エキサイト モバイル 料金。 エキサイトモバイルの評判・評価 メリット・デメリットとキャンペーン!

エキサイトモバイルの評判

エキサイト モバイル 料金

エキサイトモバイルの格安SIMプラン、料金、キャンペーン エキサイトモバイルはdocomo回線を使った格安SIM。 料金プランは、 「でんわパックプラン」「最適料金プラン」「定額プラン」の3種類があります。 現在行われているキャンペーンも併せて、詳しく見ていきましょう。 【料金プラン】従量課金と定額が選べる エキサイトモバイルの格安SIMでは、使った分だけ支払う従量制のプランが充実しています。 通信量が少ない人や月によって使用量が大きく変わる人にはお得ですが、利用料の日割り計算はないため入会や解約のタイミングには注意が必要です。 大容量の通信が可能な定額プランもあるので、自分に合うプランを選ぶことができます。 でんわパックプラン 「でんわパックプラン」は、「従量プラン」「Sプラン」「Mプラン」「Lプラン」の4種類のタイプがあります。 3GBのデータ通信と1回10分間の無料通話がセットで月額2,300円なので、通信量が少ない人や月ごとにネットを使用する量が変動する人にはお得です。 いずれのプランも電話番号での通話とネットの利用が可能な音声通話機能付きSIM専用となり、ネットのみが使えるデータ専用SIMでは利用できません。 最適料金プラン 最適プランは「でんわパックプランの従量プラン」同様、従量課金制なので通信量をあらかじめ選んでおく必要はなく、利用した分だけ料金を支払います。 データ通信だけのプランとなるため通話機能はありませんが、 月額700円で電話やSMS、140円でSMS機能のみを使用可能です。 ただし、でんわパックプランと比べると無料通話がないので、通話をよくする人はでんわパックプランの方がいいでしょう。 SIMカード3枚のコースは、通常のコースのSIMを3枚契約するよりもお得な料金設定なので、家族でスマホを契約したい方にもおすすめです。 定額プラン 最適料金プランでは、データ通信量が増えにつれて使用料がどんどん高くなるのが心配なところ。 定額プランは決めた容量までしか使えないので、ネットをつい使い過ぎてしまう人でも安心です。 他社格安SIMとの月額料金比較 格安SIMを選ぶときに気になるのが、他社との月額料金の比較。 利用者の多い3GBと6GBプランについて、格安SIM各社と最適プランの料金を比較してみましょう。 7カ月目以降は通常価格に。 7カ月目以降は通常価格に。 ご覧の通り、エキサイトモバイルの料金を他社と比較すると、平均並みの料金です。 しかし従量課金のためか、容量が増えるにしたがって少し割高になってしまいます。 通話SIMの方がその差が顕著なので、頻繁に電話を掛ける人は、他社の格安SIMを検討してみる方がよりお得なSIMが見つかるかもしれません。 【オプション】電話が多い人は通話オプションを使おう でんわパックプランには、もとから無料通話がセットになっていますが、最適料金プランと定額プランにはそれがありません。 さらに通話を使う機会の多い人は「 3分かけ放題X」オプションを付けるといいでしょう。 お得にスタートキャンペーン 期間 2020年7月1日~7月31日 条件 エキサイトモバイルに新規で申込み お得にスタートキャンペーンではこのほかに、先着でデジタルギフト券ももらえます。 エキサイトモバイルの特徴 エキサイトモバイルには次のような特徴があります。 初期費用が無料• 無料通話がプランにセットでついてくる• 従量課金プランと定額プランが選べる• 低速で使える節約モードに切り替え可能• 低速状態でもバースト転送機能でテキストサイトなら閲覧可能• 3日間の短期制限がある それではひとつずつ詳しく紹介していきましょう。 初期費用が無料 エキサイトモバイルの「でんわパックプラン」なら 初期費用が無料です。 「最適料金プラン」と「定額プラン」では、通常は3,000円の初期費用が掛かりますが、現在はキャンペーンが行われているため無料になります。 契約時に余計な費用を取られないので安心です。 無料通話がプランにセットでついてくる 「でんわパックプラン」を選ぶと、無料通話がセットでついてきます。 例えば、Mプランなら高速データ通信15GBに無料通話が5分ついて3,880円なので、電話をよく使う人なら定額プランよりお得です。 ただし、でんわパックプランから他のプランへの変更はできないので注意してください。 従量課金プランと定額プランが選べる 格安SIMの多くは月に使う容量をあらかじめ決めて契約する定額プランが多いですが、エキサイトモバイルではそれに加え、 使用量に合わせて料金が変動する従量課金型のプランも選べます。 定額プランのデメリットは、使用量が少ない月でも同じ料金を支払う必要があるので、節約しにくいこと。 その点従量課金プランなら、 使う容量が少ない月はそのぶん料金も安くなるので、節約が容易になります。 一方、使用量が増えるに従って料金が高くなるのが気になる場合は定額プランを選ぶなど、好みに応じてプランを選ぶことが可能です。 低速で使える節約モードに切り替え可能 エキサイトモバイルでは、 高速データ通信のONとOFFを切り替えることができます。 高速データ通信をOFF 低速状態 にした状態では、高速データ通信量が消費されません。 従量制プランでの料金を安く抑えたいときや、定額プランの高速データ通信量の残量を節約したいときはぜひ活用したいところ。 例えば、テキストが多いウェブサイトを閲覧するときは高速データ通信をOFFにして、高画質の動画やオンラインゲームを楽しむときはONに戻すと効果的です(参考:)。 ただし、 低速データ通信量が3日間で366MBを超えると、通信速度が終日制限される場合があるので要注意。 低速状態でもバースト転送機能でテキストサイトなら閲覧可能 格安SIMに限らずですが、スマホは契約している容量以上使用してしまうと通信制限にかかり速度が遅くなります。 これはエキサイトモバイルでも変わらず、 通信制限となると200Kbpsの低速状態になります。 ただしエキサイトモバイルには 「バースト転送機能」という低速通信時にも、通信しはじめの一定量は高速通信ができる機能が備わっています。 多くの格安SIMは、高速通信できるテータ量を使い切ると低速状態になりますが、エキサイトモバイルは低速状態になった後も、はじめの一定量だけ「バースト転送」を行うため、テキストメインのサイトであれば数秒で読み込みが完了することもあり、非常に快適に使うことができます。 サイトを開く最初の一瞬だけ速度が速くなるので、他の格安SIMの通信制限時より速くサイトを表示させることが可能です。 とはいえ、低速状態なことに変わりはないので過信は禁物。 公式にも「テキストメインのサイトであれば」と表記されている通り、画像の読み込みなどはできません。 あくまでちょっとだけ使いやすいぐらいに考えておきましょう。 3日間の短期制限がある 格安SIMでは通信速度の制限が多いですが、エキサイトモバイルではさらに制限を掛けられることも。 低速データ通信になった状態でも使い続けると、それから3日間の通信速度がさらに低速になります。 この超低速状態ではネットでの検索はほとんどできず、かろうじてメールを送れる程度なので、決して低速だからと言って使い放題ではない点に気を付けましょう。 テザリングはできる? A. テザリング対応端末で可能。 エキサイトモバイルの格安SIMでは、端末がテザリングに対応していてエキサイトモバイルAPNを指定できる設定になっていれば、テザリングが可能です。 使う端末がテザリングに対応しているかどうかは、エキサイトモバイルの公式ページから確認することができます() デザリングで別途料金が掛かることはありませんが、デザリングのデータ通信量は料金プランの通信量から消費されます。 契約は店舗でもできる? A. 店舗での契約はできない。 エキサイトモバイルは店舗での取り扱いがないため、店舗での契約はできません。 エキサイトモバイルの公式サイトで「お申込み」ボタンをクリックして必要事項を記入すると、契約の申し込みができます。 支払い方法は?クレジットカード?口座振替? A. 支払い方法はクレジットカードのみ。 エキサイトモバイルの支払い方法はクレジットカードのみとなり、口座振替での支払いはできません。 デビットカードやプリペイドカードでの支払いもできないので、契約の際は注意が必要です。 解約はどうやってするの?使わなくなったSIMは返却する? A. 公式サイト上で行い、SIMカードは指定の住所宛に返送します。 エキサイトモバイルを解約する場合は、公式サイト上で画面に表示される手順に従って進めると簡単に行えます。 SIMカードは必ず返送する必要がありますので、下記の住所に返送してください。 速度の口コミ ルーターに入れてたエキサイトsimが低速3日366MB制限にかかった。 データ通信してたiPhoneが自動でルーターに接続してたようだが、エキサイトの200Kbpsが快適で気付かなかった。 iPhone設定でwifi OFFにして対処。 3ms ダウンロード速度: 90. 16Mbps かなり速い アップロード速度: 18. 71Mbps 普通 — wemlart spero000 今日もWi-Fi調子悪いし 新しくしてみたSIM(エキサイトモバイル)でネットしてみたら激遅でびっくりした😱 みんながジョルノバでイラストあげてるのに全然見れぬ! ピタパタもジョジョアプリもログインできぬ! エキサイトモバイル解約したい😭 違約金9500円、、orz — ぴめりぬ pimeriiiiinu エキサイトモバイルには低速時のバースト機能があるため、低速モードの状態(200Kbps)でも工夫すれば思ったより使えるという声も。 また、通常時も人気SIMに比べて利用者が少ないせいか、そこそこの速度を保っていうという人もいました。 しかし中には遅いという人もいるので、通信環境や時間帯で速度が左右されるのは、他の格安SIMと変わらないようです。 サービスの口コミ エキサイトモバイルさん テレワーク中のメール担当が知識全然ないのと 常識と問題解決力がゼロ過ぎてネット老舗とは思えん。 電話窓口は普通に対応してくれて解決になりそうになったのに仕事遅い在宅テレワークメール担当がその後また引き継いできて火に油注ぐ — ジャック OKNYDF6dkDA9q21 もっとユーザーに寄り添った対応したらいいのに かなり腹立ち — たあきち MBpEwgK9zFnAW4Q エキサイトモバイル、連絡は遅いし対応は悪いし、最悪だ。 やっぱりmineoかDMMモバイルにしておけばよかった。 — 某パパ futo2112 エキサイトモバイルのサポートは正直あまり良い口コミが見つけられず、対応の悪さに腹が立つこともあるようです。 料金が安いのは魅力ですが、トラブルが起きたときは困ることがあるかもしれません。 【結論】エキサイトモバイルは月額料金が安い!ただし割引がないので要注意 エキサイトモバイルは、従量制の料金プランが充実していることが最大の強みです。 他社と比べてみると料金設定自体はそれほどお得ではありませんが、最適料金プランでは通信を控えるとそれだけ節約できます。 ただし、他の格安SIMにはよくある割引がいっさいないので、他社がキャンペーンを行っているときは見劣りするかもしれません。 通信費をできるだけ抑えたい人は、エキサイトモバイルを検討してみると良いでしょう。

次の

エキサイトモバイルの評判

エキサイト モバイル 料金

細かく価格設定された段階定額制プラン。 SIM1枚のコースの他、SIM3枚のコースも充実。 エキサイトモバイルの気をつけたいポイント• 月次プランは中くらいのデータ容量が選べない。 専用アプリはまだ無い。 エキサイトモバイルの特徴、他社との比較 細かく決められた段階制のプラン。 複数SIM利用可能! エキサイトモバイルは、「BB. exciteモバイルLTE」から生まれ変わった新しいSIMサービス。 プランも一新されているのでここで紹介しよう。 プランは大きく分けて、「最適料金プラン」と「定額プラン」の2種類がある。 まず「最適料金プラン」は段階定額制を採用したプラン。 しかも 段階の数が非常に多いのがポイントだ。 SIMの枚数で選べるコースが2つあり、その名も「1枚コース」と「3枚コース」。 まず「1枚コース」の段階リストはこちら。 低速通信のみ:500 円• ~500MB:630 円• ~1GB:660 円• ~2GB:770 円• ~3GB:880 円• ~4GB:1,150 円• ~5GB:1,450 円• ~6GB:1,600 円• ~7GB:1,900 円• ~8GB:2. 120 円• ~9GB:2,200 円• ~10GB:2,380 円 なんと12段の階段である。 500MB〜1GBきざみで細かく設定されており、ここまで来るとほとんど従量制のようなものかも知れない。 高速データ通信を全く使わなければ、月額料金は500円で済む。 そして「3枚コース」の段階リストはこちら。 複数SIMにしっかり対応しているところも「BB. exciteモバイルLTE」の頃から持ち続けている強みである。 ~100MB:1,050 円• ~500MB:1,100 円• ~1GB:1,180 円• ~2GB:1,340 円• ~3GB:1,550 円• ~4GB:1,780 円• ~5GB:1,890 円• ~6GB:1,950 円• ~7GB:2,100 円• ~8GB:2,190 円• ~9GB:2,380 円• ~10GB:2,540 円• ~11GB:2,830 円• ~12GB:3,100 円• ~13GB:3,450 円• ~14GB:3,790 円• ~15GB:3,980 円 「1枚コース」よりもさらに多い17段階である。 「1枚コース」との違いは、「低速通信のみ」が無いこと、「〜100MB」があること、そして10GB以降も「〜15GB」まであることだ。 複数SIMということで、そのぶん大容量に対応しているのがありがたい。 「3枚コース」での高速データ通信量は各SIMの合計となる。 例えば1枚目で1. 3GB、2枚目で2. 3GB、3枚目で3. 3GBを1ヶ月に使ったならば、合計で6. 9GBとなり、段階リストで言うと「〜7GB」の2,100円となるわけだ。 また「3枚コース」ではもっとSIMカードを追加することもできる。 「追加SIM」に申し込めば、1枚あたり月額390円を支払うことで最大2枚まで追加で(つまり合計で5枚まで)使えるようになる。 1枚ずつバラバラで契約するよりも管理がしやすいし、初期費用(3,000円)も節約できる。 多くの場合、月額料金的にも安くなるだろう。 月次プランはデータ容量繰り越し可能! 「定額プラン」は一般的な月次プラン。 こちらも「1枚コース」と「3枚コース」を選べる。 ラインナップは割と変則的だ。 高速データ通信量の翌月繰り越しができるのが「最適料金プラン」には無いメリット。 毎月支払う金額が一定ということでわかりやすさもある。 「3枚コース」なら高速データ通信量はSIM3枚で共有となる。 音声通話にも対応! エキサイトモバイルのリリースと同時に、音声通話機能つきのSIMも使えるようになった。 SIM1枚につき月額料金に700円をプラスすることで利用が可能になる。 「3枚コース」の場合もSIM1枚単位で音声通話機能つきにできるので、端末をいくつか持っている方などは「メイン端末だけ音声通話つきで、他の端末はデータ専用に」といったように柔軟に選択できるのがGOOD。 1GBあたり580円と料金面は安い方だが、有効期限がチャージした月の月末までと短い点には注意しておきたい。 複数SIMを使っている場合にはSIM1枚ごとに切り替えられるので便利。 しかし少し手間がかかるのが玉にキズ。 今後アプリなどで簡単に切り替えられるようになれば、より便利になるのではないかと思う。 高速通信をOFFにしても、 通信を始めて最初の一定量だけは高速通信となる「バースト機能」も搭載しているので、メールの送受信など転送量の少ない通信であればOFFの状態でも十分快適に使うことができるだろう。 データ通信と音声通話がセットになった「でんわパックプラン」! 音声通話SIMと無料通話分がセットになった「でんわパックプラン」も提供開始された。 高速データ通信量が段階制で料金が上がっていく「従量」と、S・M・Lの月次プランの合計4種類のプランがあるぞ。 「従量」の段階は4段階。 リストは以下の通りだ。 〜0GB:1,900円• 〜3GB:2,300円• 〜6GB:2,850円• 〜10GB:3,450円 実際は0GBで済むことはまず無いと思われる(ちょっとでもスマホを外に持ち出せば少しは通信が発生するはず)ので、データ通信が少ない方でも最低3GBだと考えた方が良いだろう。 料金の上がり幅については、1GBあたりだいたい150円〜200円といったところで特に問題は無さそう。 Lプランはかなりの大容量だ。 そして 無料通話分だが、その量もプランごとにそれぞれ異なっている。 「従量」は「10分/回」、つまり1回につき10分以内の通話であれば通話料無しでかけることができる。 同様にSプランは「3分/回」、Mプランは「5分/回」となっている。 しかし一番データ容量の多いLプランはなんと「無料通話分無し」。 Lプランは上位プランというよりはデータ通信寄りのプランと考えた方が良いかも知れない。 初期費用が無料なのはうれしいポイント。 このおかげで始めるハードルは低い。 逆にデメリットとしては、追加SIMが利用できないこと、高速データ通信量の翌月繰り越しができないことが挙げられる。 特に後者は痛いポイント。 どちらかと言うと、初めて格安SIMに乗り換える初心者向けのSIMだろう。 エキサイトモバイルの評判・評価 エキサイトはかなり前から格安SIMに参入している会社の1つ。 業界内では目立つ方では無いが、他社との差別化に優れた格安SIMであると思う。 段階定額制の「最適料金プラン」は面白いプラン。 従量制のような感覚で使うことができそう。 容量が固定の月次プランと違って、高速データ容量が余ってしまってもったいない思いをすることも無くなるはずだ。 余分な出費も抑えられて、お得感をきっと十分に味わうことができるだろう。 キャンペーン開催中• 新規申し込みの方は初期登録手数料(3,000円)が無料! (2020年7月31日 11:59まで)•

次の

エキサイトモバイルの格安SIMプラン詳細|最適料金プラン 音声SIM(SIM1枚)

エキサイト モバイル 料金

2017. 03 毎月同じスマホ料金を支払っているのに、データ通信量が余ってもったいないと感じることはありませんか。 かといってデータ通信量が少ないプランに変えてみても、今度は逆に足りなくなってしまうなど自分にぴったり合うスマホの料金プランはなかなか見つからないもの。 エキサイトモバイル(excite mobile)には、毎月スマホを使った分だけ支払いできるとっても経済的な料金プランがあるんです。 この記事ではdocomo回線を利用する格安SIM、エキサイトモバイルの料金プランについて詳しく解説しています。 料金確認方法や分割払いができる端末セットについても紹介しているので、併せて参考にしてみてください。 低速通信時は速度が200kbps以下に制限されますが、月額料金を500円に抑えることが可能です。 低速通信と高速通信の切り替えは、マイページ>サービス「エキサイトモバイル」>ご契約SIM・端末で操作できます。 しかし低速通信時で3日あたりの通信量が366MBを超えると、さらに速度低下する場合があるので使いすぎないように注意しましょう。 SIMカード1枚の場合は上限10GBまで、3枚以上の場合は15GBまでデータ通信量が利用可能です。 上限を超えると、低速通信時と同じ200kbps以下に速度が制限されます。 エキサイトモバイルの「定額プラン」 エキサイトモバイルの「定額プラン」は、データ通信量の上限を選んで毎月一定の料金を支払うプランです。 データ通信量が余ってしまった場合は、データ容量を翌月に繰り越すことができます。 excite mobile「定額プラン」の内容 データ通信量 SIM1枚コース(税抜) SIM3枚コース(税抜) 1GB 670円 1,260円 2GB 770円 1,450円 3GB 900円 1,680円 9GB 2,250円 2,460円 20GB 3,980円 4,480円 30GB 5,980円 6,580円 40GB 7,980円 8,580円 50GB 10,180円 10,680円 エキサイトモバイルの「定額プラン」はコースの種類が豊富で、20GBからの大容量コースも充実しています。 SIMカードは5枚目まで追加できるので、家族みんなで大容量コースをシェアするのもおすすめです。 4枚目以降のSIMカードは、9GB以上のコースから追加可能です。 SIMカードを追加すると、1枚あたり月額390円(税抜)が発生します。 ちなみにエキサイトモバイルの音声通話機能は、コース料金と合わせて1枚あたり月額700円で利用することができますよ。 音声通話機能のオプションを付けると、SMS機能も料金そのままで利用可能です。 スマホ代月額500円に抑える場合は、低速通信の使い過ぎに注意しよう! ちなみにエキサイトモバイルの利用開始月は、どのプランも初期費用3,000円(税抜)かかるから覚えておいてね。 エキサイトモバイルでプラン変更・解約・料金確認する場合 エキサイトモバイルは無料でプラン変更できたり「音声通話機能SIM」以外の解約は手数料がかからなかったりするので、いろんな手続きが気軽に行えるんです。 この章ではエキサイトモバイルのプラン変更・解約・料金確認についての注意点や方法についてそれぞれ詳しく紹介しています。 エキサイトモバイルのプラン変更 エキサイトモバイルのプラン変更は、無料で手続きが可能です。 ただし、SIMカードの追加やサイズ変更、再発行、SIM交換には1枚あたり3,000円(税抜)の手数料が発生します。 「最適料金プランのSIM1枚コース」から「定額プラン 3GBのSIM3枚コース」へプラン変更することも可能です。 SIMカードを「1枚コース」から「3枚コース」へ変更する場合は、プラン変更後にマイページからSIMカードの追加を行なってください。 逆に「3枚コース」から「1枚コース」へ変更する場合は、事前にマイページで2枚のSIMカードを解約してからプランを変更の手続きをしましょう。 エキサイトモバイルの解約 「データ通信専用SIM」と「SMS機能付きSIM」の場合は最低利用期間がないので、いつ解約しても手数料がかかりません。 「音声通話機能SIM」を利用している場合は、エキサイトモバイル使用開始月の翌月から12カ月間内に解約すると9,500円(税抜)の解約手数料が発生します。 エキサイトモバイルの「音声通話機能SIM」は、解約するタイミングに注意しましょう。 またエキサイトモバイルの解約後は、SIMカードを次の宛先へ返却してください。 今のところ、そのようなエキサイトモバイル専用のアプリはリリースされていないんだ。 エキサイトモバイルのマイページをブックマークしておくだけでも、少しは料金確認等の手間が省けるよ。 エキサイトモバイルの端末セットは分割払いが可能! 携帯会社を乗り換えると同時に、スマホも新しい端末に買い換えたいという人は多いのではないでしょうか。 エキサイトモバイルは端末のセット購入ができます。 端末は分割払いができるので、すぐに端末代が全額用意できなくても安心です。 またエキサイトモバイルではスマホだけでなく、タブレット端末やルーターも分割払いで利用できます。 エキサイトモバイルで端末をセット購入しない場合は「」まで読み飛ばしてください。 エキサイトモバイル端末セットの分割払いと一括払いの料金比較 エキサイトモバイルで端末を分割払いした場合と、一括払いした場合の支払い合計を比べてみました。

次の