カタール 航空 コロナ。 カタール航空、キャセイパシフィック航空の支援に前向きの姿勢

【スクープ】カタール航空、新型コロナ禍の渦中で会社の宣伝にかまけ乗務員の生命を危険にさらす|ARAB NEWS

カタール 航空 コロナ

回答日:2020-03-23 がっちゃんさんへ。 ヨーロッパは、当面行けませんね。 カタール航空のHPを既に御覧になっているようですが、繰り返しとなりますが回答します。 3月10か11日に、今回の特別措置が出て、6月30日までが3月20日頃から9月30日までの予約で出発日の3日前まで変更手数料なしでフライトの日付変更(運賃の差がでれば差額)またはトラベル・バウチャーに交換できます。 このトラベル・バウチャーは航空券の未使用金額分(航空運賃、諸税分)が発行から一年間有効でカタール航空での航空券となります。 発行とは手続きをした日からになります。 旅行会社からの購入とのことですので、旅行会社から手続きとなります。 購入の際旅行会社の手数料を払っていると思いますので、その手数料はどうなるか確認下さい。 なお、イトウさんさんは、カタール航空で直接購入したので、これから手続きします。 日程変更しても先が未定なので、1年間有効のバウチャーにします。 カタールのQスイートを楽しみに羽田発としたのに残念です。 さらに10月末にはドーハ経由ローマでした。 少し先なので様子見です。

次の

カタール航空、イラン・韓国線で運休・減便や機材小型化 当局の隔離措置で

カタール 航空 コロナ

1 内の状況 (1)保健省は,新たに1名の感染を確認したと発表しました(人)。 またこれまでの症例と同じく,2月27日に政府のでイランから退避し,帰国後に検査を受けていた者になるとのことで,内において他者とのはなかったとのことです。 また症状は落ち着いており,現在治療センターに収容されているとのことです。 (2)これで内における確認された感染者数は8名になります。 2 の対策 3月3日現在,日本からの者に対する入国時の措置に変更ありません。 3 感染予防 当地ハマド総合病院は,ウイルス感染は感染者の咳,くしゃみ等の飛沫により伝染するため,感染リスク軽減のために以下の対策を推奨しています。 3月2日にイタリアとエジプトが追加され,この措置の対象国は現在5か国になっています。 この隔離施設への収容を拒否する場合は,への入国が認められないことになります。 *自己または勤務先等が隔離可能な施設を手配する場合,同施設利用も可能 *自己隔離の場合,当局者が状況確認の抜き打ち検査を実施 なお,この措置は最近14日の間に上記国・地域を訪問した人も対象となります。 日本からへの入国者については,現在この措置の対象外となっていますが,者等に対しては,入国の通常手続きに加えて中国等,感染が確認されている国・地域への歴に関する調査,体調に関する問診,体温測定等が別途実施される場合があります。 なお問診の際は,下記内容等が質問されています。 ・過去14日の間に中国にしたか? ・過去に以下の国・地域にしたか? した場合は,日は? (香港,イラン,日本,,マレーシア,韓国,,台湾,タイ) ・現在,発熱,せき,息切れの症状があるか? ・過去14日の間に医療施設を訪れたか? ・過去14日の間に感染が疑われる事例とのがあったか? (2)26日,は韓国を出発地とするフライトに関しては,ドーハを最終目的地としない,トランジット目的の利用者に搭乗を限定すると発表しました。 また,イランを出発地する各便に関してはマシュハド、シラーズ及び出発・到着の便は3月14日(土)まで見合わせ,出発・到着の便は、就航頻度を週20便から週7便に減少させるとしています。 (3)のクワリ保健相は25日,「中国,韓国,イラン,,日本,イタリアへのを延期するよう」推奨しています。 (4)政府は27日,現在イラン国内に在留している民,及び民に向けて,イランからの退避を指示する首長令を発出しました。 (5)保険省は,の感染が報告されている国々に過去14日の間にした人で咳、発熱の症状がある場合は、保健省のホットライン(16000)に連絡するように呼びかけています。 (6)ハマド国際空港関係者によれば,に入国せずトランジットでの利用のみの場合は,発熱や咳等の感染が疑われる様な症状がある場合を除いて,対策に関する措置は取られていないとのことです。 (7)は,入国時の措置を以下のとおり発表しています: 「中国,タイ,香港,台湾,,,イラン,イタリア,マレーシア,日本,韓国を出国した者で,発熱、咳、息切れ、その他の呼吸器症状等の症状がある場合,ハマド病院の伝染病センターに搬送され,その後の診察,治療,入院措置がとられます。 」 (お問い合わせ先) 在日本国大使館 領事班 電話: (+974)4440 9000 FAX:(+974)4029 3655 メール: eojqatar dh. mofa. どちらも下記URLからオンラインで簡単に手続きできます。

次の

カタール航空、新型コロナウイルス対策の機内清掃の様子を公開 動画公開で安全性をアピール

カタール 航空 コロナ

国内、国際航空便を飛ばす多くの航空会社が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、何千ものフライトをキャンセルしている一方、カタール航空は異なるアプローチをとっている。 同航空は一部従業員のを発表したものの、一部の路線でフライトを増やして提供する座席数を1万席増やした。 この輸送量の増加は、同航空のハブ空港があるドーハからパリ、パース、ダブリンへの臨時便運航、そしてフランクフルト、ロンドン・ヒースロー、パース便でのA380活用によるものだ。 加えて、米国やアジアから欧州へのチャーター便も飛ばしている。 他の航空会社と異なり、カタール航空は米国を含むへのフライトをまだ続けている。 もっとも、各国が規制を強化する中で状況が急変しうることは認識している。 多くの点でカタール航空の決断は理解しにくい。 中東における競合相手であるがほとんどの便の運航を取りやめ、米国の航空会社はいまやほんの一握りの国際便のみを運航しているといった状況を考えた時、特にそうだ。 しかしカタール航空は、現在のミッションは「立ち往生している乗客を愛する家族や友人と再会させること」と主張する。 同航空のデータがこれを裏付けている。 「英国、フランス、ドイツへのフライトは提供座席の80%が売れたが、帰りの便の座席占有率はわずか36%だった。 同航空は過去7日間で乗客10万人を運んだ」としている。 ここで見られる需要は明らかに自国に帰ろうとする乗客のものだ。 そしてこの需要はおそらく長続きするものではなく、同航空もまた他の航空会社と同じく多くの路線の運航を取りやめることになる。 しかし当面は上記のルートの多くでフライトをまだ提供する、数少ない航空会社の1つだ。 これは同航空のドーハのハブがトランジット客向けにまだ営業しているために可能となっている。 たとえば、エミレーツ航空とエティハド航空は飛行機を飛ばしたいはずだが、両航空会社のハブ空港は、シンガポールや香港といったメジャーなハブ空港は全トランジットを禁止している。 [] (翻訳:).

次の