子猫は大人になる。 猫の成長が止まるのはいつ?大きさは最大どれくらいになる?|にゃんたんとあそぼ

子猫の噛み癖どうしたら治る?放っておくと凶暴な猫に…(T_T)

子猫は大人になる

子猫だけに見られる特徴 メスの猫は日照時間が長くなると発情するので、春(2~4月)が発情期といわれています。 つまりこれからが、子猫が生まれるシーズンなのです。 そこで、「子猫だけに見られる特徴」について調べてみました。 ひとり遊び 子猫はよく、ひとり遊びをします。 母猫の尻尾でも、自分の尻尾でも追い回して遊んでいますし、風で落ち葉が落ちてきてもそれで遊びます。 でも知能の発達とひとり遊びの頻度は反比例し、大人になると猫同士で遊んだり、飼い主に遊びをせがむようになったりします。 これは落ち葉は単なる落ち葉であり、尻尾は単なる尻尾だと認識するからです。 そういえば最初に飼った猫は、子猫のうちはボールペン1本を与えておくと、転がしてずっと遊んでいましたが、ある日突然、やらなくなりました。 その日が、大人になった時だったのかも…。 蛇口から水を飲む 子猫は、蛇口から水を飲みたがる傾向があります。 これもひとり遊びと同じで、見えるのにつかめない水が不思議で、好奇心からパンチしようとしたり、飲んでみたりするのです。 だいたい2歳くらいになると、水の性質がわかってくるので、やらなくなることが多いようです。 犬と仲良くできる 猫は生後2週間から7週間までに暮らし始めた動物は、同じ仲間だと勘違いします(動物行動学では「誤解発」と呼ばれる現象です)。 だから仲良くなれるのですが、年齢が高くなってから出会うとなかなかそうはいきません。 猫は寡黙ですので、わんわん吠える犬は苦手に感じますし、大きい犬だと恐怖心からストレスを強く感じてしまうのです。 ほかの猫と仲良くできる これも「誤解発」で、子猫のうちからいっしょに育てると、同じ種類だと考える「同一視」が起こるので、勝手に仲良くします。 しかし大人になってから会い、親や兄弟と違う臭いだと感じると、仲良くなるのは難しいもの。 中には一生、仲良くなれない猫同士もいますので、家の中の縄張りを離して、ストレスを減らす工夫が必要です。 フード以外のものを食べる 警戒心が強く、ペットフード以外のものは口にしない猫も少なくありませんが、子猫の時に母猫がくれるものは何であれ、食べ物だと認識して必ず食べます。 また親が食べている物も、「食べていいもの」と認識するので、食べます。 だいたい、生後3か月までに食べさせたものは、「食べ物」として認識するといわれています。 ですから、イタズラで子猫に人間が食べているもの(ハムやかまぼこ、塩鮭など塩分があるもの)をあげると、その味を覚えて欲しがるので、将来病気になりやすくなります。 絶対にやめましょう。 文/桑原恵美子 参考資料/「今泉先生教えて! 一度は猫に聞いてみたい100のこと」(今泉忠明著、宝島社) 「ネコに遊んでもらう本」(博学こだわり倶楽部編/河出書房新社).

次の

完全室内飼い子猫は大人になれば脱走しないようになりますか

子猫は大人になる

大人の猫と仔猫を一緒に飼っている場合、成猫用のフードを仔猫に与えてもよいかなと思うことがありませんか。 仔猫用のフードが用意されていますが、別々のフードをそろえるのは大変です。 一つのフードで済ませられれば、飼い主さんとしては楽です。 しかし、 仔猫に成猫用のフードを与えてはいけません。 子猫は生まれてから1年ほどで成猫になります。 仔猫の時期には体が大きくなり、そのためにエネルギーを多く必要とします。 体重1kgあたりに必要なエネルギー量は、成猫の場合は80kg、運動量が少ない場合は70kcal、運動量が多い場合は90kcalになります。 それに対し仔猫の場合は、8週齢では260kcalと成猫の約3倍になります。 このように、仔猫は成猫に比べて多くのエネルギーが必要です。 また、フードの中身は仔猫用と成猫用では違います。 仔猫用のフードは成猫用よりも、タンパク質、脂質、ミネラルが多くなっています。 成猫用は炭水化物が多めに配合されています。 タンパク質は骨、筋肉、皮膚などを構成する成分で、成長が活発な時期には多くのタンパク質を必要とします。 脂質はタンパク質や糖質に比べてカロリーが高く、重要なエネルギー源となります。 健康な皮膚や毛を作るために必要です。 カルシウムなどのミネラルは、骨を丈夫にしたり体のバランスを整えるために必要になります。 これらの栄養素は成猫にとっても必要ですが、成長が活発な仔猫にとってはとくに重要です。 このように、仔猫が必要とする栄養素と成猫が必要とする栄養素は違うので、仔猫には仔猫用のフードが必要です。 成猫用のフードでは栄養が不足してしまいます。 成猫と一緒に飼育している場合、成猫が仔猫のフードに興味を持って食べてしまうことがあります。 すると、仔猫が十分に食べることができず栄養が不足をします。 横取りされている可能性があるので気をつけてあげてください。 仔猫は日に日に成長をするので、それにあわせてフードを与えましょう。 子猫の餌選び 赤ちゃん猫は生まれてからしばらくは母猫の母乳を飲んで成長していくことになりますが、いずれは離乳食へと切り替えることとなります。 離乳食に関してですがスーパーなどに子猫用の餌がきちんと用意されています。 これらの子猫用の餌ですが、どれも同じかというと実は違いがあるのです。 なのでその違いをしっかりと見極めておかないと離乳食を与える際に苦労することもあるので注意が必要です。 私もこの違いを理解していなかったので、子猫に餌を与える際にはヒヤヒヤすることもありました。 子猫用の餌の違いですが、子猫が食べやすいように柔らかく作られているのもあれば、魚の小さな固まりが含まれているのもあるのです。 ちなみに私が最初子猫に与えていたのが後者の方で、子猫用という安心感から何の心配もなく与えていたのです。 実際、子猫も魚の小さな固まりを噛んでいましたから特に問題はなかったのです。 ところが子猫も餌の味を覚えてくると食べるスピードも速くなってきて、口の中で餌が渋滞することもあるのです。 とくに口の天井で餌が詰まる症状が頻繁にあり、その度に餌を取り除いていたのです。 もちろんこの餌が悪いとは言わないのですが、少なくとも私が飼っている子猫には合わなかったのです。 従って私は魚の固まりが含まれていない完全に柔らかい餌に切り替えてみたのです。 すると今まで口の中で渋滞していた症状も改善されていき、ヒヤヒヤする心配もない状態で餌を与えることができるようになったのです。 子猫の餌を購入したことがないという方は柔らかい餌か理解できないと思います。 そんな時は実際にその商品を触れてみるといいのです。 子猫用の餌の多くがパウチパックになっています。 それを指で摘まんでみるとコリコリしているかしていなかを感じることができるのです。 ここで注意してほしいのは摘まむ際には優しくを心がけることです。 優しく触れても感じることができるので、商品自体を傷つけないようにしてください。 また離乳食を与えると当然糞のチェックもしないといけません。 糞が固すぎないか柔らかすぎないかをチェックするのです。 これも子猫の健康を守るための大事な作業です。 子猫から猫を飼うようになった私はあることで悩んでいたのです。 それは子猫に餌を与える時に起こる子猫のドキッとする仕草です。 私は子猫を飼うようになってから餌とミルクをディスカウントショップで購入するようになりました。 もちろん餌とミルクは子猫専用のもので、餌はパウチパックに入ったものとミルクは粉をお湯で溶かすものです。 私の悩みの種となったのはこの餌に関することなのです。 子猫用の餌ともなると当然柔らかく加工されており、軽くほぐしてあげる程度で良いのでそのまま与えていました。 子猫は毎回のようにあっという間にたいらげてしまい、その仕草に愛しさを感じていたのです。 しかし、段々と食欲が旺盛になったのかおかわりをねだるようになったのです。 結局1食で一袋たいらげてしまうまで成長してしまい、段々と餌代が心配になってきたのです。 そこで考えたのが乾燥タイプの餌を別に購入してお湯でそれをほぐし、さらにこれまで与えていた餌を混ぜ合わせるようにしたのです。 この考えが良かったのか餌代を気にしなくて済むようになりました。 ただ乾燥タイプの餌が混ざったことで子猫が食べにくそうな仕草をしだして、酷いときには喉に詰まらせている仕草まで見せてきたのです。 ただ実際には喉に詰まらせているのではなく、口の中の上部に乾燥タイプの餌がくっついていたのです。 子猫はその度に前足で口の中の餌を取ろうともがくのですが、その仕草がとてもドキッとするのです。 何とか対策を考えたのですが、結局は乾燥タイプの餌をペースト状になるまでお湯と混ぜ合わせる他なかったのです。 時間はかかるのですが、私は毎回のようにペースト状になるまで餌をほぐしてあげました。 これが項をそうしたようで餌が口の中にくっつくという現象も減っていったのです。 ただ完全にではなかったので、くっついた時には綿棒で取ってあげました。 餌がくっつくと子猫はプチパニックに陥るのですが、飼い主は冷静にいなければなりません。 子猫の口を開き口の上部にくっついているのを発見できたら素早く綿棒で取り除くのです。 あと取り除いた餌ですが、再び餌の中に入れずそのまま捨ててください。 再びくっついてしまっては取り除いた意味がなくなります。 今回の悩みの解決ポイントですが経済的に余裕があるという方はパウチパックの餌を大量に購入して子猫に与えた方がいいと思います。 逆に余裕がないという方は今回紹介したようなやり方でいいと思います。

次の

遊びスイッチオンの子猫に触らない 人を咬むこと教えるのと同じ

子猫は大人になる

大人の猫と仔猫を一緒に飼っている場合、成猫用のフードを仔猫に与えてもよいかなと思うことがありませんか。 仔猫用のフードが用意されていますが、別々のフードをそろえるのは大変です。 一つのフードで済ませられれば、飼い主さんとしては楽です。 しかし、 仔猫に成猫用のフードを与えてはいけません。 子猫は生まれてから1年ほどで成猫になります。 仔猫の時期には体が大きくなり、そのためにエネルギーを多く必要とします。 体重1kgあたりに必要なエネルギー量は、成猫の場合は80kg、運動量が少ない場合は70kcal、運動量が多い場合は90kcalになります。 それに対し仔猫の場合は、8週齢では260kcalと成猫の約3倍になります。 このように、仔猫は成猫に比べて多くのエネルギーが必要です。 また、フードの中身は仔猫用と成猫用では違います。 仔猫用のフードは成猫用よりも、タンパク質、脂質、ミネラルが多くなっています。 成猫用は炭水化物が多めに配合されています。 タンパク質は骨、筋肉、皮膚などを構成する成分で、成長が活発な時期には多くのタンパク質を必要とします。 脂質はタンパク質や糖質に比べてカロリーが高く、重要なエネルギー源となります。 健康な皮膚や毛を作るために必要です。 カルシウムなどのミネラルは、骨を丈夫にしたり体のバランスを整えるために必要になります。 これらの栄養素は成猫にとっても必要ですが、成長が活発な仔猫にとってはとくに重要です。 このように、仔猫が必要とする栄養素と成猫が必要とする栄養素は違うので、仔猫には仔猫用のフードが必要です。 成猫用のフードでは栄養が不足してしまいます。 成猫と一緒に飼育している場合、成猫が仔猫のフードに興味を持って食べてしまうことがあります。 すると、仔猫が十分に食べることができず栄養が不足をします。 横取りされている可能性があるので気をつけてあげてください。 仔猫は日に日に成長をするので、それにあわせてフードを与えましょう。 子猫の餌選び 赤ちゃん猫は生まれてからしばらくは母猫の母乳を飲んで成長していくことになりますが、いずれは離乳食へと切り替えることとなります。 離乳食に関してですがスーパーなどに子猫用の餌がきちんと用意されています。 これらの子猫用の餌ですが、どれも同じかというと実は違いがあるのです。 なのでその違いをしっかりと見極めておかないと離乳食を与える際に苦労することもあるので注意が必要です。 私もこの違いを理解していなかったので、子猫に餌を与える際にはヒヤヒヤすることもありました。 子猫用の餌の違いですが、子猫が食べやすいように柔らかく作られているのもあれば、魚の小さな固まりが含まれているのもあるのです。 ちなみに私が最初子猫に与えていたのが後者の方で、子猫用という安心感から何の心配もなく与えていたのです。 実際、子猫も魚の小さな固まりを噛んでいましたから特に問題はなかったのです。 ところが子猫も餌の味を覚えてくると食べるスピードも速くなってきて、口の中で餌が渋滞することもあるのです。 とくに口の天井で餌が詰まる症状が頻繁にあり、その度に餌を取り除いていたのです。 もちろんこの餌が悪いとは言わないのですが、少なくとも私が飼っている子猫には合わなかったのです。 従って私は魚の固まりが含まれていない完全に柔らかい餌に切り替えてみたのです。 すると今まで口の中で渋滞していた症状も改善されていき、ヒヤヒヤする心配もない状態で餌を与えることができるようになったのです。 子猫の餌を購入したことがないという方は柔らかい餌か理解できないと思います。 そんな時は実際にその商品を触れてみるといいのです。 子猫用の餌の多くがパウチパックになっています。 それを指で摘まんでみるとコリコリしているかしていなかを感じることができるのです。 ここで注意してほしいのは摘まむ際には優しくを心がけることです。 優しく触れても感じることができるので、商品自体を傷つけないようにしてください。 また離乳食を与えると当然糞のチェックもしないといけません。 糞が固すぎないか柔らかすぎないかをチェックするのです。 これも子猫の健康を守るための大事な作業です。 子猫から猫を飼うようになった私はあることで悩んでいたのです。 それは子猫に餌を与える時に起こる子猫のドキッとする仕草です。 私は子猫を飼うようになってから餌とミルクをディスカウントショップで購入するようになりました。 もちろん餌とミルクは子猫専用のもので、餌はパウチパックに入ったものとミルクは粉をお湯で溶かすものです。 私の悩みの種となったのはこの餌に関することなのです。 子猫用の餌ともなると当然柔らかく加工されており、軽くほぐしてあげる程度で良いのでそのまま与えていました。 子猫は毎回のようにあっという間にたいらげてしまい、その仕草に愛しさを感じていたのです。 しかし、段々と食欲が旺盛になったのかおかわりをねだるようになったのです。 結局1食で一袋たいらげてしまうまで成長してしまい、段々と餌代が心配になってきたのです。 そこで考えたのが乾燥タイプの餌を別に購入してお湯でそれをほぐし、さらにこれまで与えていた餌を混ぜ合わせるようにしたのです。 この考えが良かったのか餌代を気にしなくて済むようになりました。 ただ乾燥タイプの餌が混ざったことで子猫が食べにくそうな仕草をしだして、酷いときには喉に詰まらせている仕草まで見せてきたのです。 ただ実際には喉に詰まらせているのではなく、口の中の上部に乾燥タイプの餌がくっついていたのです。 子猫はその度に前足で口の中の餌を取ろうともがくのですが、その仕草がとてもドキッとするのです。 何とか対策を考えたのですが、結局は乾燥タイプの餌をペースト状になるまでお湯と混ぜ合わせる他なかったのです。 時間はかかるのですが、私は毎回のようにペースト状になるまで餌をほぐしてあげました。 これが項をそうしたようで餌が口の中にくっつくという現象も減っていったのです。 ただ完全にではなかったので、くっついた時には綿棒で取ってあげました。 餌がくっつくと子猫はプチパニックに陥るのですが、飼い主は冷静にいなければなりません。 子猫の口を開き口の上部にくっついているのを発見できたら素早く綿棒で取り除くのです。 あと取り除いた餌ですが、再び餌の中に入れずそのまま捨ててください。 再びくっついてしまっては取り除いた意味がなくなります。 今回の悩みの解決ポイントですが経済的に余裕があるという方はパウチパックの餌を大量に購入して子猫に与えた方がいいと思います。 逆に余裕がないという方は今回紹介したようなやり方でいいと思います。

次の