メル ペイ ポイント の 使い方。 メルカリポイントの上手な使い方は?メルペイで利用するのがおすすめ!

メルペイポイントの使い方とは?支払い方法や有効期限について徹底解説!

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイポイント メルペイ残高 取得方法 ・メルカリでの売上金で1ポイント1円から購入 ・ポイント還元キャンペーンから付与 ・メルカリ上で売上金があがった際に自動チャージ ・銀行口座から希望金額をチャージ 使いみち ・iDまたはコード払いの決済 ・メルカリ内での支払い ・Suicaにチャージ Apple Pay経由 ・メルペイあと払いでの決済 ・iDまたはコード払いの決済 ・メルカリ内での支払い ・Suicaにチャージ Apple Pay経由 ・メルペイあと払いでの決済 ・銀行口座に出金 利用条件 特になし 銀行口座の登録か、本人確認登録を行うこと 有効期限 ・売上金を変えて得たポイント:付与されてから365日間 ・キャンペーンで付与され他ポイント:付与されてから180日間 特になし 両方ともほぼ同じ用途で使えます。 銀行口座登録を済ませると、売上金をわざわざメルペイポイントに変える手間がなくなるので便利です。 キャンペーンやプレゼントで付与されるのは、メルペイポイントになります。 なお詳しくは後で説明しますが、メルペイポイントから消費しやすいようになっていますので、ご安心ください。 メルペイポイントの表示形式について メルペイポイントの表示形式は、銀行口座登録や本人確認を済ませているアカウントと済ませていないアカウントで、違ってきます。 つまり、メルペイポイントを確認する際に、アカウントの状態で見え方が違ってきますので、表示形式を知っておくとスムーズにできるのです。 さっそく詳細を説明していきましょう。 まず、 銀行口座登録などを済ませているアカウントでは、「メルペイ残高」と「キャンペーンで付与されたポイント」が別枠で表示されます。 なお、銀行口座を登録した場合、メルペイへのチャージはメルペイ残高に入ります。 つまり、 ポイントはプレゼントやキャンペーンで付与されたときのみ増えると、おぼえておくと良いでしょう。 一方で、 登録を済ませていないアカウントでは、「売上金で購入したポイント」と「キャンペーンで獲得したポイント」が合算で表示されます。 キャンペーンで獲得したポイントが付与されていないと勘違いしやすいので、ご注意ください。 メルペイポイントがある場合は優先して消費される メルペイポイントとメルペイ残高は、両方とも決済に使えますが、消費される順番が決まっています。 決済時には、まずメルペイポイントから消費されるのです。 そして、不足分が発生した場合には、はじめてメルペイ残高で支払います。 したがって、有効期限のあるメルペイポイントを無駄なく使い切りやすく、ポイントから使おうと意識しなくて大丈夫です。 メルペイポイントの購入方法 ここからは、メルペイポイントの購入方法を紹介していきます。 というのも、銀行口座登録をしていない場合、 メルカリの売上金はメルペイポイントに変えないと、メルペイの支払いに使えないのです。 さっそく、メルペイポイントの購入の仕方を見ていきましょう。 メルペイポイントを購入する方法は、 メルカリの売上金で買う方法のみです。 したがって、メルカリ上で売上金が発生しているのが前提となります。 売上金があるなら、メルペイアプリを開いて、ポイントの欄にある「ポイント購入」を選択すれば、売上金をポイントに変えられます。 なお、「銀行口座の登録」か「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金がメルペイ残高に自動変換され、支払いに利用できるので便利です。 メルペイポイントの使いみち• iDまたはコード払いの決済• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ• メルペイあと払い あなたにとって、一番便利な方法を使えるようにするために、それぞれの使い道を見ていきましょう。 使うにあたってiDへのチャージは必要ありませんが、 支払い方法が「あと払い」になっていると使えないことに注意が必要です。 「メルペイ残高」での支払いに変えておいてください。 使い方も簡単で、購入手続き時にでてくる「ポイントを使用する」にチェックを入れるだけです。 もちろん、メルペイポイントで足りない分は、やメルペイ残高から引き落とされますので、気兼ねなく使えます。 やり方は簡単で、まずApple PayからモバイルSuicaを開いてください。 出てきた画面の残高の隣にある「チャージ」を選択し、チャージしたい金額を入力しましょう。 すると支払いの画面が出てきますので、メルペイ電子マネーを選択して、本人確認を済ませればチャージが完了します。 メルペイポイントの有効期限• 売上金を変えて得たメルペイポイント:付与から365日間• キャンペーンで得たメルペイポイント:付与から180日間 メルペイでの支払い時に、自動的にメルペイポイントから消費されるとはいえ、 有効期限を気にしていないと、失効するリスクもあります。 有効期限の確認方法をご紹介しますので、使っていないままになっているメルペイポイントがあるなら、確認してみてください。 有効期限の確認は簡単で、まずメルペイアプリを開き、ポイントを選択します。 すると上から順に有効期限が近いメルペイポイントが表示されますので、期限が近いなら実店舗などで使ってしまいましょう。 大型のキャシュバックキャンペーンがあってお得なメルペイですが、キャンペーンで貰えるメルペイポイントは、3ヶ月ほどで期限が切れるのを忘れないようにしてください。 しかし、 キャッシュバックされるのは、あくまでキャンペーンが開催されている時に対象の行動をとったときのみです。 つまり、普段の支払いにメルペイを使ってもキャッシュバックがされてお得というわけではありません。 あくまでもメルペイは便利な決済サービスであり、お得に使えるかはポイント還元キャンペーンなどが開かれているかによるというわけです。 したがって、メルペイの最新情報を確認しつつ、メルペイポイントの有効期限がきれないように、定期的に使うことを心がけてください。 メルペイポイントについてのまとめ メルペイポイントの購入方法や使いみち、注意点などについてご紹介しましたが、理解は深まったでしょうか? メルペイは、最初こそメルペイポイントとメルペイ残高の違いが分かりにくいといった難点があります。 しかし、有効期限のあるメルペイポイントから消費されたり、メルペイポイントの有効期限が確認しやすくなっていたりと、使いやすい配慮がされています。 お得なポイント還元キャンペーンも開催されますので、ぜひかしこく使っていきたいところです。 ただし、ポイントバックはキャンペーン時のみのサービスなので、最新の情報をチェックしながら使うことを心がけてください。

次の

松屋でのメルペイクーポンの使い方!ポイント還元はいつ?

メル ペイ ポイント の 使い方

この記事の目次• 松屋のメルペイクーポンをクリック 松屋のメルペイクーポンをクリックすると、会計までの3つの流れが書いてあります。 1:松屋の発券機で 食べたいメニューを選択します 2:食べたいメニューを選択後、発券機上の「 QRコード決済ボタン」を押します。 3:発券機の画面下に、QRコード決済できる部分があるので、そこに メルペイクーポンをかざします。 松屋の発券機にかざすクーポン画面 こちらが、上記発券機にかざすクーポン画面です。 QRコード内にメルカリマークがありますw そして支払い完了画面が表示されます。 この時点では、「メルペイクーポンを使いました!」というような表示はありません。 なので、これで本当にポイント還元されるのか不安に感じますよね?w ちなみに、恒例の朝定食:ソーセージエッグ定食(ごはんミニ)370円を食べましたw 普通に考えて、このメニューで370円って安いですよね?w 松屋で使ったメルペイクーポンのポイント還元日はいつ? 今回は201円以上のメニューで、メルペイクーポン決済をすると、200ポイント還元されます。 ポイントが還元される日ですが・・・ 翌日ですw たぶん0時を過ぎて還元されていたと思います。 こちらのメルペイ残高画面で、 200ポイント追加されていることが分かります。 このメルペイポイントですが、付与された瞬間から、ID決済できるコンビニ等で使うことができます。 振り返ると、松屋で食べたメニューの価格は370円なので.

次の

メルペイのポイントが使えない原因は?ポイント使用時の3つの注意点

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイはメルカリの売上金やポイントを、通常の店舗(コンビニ、ファーストフード、スーパーマーケット、ファミレスなど多数)で日常的な買い物の購入に使えるというサービスです。 (売上金がない場合は銀行からチャージして、メルペイで使うこともできます。 ) 最近流行りのペイペイなどはバーコード決済ですが、メルペイの場合は「iD決済」を利用します。 (メルペイはバーコード決済も利用できます) 「iD決済」はバーコードをお店の人に見せるわけではなく、決済端末にスマホを近づけて決済するという方法になります。 メリット・デメリットなどは次の項目で詳しく見ていきましょう。 メルペイが使える店舗は? (出典:) コンビニだとセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラなどで利用できます。 その他かなり多くのお店で使えます。 上の画像に載っているのはごく一部なので詳しくは以下で確認してみてください。 (出典:) このようなiDマークやメルペイマークのある店舗で利用可能です。 メルペイの4つのメリット メリット1:メルカリの売り上げを利用できる メルカリで何かを売った時の売り上げ金はメルカリ内にストックされますが、これを銀行に振り込みしようとすると手数料がかかってしまいます。 知っていると知らないでは大きな差ですね。 個人的にメルペイの一番大きなメリットは現状ではこれかなと思います。 メリット3:使える店舗が多い 各スマホ決済サービスは利用できる店舗の拡大というところに課題があります。 サービスが乱立し、利権などの問題で使える店舗が少ないサービスが多いわけですね。 でもメルペイはバーコード決済だけでなく、「iD決済」も利用できます。 (出典:) この「iD」のマークを見たことがある人は多いでしょう。 iDはすでにかなり広まっていて、利用できる店舗数が多いわけです。 セブンイレブンで利用できるスマホ決済サービスは少ないですが、iDなら利用できます。 2019年3月時点で135万個所以上で使用できるので、多いのが分かると思います。 また更に LINE PAYとも提携して、お互いの利用店舗を使えるようにすると発表がありました。 実現するとかなりの範囲で使えるようになると思います。 便利になる一方でお店側の負担は大きいんですね。 でもメルペイは決済料金の1. (利用者側の手数料は無料です。 ) ですので お店としても導入しやすく、利用店舗が広がる可能性が高いと思います。 また「iD」だけでなく、バーコード(QRコード)決済にも対応しているので、小さなお店でも導入しやすくなっています。 メルペイのデメリット デメリット1:Apple Payかおサイフケータイの機能がないとiDを使えない メルペイにはバーコード決済とiD決済が用意されていますが、 iD決済の方はApple Payかおサイフケータイの機能がないスマホでは使えないんですね。 iD決済の店舗数が多いので、iDは使いたいところです。 iPhoneの場合、対応しているのはiPhone7以降になります。 (iPhone6もApple Pay対応ですが、日本と規格が違うので利用できない) Androidの場合は自分のケータイにおサイフケータイの機能がついているのか確認しておきましょう。 デメリット2:ポイント還元がない 例えばペイペイや楽天ペイなどは、それを使って決済したときに0. でも メルペイにはポイント還元はないんですよね。 メルペイは売上金を一度ポイントに変換してからメルペイで使用することになります。 またキャンペーンや友達紹介などでもポイントをもらえます。 そのため、メルペイ内にはポイントが存在していますが、 これはポイント還元とはまた別のものというわけです。 これがメルペイの一番残念な点かなと思います。 メルペイをお得に使いたいならクーポンをうまく利用することになりそうですね。 メルペイの使い方 古いバージョンのメルカリを使っている場合はメルペイは使えませんが、最新版にアップデートすると使えるようになります。 始めに設定が必要なのでまだ設定していない人は以下の記事を参考にして設定を済ませておきましょう。 iD決済の場合の使い方 「iD」マークのあるお店ではこちらの使い方になります。 支払いのタイミングで、お店の人に「 iDで」と伝えてください。 「メルペイで」ではダメなので注意してくださいね。 Androidの人はおサイフケータイに「メルカリ(iD決済)」が追加されていると思いますので、普通におサイフケータイとして使えばOKです。 それで決済が完了します。 iPhoneの人はひと手間かかりますが、それでも簡単ですね。 Touch IDもFace IDも必要なく、iPhoneを立ち上げなくても同様の決済ができるのはSuica モバイルSuica しかありません。 それ以外の場合は、必ずTouch IDもFace IDの認証が必要になるので、一度iPhoneを立ち上げる必要があります。 メルペイも上記のようにiPhoneを立ち上げる必要があります。 レジの支払いのタイミングで「 メルペイで」と伝えましょう。 するとこのようにバーコードとQRコードが表示されます。 これをお店の人に見せて、バーコードリーダーで読み取ってもらったら決済が完了します。 iD決済の方が圧倒的に店舗数が多いですが、小さめのお店の場合はコード払いもあります。 いずれにせよ簡単に使えますね。 (このスマホでは0円になっていますが、売上金があるときにはここに金額が表示されます) でもこの状態ではメルペイでは利用できないんです。 変換の手数料は無料です。 ちなみにですが、銀行口座をメルペイに登録すれば、この面倒な作業をする必要がなくなります。 銀行口座を登録してメルペイにチャージする方法 これは少し長くなるので以下の記事にまとめました。 まとめ メルペイを利用する価値のある人は以下のような人です。

次の