扱う 類語。 「あしらう」の意味とは?例文や慣用句としての使い方・類語も解説

残忍(ざんにん)の類語・言い換え

扱う 類語

扱うの例文検索・用例の一覧• 大切な書類なので慎重に扱うように。 総合的な内容を扱う• 株主割当を取り扱う投資銀行行員は、株主に買われないどんな株式に対しても買うことに同意する• 教師は子供たちを冷たく扱う• 全体論的医学は身体と同様に心も扱う• 彼女は、金を扱う• 彼は、見下したように彼の秘書を扱う• 公的資金を取り扱う非倫理的な実行• そのような問題を取り扱う優れた能力がある卒業生• フランス人は優しい崇敬をもって食物を扱う• 会社の製品は、彼らがコールセンターが扱うことができたよりも多くのオーダーを得るほどの要求があった• 敗北者を扱うことに対する勝者の優美さ• バッハは対立旋律を扱うことにおいてユニークであった• 彼は彼の前の妻を粗野に扱う• それは彼を正しく扱う• 彼は丁重に先妻を扱う• 作者は、鋭く彼の対象物を扱う• 彼は彼の親を幾分無礼に扱う• 彼は愛情を込めて彼女を扱う• 私はそれを扱うつもりである• この問題の重要さを簡単に扱うな• マルクスによると、商品として労働者を扱うことは、個人をモノとして扱うことを裏付けていた• 上院議員のキャンペーンを扱う人.

次の

「扱う」の用例一覧 例文検索 使い方:類語・類義語(同義語)辞典

扱う 類語

「蔑ろ」の読み方と意味 「蔑ろ」は <ないがしろ>と読みます。 「蔑」は音読みだと「ベツ」、訓読みだと「さげすむ」「ないがしろ」と読みます。 「蔑」は「ばかにする。 無視する」を意味します。 「蔑ろ」の意味は ・他人や事物を、あっても無いかのように侮り軽んずるさま ・しどけないないさま。 無造作なさま。 しまりのないさま となります。 「無いに等しいもの」という意で、 「侮り軽んずること・冷たくあしらうこと」を表します。 「蔑ろ」は「あっても無いかのように侮り軽んずる」という意味で使うことが多いです。 古い時代には、主に「しまりのない・だらしのないさま」という意味合いで使われていました。 元々、「蔑ろ」は 「無きが代」と記述されていました。 「代」に「無きが代(なきがしろ)」と「無い」を付け足すことで、「代用の必要はない」という意味になり、そこから「必要のない人」という意味で、人や物事を無いに等しいくらいに軽く見ることを表す言葉になったと言われています。 このことからも分かるように、「蔑ろ」は良い意味ではありません。 「蔑ろ」と「蔑む(さげすむ)」は同じ漢字だが違う意味 「蔑む(さげすむ)」の意味は 「みくだす。 みさげる。 軽蔑する」です。 他人を自分より能力・人格の劣ったもの、価値の低いものと見なす、軽蔑し馬鹿にすることを表します。 「蔑むような目つきで人を見る」「蔑むように笑う」などと使います。 「蔑ろ(ないがしろ)」は「人やものを無いかのように扱う・無視する」という意味なのに対して、「蔑む(さげすむ)」は「他人を自分よりも下と見なして、馬鹿にすること」を意味します。 「蔑」を用いる言葉に「蔑視」「蔑称」「軽蔑」「侮蔑」などがあるように、「蔑」には「馬鹿にする」「人を見下す」というマイナスな意味合いが含まれます。 「蔑」を用いた語句を紹介します。 ないがしろにすること 例文 ・蔑むような目で相手を見る。 ・卑劣な男であると蔑まれる。 ・人を蔑むことは良くないことである。 「蔑ろ」の使い方と例文 「蔑ろ」は、本来は大切にするべき・尊重されるべき人やものに対していい加減に扱う行為を示します。 ですので、「蔑ろ」は「あっても無いかのように侮り軽んずる・冷たくあしらうこと」を表すときに使います。 例えば、亭主が夜遅くまで仕事をして帰ってきたら誰も出迎えてくれずに皆寝てしまっている、休みの日に朝早く起きたら何も言わずに家族がどこかへ出掛けてしまっているといった状況を、「亭主が蔑ろにされている」と表現することができます。 他にも、「毎日の水やりを蔑ろにすると、植物はすぐに枯れてしまう」とした場合は「毎日の水やりを軽んじて行わないと、植物は枯れてしまう」という意味になります。 「蔑ろ」の使い方としては、 ・蔑ろにする ・蔑ろにできない ・蔑ろにされる ・蔑ろになる ・蔑ろにしている などとなります。 例文 ・あの女、俺のことを蔑ろにしやがって。 許さないぞ。 ・親を蔑ろにすると、後で痛い目に合うよ。 ・上司を蔑ろにして、お局が場を取り仕切っている。 ・新たに発覚した事実を蔑ろにしてはいけない。 ・注意を蔑ろにしたため、今回のような事故が起こった。 ・練習を蔑ろにすると、全く上達しないよ。 ・受験生にも関わらず、勉強を蔑ろにしている。 ・他人を蔑ろにすると、後々自分が後悔するよ。 ・調理時間や使う調味料を蔑ろにすると、大体料理が不味くなる。 ・時間を蔑ろに過ごすというのは、何とももったいないことです。 ・あの人は家庭を蔑ろにしがちだったから、二回も離婚した。 ・どんなに小さなことでも蔑ろにしないで、きちんと行うことで結果を出すことができる。 ・周りに頼れる人がいないのに、あなたにまで蔑ろにされたら、私はどうすれば良いのでしょうか。 「蔑ろ」の類語 「蔑ろ」の類語を紹介します。 粗略 (意味:物事の扱い方などが丁寧でないこと) 「ゴミ処理を粗略にする」 卑しむ<いやしむ> (意味:品のない・劣ったものとして、馬鹿にすること。 軽蔑する) 「彼の曲がった根性を卑しむ」 おろそか (意味:いい加減に済ませたり、軽く扱ったりして、真面目に取り組まないさま) 「遊ぶことに夢中になってしまい、勉強がおろそかになる」 なおざり (意味:いい加減にしておくさま。 本気でないさま) 「寝坊してしまったから、今日の化粧はなおざりにする」 差し置く (意味:そのままにしておく。 放っておく) 「何を差し置いても、そのパーティーには参加したい」 無視する (意味:あるものを無いがごとく見なすこと。 存在価値を認めないこと) 「信号を無視して、横断歩道を渡ろうとする」 軽視する (意味:軽く考えて、その価値や影響力を認めないこと) 「今の若い人は学問を軽視する傾向がある」 見くびる (意味:相手を低く見て馬鹿にする) 「随分と相手を見くびったやり方である」 侮る<あなどる> (意味:人を軽く見て馬鹿にする) 「相手を侮って油断する」 疎んじる<うとんじる> (意味:嫌ってよそよそしくする。 遠ざけて親しまない) 「部外者を疎んじて、冷遇する」 「蔑ろ」の反対語 「蔑ろ」の反対語を紹介します。 尊敬 (意味:他人の人格・行為などをとうとび敬うこと) 「先生に尊敬の念を抱く」 尊重 (意味:価値あるもの、尊いものとして大切に扱う) 「大切なのは、自分とは違う意見を尊重することである」 畏敬<いけい> (意味:崇高なものや偉大な人を、おそれうやまうこと) 「彼女に畏敬の念を抱く」 大切 (意味:もっとも必要であり、重んじられるさま。 重要であるさま) 「これは家を購入する上で、大切な条件である」 大事 (意味:価値あるものとして、大切に扱うさま) 「彼女は私の大事な友人である」 慈しむ<いつくしむ> (意味:目下の者や弱い者に愛情を注ぐ。 可愛がって大事にする) 「飼っている犬を慈しむ」 丁重 (意味:注意が行き届いていて丁寧なこと。 また、そのさま) 「壊さないように丁重に扱う」 慎重 (意味:注意深くて、軽々しく行動しないこと。 また、そのさま) 「慎重に検討を重ねてから答えを出す」 重用 (意味:その人を重んじて、重要な役に用いること) 「若手を重用する」.

次の

「無碍」と「無下」の意味の違いと使い分け

扱う 類語

「個別」の意味とは? 「個別」の読み方• 「個別」の英語 解釈• 「個別」の対義語• 「個別」の言葉の使い方• 「個別」を使った言葉と意味を解釈• 「個別」を使った例文や短文・意味を解釈• 「個別」の類語や類義表現• 「個別」と「別個」の違い 「個別」の意味とは? 「個別」の意味は、 「一つ一つ 一つずつ ・一人一人 一人ずつ ・個々別々」や 「全体を構成している要素 個人 をそれぞれ別々に扱うこと」になります。 「個別」というのは、 「一つずつのモノ」や 「一人ずつの個人」を意味している言葉であり、一つ一つのモノ 一人一人の人 に向き合うという意味合いもあります。 「個別」という言葉は、 「全体 複数のモノ・人 」をまとめて一律に扱うのではなく、一つずつモノ 一人ずつの個人 を別々に扱うということを意味しているのです。 例えば、 「いじめ問題の関係者について、担任は個別に話し合いをすることを決めました」や 「今の寮は、相部屋ではなく個別の部屋がある方が人気があります」などの文章で、 「個別」の意味を示すことができます。 「個別」の英語 解釈 「個別」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

次の