猫 の フン 処理 方法。 猫のふん対策に効果的な2つの方法とは

野良猫の糞は燃えるゴミ?フンの捨て方

猫 の フン 処理 方法

猫ふん対策をするなら、ハッカやミント等のハーブ系の香りが効きます。 ハッカで猫ふん対策をするなら、ハッカ油が便利です。 ハッカ油はネット通販等で購入できます。 スプレーボトルの中にハッカ油と水を混ぜて、猫ふんをされた場所に噴射しましょう。 ミント等のハーブ系の場合は、アロマオイルを使いましょう。 使い方はハッカ油と同じです。 水で薄めて、猫ふんをされた場所にスプレーします。 また、ハーブ系の香りで猫ふん対策をする時は、土にハーブ系の植物を植えるの良いです。 もしくは、ハーブ系の鉢植えを置くだけでも猫ふん対策ができます。 猫ふん対策に向いているハーブ系の植物は、ローズマリー・レモングラス・カニナ等です。 なんと、猫の嗅覚は人間のおよそ10万倍あります。 猫は、ハッカやミント等のハーブ系の香りが苦手なため、少し嗅いだだけでも強烈に臭いはずです。 ニオイで猫ふん対策をする方法は、猫を傷つけることなく撃退できます。 何より、猫の命を守りながら、猫ふん対策ができるのがメリットです。 また、ハッカやミント等のハーブ系の香りは天然由来のため、土に撒いても問題ありません。 庭に植えてある植物を枯らす心配もないため、安心して使えます。 ニオイは日が経つと、どんどん薄れていきます。 ニオイが薄くなれば、猫ふん対策の効果は期待できません。 猫ふん対策を効果を持続させるためには、こまめにニオイを振りまくことです。 特に、『雨が降った後は要注意』です。 雨水と一緒にニオイも流れてしまうため、必ず猫が嫌がるニオイを振りまきましょう。 猫を傷付けないで猫ふん対策をするなら、スプリンクラーも向いています。 草木に水を撒くスプリンクラーでも良いですが、猫ふん対策をするなら、猫対策用スプリンクラーを使うと便利です。 猫対策用スプリンクラーは猫が近づくと、赤外線センサーが反応し、自動で猫に向って水を撒いてくれます。 猫ふん対策にスプリンクラーが効果的な理由は、猫は身体が濡れることを嫌がるからです。 猫は身体が濡れると毛が皮膚に張り付いてしまい、なかなか乾きません。 さらに、猫は寒さに弱いため、長時間、身体が濡れていると体温が下がるため水が苦手です。 そのため、猫の弱点を突いたスプリンクラーは、猫ふん対策に使えます。 ただし、猫対策用のスプリンクラーは、ある程度のスペースがないと使えません。 どちらかと言うと、戸建て向けの猫ふん対策グッズと言えます。 猫ふん対策に高い効果を発揮するのが、お酢です。 お酢は鼻につくニオイがあるため、ハーブ系・柑橘系・ローズやジャスミン・コーヒーよりも猫よけ効果があるでしょう。 『お酢をそのまま使う』『水でお酢を10倍に薄める』方法になります。 どちらの方法も、猫ふんをされた場所や猫が通る道、猫が居座っている場所等に撒きましょう。 お酢をそのまま使う方法はニオイが強烈です。 そのため、お酢を薄めて猫ふん対策をするよりも、効果があります。 天候によっては、風に乗ってお酢のニオイが漂うこともあるでしょう。 水でお酢を10倍に薄めても、猫ふん対策に効果はあります。 お酢のニオイが苦手な方は、お酢を薄めて猫ふん対策をしても良いでしょう。 猫ふん対策に使うお酢の種類は、何でも良いです。 賞味期限が切れたお酢でも、猫ふん対策ができます。 猫ふんの被害に困っている方は、いつも同じような場所にふんをされていませんか? 猫はふん尿のニオイで自分をアピールする動物です。 ふん尿のニオイが強ければ強いほど、他の猫に"ここは自分の縄張り! "と、しっかり意思表示できます。 でも、猫のふん尿のニオイをお酢で消し去れば、縄張りアピールをすることができません。 他のニオイで猫ふん対策をして、効果がイマイチだった場合はお酢を使ってみましょう。 そして、猫や人間の健康を脅かすこともありません。 一方、お酢ならではの欠点もあります。 お酢は強烈なニオイを放つため、近所中にお酢のニオイが漂うこともあるでしょう。 アパートやマンションの場合、ベランダにお酢を撒くとニオイがします。 また、隣の家と密着している戸建ての住宅も同じです。 近所迷惑にならないように、お酢を薄めて使いましょう。 さらにもう一つ、お酢は植物を枯らします。 家庭菜園や草花がある場所に、猫ふんがある場合はお酢が使えません。 お酢ではなく、他の方法で猫ふん対策をしましょう。 猫ふん対策はハーブ系やコーヒー等、ニオイで撃退することができます。 ニオイで猫ふん対策をする時は、少し手間がかかるのが難点です。 水で薄めたり、植物を植える等しないといけません。 もっと簡単に、楽してニオイで猫ふん対策をするなら、猫よけスプレーを使いましょう。 『スプレータイプ』『粒タイプ』がありますが、効果はどちらも約2週間~4週間です。 スプレータイプはセンサーが付いているため、猫を感知すると勢い良くスプレーして猫を撃退します。 猫ふんをされた場所や、猫の侵入口に設置すると、24時間猫を監視する優れものです。 粒タイプは、猫ふんをされた場所や、猫の侵入口に撒いて対策をします。 原則、ニオイで猫ふん対策をする時は、定期的にニオイを振りまかないといけません。 でも、粒タイプは雨に強いため、約2週間~4週間に1回撒けば、猫ふん対策効果が持続します。 ただし、どちらのタイプも植物にかかると枯れる恐れがあるため、注意しましょう。 物理的に猫ふん対策をするなら、ネットを張るのもおすすめです。 猫ふん対策に使えるネットは、猫用があります。 でも、動物対策用ネットを使っても構いません。 猫ふんをされている場所や、猫に入ってきて欲しくない場所に、ネットで囲うように設置します。 ネットで猫ふん対策をする時は、『できるだけ高い位置までネットを張る』ことです。 猫は高さがあると警戒します。 また、警戒心が強い猫であれば、高い所を登ってまで侵入することは、ほとんどありません。 猫ふん対策にネットを張っても、隙間があると意味がありません。 隙間から猫が入ってきて、ふんをされてしまいます。 隙間対策として、ネットの下部には重い物を置くのがベストです。 レンガやコンクリートブロック等を置いて、ネットの下部をしっかり固定しましょう。 そして、ネットを固定する時は『強度のある紐を使う』ことです。 強度がある紐ならタコ糸等、何でも構いません。 木酢液は火事のニオイがするため、猫は嫌がって近寄って来ません。 木酢液で猫ふん対策をする時は、水で5倍~10倍に薄めて使います。 薄めた木酢液をスプレーにして、猫ふんをされた場所や、猫が侵入してくる場所に撒きましょう。 他にも、薄めた木酢液をスポンジ等に含ませて置いても良いです。 木酢液は燻製のようなニオイで、強烈なニオイを放ちます。 猫にとっては悪臭なため、猫ふん対策の効果を実感するでしょう。 木酢液は植物の肥料等として、ホームセンター等で販売されています。 ちなみに、猫対策用の木酢液はほとんどありません。 そのため、植物の肥料等として使う木酢液を使いましょう。 木酢液は酸性濃度が高いため、薄めて使わないと植物に影響を及ぼします。 木酢液を薄めないでそのまま使うと、葉焼けを起こしたり、植物にもよくありません。 また、木酢液は強烈なニオイがするため、人によっては体調不良を訴える方もいます。 初めて木酢液を使う時は、少しだけ猫ふんをされた場所等に撒きましょう。

次の

猫によるふん害等にお困りの方へ

猫 の フン 処理 方法

猫がもたらす被害例 我が家も長年に渡って悩まされましたが、ようやく猫避けの効果は出てきました。 それまではこんなことに悩まされていました。 家の庭に尿やフンをする 猫の尿は特にクサく、夏になる前の季節、部屋に風を入れようにも尿の臭いで窓が開けられなくなります。 自家用車に登るので車のボディに傷が付く 僕の車にも肉球が付いていたのでわかりましたが、爪を立てるので車が傷つきます。 どうも、車の上で日向ぼっこするのが気持ちよいのでしょう。 夜中、発情期の声や喧嘩の声でウルさい 猫は発情期になると赤ちゃんの泣き声のような声で夜中うろつきます。 また、猫がエサを求めてたまり場となった場所は喧嘩がはじまりますので、うなり声で夜中、起こされることもあります。 猫を家の庭に入れさせないためにはどうしたらよい? 猫を自分の家に侵入させないことが必要で、下記のやり方が考えられます。 物理的なもので猫が居心地悪くなるような環境にする 猫が歩く場所を猫が歩きにくい環境にしたり、水で濡らした場所にしたり、太陽光で眩しい場所にする等、猫が居心地悪くなるような環境にします。 猫が好まない音で近寄らせない 猫の耳は良いので、猫が好まない音を発生させます。 臭いで近寄らせない 猫の嗅覚は敏感なので、特に柑橘系、コーヒーなどの臭いで近寄らなくなります。 中にはカビキラーのような薬剤を撒くかたもいらっしゃるようですが、環境汚染になるので僕は好きではありません。 【効果的な対策1】猫の好まない音を出す機械を置く 猫が近づくと、猫の好まない音を発する機械です。 僕の家でも使っていますが、絶大な効果が期待できます。 ちなみにかなり高い音ですが、実はこの音、若い人にとって非常にウルさいのですが、歳を取るとだんだんこの音が聴こえなくなります。 実際、猫避け対策として猫の好まない音を出す機械を置いて効果を確かめてみた 実際に、毎日フンを足で踏んでしまっている我が家の自転車置き場に猫の好まない音を出す機械を置いて、フンをされないようになるか確認してみました。 自転車置き場の中でも陽当たりの良い場所に機械を設置した この機械は太陽光発電で充電するため、自転車置き場で一番陽当たりの良い入り口付近に自転車置き場全体を見渡せる向きに設置しました。 自転車置き場に毎日されていたフンが完全に無くなった 効果は絶大でした。 自転車で帰ってくる家族が毎日のように「あー!またフン踏んだ!」と怒っていましたが、この機械を設置した当日から、フンは確認されなくなりました。 ちなみに、天気の悪い日は機械から音がしなくなることもありますが、猫に「居心地が悪い場所」と学習させると、1ヶ月間、機械を置いておくだけで、それ以降にフンは確認されなくなりました。 【効果的な対策2】とげマットを敷く プラスチックのシートにトゲが出ているものです。 猫がそのシートの場所に足を踏み入れなくなります。 実際に僕の家でも利用しましたが、完全にその領域にはフンがなくなりました。 実際、猫避け対策としてとげマットを置いて効果を確かめてみた 猫に侵入して欲しく無い場所に、実際、とげマットを敷いて効果を確かめてみました。 塀を歩いて侵入してこないよう、マットを半分に切った 我が家の裏にある塀を歩いて庭にふんをしにくるので、塀の上にとげマットを固定するため、塀の幅に合わせてマットを半分に切りました。 塀に登る端の箇所だけ、どげマットを固定する 塀を歩く時は、塀の端から登ってくるので、塀の端だけどげマットを紐で固定しました。 紐で塀に固定できない場合、ガムテープを輪っかにして塀ととげマットを固定しても良いと思います。 ただ、1週間程度で交換しないとガムテープがベタベタになるので、気をつけましょう。 実際にふんをされた家の砂地の上に敷く 実際にふん被害に遭った砂地があるなら、その砂地にとげマットを敷きます。 風で飛ばされないよう石を上に載せておきます。 本当はびっしりとと、とげマットを敷き詰めるのがベターですが、猫の居心地が悪くなる程度なら、写真のように間引いて敷いても効果はあります。 【効果的な対策3】木酢原液を撒く 木材を乾留した際に生じる乾留液の上澄分のこと。 代表的な例としては、炭焼き時に副産物として木酢液が製造される。 【引用元】 良質なたい堆肥作りにも効果のある木酢液(もくさくえき)です。 自然に優しいばかりでなく、嗅覚が敏感な犬や猫が嫌がる臭いでもあります。 基本的に薄めて利用しますが、ニオイの強さは薄め方によって変わるので、人間に不快のない程度に薄めればご近所にご迷惑を掛けることも少ないです。 実際、猫避け対策として木酢原液を撒いて効果を確かめてみた 実際に木酢酢を撒いて、その効果を確かめてみました。 木酢酢原液と水を1対2にするため水を300ml入れる 木酢酢原液1に対して、水を2の割合で薄めます。 全量で450ml作るため、まずは水を300ml計ります。 木酢酢を150ml加える 水300mlに、木酢酢原液を150ml加えます。 水で薄めた木酢酢をスプレーに入れる 家の周りに吹き付けるため、100均で購入したスプレーに入れます。 まずは一番猫のふん被害の多い自転車置き場に木酢酢を撒いた 自転車に乗るのにフンを踏みつけてしまっていたので、まずは自転車置き場にまんべんなく撒きました。 家の塀を歩いて移動するので、塀にも木酢酢を撒いた 家の塀を歩いて付近を移動することは確認できているので、塀にも隅から隅まで撒きました。 撒いた後は、スモークしてチーズのような臭いが付近に漂っていました。 ニオイが気になるようなら、もっと薄めれば、人間にはほとんど臭わなくなります。 その他の猫避け方法 その他にも猫避け方法があるので、まとめてみました。 レモンバームを植える レモンバームは柑橘系の臭いがする草です。 猫は柑橘系の臭いが苦手なので効果が期待できます。 実際に置いてみてもさほどニオイもきつくないので人間はイヤな思いをしませんが、鼻の効く猫にとってはイヤなニオイなのかも知れません。 お酢のニオイは近所でもイヤがられるので、可能な限り薄めて使用しましょう。 近所迷惑になる可能性もあるので、臨時的に使用することをおすすめします。 特に、塀の上を猫が頻繁に歩くような場合に、その塀にガムテープを一時的に数日間付けておけば、猫が塀を歩かなくなる効果が期待できます。 光のまぶしさに猫が寄ってこなくなるものです。 ただ、環境にもよくないし、何度も撒くとイヤな臭いが近所中にすると想定できます。 土にフンをするのでコンクリートにしてみた 猫はふんをするとき、土や砂を少し掘ってからしていますが、実はコンクリート上でもフンをします。 水を入れたペットボトルは、時に火災原因になる 以前、金魚鉢がレンズのように太陽光を集めて火災原因になったという話を聞きました。 同様にペットボトルも火災原因となる可能性は高いので、設置場所には充分注意が必要です。 猫がふんする場所にゴールドクレストを植えてみた 猫がフンする場所を邪魔するように植木を植えてみたのですが、見事にその横にしてました。 猫にフン、おしっこされたら専用の消臭剤を 猫のおしっこが特に臭いですが、猫にふん、おしっこをされてしまったら、真っ先に消臭しましょう。 夏場は特に気分が悪くなりますから(悲) 猫の消臭に効果ある消臭スプレーをまとめました。

次の

猫の糞に困った時に効果的な対策や処理方法・撃退グッズについて

猫 の フン 処理 方法

猫はとってもかわいいけれど、そのうんちの臭いはかなり強烈です。 室内飼いだと、余計に気になりますよね。 私も、自分の部屋を猫部屋と兼用しているので、臭い対策にはとても気をつかっています。 猫を飼うなら、トイレの掃除を避けて通ることはできません。 普通、猫が1日にうんちをする回数は1回~3回ぐらいです。 毎日楽にうんち処理をして、猫も飼い主さんも気持ちよく過ごすための方法をご紹介します。 猫のうんちはどうしてこんなに臭いの? 猫は完全な肉食動物で、キャットフードもたんぱく質の占める割合が多いため、どうしても排泄物の臭いがきつくなります。 人間でも、肉ばかり食べていると便が臭くなりますよね。 臭わないための猫のうんち処理法 基本的には、猫がうんちをしたら、専用のスコップを使ってポリ袋に入れ、口を結んでごみに出します。 猫砂の種類によって、燃えるごみに出すのか、燃えないごみに出すのか、トイレに流すのかというように、処理の仕方が違ってきます。 それぞれの処理の分類については、お住まいの地域のルールに従ってください。 燃えるごみに出す 紙やおから、木くずなど植物由来の猫砂やトイレシートは、基本的に燃えるごみとして出すことができます。 猫が舐めても安全で、脱臭性や吸収性が高いという特長があります。 また、市販の猫砂ではなく、新聞紙を割いたものを使っている場合も、燃えるごみに出せます。 燃えないごみに出す 鉱物系やシリカゲル系の猫砂は、燃えないごみに指定されている地域が多いようです。 おしっこをしたらしっかり固まり、うんちの臭いも吸収します。 燃えるごみとして出せませんから、不燃物出しの日まで日数がある場合は、臭い対策を考えないといけません。 蓋つきの容器に、袋を二重、三重にして保管しましょう。 トイレに流す トイレに流せるタイプの猫砂もあります。 これは、少量の液体(おしっこ)では固まるけれど、大量の液体(トイレの水)では崩れるという性質を持っています。 ごみの日まで保管する必要がなく、すぐに処分できるので、臭いも気になりません。 しかし、猫のうんちを流したことによってトイレが詰まったという例もあります。 猫のうんちは水に溶けにくい上に、毛づくろいの際に飲み込んだ毛などを含むため、トイレが詰まる恐れがあります。 一方で、地域によっては、水洗トイレに流すことを推奨しているところも。 水洗トイレで処分する場合には、詰まらないように少しずつ流すようにすることをおすすめします。 生ごみ処理機で処分する 生ごみ処理機には、乾燥式とバイオ式があります。 乾燥式は熱で生ごみの水分を蒸発させて乾燥させます。 室内に置けるコンパクトなタイプですが、電気代がかかります。 バイオ式は微生物により、生ごみを分解して堆肥を作ることができます。 屋外に置くタイプで、ペットの糞処理機も販売されています。 生ごみ処理機は高価ですし、電気代もかかりますので、猫のうんち処理用に新たに購入するのは難しいかもしれません。 普段の生ごみ処理も兼ねて堆肥を作って畑で利用したいという方は、購入を検討するのも良いでしょう。 もっと臭いを消したいときの便利グッズ うんちをとって処理しただけではまだ臭いが気になるときに、助けてくれる便利なものがあります。 重曹 安全な脱臭剤といえば、重曹です。 トイレの底や猫砂の上に振りかけておくと、臭いを吸収してくれます。 もし、猫の足について嫌がる場合には、広口の瓶などに入れてトイレの近くに置いても効果があります。 うんちをポリ袋に入れるとき、ごみの日まで保管するときにも、重曹を振りかけておきましょう。 防臭袋 医療用に開発されたというBOS防臭袋は、猫のうんちを入れても、臭いが外に漏れません。 乳酸菌サプリ 健康なときでも臭いうんちですが、腸内環境が悪いと、さらに臭いがきつくなります。 その場合は、乳酸菌サプリを試してみるのも良いでしょう。 臭いを抑えるフード キャットフードの中には、うんちの臭いを抑えることが謳い文句のものもあります。 猫にとっては穀類の多いフードは消化不良のもとになるため、主原料が肉や魚で、食物繊維が豊富、添加物の少ないものを選びましょう。 これでもう臭いに悩まされない!うんちの処理方法まとめ 我が家で猫を飼うことを決めたとき、まず気になったのがうんちの臭いのことでした。 鼻が利く私の部屋に、猫のトイレを置くことにしたからです。 そこで、臭い対策はしっかり練りました。 今のところ、うまくいっています。 私がしていることは、次の通りです。 うんちに気づいたら、すぐ取る。 取ったらすぐ防臭袋に入れて口を結ぶ。 軟らかめのうんちは、裏返した防臭袋で直接つかんで表に返す。 取ったあとの猫砂に、猫がなめても安全なタイプの消臭スプレーをかける。 ひのきの猫砂を使う。 アウトドア用の炭をトイレのそばに置く。 無香タイプの消臭ビーズをトイレのそばに置く(猫の手が届かない場所)。 我が家の場合は、おからや紙の猫砂だと食べてしまうので、ひのきの砂にしました。 猫の好みや飼い主さんの都合に合った猫砂を使ってくださいね。 なお、ただでさえ臭い猫のうんちですが、特別臭いが強いときには、病気も疑われますので、病院に連れて行くことをおすすめします。

次の