアメリーだったがエリーゼの料理だけは食べられた。 アメリーの熱が下がった頃、尾花は「グランメゾン東京」に相沢一家を招待する。 相沢、エリーゼ、アメリー、相沢母が揃った。 アメリーと相沢母が帰ったあと、相沢と尾花はエリーゼのためだけに作った一品を出す。 エリーゼは一口食べて料理を置いてしまった。 「どの料理も美味しい。 それが嫌なの! これだけ美味しい料理を作るのにどれだけ苦労したの? 今まで以上に寝る間も惜しんで努力してアメリとの時間を削り出していたのよね。 そんな人にアメリを任せられない。 」 黙りこくってしまう相沢。 そこへ尾花が最後の一品を持ってくる。 アメリーがエリーゼのために作ったフランボワーズのゼリーだ。 娘の手料理に涙ぐむエリーゼ。 そんなエリーゼを見て相沢は身を引くことを決意する。 しかしエリーゼには新しいパートナーなんていなかった。 強がってつい口に出してしまっただけだった。 それならヨリを戻そうと言う相沢だったが、エリーゼはエスコフィユ時代の相沢の姿がトラウマだった・・・。 「10位『グランメゾン東京』はエスコフィユの10位を超える」 この尾花の提案で「グランメゾン東京」がトップレストラン50で10位を超えることが出来たら相沢とエリーゼはヨリを戻すことになった。 そしてトップレストラン50の発表セレモニー当日。 初のエントリーでトップ10は難しいと言われている。 しかしグランメゾン東京は10位目前まで呼ばれなかった。 10位以内かそれとも20位以下か。 そしていよいよトップ10の発表。 グランドメゾン東京・・・10位!!!! 10位以上はかなわなかった。 落ち込む相沢。 しかし初エントリーで10位は快挙だ。 倫子たちは喜ぶ。 「うちの負けや」と悔しがる手塚とおると柿谷。 しかし 8位の順位で「Gaku」が呼ばれる!!!! ざわめく会場! 喜ぶ手塚とおる! 悔しがる尾花・・・。 エリーゼはアメリーを連れてフランスへ帰ることになった。 しかし「グランメゾン東京」の料理を食べたエリーゼはもう相沢を応援している。 「今度こそとってよ。 とらせてあげてよあの人に。 順位は超えられなかったけど私が保証する。 グランメゾン東京の料理はエスコフィユよりおいしかった。 」 エリーゼはアメリー越しに「ママが待ってるからって。 頑張ってね。 」と相沢に伝える。 涙ながらに2人を見送る相沢。 倫子宅にて。 尾花、倫子、京野でトップ10位を祝って飲んでいた。 楽しい雰囲気の中、京野は面白くなさそう。 仲のよさそうな尾花と倫子の姿に嫉妬している。 「一緒に店をマネジメントしていく人間がこういうこと言うのはどうかと思うんですけどハッキリ伝えておきます!わたしは倫子さんのことが好きです!だから尾花には一刻も早くここから出てって欲しいと思ってる!」 スポンサードサーチ 『グランメゾン東京』7話 感想・レビュー 京野。 そんでやっぱり京野さんも独身だったか。 こんだけルックスのいいアラフィフが集まってて相沢以外みんな独身ってどんなファンタジー🤔 ちょっとびっくりしたけど・・・ そんな京野さんもかわいい😌 相沢回と見せかけて京野さんに全部持ってかれた7話だった。 完成度の高い相沢のモノマネを披露する京野からはじまり、思わず照れ臭くなるような告白で終わるとはw モノマネ見て爆笑だったのに同じ回でこんな青春ぶっ込んでくるって京野さんすごい🤗 娘を置いて家出したくせに今さらしゃしゃり出てくる相沢嫁 ドラマなのでこういうこと言うもんじゃないけどさ エリーゼやってることおかしすぎん? アメリーを置いて家を出たのは自分なのに相沢を一方的に責めて被害者面。 わたしすんごい腹が立ちました! きっと彼女にしか分からない悩みがあったんだろうけど、娘を置いていったのは自分なんだから「星を狙ってるアンタにはアメリーの世話は無理!」みたいな態度をとる資格はないと思うのだが。 相沢も「絶対三つ星とる!」じゃなくて「1人で出ていくような人に娘は譲れない」って言っちゃえばよかったのに ;; そう言い返せないところを見ると「アメリーがいたら料理に集中できない」ってのもあながち間違ってないのかなあ😩 まあ、夫婦のことなんでわたしが口出しすることではないですけどちょっと違和感でしたー。 国際結婚ってこともあって本人たちにしか分からないこともあるのかもですね。 言葉や環境的なことでも向こうのほうが住みやすいかもしれないし・・・・。 1番違和感だったのが日本語ペラペラなエリーゼやな。 そんなに日本語喋れるならもう日本で一緒に暮らせよw 正統派ライバル・丹後シェフ 2話あたりまで尾花にライバル心むき出しで感じの悪かった丹後。 1話では尾花に店をやらせないため倫子さんを引き抜こうとしていたのに今じゃ見る影もないほどいいヤツw 「こいつがあらゆる手を使ってアレルギー食材を混入させたのでは?」とか疑っててごめん。 丹後学。 めちゃくちゃ正統派のライバルじゃないか!!!!! スパイなど汚い手を使う江藤を嫌い、実力で尾花と勝負するために日々努力。 少年漫画に出てくるライバルキャラの鏡のような男だった😌 なぜ1話では汚い手を使おうとしていたのか謎である。 倫子さんのことも若干バカにしていたし。 しかも丹後さん。 祥平が来てから心なしか明るくなった気がする。 やっぱり環境って大事だね。 周りの心配をよそに、夕方に戻ってきた尾花が連れてきたのは、彼の料理の師匠・潮卓(木場勝己)だった。 彼の娘の凪子(伊藤歩)に頼まれ、退院する潮を迎えに行っていたのだという。 尾花は、潮に店の料理を食べてもらおうとするが、ほとんど手をつけず途中で怒って帰ってしまう。 帰り際に、一番の問題は京野にある、とだけ言い残して…。 倫子たちは原因を探るべく潮の店に行く。 そこでお店定番のビーフシチューの美味しさに衝撃を受ける。 tbs.

次の