横浜 市 新型 コロナ 感染 者 数。 横浜市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況 横浜市

横浜・湘南泉病院の患者2人死亡 県内で新たに5人感染 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

横浜 市 新型 コロナ 感染 者 数

5月17日(日)時点の横浜市内における感染者発生状況(市のより) 横浜市内での 新型コロナウイルス感染者数がなかなか減りません。 「 感染経路不明の感染者の発生は確実に減少」(林文子市長)している一方、クラスターと呼ばれる 集団感染の発生が止まっておらず、今月(2020年)5月3日(日)に400人を突破したばかりの累計感染者数は、きのう 17日(日)時点で505人となりました。 【2020年5月18日0:05記事公開】 となりの 川崎市では、感染者の発生が0人となる日も目立つなか、 横浜市内では市内にある 複数の病院内で医師・看護師などの職員と入院患者への 集団感染が相次いでおり、5月の17日間における感染者数は139人。 この数日間、集団感染者の発生が続いたことで、 東京都内の感染者数に迫ったり、同数になったりする日も出ています。 馬車道駅直結・桜木町駅近くに建てられた新庁舎への移転が進む関内の横浜市役所と役目を終えた横浜市会議事堂(右)(5月15日) 病院や横浜市がそれぞれ公表したところによると、これまでに 旭区の 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院で70人以上、 泉区の湘南泉病院は10人超の感染者が出ており、 緑区では元気会横浜病院や牧野記念病院、鴨居病院と3つの病院で集団感染が発生。 地域の医療体制にも影響をおよぼしています。 このほか、瀬谷区の横浜甦生(こうせい)会病院や港北区の菊名記念病院でも集団感染が起きました。 神奈川県や東京都など首都圏での 「緊急事態宣言」を解除するか否かを今週 5月21日(木)に国が決めると言われるなか、横浜市内の感染者数を抑え込むことが求められます。 5月10日~17日の東京都・横浜市・川崎市の感染者数• 5月17日( 日):5人/5人/0人• 5月16日( 土):東京都14人/横浜市8人/川崎市0人• 5月15日(金):東京都9人/横浜市8人/川崎市3人• 5月14日(木):東京都30人/横浜市19人/川崎市3人• 5月13日(水):東京都10人/横浜市8人/川崎市1人• 5月12日(火):東京都28人/横浜市5人/川崎市0人• 5月11日(月):東京都15人/横浜市6人/川崎市0人• 5月10日( 日):東京都22人/横浜市11人/川崎市1人 【関連記事】 ・(2020年5月3日、今月3日に累計400人を超えたばかりだった) ・(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年5月15日、集団感染が起きている旭・瀬谷と緑区で増加が目立つ) ・(2020年5月13日、集団感染者の抑制は市長も認識) 【参考リンク】 ・(横浜市).

次の

速報:横浜市が18区別感染者数を発表、新たな感染者は2人 【新型コロナウイルス 関連情報まとめ】横浜市・県・国からの最新情報、支援施策、統計他:6月13日17時15分更新

横浜 市 新型 コロナ 感染 者 数

ねこくんととりくんがわかりやすく教えてくれます。 日々の暮らしを一変させ、新たな社会課題を突きつけています。 しかしながら、神奈川県内では、アイデアと行動、そしてSDGsの17番目のゴールであるパートナーシップにより、地域のつながり・活力を維持していこうとする取組みが展開されています。 また、新規感染者は57名、新規死亡者は2名となりました。 これに加え、これまでにチャーター便で感染者15名、空港検疫で感染者232名が確認されており、合計すると17,382名となります。 また、国内死亡者は924名となります。 受付時間:平日(18時00分~21時30分)、土日祝日(14時00分~21時30分) SNSによる情報発信 厚生労働省公式TwitterやFacebookでも最新の情報を発信しています。 また、LINE公式アカウントで、新型コロナウイルス感染症の発生状況や予防方法などの情報を確認することができます。 家計への支援として市民1人あたり10万円の特別定額給付金。 児童1人あたり1万円の給付金を支給。 市立学校の一斉臨時休業の延長か解除かは5月6日までに決定をして発表する。 7月以降に段階的に再開していく予定です。 80代の女性は再陽性。 県警伊勢佐木署の巡査部長も。 1人が死亡。 市内の死亡者累計は24人に。 1人が死亡。 2人が死亡。 横浜甦生病院で6人の陽性を確認。 うち聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院に入院していた60代男性1人が死亡。 新たに医師1人、看護師4人が感染。 横浜市内事例数は327件。 全国的な感染拡大が収束しておらず、医療提供体制も依然として厳しい状況であることから、やむを得ない措置であると思います。 横浜市は、緊急事態宣言の期間延長に伴い、市立学校の一斉臨時休校をはじめ、横浜市が主催するイベント等の中止、延期や市民利用施設等の閉館を、延長していきます。 病院名公開せず。 30代の中区福祉保健センターの女性が20日に実施したPCR検査で陽性が判明。 同居家族以外の濃厚接触者はなし。 これは何より、市民の皆様、事業者の皆様、医療従事者の皆様のご理解とご協力の賜物です。 改めて感謝申し上げます。

次の

横浜市|新型コロナの感染者数・死亡者数の集計|区別発生データのまとめ

横浜 市 新型 コロナ 感染 者 数

5月17日(日)時点の横浜市内における感染者発生状況(市のより) 横浜市内での 新型コロナウイルス感染者数がなかなか減りません。 「 感染経路不明の感染者の発生は確実に減少」(林文子市長)している一方、クラスターと呼ばれる 集団感染の発生が止まっておらず、今月(2020年)5月3日(日)に400人を突破したばかりの累計感染者数は、きのう 17日(日)時点で505人となりました。 【2020年5月18日0:05記事公開】 となりの 川崎市では、感染者の発生が0人となる日も目立つなか、 横浜市内では市内にある 複数の病院内で医師・看護師などの職員と入院患者への 集団感染が相次いでおり、5月の17日間における感染者数は139人。 この数日間、集団感染者の発生が続いたことで、 東京都内の感染者数に迫ったり、同数になったりする日も出ています。 馬車道駅直結・桜木町駅近くに建てられた新庁舎への移転が進む関内の横浜市役所と役目を終えた横浜市会議事堂(右)(5月15日) 病院や横浜市がそれぞれ公表したところによると、これまでに 旭区の 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院で70人以上、 泉区の湘南泉病院は10人超の感染者が出ており、 緑区では元気会横浜病院や牧野記念病院、鴨居病院と3つの病院で集団感染が発生。 地域の医療体制にも影響をおよぼしています。 このほか、瀬谷区の横浜甦生(こうせい)会病院や港北区の菊名記念病院でも集団感染が起きました。 神奈川県や東京都など首都圏での 「緊急事態宣言」を解除するか否かを今週 5月21日(木)に国が決めると言われるなか、横浜市内の感染者数を抑え込むことが求められます。 5月10日~17日の東京都・横浜市・川崎市の感染者数• 5月17日( 日):5人/5人/0人• 5月16日( 土):東京都14人/横浜市8人/川崎市0人• 5月15日(金):東京都9人/横浜市8人/川崎市3人• 5月14日(木):東京都30人/横浜市19人/川崎市3人• 5月13日(水):東京都10人/横浜市8人/川崎市1人• 5月12日(火):東京都28人/横浜市5人/川崎市0人• 5月11日(月):東京都15人/横浜市6人/川崎市0人• 5月10日( 日):東京都22人/横浜市11人/川崎市1人 【関連記事】 ・(2020年5月3日、今月3日に累計400人を超えたばかりだった) ・(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年5月15日、集団感染が起きている旭・瀬谷と緑区で増加が目立つ) ・(2020年5月13日、集団感染者の抑制は市長も認識) 【参考リンク】 ・(横浜市).

次の