ミロスラヴァ・ヴァヴリネック。 フェデラーの妻・ミルカ 二人のなれそめ、精神を患った彼女を救ったフェデラーのオファー、妻への感謝の言葉

フェデラーの恋人

ミロスラヴァ・ヴァヴリネック

2歳で家族とスイスに亡命した。 スイスに帰化後は、両親は宝石店を営みながら、ミルカを育てた。 9歳の時にマルチナ・ナブラチロワに出会い、父が懇願してドイツでのテニスレッスンを手配してもらい、ミルカの競技人生が始まった。 バレリーナを夢見るミルカは、最初はテニスに乗り気ではなかったが、ナブラチロワは彼女の才能を見抜き、イリ・グラナトからレッスンを受けるように勧めた。 ミルカは15歳でスイスのジュニア大会で優勝をはたす。 その後、順調にキャリアを重ねるも、1996年には踵の怪我を負い、競技生活で悩まされることになる。 1998年にプロに転向した。 2000年にはシドニー五輪に、スイス代表として出場をはたす。 2001年には全米OPで、グランドスラム初の3回戦進出をはたす。 しかし、この後は踵の怪我が悪化するなど、成績も急降下してしまう。 フェデラーは一目ぼれしたと言われており、「ミルカを選ぶか、テニスを取るかを選べと言われたら、僕はシドニーを去ることを選ぶよ(シドニーから去って、ミルカを選ぶ)」というほどの熱の入れようだった。 大会後に、二人の交際はスタートした。 2001年にはホップマンカップでスイス代表として二人で出場するなど、良好な関係が続いた。 しかし、2002年になると、ミルカの踵の怪我が悪化し、松葉杖がなければ歩けないほど症状が悪化した。 プロキャリアを閉ざされたと感じたミルカは、失意の中、家に8か月間閉じこもり、無気力な状態に陥り、精神的な病に陥った。 彼は私に再びテニスに関わる人生を与えてくれた。 試合前のアップを担当する練習相手になったり、応援にも頻繁にかけつけた。 また、カウンセラー、マネジャーの業務もこなすなど、フェデラーをサポートしたのである。 2009年には妊娠し、交際9年目での結婚を発表。 双子の女児を出産して、ミラ・ローズ、シャーリーン・リヴと名前を授けたのである。 この時、フェデラーは、 「僕たちの人生の中で最高の日だ。 ミルカ、ミラ、シャーリーンはみんな健康で元気だ」と喜びを語っている。 また、ミルカに関しては、後にこう語って、感謝を述べている。 「ミルカは常に自分の助けになってくれた。 一緒にいて、素晴らしい人間なんだ。 彼女と出会った時には、まだ一つもタイトルを獲得なんてしていなかった。 今では76個。 彼女と出会って何が起こったか、分かるだろう?」 「父親としての役割は大好きだよ。 数年後には、自分の時間をすべて娘にそそぐことができるだろうね。 ミルカはどこへでもついてきてくれる。 彼女の役割はとても大切なものだよ。 彼女は僕のプレーを見るのが好きなんだよ。

次の

ロジャーフェデラーの妻・子供画像(奥さん写真)娘も息子も双子!?

ミロスラヴァ・ヴァヴリネック

母ミルカと祖母リネットと共に 驚くべきは、娘たち誕生の5年後の2014年、フェデラー夫妻にまたしても双子が生まれた事だ。 姉たちミラとシャーリーンが一卵性だったのに対し、弟たちレオとレニーは二卵生だった。 フェデラー自身、双子が続いた事に驚いている。 さすがは世界ランキング1位在位記録「302週」他、数々の記録を持つ男、コート外でも稀有な業を成し遂げる。 息子たち1歳頃の写真がこちら。 コートの上から子供たちに手を振るフェデラー 常に子供たちに優しい眼差しを向けるフェデラーだが、彼が惜しみなく送るのは視線だけではない。 賞金と広告を合わせて約3億ドル(日本円で約360億円)を稼いだと言われる彼は、その資金を活かし恵まれない子供たちの支援とスポーツ促進を目的とした「ロジャー・フェデラー基金」を創立する。 フェデラーの両親は母の故郷南アフリカで知り合った。 南アフリカとスイス、二つの国籍を持つ彼は、第二の祖国アフリカとの間に強い絆を感じており、「ロジャー・フェデラー基金」もアフリカの支援に力を入れている。 2018年までに100万人の子供たちに教育を届けることを目指し、現在7カ国で学校創設の支援活動を展開している。 こうして彼は貧困に苦しむ子供たちの「父」となった。 フェデラーは、忙しい時間を割いて、愛する「彼の」子供たちに会いに行く。 基金の支援で開設したマラウイの学校を訪問した際の映像がある。 子供たちを抱きしめ、共に食事をし、会話をする。 このことが彼らにどれほどの希望を与えるだろう。 「子供たちは明日の未来」と語るフェデラーだが、当然のことながら、彼も昔は子供だった。 将来2組の双子の父となり、さらに100万人の子供たちを育もうとする「父」になるとは、当時誰が想像しただろう。 歳年上の姉ダイアナと 「彼の」子供たちの中から「父」のような人物が育って行くことを期待したい。

次の

ロジャーフェデラーの双子の子供と妻(嫁)とのセレブ生活が凄い(画像)!驚愕の年収や美人の姉も調査!

ミロスラヴァ・ヴァヴリネック

2歳で家族とスイスに亡命した。 スイスに帰化後は、両親は宝石店を営みながら、ミルカを育てた。 9歳の時にマルチナ・ナブラチロワに出会い、父が懇願してドイツでのテニスレッスンを手配してもらい、ミルカの競技人生が始まった。 バレリーナを夢見るミルカは、最初はテニスに乗り気ではなかったが、ナブラチロワは彼女の才能を見抜き、イリ・グラナトからレッスンを受けるように勧めた。 ミルカは15歳でスイスのジュニア大会で優勝をはたす。 その後、順調にキャリアを重ねるも、1996年には踵の怪我を負い、競技生活で悩まされることになる。 1998年にプロに転向した。 2000年にはシドニー五輪に、スイス代表として出場をはたす。 2001年には全米OPで、グランドスラム初の3回戦進出をはたす。 しかし、この後は踵の怪我が悪化するなど、成績も急降下してしまう。 フェデラーは一目ぼれしたと言われており、「ミルカを選ぶか、テニスを取るかを選べと言われたら、僕はシドニーを去ることを選ぶよ(シドニーから去って、ミルカを選ぶ)」というほどの熱の入れようだった。 大会後に、二人の交際はスタートした。 2001年にはホップマンカップでスイス代表として二人で出場するなど、良好な関係が続いた。 しかし、2002年になると、ミルカの踵の怪我が悪化し、松葉杖がなければ歩けないほど症状が悪化した。 プロキャリアを閉ざされたと感じたミルカは、失意の中、家に8か月間閉じこもり、無気力な状態に陥り、精神的な病に陥った。 彼は私に再びテニスに関わる人生を与えてくれた。 試合前のアップを担当する練習相手になったり、応援にも頻繁にかけつけた。 また、カウンセラー、マネジャーの業務もこなすなど、フェデラーをサポートしたのである。 2009年には妊娠し、交際9年目での結婚を発表。 双子の女児を出産して、ミラ・ローズ、シャーリーン・リヴと名前を授けたのである。 この時、フェデラーは、 「僕たちの人生の中で最高の日だ。 ミルカ、ミラ、シャーリーンはみんな健康で元気だ」と喜びを語っている。 また、ミルカに関しては、後にこう語って、感謝を述べている。 「ミルカは常に自分の助けになってくれた。 一緒にいて、素晴らしい人間なんだ。 彼女と出会った時には、まだ一つもタイトルを獲得なんてしていなかった。 今では76個。 彼女と出会って何が起こったか、分かるだろう?」 「父親としての役割は大好きだよ。 数年後には、自分の時間をすべて娘にそそぐことができるだろうね。 ミルカはどこへでもついてきてくれる。 彼女の役割はとても大切なものだよ。 彼女は僕のプレーを見るのが好きなんだよ。

次の