パワプロ2018 名将甲子園。 【名将甲子園】アフロ猪狩 キャラ性能詳細

【パワプロ2018(2019)】名将甲子園の安定攻略のコツ(育成・試合・ガチャなど)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

パワプロ2018 名将甲子園

甲子園への道は険しくて厳しい パワプロで高校野球の監督と言えば栄冠ナインがありますが、 名将甲子園とは甲子園を目指す方向性は同じですが、それ以外のシステムなどは全く別物です。 これからプレイされる方はその点を考慮されて遊んだほうが良いです。 本モードの特徴してはやはり歴代サクセスキャラを教え子として育てられる点です。 通常なら覚えない特殊能力を付与したり、投手ならおあいにフォークを覚えさせたりと かなり自由に球種を覚えさせることが出来ます。 ただサクセスキャラは全員初めは一年生として入部してきますがかなり能力が低いです。 GやFが殆どでEすらありません。 シリーズの顔である猪狩守ですらスタミナFコントロールFで入部してきます。 なので初めから強いキャラで相手を蹂躙することは難しいです。 何より後で触れますが初回は選手のレア度が低い為か、選手の能力の上がり幅も少なく 3年間育てた選手でも野手の場合Dが1つあれば良く、最初から甲子園出場は厳しいです。 もっともサクスペやアプリのように選手を揃えてからが本番だと思います。 練習方法は毎週球速やミートといった練習に選手各々がいずれで練習を行っています。 、 監督は直接指導という方でそれら練習の中から1つを選ぶとその週の練習が行われます。 直接指導は選んだ練習の効率が上がるもので、その練習を行っていた選手に多めに経験値が入ります。 また練習ごとに施設作りで必要なポイントが入手できるのですが、練習ごとに違うので 毎回同じ練習ばかりする訳には行きません。 次に施設作りに関してですが、各種ポイントと引き換えに様々な効果を得られる施設があり、例えば経験値の入手量がアップするものや 1度限りですが直接経験値を得られるものや、やる気に関するものがあります。 正直施設作りが今回の育成に占める割合が大きく、どの施設を建てる順番によって育成具合も異なってきそうです。 今回は主人公が監督ですが、監督スキルというものがあり、時々得られる監督ポイントと引き換えに直接指導の効果アップや、特定の練習の経験値を増やすものがあり こちらも育成にかなり関わってきますが、施設と違い監督ポイントはかなり限られているので、監督スキルの選択は慎重に行いたいです。 また選手ごとにミッションがあり、特定の練習で~回直接指導するや試合で特定の条件を満たすことで 経験値などの報酬を貰えることが出来ます。 レア度が高い程ミッションの数が増える仕組みとなっています。 他にもシナリオ固有のミッションもありこちらは施設や勝利数などが関わってきます。 またミッションやイベントで~玉と呼ばれるものを入手でき、経験値を得られる経験値玉や、特定の能力を上げられる玉があります。 練習以外で選手を育てられる手段で、戦力アップには欠かせません。 ただレア度によってレベルが設定されています。 レア度によって上限レベルが決められており、例えば経験値玉を使うとレベルが上がりますが、 レベル上限のため無限に1人の選手に対して使うことが出来ないため、結果的にレベル上限が低い レア度の低い選手はあまり育ちづらい為、玉は高レア度の選手に使うのが得策となりそうです。 最後に試合の難易度ですが正直なところ相手はこちらよりも二回り強く、投手はそれなりに抑えてくれるのですが 打線が弱いと全く打てないため、打線の強化は欠かせません。 また夏は自分で操作できる場面があるのですが 秋は自動試合で進行するため、プレイヤースキルではどうにもならず、やはり監督としてのチーム作りが問われるゲームだと思います。

次の

【名将甲子園】アフロ猪狩 キャラ性能詳細

パワプロ2018 名将甲子園

「実況パワフルプロ野球2018」において、2019年データへのアップデートにより追加された新モード「名将甲子園」。 実際にプレイする中で見えてきたことをまとめていきたいと思います。 気づいたことがあれば加筆修正します。 ガチャ 選手のゲットはガチャ。 課金もあり 本モードは課金ガチャを採用しています。 もちろん課金したほうが、強力な選手やマネージャーをゲットしやすくなっています。 課金アイテム(パワダイヤ)はログインボーナスなどでも配布されますので、有効に活用しましょう。 はじめのうちはそれなりにたくさんたまります。 レアガチャでは、10連3回目でSR確定がデフォルトですが、定期的に排出率アップイベントが開催されます。 強キャラが排出されるタイミングを見計らって引くようにしましょう。 モードをプレイする中でたまるポイントを消費して、ガチャを引くこともできます。 ほとんどNですが、たまにいいのも出たりしますので、ちゃんと引きましょう。 1日1回無料です。 ガチャの確率やおすすめはこちらの記事にまとめました。 パワダイヤ ガチャに必要なパワダイヤには、有効期限があります。 配布日から150日となっていますので、うっかり消失しないようにしましょう。 選手・マネージャー 選手の初期能力は低い 選手は非常に低い能力からスタートします。 練習をしたりミッションを達成したりすることで、少しづつ強くなります。 選手にはレアリティがあります。 レア度の高い選手のほうがレベル上限が高く、ミッションの数も多いのでよく成長します。 また加入時のレベルも高くなっています。 まずはレアリティが高い選手のミッションを優先してこなしていくのがいいでしょう。 入部 各年の4月には、数名のキャラクターを追加することができます。 戦力として育てたい選手は、早めに入部させましょう。 基本はレアリティの高い選手優先です。 パワフル高校では、各年4人。 帝王実業高校シナリオでは、1年目の加入人数が6人になっています。 そのほか、各シナリオの固定選手もいます。 固定選手にも、手持ちのレアリティが反映されます。 マネージャー マネージャーは選手ではありません。 その代わり練習効果がアップしたり、調子を良くしたり、マネージャーによってさまざまな効果を発揮します。 マネージャーにはマネージャースキルがあります。 チームを効率よく育てるためには、マネージャーの効果的な活用がカギとなります。 マネージャーを追加するタイミングですが、2年目以降で十分かなと思います。 勝利数などのミッションは、後から加入してもクリア扱いになります。 これは選手も同じです。 限界突破 キャラクターには限界突破の要素があります。 限界突破をするとレベル上限が上がり、新しい特殊能力を習得することもあります。 限界突破をする方法は2つあります。 ガチャで同じカードを引く(レアリティも同じ)• パワ玉を使う パワ玉はミッションをこなすと時々もらえるアイテムです。 レアリティにより、限界突破に必要なパワ玉の数は異なります。 なお限界突破の回数が増えても、必要となるパワ玉の数は変わりません。 N:10個• R:30個• PR:50個• というわけで、極端な話をすればNも1000枚集めればSRになるということですね。 選手には3つのタイプがある MOB以外のキャラクターにはタイプが設定されています。 「孤高」「バランス」「サポート」の3つがあり、パワフル高校の「つくる」コマンドでは、タイプ別に能力が上がりやすい施設も用意されています。 またミッションを開放した際に、孤高は自分の能力アップ系が多い、サポートは全体の能力アップ系が多いといった違いがあります。 練習・伝授 得意練習 キャラクターにはそれぞれ得意練習があります。 得意練習ができる状態だと、アイコンが光っています。 得意練習をすると得られる経験値が多くなりますので、見つけたら積極的にこなしていくのがいいでしょう。 コツ !マークが出ているときは、コツをゲットすることができます。 その選手が持っているいずれかの特殊能力のコツを入手できます。 (後から覚えさせたものは除く) 絆 キャラクターのいるところで練習をしたり、ミッションをクリアしたりすると「絆」が上昇します。 最大値は100。 絆が一定値に達すると、「オーラ練習」が発生します。 オーラ練習ができる状態だと、アイコンが青く光ります。 オーラ練習は、いつもより高い効果を発揮します。 伝授 獲得した経験点やコツなどをキャラクターに振り分けます。 コツや経験値玉を振り分けるのは、監督スキルで節約系を習得してからがいいでしょう。 個別の能力を上げる玉は、監督スキルの有無に影響されません。 優先して振り分けたいのは、もともとの能力が高い選手です。 個別能力も同様で、もともとその能力が高い選手に使うことで、能力の伸びが大きくなります。 試合 試合では定期的に出番が回ってきます。 チャンス、ピンチ、それ以外の場面で回ってきますが、1試合に5回までしか自分で操作することができません。 何でもない場面はなるべくCPUに任せるようにして、ここぞという場面でプレイヤーが介入しましょう。 とはいえ、例えば最終回に1,2塁とし、出番の回数が残っていたとしてもそのまま終わってしまうことがあります。 終盤になったら早めに使ったほうがよさそう。 打力のある選手がいる、あるいはミッションで優先的にクリアしたい選手がいる場合は、「1人に注目する」がいいでしょう。 シナリオコマンド シナリオごとの特徴が出るのが独自コマンドです。 コマンドの詳細については、各シナリオ攻略記事で解説しています。 (本ページ後半にあります。 パワフル高校:つくる(発展ポイントを使い施設を作る)• 帝王実業高校:VS練習(練習で獲得したVSエナジーを使い強化)• 古代高校:発掘(発掘アイテムで練習や選手を強化) 監督ポイント・スキル ミッションクリアなどでもらえる監督ポイントで上げる監督スキルは、練習効率がアップしたり、専用コマンドに関係するものが解放されたりします。 どれを上げるべきかは、チームの育成方針による部分が多いですから、なんとも言うことができません。 パワフル高校では、序盤は試合や練習系を中心に取得するとよいかと思います。 帝王実業高校や古代高校では、2ページ目にある監督スキル重視で。 最終設定 3年目夏の大会が終了すると、最終設定画面に移行します。 ここでオーダーを整えたり、伝授をしたりして能力を確定し、チームを登録します。 この画面ではオーダーがぐちゃぐちゃになっていますので、しっかり整えないと総合戦力が低いまま登録されてしまいます。 後から直すこともできますが、ミッションクリアやポイントなどに影響しますので、ここで直しておいたほうがいいでしょう。 経験値玉やコツなどは、ここで使い切りましょう。 スタジアム シナリオで作成したチームを、他のプレイヤーが作成したチームと戦わせます。 リアルタイム対戦ではありません。 シナリオ中の試合と違い、すべての出番は自分で操作することができます。 1試合につき4回の出番が回ってきます。 ほとんどは投手1回の打者3回で、たまに打者4回のときもあります。 打者では、チームのうち投手を除く誰かにランダムで出番が回ってきます。 どの選手でもホームランが打てるようにしておくことで、効率よく試合ポイントを稼ぐことができます。 誰かに特化して育てるのではなく、弾道やパワーヒッターはまんべんなく振り分けておくのが良いでしょう。 完投できる投手がいると、ポイントを安定して稼ぐことができます。 スタジアムに挑戦するためにはチケットが必要です。 チケットはシナリオでチームを作成するごとにもらえます。 チケットには使用期限がありますので、とりあえず使い切るようにしましょう。 期限付きチケットの使用期限は日曜23:59までです。 ポイント報酬もそのタイミングでリセットされ、再度獲得できるようになります。 週間報酬は50万ポイントがMAX(イベントで追加される場合あり)ですので、とりあえずそのあたりを目標にするとよいかと思います。 チームを入れ替える場合は、「マイチーム」から。 以下の記事で、試合ポイントの計算方法を解説しています。 感想 最後に名将甲子園をプレイした感想をまとめておきたいと思います。 雰囲気はサクセスと似ていますが、チームを育てるというのは面白いなと思いました。 一人を集中して育てればいいというわけではなく、ある程度バランスを考えながら育てなければいけませんし。 おなじみのサクセスキャラクターを自由に育てられるのもいいところ。 変化球も自由に成長させることができるので、普通は覚えない変化球をもった選手ができるのは楽しいです。 ひとつ文句があるとすれば、課金ガチャがあるモードであることは事前に告知してほしかったなということです。 これだけ楽しいモードなので無課金でも十分に遊べるのですが、やっぱりそこは明記しておくべきではなかったのかなと思いますね。 【終わりに】やりごたえのある新モードでした 名将甲子園の基本情報と感想を紹介しました。 やればやるほど強いチームが作れるやりごたえのあるモードだと思うので、みなさんもぜひプレイしてみてください。 課金ガチャありですが、はじめのうちは比較的多くのダイヤ(課金アイテム)がもらえますから、いいキャラクターをゲットできるチャンスはかなりあります。 新シナリオの追加も今から楽しみにしたいところです。 プレイ動画あります 初見プレイを動画にまとめています。 興味のある方はどうぞ。

次の

【名将甲子園】アフロ猪狩 キャラ性能詳細

パワプロ2018 名将甲子園

甲子園への道は険しくて厳しい パワプロで高校野球の監督と言えば栄冠ナインがありますが、 名将甲子園とは甲子園を目指す方向性は同じですが、それ以外のシステムなどは全く別物です。 これからプレイされる方はその点を考慮されて遊んだほうが良いです。 本モードの特徴してはやはり歴代サクセスキャラを教え子として育てられる点です。 通常なら覚えない特殊能力を付与したり、投手ならおあいにフォークを覚えさせたりと かなり自由に球種を覚えさせることが出来ます。 ただサクセスキャラは全員初めは一年生として入部してきますがかなり能力が低いです。 GやFが殆どでEすらありません。 シリーズの顔である猪狩守ですらスタミナFコントロールFで入部してきます。 なので初めから強いキャラで相手を蹂躙することは難しいです。 何より後で触れますが初回は選手のレア度が低い為か、選手の能力の上がり幅も少なく 3年間育てた選手でも野手の場合Dが1つあれば良く、最初から甲子園出場は厳しいです。 もっともサクスペやアプリのように選手を揃えてからが本番だと思います。 練習方法は毎週球速やミートといった練習に選手各々がいずれで練習を行っています。 、 監督は直接指導という方でそれら練習の中から1つを選ぶとその週の練習が行われます。 直接指導は選んだ練習の効率が上がるもので、その練習を行っていた選手に多めに経験値が入ります。 また練習ごとに施設作りで必要なポイントが入手できるのですが、練習ごとに違うので 毎回同じ練習ばかりする訳には行きません。 次に施設作りに関してですが、各種ポイントと引き換えに様々な効果を得られる施設があり、例えば経験値の入手量がアップするものや 1度限りですが直接経験値を得られるものや、やる気に関するものがあります。 正直施設作りが今回の育成に占める割合が大きく、どの施設を建てる順番によって育成具合も異なってきそうです。 今回は主人公が監督ですが、監督スキルというものがあり、時々得られる監督ポイントと引き換えに直接指導の効果アップや、特定の練習の経験値を増やすものがあり こちらも育成にかなり関わってきますが、施設と違い監督ポイントはかなり限られているので、監督スキルの選択は慎重に行いたいです。 また選手ごとにミッションがあり、特定の練習で~回直接指導するや試合で特定の条件を満たすことで 経験値などの報酬を貰えることが出来ます。 レア度が高い程ミッションの数が増える仕組みとなっています。 他にもシナリオ固有のミッションもありこちらは施設や勝利数などが関わってきます。 またミッションやイベントで~玉と呼ばれるものを入手でき、経験値を得られる経験値玉や、特定の能力を上げられる玉があります。 練習以外で選手を育てられる手段で、戦力アップには欠かせません。 ただレア度によってレベルが設定されています。 レア度によって上限レベルが決められており、例えば経験値玉を使うとレベルが上がりますが、 レベル上限のため無限に1人の選手に対して使うことが出来ないため、結果的にレベル上限が低い レア度の低い選手はあまり育ちづらい為、玉は高レア度の選手に使うのが得策となりそうです。 最後に試合の難易度ですが正直なところ相手はこちらよりも二回り強く、投手はそれなりに抑えてくれるのですが 打線が弱いと全く打てないため、打線の強化は欠かせません。 また夏は自分で操作できる場面があるのですが 秋は自動試合で進行するため、プレイヤースキルではどうにもならず、やはり監督としてのチーム作りが問われるゲームだと思います。

次の