チン この先 が 痛い。 ペニスを大きくするチントレでPC筋を鍛える!正しいやり方で+5cmを狙ってみよう

インフルエンザワクチンの注射はなぜ痛い?医師の視点(中山祐次郎)

チン この先 が 痛い

チン族女性の顔面刺青は1970年代に政府により禁止された、と書いてあるサイトがありますが、実際には禁止されていません。 私が会った顔に刺青を入れたチン族女性には、30代の方が何人もいましたし、ヤンゴンの女性ガイドさんも「チン族女性の顔の刺青は禁止されていない」と明言されていました。 女性が口に挟んで演奏する楽器は、チン族の特定種族のものかどうかは分かりません。 一方、男性からの結婚申し込みに対して、花笛で返事をするチン族も居るそうです。 こうした楽器は古い世代の人しか演奏できないので、現代のチン族女性はギターを弾いたり、歌で結婚の返事する人も居るそうです。 バガンとチン州のガイドさんは、こんな感じです。 ミンミンさんは以前、日本のテレビ番組の 撮影に同行したことがあり、そうした経験からか、 私が笑顔の写真を撮影できるよう、気を使ってくれました。 ミンミンさんはチン州のガイドを沢山経験しており、 トレッキング中心のツアーも得意で、とにかくお勧めのガイドさんです。 今回の旅行手配はヤンゴンの旅行会社「ミャンマーPLG」です。 myanmarplg. html この旅はヤンゴン発の同社モデルツアーをベースにして、 私の日程に合わせてアレンジしてもらいました。 元のモデルツアーは下記の通りです。 myanmarplg. html 24 パッケージなので、ヤンゴン着~ヤンゴン発まで、 日本語ガイド、車、宿、食事、航空(リコンファーム付)を 基本的におまかせしました(宿に希望あれば、変更してくれます)。 ただし、チン族のハンターの撮影はバガンに到着してから、 ミンミンさんに直接お願いしました。 その理由は…。 実はハンターの撮影は現地に入るまで、予定にありませんでした。 バガンからチン州へ向かう車の中で、 スマホに入れておいたチン族ハンターの写真をミンミンさんに見せて、 「伝統的な衣装で狩りをするハンターは見ることはできませんよね?」と 相談したところ、「実演してくれる人が居る」という返事があり、 ミンダのガイド、ナイナイさんを通じてハンターを手配してくれました。 もし、ミャンマーPLGを利用するのでしたら、ガイドさんは、 アウン・ミン・ウーさん(Mr Aung Min Oo)を希望すれば、 調整してくれると思います。 ミンミンさんは、他社からもガイドの仕事を受けているので、 彼を希望される場合は、早めの手配がよいと思います。 現地で話をした感じでは、 ミンミンさんに直接ガイドをお願いすることも可能な印象があったので、 昨日、チン州旅行に興味を持った人がいると、 LINEでメッセージを送りましたが、ミャンマーのお正月が近づいており 忙しいのか、まだ既読になっていません。 ミンミンさんから返信があれば、別途、掲示板でお知らせします。 チン州へバスで行く場合は、バガンからエーヤワディー川を渡った パコック(Pakokku)からミンダへ出ています。 時間は4時間半ぐらいだそうです。 ミンダの宿で英語ガイドを頼むと、 多分、ナイナイさんを紹介してくれると思います。 実は、旅行記では触れていませんが、 ミンダで日本人青年2人と遭遇し、ナイナイさんを紹介しました。 その時のやり取りで分かったナイナイさんのツアー代金は次の通りです。 ナイナイさんのガイド料が1日3万チャット、 ナイナイさんのバイクの後ろに乗るバイク代が 1日4万チャットだったと思います。 その2人はもう1台バイクをレンタルして、 プラス4万チャットの見積もりだったと記憶しています。 なお、ホテルやゲストハウス経由の手配だと、手数料が加算されるかも。 旅行記にも書きましたが、ハンターの手配は別料金です。 私の時は2人で4万5000チャットでした。 それにミンミンさんにLINEまでして頂けるなんてありがとうございます。 ミンミンさんはテレビ番組の撮影に同行された事があるんですね。 こちら側がどんな表情や場面が欲しいか熟知されているガイドさんなんでしょうね。 だったら引っ張り凧なんでしょうね この状況が収まれば直ぐにお願いしようと思います。 「ミャンマーPLG」ですが、すみません次の旅行記に紹介されていましたね。 見落としていました。 HPを見ました。 既存のスケジュールにつよし様がアレンジされたのですね。 行ける様になるまでまだまだ時間が掛かると思いますので、私ももっと調べて気になる場所をピックアップしようと思います。 スルーガイドさんとドライバーさん、その他にそれぞれの村のガイドさんが必要になるのですね バガンからバスで周る安価な回り方を 教えて貰いましたが、言葉が不安で。 前回行ったシャン州のガイドさんもとても聞きやすい英語を話して下さったのに半分程しか理解できなくて、何回も何回も聞き直していました。 それなのに興味を持ったら何処でも行きたくなって、恥ずかしいです。 つよし様、旅の最後大変でしたね よく無事に帰って来れましたよね 私ならパニックになっています また、わからない事が有ればご連絡しても良いでしょうか? 今日からココ大阪は「出来るだけ自宅待機」です 良いチャンスです。 ご質問は何でも、何度でも歓迎です。 と言うのは、旅行記に書ききれていないことが沢山ありますから。 ミャンマーPLGについて少し書き足しますね。 今回は2度目の利用でした。 最初は下記URの 「神秘の巡礼地ゴールデンロックとモン州満喫」で利用しました。 myanmarplg. html 10 モデルツアーだとバゴーに行きますが、 私は、バゴーではなくパアンに変更してもらいました。 各地での観光先についても、問い合わせメールの やり取りの中で希望を伝え、実現してもらいました。 初回利用のスルーガイドさんは女性でしたが、とてもいい方でした。 今回のチン州旅行でもヤンゴンでガイドさんが付いてくれました。 別な女性でしたが、パヤーでするミャンマー式お参りの仕方を、 姿勢やお祈りの言葉まで教えてくれ、 さらに、ゆっくりと一緒にやってくれて、 普通のツアーでは味わえないような体験をしました。 ミャンマーPLGへの問い合わせは日本語で出来ます。 返信もわりと早く(週末は休みですが)、 しかも、とっても上手な日本語でした。 ホテルや観光先など希望があれば、どんどん伝えて問題ありません。 最終的にツアー内容が固まると、代金は 米ドル(新札)で日本の窓口へ書留郵便により送金します。 旅行直前に、こちらから予定通り出発するとメールすると、 日程表とガイドさんの名前、携帯番号などが 返信されてきましたから、不安なく出発できました。 気になるツアー代金は…。 1回目は予想よりも安くて、かなりお得な値段だと思いました。 2回目のチン州は、同じ現地日数なのに、高いなと感じました。 勝手な推測ですが、チン州のツアーが高いのは、 チン族の言葉が話せるローカルガイドさんが必要、 悪路に対応するため専用車が4WDとなり車代が高い、 1回目は飛行機代がかかっていない、という理由だと思います。 もしツアー代金が高くて予算オーバーしそうな場合は、 ホテルを安い所に変えてもらうとか、 日程を1日減らすなど、遠慮なく相談すれば、 リクエストに応じてくれると思います。

次の

ちんこが痛い!ちんこの病気と性病

チン この先 が 痛い

・皮下 ひか 注射 ・皮内 ひない 注射 ・静脈注射 ・筋肉注射 の4つです。 他にも関節内注射や髄腔内注射など特殊なところに打つ注射はありますが、基本はこの4つ。 どういう違いか、見ていきましょう。 まず皮膚 ひふ はどんなふうに出来ているのでしょうか。 医師向けの教科書を見てみます。 皮膚の構造 「あたらしい皮膚科学 第二版 」より引用 北海道大学大学院医学研究院・医学部 皮膚科 これだと詳しすぎて難しいので、すごく単純化してみたいと思います。 医者や看護師の頭の中ではだいたいこのくらいの理解でしょう。 筋肉が一番奥で、その奥には骨があります。 だいたい体のどこでも皮膚はこんな構造です。 先ほどあげた4つの注射は、この皮膚のどこに薬が入るかで分けられています。 インフルエンザワクチンは皮下注射 この中で、インフルエンザワクチン注射は 「皮下注射」というものです。 図に描くと、このようになります。 ワクチンで行う皮下注射 この図の肌色の部分が皮下組織と呼ばれる部分で、ここにワクチンを打つことになっています。 この皮下組織は脂肪や血管がある部分です。 もう少し奥に行くと筋肉に入って筋肉内注射になり、浅いと麻酔で使われる皮内注射という注射になります。 点滴はワクチンとは違うところに打つ ところで、病院で行う点滴ってありますよね。 あれはワクチンとは違うところに打つのです。 絵で描きますと、 点滴では、針は静脈の中に入っている このように針の先は 静脈という血管の中に入っています。 静脈の中は絶えず血がびゅうびゅうと流れていますから、静脈に注射したらあっという間に全身を巡ります。 そのスピードは速く、薬を注射して1分待てばほぼ頭からつま先まで、そしてほぼ全ての内臓にまで行き届くほどです。 その一方でワクチンを打つ 皮下注射では、注射を打ったあとすぐに全身を巡ることはありません。 ワクチンの液体は注射したその場所に留まっていますから、こんな風に少しふくらみます。 ふくらむと、痛くなります。 ワクチンを打つと、このように全体がふくらむ 皮下に注入したワクチンは少しずつ吸収されますが、それまでの間はこのようにふくらんでいます。 それが痛みを引き起こします。 このような物理的な痛みに加えて、注射を打った場所には軽い炎症が起きて痛みが少し続くのです。 炎症とはぶつけたり異物が入った時におきるもので、はれたり痛くなったりする現象です。 ちなみに 皮内 ひない 注射はこんな具合です。 麻酔で使う皮内注射 これは、注射する医師としてはとても表面から近いところに針を刺さねばならず、技術的に難しいのです。 また、注射される患者さんはかなり痛みがあります。 しかし、薬が少量で広がる特徴があるため、局所麻酔の時にこの方法はしばしば使われます。 ワクチンを作っている会社に聞きました 少し話は変わりますが、「今年のワクチンは去年より痛い」なんて話を我々医師や看護師さんでもよくします。 でもこれって本当なんでしょうか?その疑問に答えるために、ワクチンを作っている会社にインタビューしました。 ちなみに、インフルエンザワクチンは毎年中身が変わっていて、「ワクチン株」というものだけが違います。 インフルエンザのワクチンは、国内外のデータから「今年の流行はきっとこの種類のウイルスだろう」と専門家たちが予測して中身を決めているのです。 であれば、ワクチン株の違いで痛かったりそうでなかったりするのでしょうか? お話を伺ったのは化学及血清療法研究所、通称化血研 かけつけん というインフルエンザワクチンなどを作っているところです。 すると、 「ワクチン株と痛みの関連性については、確認できておりません」 という回答をいただきました。 ワクチン株によって痛いとか痛くないという差はあまりないのかもしれませんね。 しかし「痛み」は難しい ただ、「痛み」という感覚は個人によって大きな差があることを忘れてはいけません。 筆者は外科医として病院で働いており、毎日毎日似たような手術をしていますが、 たとえ同じ手術の同じ傷の大きさであっても、患者さんの年齢や性別によって痛みの強さは大きく異なるのです。 その差ははっきりしていて、痛み止めを使う回数が全然違うほどです。 傾向としては若い男性は痛みを強く感じ、高齢の女性は痛みを弱く感じる方が多い印象です。 もちろんそこには「我慢」という要素も入ってくるため、痛みの測定は非常に難しいのですね。 以上、インフルエンザワクチンの注射がなぜ痛いのか、注射を打つ場所と注射の中身についてまとめました。 (謝辞) 急な電話取材にもかかわらず丁寧にお答えくださった、化学及血清療法研究所 医薬営業本部 営業推進部 学術情報課の担当者の方に御礼申し上げます。 (専門家の皆さんへ) ワクチン接種部位を皮下にするか筋肉にするかについて、国内では添付文書上皮下注射ですが海外では筋肉注射が一般的です。 これには本邦の筋肉注射の歴史的背景もあります。 本稿ではその点についての議論は据え置き、現状の添付文書での皮下注射について解説しています。

次の

ストッキングを履くとつま先が痛い?サイズの選び方が原因?

チン この先 が 痛い

腰痛、肩こり、頭痛など、日頃感じる痛みはさまざまです。 日本人の約20~30%がなんらかの痛みを感じているといわれています。 その中で重症の慢性痛とされているのが「神経障害性疼痛」。 組織の損傷や病気による皮膚の症状が治っても神経が痛みを起こす病気で、代表的な疾患が「帯状疱疹後神経痛」です。 帯状疱疹は、子どもの頃にかかった水ぼうそうのウイルスが体内に潜んで、ストレスや加齢などで免疫機能や体力が低下したときに活動を始めて発症します。 皮膚にできた水疱は経過とともによくなりますが、皮疹が治った後も痛みが残って長く続くことがあります。 慢性の痛みや治療に詳しい日本大学総合科学研究所の小川節郎教授は、「帯状疱疹がよくなっても皮膚がピリピリするときは、99%帯状疱疹後神経痛の可能性があります。 また、最近では糖尿病を長く患って痛みやしびれが出る糖尿病性神経障害や、脊柱管狭窄症が治った後に足にビリビリと響くような痛みを訴える人が増えています。 これらも神経障害性疼痛です」と話します。 精神的なストレスが脳の機能を低下させる 神経障害性疼痛は、神経が傷つくことによってその支配領域の感覚に異常が起こる病気です。 「触っただけで痛い」、「砂利を踏んでいるようだ」など、通常とは異なる感覚が現れます。 難治性でその原因や病態はわかっていませんが、中枢機能に解明の糸口があるのではないかと注目され始めています。 痛みが起きると私たちの脳では、それに反応してモルヒネに似た物質を出して痛みを抑える機能があります。 ところが、非常に強い精神的なストレスを受けると痛みを抑える脳の機能が低下して、痛みを強く感じるようになります。 神経障害性疼痛やは、不安、怒り、暴力など慢性のストレスによって、痛みを抑えようとする脳の機能が障害される「中枢機能障害性疼痛」が病気の本体ではないかといわれているのです。 痛いから動かない。 すると筋肉が弱くなり、さらに痛みを強く感じるようになります。 痛い、嫌だと逃げていると痛みの悪循環に陥って、痛みを抑える脳の機能がますます機能しなくなるのです。 そのため、回避的な思考をどこかで打ち切ることが重要だと小川教授は指摘します。 「いつも痛いと言って暗い顔をしていた患者さんが、あるとき外来で、『私、考え方を変えたのです。 痛いけどハワイに行ってきました』とお話しになって、それから痛みがよくなっていきました。 自分の回避的な思考に気づいて、変えることはなかなかできないことですが、痛みを納得して目標をつくることでよくなっていくことがあります」。 薬だけに頼らずに、好きなことで体を動かそう 神経障害性疼痛の治療では、三環系抗うつ薬やプレガバリン 商品名リリカ が広く使われています。 ただし、眠気、ふらつき、頭がぼーっとするといったの副作用があり、痛み以上の深刻な問題と指摘されています。 痛い、痛いと訴えると薬の量や種類が増えて、副作用によって生活の質が低下しやすくなるため、薬だけに頼らないことが大切です。 小川教授は、「脳の機能をMRIで診てみると、回避的な思考から体を動かすようになると脳の機能はよい方に変わります。 これまで気分の問題といわれていましたが、運動が脳の機能回復によいと科学的にわかってきたので、患者さんには好きなことで体を動かしてとお話ししています。 慢性の痛みに対しては、しようと思ってする運動がよいです」とアドバイスします。 慢性の痛みは脳からのヘルプ! 我慢しないで治療を受けよう 痛みは体の異常事態を知らせるSOSであり、慢性の痛みは脳からのhelp 助けて !かもしれません。 痛みをずっと我慢していると脳にその刺激が伝わって過敏になり、慢性化しやすくなります。 神経障害性疼痛は、肺がんの手術で肋間神経を切ったときや乳がんで乳房を切除したときなど、術後に起こることも少なくありません。 事故や外科治療で腕や脚を切断し、ないのに痛いと感じる幻肢痛も神経障害性疼痛です。 術後に痛みが残る場合も我慢しないことです。 早めにペインクリニックを受診して適切な治療を受けましょう。 また、神経障害性疼痛は炎症がすでに治った状態です。 炎症に効くNSAIDs 非ステロイド性抗炎症薬 を鎮痛薬として服用している場合は、効果がないばかりか胃腸障害や腎機能障害、内出血などの副作用を起こすことがあります。 長期間服用しているときは、注意しましょう。 監修 日本大学総合科学研究所 教授 小川節郎先生.

次の