インターホン 鳴ら ない。 配線工事のいらない!ワイヤレスドアホン

インターホンが故障した時の対処法。故障発覚から修理方法まで

インターホン 鳴ら ない

チャイムがならない|住宅修理・修繕・リフォーム|札幌不動産連合隊 住宅トラブルお直し隊 自分で直してみよう LET'S TRY チャイムがならない 作業手順• まずは、本体を開け、電池交換してみる。 これで、チャイムが鳴れば、単純な電池切れ。 電池交換しても鳴らない場合は、上の写真のようにチャイム本体の中央にある端子2ヶ所(電気線が付いている部分)を直接つなげる、通電する物ならなんでもよい(ドライバーの柄や、ハリガネ)これで、チャイムが鳴れば、チャイム本体は正常である。 鳴らない場合 チャイム本体が壊れている可能性があります、本体を交換してください。 ホームセンターや金物店で、1000円〜2000円(本体のみ)交換方法は、中央の端子2ヶ所から電気線を外し、新しいチャイムに付替えるだけです。 鳴る場合 チャイム本体は正常ですから、本体から屋外のスイッチ(チャイムを押すボタン)までの電線が切れているか、スイッチが壊れているかのどちらかです。 確認方法は、下の写真を見てください。 まず、スイッチの外側カバーを外す、外したら電気線が2本きているのでスイッチより電気線を外す、外した電気線2本を接触させる。 これで、チャイムが鳴れば、電気線は断線(切れていない)していないということです。 接触させる部分の電気線がサビている場合鳴らないことがありますので、電気線のビニールを、少し剥いで新しい線を出して接触確認してください。 鳴らない場合 電気線が切れている可能性があります。 壁の中で切れている電気線を見つけるのは、ほぼ不可能(費用も高い)なので、スイッチよりチャイム本体まで、壁の外側に新たに線を引くことを進めます。 鳴る場合 電気線を接触させて、チャイムが鳴るということは、電気線は切れていません。 スイッチ部分が壊れています、スイッチ部分を交換してください。 交換の仕方は、新しいスイッチに電気線をつなぐだけです、スイッチにもイロイロ種類がありますが、基本は同じです。 スイッチ部分は、ホームセンターで、200円〜800円で売っています。 屋外にあるため、雨風に直接当たるためです• 応用編・・・・・インターホン型チャイムに交換する場合も、基本は同じです。 チャイム本体とインターホン本体、スイッチ部分とインターホン子機を交換するとよい。

次の

賃貸のアパートの玄関ドアの横についてるインターホン(玄関チャイム)を鳴らないように、消す方法ありませんか?

インターホン 鳴ら ない

今日は、故障した自宅のインターホンを修理しました。 我が家のインターホンは、Panasonicのです。 室内にある親機がVL-MW230KDで、玄関にある子機がVL-V566です。 どうやら玄関にある子機VL-566が壊れたようで、新品や中古品に交換するか、修理に出すかと色々悩みましたが、インターネットからの情報を元に最終的に自分で修理ができました。 同じ症状でお困りの場合には、同じ方法で修理ができる可能性がありますので、ぜひご参考に。 違う機種でも同じ症状である場合は、スピーカーのサイズ等がわかれば同じ方法で修理できる可能性があります また違う症状の場合は、互換性のあるものに交換することも可能なようですので、互換性の情報を「まとめ」に記載しましたので参考にしてください。 なお修理に関しましては、あくまでも自己責任でお願いします。 はじめはインターホンの故障に気がつきませんでした。 先日来客があり、自宅内にある親機のチャイムがなり、モニターを確認し、通話ボタンを押しました。 「はい」と返事をしても、相手はノーリアクション。 さらに、またボタンを押され、再び自宅内にある親機のタイムが鳴る。 またまた通話ボタンを押し、「はい」と返事をしても、またまた相手はノーリアクション。 だから、そのまま玄関外に出て対応しました。 この時は、故障しているなんて思わず、「聞こえてないのかなぁ」くらいに思っていました。 しかし、数日後、同じようなことが起きて、初めて故障を疑ったのです。 故障した自宅のインターホン子機 VL-V566 私が外に出て、子機のボタンを押す。 普通なら外でもチャイムがなるはずですが、それが聞こえず。 自宅内にいる家族が通話ボタンを押してもスピーカーから音は聞こえません。 故障を確信。 ここで状態を整理。 自宅内の親機のモニターは、チャイムは鳴るし、モニターも映るし、外の音も聞こえる。 外にある子機は、チャイムも聞こえず、親機からの音も聞こえない。 子機のボタンを押すと、親機にチャイムがなったりするので、子機は通電はしているし、ボタンも問題ない。 こんな状況ですので、おそらく子機だけが故障したのではないかと、推測しました。 の3つのパターンを考えました。 子機 Vl-566 だけ交換する。 や で今使用している機種が、いくらくらいするのかを確認しました。 子機だけでも20000円ほどします。 高いです。 では、子機だけではなく親機も含めて新品にするとと思って、今の機種は生産終了品なので、似たような商品を探すと、30000円くらい。 こちらも高いです。 で中古を調べても子機だけで10000円弱します。 いずれにしても交換する場合には、それなりの出費が必要なようです。 子機 VL-V566 の接続状況。 誰でもできそうだ。 子機 Vl-566 を修理する。 メーカーに修理を依頼する場合には、出張費を含めて20000円ほどかかるようです。 実際にメーカーには確認していませんが、インターネットからの情報をあるメルト、どうやらそれくらいの金額がかかるようです。 修理で20000円ほどかかるなら自分交換する方が安くなるので、この時点では自分で交換する方法で考えていました。 子機 Vl-566 を自分で修理する。 普通に考えれば、まず自分では修理をできません。 でも諦めきれず、ダメ元でインターネットを徘徊。 すると、インターネット上で同じような症状で自分で修理している人を発見しました。 機種が異なりますが、同じような症状です。 どうやらスピーカーの故障で、スピーカーを交換すれば治るとのこと。 機種が異なるけど、いけるのではないかと思っていたら、コメントに別の人がVL-V566でもいけたと書いている人がいる。 この方法ならスピーカー代金だけで治りそうだということで、この方法で修理にトライすることにしました。 これで治らなかったらっていう不安もなくはないが...。 子機 Vl-566 を自分で修理します。 まずはスピーカーを購入 とりあえず、下記のサイトでスピーカーを購入。 商品代金と同じくらいの送料がかかるので、1200円くらいになってしまいますが、仕方がありません。 でもこういう時は、いつも楽天ポイントを使って送料分をカバーすることにしていますので、実質商品代金だけですみました。 子機の裏蓋を外し、中を確認。 基盤の裏にスピーカーがあります。 まずは、誰にでもできそうな配線で接続されている子機を外して家の中に持ち込みます。 裏蓋を外して、中を確認。 どうやらスピーカは基盤の裏に隠れている模様。 ツメを折らないようにしながら、慎重に基盤を外すと、スピーカー出現。 スピーカーは、2本のネジで留まっているので、ネジを外してスピーカーを本体から外します。 このときスピーカーには防水フィルムがついていて、ネジのところにはリングがついています。 どちらも慎重に外します。 私の場合は、スピーカーについていた防水フィルムは既に破れていました。 何かを使って同じようなものを作成しようと思いましたが、面倒なので、破れたまま再利用することにしました。 スピーカーを本体から外したら、配線を外して新しいスピーカーと交換です。 外すときは、半田ごてを使って配線を外し、その配線を新しいスピーカーに接続します。 このとき配線の極性に注意。 半田ごてを使用して配線を外し、新しいスピーカーに交換します。 最終確認 スピーカーの交換を終えたので、裏蓋を戻して、子機を元の位置に戻します。 このとき配線の極性に注意。 元に戻し終えたら、最終確認です。 子機のボタンを押してみると、「ピンポーン」と音が聞こえました。 第1段階クリア!!。 次に家族に手伝ってもらい、親機の通話ボタンを押してもらい親機から話してもらいます。 すると、「はい」と子機のスピーカーから声が聞こえました。 第2段階クリア!!。 無事に治りました。 まとめ• 玄関子機だけ交換する場合には、中古だと10000円弱、新品だと20000円ほどかかる。 玄関子機の交換は、資格など必要なく自分でできる。 修理の場合は、20000円程度かかるようだ。 玄関子機で音が聞こえない場合は、玄関子機のスピーカーの故障の可能性がある。 違う機種でも同じような症状なら同じ方法で修理できる可能性がある。 その時は、スピーカーのサイズと抵抗値を確認して、 でスピーカーを購入すると良いでしょう。 違う症状などでお困りの方は、修理に出す前に や 、で同じものまたは、互換機を探してみてください。 交換する方が修理よりも安くなる可能性があります。 交換を考えている方は、を参考にしてください。 門扉につけたPANAのインターホーン子機が故障してるのを宅配の人とのやりとりで居留守みたいに言われて故障と気づきました。 新品と交換かと思いましたが,誰か修理した人がいるのではないかと型式を入力してGoogle検索、貴兄のサイトにたどり着きました。 機械修理は得意な方ですので、すぐにDIYで修理と決めてAmazonでスピーカーを注文、到着後すぐ修理、基盤まで外して、スピーカーを取り替え半田付け。 20分もかかったでしょうかバッチリでした。 家人が帰ってから通話テスト、以前より明瞭に聞こえるようになりました。 スピーカーの防水用のビニールは大破していたのでそこら辺にあった薄めのビニールで作り直しました。 おかげさまで、1300円ですみました。

次の

インターホンを鳴らないようにしたい!スイッチを切る方法はある?

インターホン 鳴ら ない

インターホンや配線の不具合が原因かも こんにちは! みんなのインターホン屋さんの高橋と申します。 インターホンが鳴ったのに誰もいなかったら、 とても怖いですよね…。 「故障?いたずら?…それとも幽霊!?」なんて怖がってしまう方が多いのではないでしょうか。 実際、この謎の現象に悩んでいる方は多いんです。 インターホンや配線の不具合• 人為的な原因 今回はそれぞれの原因と対処法について、詳しくご紹介していきます! まず最初に 「インターホンや配線の不具合」が原因の場合についてご説明しますね。 呼び出しボタンが押し込まれている まずは、 呼び出しボタンが押し込まれている場合について。 この場合、呼び出しボタンが強すぎる力で押されたことで、 ボタンが半分埋まっているような状態なんです。 テレビのリモコンやスマートフォンのボタンが埋もれてしまい、何回押しても反応しない!…という経験が一度はあるかと思います。 呼び出しボタンが押し込まれているのも、同じような状況なんですね。 ずっとボタンが押されている状態のため、軽い衝撃でも「ピンポーン」と鳴ってしまいます。 ひどい場合だと、 トラックが近くを走ったときの振動で反応してしまうこともあるんです! 対処法 呼び出しボタンを元の位置に戻せれば、勝手に鳴る現象は 直る可能性が高いです! ボタンをもう一度強く押し込むか、デコピンのように 指でボタンを弾いてみましょう。 それでも直らない場合は、 メーカーや業者に修理を依頼することをオススメします。 異物が侵入している 水や砂、虫の侵入が原因で、電気回路が壊れてしまうショートなどの故障を引き起こしているかもしれません。 もちろん、インターホンは異物が入らないように作られているのですが、以下のような場合はどうしても防ぎきれないんです。 一方、台風など水が入るようなことが起こっていないのであれば、砂や虫が原因かもしれません。 ただ、実際のところは インターホンを分解しないと原因を特定できないことが多いんです。 対処法 異物が侵入している場合、まずは 分解・掃除をして異物を取り除く必要があります。 この掃除だけでも、インターホンが勝手に鳴る現象が直ることがあるんですね。 しかし異物の侵入によって、インターホンや配線がすでに壊れてしまっている場合もあります。 もし壊れている場合は 修理・交換が必要です…。 なおメーカーや業者なら、 分解掃除から修理まですべて行いますので、ぜひご相談してみてください。 ちなみにインターホンに水が入るのを防ぎたい方は、 インターホン用のカバーを設置してあげましょう。 横殴りの雨でないかぎりは、水の侵入を防げますよ! 内部が結露している 冬の朝と夜のように一日の寒暖差が激しい場合、 インターホンの内側が結露することもあります。 この結露した時にできた水滴が誤作動の原因になるんです。 結露によってできた水滴は、インターホン内部に留まり続け インターホン・配線を故障させてしまいます。 外側から見ただけではわかりづらい原因なので、とくに 冬は注意しましょう! 対策法 インターホンを分解し、 内部に溜まった水分を取り除く必要があります。 しかし、知識がない状態でのインターホンの分解は難しいため、 専門家に依頼してもいいかもしれません。 配線が不具合を起こしている インターホンではなく、 配線の不具合が原因の可能性もあります。 配線が原因だと、次のような故障が考えられるんです!• 知識がないままインターホンを設置し、接触不良を起こしている• 配線が劣化し、サビなどが原因で接触不良を起こしている インターホンは精密機器の上、配線から直接電源を取る(電源直結式)ものは 工事に専門資格が必要。 専門的な知識がないまま作業をすれば、あとになってから問題が出てきてしまうんですね。 配線の不具合は、インターホンを 壁から外さないと判断できません。 さらに、どの部分にどんな問題があるのかを把握するのも難しいです。 対処法 配線が不具合を起こしている場合、 配線そのものを交換するのがオススメ。 なぜなら、配線に問題が起きている時点で、耐用年数に近づいている可能性があるからです。 場合によっては大掛かりな作業になるため、 プロにお任せするのがいちばん安心できる交換方法でしょう。 では、修理・交換ともに承っています。 相談・見積もりは無料ですので、お気軽にご相談くださいね。 人為的な原因で鳴っている可能性も ここまでインターホンが勝手に鳴る原因の中でも、故障や不具合についてご説明してきました。 続いては、 「人為的な原因」について詳しくご説明します。 インターホンや配線自体に不具合が見当たらない方は、以下の原因かもしれません。 誰かが意図的に押している 意図的…つまりピンポンダッシュやストーカー、さらに空き巣の下見をするために、誰かが わざと鳴らしている可能性があります。 ピンポンダッシュは「いたずら」というわかりやすい意図がありますが、ストーカーがインターホンを押す理由は一括りにできません。 ただ、 親密になりたい、恐怖心を与えたいなどの理由で鳴らしていることが多いようです。 一方の空き巣の下見だと、 留守かどうかを確認するためにインターホンを鳴らしている可能性があります。 また、押してからの反応速度を見て、 空き巣しやすいかどうかを判断している可能性もあるようです…。 対処法 原因はいくつかありますが、対処法に大きな差はありません。 次の3つが オススメの対処法です。 カメラ付きインターホンにする• 防犯カメラを設置する(ダミーでも可)• 防犯ステッカーを貼る カメラ付きインターホンであれば、押している相手に 「常に見られている」と思わせ、警戒感を与えられます。 さらに、インターホンによっては録画が可能ですから、 相手の姿を証拠を残すこともできるんです。 カメラ付きインターホンにするだけでも、 かなりの効果が期待できますよ。 オススメのインターホンは以下の記事にまとめています。 さらに 防犯カメラやステッカーを設置し、防犯意識の高さをアピールしましょう。 なお、ダミーの防犯カメラでも効果はあります。 一見本物に見えるようなダミー防犯カメラが売っているため、一度探してみてはいかがでしょうか。 以上の3つの対策を行えば、改善される可能性がかなり高まります。 ですがそれでも改善されない場合は、 警察などに相談してもいいかもしれません。 電波障害 意図的ではないことが多いですが、 電波によってインターホンが誤作動している可能性も十分にあり得ます。 具体的には、 トラックの無線やアマチュア無線、さらには 電子レンジの電波との干渉が起きている可能性があるんです。 対処法 電波は目に見えないため、 原因元を探し出すのがとても難しいです。 そのため、個人でできる対策にはかなり限界があります。 メーカーや業者に相談すれば、 インターホンに電波対策をしてもらえるため、一度相談してみましょう。 なお、みんなのインターホン屋さんでもご相談を受け付けておりますので、 賃貸ならまずは管理会社・大家に相談 さて、インターホンが勝手に鳴る原因と対処法についてご説明していきました。 さっそく対処しよう!…という前に 注意していただきたいのは、 賃貸物件に住んでいる方です。 賃貸物件の場合、対策する前に 管理会社や大家さんに相談してください! なぜなら、お家によってはインターホンや配線を勝手に修理・交換してはいけないと決まっているから。 勝手に鳴る時の頻度や時間帯を相談することで、 管理側で修理を依頼してくれる場合もあります。 詳しい内容まで相談しましょう! すぐに直したいなら業者に相談 インターホンが勝手に鳴る原因と対処法をご紹介してきました。 対処法を見ると、どれも 個人でやるには大変なものばかりですよね…。 すぐにでも勝手に鳴る問題を解決したい!という方なら、 業者に相談してみるのもいいかもしれません。 インターホンのプロだからこそ、専門的な知識を元に勝手に鳴る原因を割り出せます。 さらに、原因に対していちばん合った対処法をすることで、 あなたの悩みを解決できるんです! なお、みんなのインターホン屋さんでは 相談・見積もりを無料で行なっています。 「早くこの現象をどうにかしたい!!」 という方は。 まとめ ここまで読んでいただきありがとうございます! 今回のご質問に対して、以下の3点をお伝えしました。 インターホンが勝手に鳴る原因は「インターホンか配線の故障」「人為的な原因」• 対処法にはインターホンの掃除・修理・交換などがある• すぐに直したいなら業者に相談すべき インターホンが勝手に鳴る原因はいくつかあるため、知識がない方が 原因を特定するのは難しいと言えます。 専門的な知識を持ったプロにお任せし、 インターホンの悩みから解放されましょう! 以上、みんなのインターホン屋さんの高橋でした。 あなたの生活が、より安心できるものになるよう祈っています。

次の