スリーピング ビューティ 映画。 映画「スリーピングビューティー眠り姫と悪魔の館 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

スリーピング ビューティー/禁断の悦び

スリーピング ビューティ 映画

CONTENTS• 【公開】 2011年(オーストラリア映画) 【原題】 Sleeping Beauty 【原作】 川端康成『眠れる美女』 【監督・脚本】 ジュリア・リー 【キャスト】 エミリー・ブラウニング、レイチェル・ブレイク、ユエン・レスリー、ピーター・キャロル、クリス・ヘイウッド 【作品概要】 監督はオーストラリア出身、本作が長編映画デビュー作となるジュリア・リー。 主演は、『エンジェル ウォーズ』 2011 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』 2014 の女優エミリー・ブラウニングが務め、大胆なヌードも披露。 これまで国内外で何度か映画化されてきた川端康成の中編小説『眠れる美女』をベースにした官能サスペンス。 2011年、第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。 大学生のルーシーは奨学金の返済のため、カフェで働いたり、会社で書類のコピーをしたり、時にはバーで高所得者の男性をひっかけコカインを吸い、売春婦のようなことをする生活を送っています。 彼女は居候させてもらっており、家賃を催促されたり家事を押し付けられたりと、家にも居場所がありません。 会社には酒癖の悪い占い師の母親から電話がかかってきて、冷たい目で見られることも。 そんなルーシーの支えは、アルコール中毒で不安定ながらも繊細な心を持つ友人バードマンだけでした。 ある日ルーシーは、普通のアルバイトよりもかなり高額な仕事の広告を見て応募します。 面接にやってきたルーシーを迎えたのは、クララという中年のエレガントな女性。 彼女はルーシーに幾つかの質問をします。 ピルは服用しているか。 煙草は吸うか。 仕事は指定の下着をつけ、シルバーサービスの女給をするというもの。 時給は250ドルでした。 ルーシーはサラという名前を与えられました。 出勤日になり、厳しいメイクのチェックも終え、裕福な老人たちに下着姿で酒を注いで回るルーシー。 しかしこれは本来の募集されていた仕事ではありませんでした。 次にルーシーに与えられた仕事は、睡眠薬を飲み、瀟洒な館の広々とした部屋にあるキングサイズのベッドで、服を身につけず眠ること。 実はここは性的倒錯の嗜好を持つ裕福な老人たちを相手にした秘密クラブだったのです。 彼らは眠っている美しい女性たちの裸体に、彼女たちが眠っている間何でもすることができます。 眠らされる女性たちは薬の力で、目覚めた時には何も覚えていません。 1人目の客はルーシーの美しさを褒めちぎり、クララに一線を越えてはならないと釘を刺されます。 眠っているルーシーを投げたり、煙草を耳に近づけたり、舐めまわしたり…自分の中の欲望を無抵抗のルーシーにぶつける老男性たち。 働いている途中、ルーシーは住んでいたアパートを追い出され、稼いだお金で高級マンションに引っ越します。 心の拠り所であったバードマンは自死してしまい、ルーシーは一人ぼっちになってしまいました。 彼女は自分が眠っている間に何が起こっているか一度でいいから知りたいと言い、クララに懇願しますが教えてもらえるわけもありません。 クララは翌日、ルーシーの隣で老人が死んでいるのを発見します。 目が覚めたルーシーは死体を見つけ、泣き叫びます。 原作の川端康成による『眠れる美女』は、本作とはかなり異なるものとなっています。 主人公は1人の老人。 亡くなった母、自分の娘、忘れられない過去の恋人、自分の人生に携わってきた女性たちを思いながら若い美女達を思い返す老人。 そして最後の夜、彼は隣で若い女性が死んでいるのを発見します。 彼は眠っている間に自分が殺してしまったのではと震えますが、女主人は動じずに、「 気にせず、お休みになってください。 隣にもう一人、娘がおりますでしょう」と彼に言いました。 老人の夢と妄想を行き来し、女性たちの美しさを緻密に描いたデカダンス文学の名作です。 あどけなさと甘い官能を併せ持つエミリー・ブラウニングの魅力が光り、映像は美しく官能的なだけでなく、緊張感にあふれています。 彼女をじっと 観察し続けたロング・ショットや、 無音が占める映像は、いつ何が彼女に起こるか分からない不穏さを駆り立てます。 生活と奨学金返済のため、バイトをいくつも掛け持ちしていることを序盤では描かれています。 そんな ルーシーはいつも無表情で、観客は彼女の感情を読み取ることができません。 男性といきずりの関係を持ち、1人の時は汚いアパートで眠る。 彼らは若い女性の裸体を見つめ、いくら自分の欲求をぶつけてみようとも、人形に話しかけているような虚しさが残り、自分たちの老いを実感します。 日本のデカダンス文学の傑作が、海外で新たな視点を交え生まれ変わった美しい作品『スリーピング ビューティー 禁断の悦び』。 官能と鋭利な恐ろしさが渦巻く本作を、ぜひお楽しみください。

次の

映画「THELIMITOFSLEEPINGBEAUTYリミット・オブ・スリーピングビューティ 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

スリーピング ビューティ 映画

ある日、彼女は広告で見つけた 新しい仕事の面接を受けることになり、クララ(レイチェル・ブレイク)の事務所を訪れる。 めでたく合格した彼女は、最初のうちは秘密クラブで下着姿のまま 男性たちをもてなすだけだったが……。 「白」を全面的に使って無機質感と非現実感を演出しているのが良く、淡々と進むストーリーと無表情な登場人物たちもこの映画の雰囲気にマッチしています。 最初はなぜその中で華奢で背の低いロリ系女優エミリー・ブラウニングを主人公に抜擢したのが解せなかったのですが、話が進んでいくうちに彼女がこの役にぴったりだということに納得がいきました。 あれは富裕層の醜い老人と透き通った色白の少女のコントラストを作りたかったんですね。 セックスシーンはほとんどないのに、背徳感がプンプンするためか、ものすごいいやらしいものを見てしまった錯覚に陥りました。 喘ぎ声を上げるようなシーンは全くないのに、隣の部屋の人に聞かれないようにヘッドホンを付けて鑑賞したくなる、そんな映画です。 ただひとつ、これだけ「眠れる美女」の小説からがっさりアイデアをもらって現代かつ西洋バージョンを作っておきながら、その原作を書いた川端康成の名前をひとつも出さずに終わっているのにはむかつきました。 これはもしかして、「気付かれなかったら、私が考えたオリジナルのシナリオってことでいきましょうよ。 どうせ、オーストラリアやアメリカの人間は川端康成のことなんて知らないんだから、大丈夫大丈夫」的なノリで、手柄を独り占めにしようという魂胆じゃないのか。 あげくの果てにはエンディングロールの最後の最後には次のように書いてある始末でした。 SPECIAL THANKS JANE CAMPION BEC SMITH 誰だよ、こいつら。 それより川端様に感謝しろよ、川端様に。

次の

スリーピング ビューティー/禁断の悦びはちょっとH!ネタバレと感想

スリーピング ビューティ 映画

売れない女優のオリアアキは29歳。 19歳で上京してから10年間、「オーロラ」というサーカス小屋でマジシャンの助手として、催眠術にかかる演技をしながら生活していた。 アキの心を支えていたのは、「オーロラ」のオーナーでアキの恋人だったカメラマンのカイト。 しかし、カイトはアキを置いて違う世界へ旅立ってしまった。 カイトのいない日々の中で、アキはだんだんと追い詰められ、何が現実で何が妄想か、わからなくなっていく…。 「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ-」の解説 「オーロラ」という美しくも怪しいサーカス小屋で恋人と生きてきた29歳の売れない女優が、恋人を亡くした事をきっかけに心を引き裂かれていく様を描く。 女優としてのプライド、恋人に置いて行かれた悲しみ、きらびやかで退廃的なサーカス小屋での日常、それらすべてが主人公の心を麻痺させ、混乱させていく。 アキを演じる桜井ユキは、様々なシチュエーションを自在に演じ分けている。 アキの恋人のカイトを演じる高橋一生の独特の存在感にも注目。 アキの混乱をそのまま表現したような極彩色の色合いも強烈で、映像表現も面白い。 監督を務めたのは、学生時代から自主映画界で注目され、この作品で商業映画デビューを飾った1991年生まれの二宮健。

次の