俺 の 臆病 な オオカミ くん。 俺の臆病なオオカミくん。1巻はzipやrarではもう無料で読めないの?

白雪とオオカミくんには騙されない5【THE RAMPAGE】 (ページ38)

俺 の 臆病 な オオカミ くん

秋宗「・・・・・」 激闘の末、100年間凍結させる技『タイム・イズ・ワン』で勝利した秋宗は氷に覆われた炎焔をジッと見ていた。 炎焔の顔は先ほどまでの人を見下すような下衆の表情ではなく窮地に追い込まれ絶望に染まった表情のまま凍りついていた。 かるら「やったのか?」 秋宗「・・・あぁ、コイツはもう終わりだ」 かるらは力なく返事をした秋宗を見て、内心では使わないと決めていた禁術を使ってしまったことを少し後悔しているのだろうと察した。 かるら「・・・気にするでない、主は何も間違ったことなどしてはおらん。 このような輩には似合いの最後というものじゃ」 秋宗「いや、別に禁術を使ったことを後悔してる訳じゃねぇんだ」 かるら「?どういうことじゃ?」 秋宗「もし炎焔が、狂気の快楽に呑まれずに俺出会っていたら、きっといいライバルになれたんじゃねぇかって」 戦いを通して炎焔の実力は下手をすればコガラシに匹敵するかもしれないと実感していた。 もし炎焔が正常のままだったら中国一の武闘家になっていたかもしれない。 もしそのまま出会っていたら良い関係を築けたかもしれない。 そう考えると次第に炎焔への憎しみもジワジワと薄れていった。 かるら「秋宗、気持ちは察するが決して同情するでないぞ。 こやつはもう救いようのないところまで堕ちてしまったのじゃからのう」 秋宗「あぁ、分かってる・・・」 マトラ「なーに暗くなってんだよ!アタシら勝ったんだから喜ぼうぜ!」 勝利したにも関わらず暗い雰囲気になっている2人を明るくしようとマトラは背中を叩き笑顔で接した。 その笑顔を見て秋宗もかるらも思わず笑ってしまい肩の力が抜けた。 かるら「それもそうじゃのう。 それと!秋宗は帰ったらたっぷり説教じゃからな!」 秋宗「はぁ?お嬢の説教ならさっき受けただろ」 かるら「いいや!あれだけでは全然足りん!この際じゃから言いたいことも全部言わせてもらうからのう!」 マトラ「じゃーアタシも秋宗にいっぱい説教する!スゲー心配かけさせたからな!」 秋宗「勘弁してくれよ~・・・!」 帰っても休む暇が無さそうだとため息を吐くもいつも通りの日常に戻れたような気がすると実感するのだった。 秋宗「まぁ、取り敢えずここから・・・」 フラッ・・・ その時、今までのダメージのツケが周り仰向けへ倒れ込んだ。 しかしその倒れた先は、 パフッ・・・ マトラ「・・・へ?」 マトラの豊満な胸だった。 顔中に広がる大きく柔らかくどこかいい匂いがする感触を楽しむことなく秋宗はそのまま気を失ってしまった。 その拍子に頭から壁へぶつかりピクリとも動く様子がなかった。 かるら「あ、秋宗ーーー!?」 紫音「秋宗兄さーーーん!?」 七海「オオカミさんが死んだーーー!」 浩介「いや死んでない死んでない!多分・・・」 みんなは慌てて秋宗へ駆け寄ると頭から血を流し身体が少し痙攣を起こしていた。 ただでさえ重症だというのに更に追い打ちをかけて傷を負ってしまい瀕死の状態へと陥ってしまった。 京太郎「あの~ちょっといいかな・・・」 どこか気まずそうに京太郎が手を上げた。 その表情は目が泳ぎ額に汗を掻き明らかに動揺している様子だった。 コガラシ「え?どうしたんすか?」 京太郎「え~っとね~、ちょっと言いにくいんだけど、まだ終わりって訳にはいかないみたいだよ・・・」 呑子「それってどういうことなの?」 そう言って京太郎はみんなの後ろの方へ指を指した。 釣られてその方向へ振り向くとそこには、 雷「・・・・・」 ボロボロの状態になりながらもいつの間にか意識を取り戻した雷が立っていた。 こゆず「うわぁ!?起きてる!」 七海「まだやる気なの!?」 咄嗟に七海はこゆずを後ろに下がらせ手を前に翳しポルターガイストを発動させようとし、みんなも各々身構えた。 しかし幽奈と千紗希、朧はこれ以上争っても無意味だと分かっているため雷を説得しようとした。 幽奈「もうやめて下さい!私たちはもう貴女方と戦いたくありません!」 千紗希「そうだよ!こんなことしてもなんの意味もないよ!」 朧「貴様らの姉は貴様らのことを捨て駒としか思っていなかったのだ。 これ以上の争いは無駄だ」 炎焔が風と雷を妹だと思っていないことを伝えるも雷は表情をピクリとも変えずにいた。 いきなりそんなことを言われても信じられないのだろうと思った時、雷が口を開いた。 雷「・・・そんなの、最初から知ってた」 『・・・えっ?』 雷の突然の発言にみんなはポカンとなってしまう。 炎焔が妹と思っていないにも関わらず何故一緒に行動していたのだろうと疑問に思った。 それを余所に雷は秋宗へと視線を移した。 雷「私はそもそも、彼を逃がすつもりだった・・・」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 雷『・・・そう』 秋宗をスカウトとしようとして断られた時、雷は秋宗の耳元へ顔を近づけ、 雷『バカな人』 と囁いた時だった。 スッ・・・ 秋宗『?』 炎焔と風から見えない角度で秋宗のズボンのポケットにあるものを入れた。 少し動揺している秋宗に雷は続けてこう言った。 雷『私が隙をつくるから、これを使ってここから逃げて』 秋宗『ッ!?お前・・・!?』 秋宗は思わず目を見開いてしまうも雷は平静を装い秋宗に背を向けて離れた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 雷「でもその時はダメージが大きすぎてポケットに手を入れる力も残ってなかったみたいだけど」 その時の状況を説明した雷の言葉通りにマトラが秋宗のポケットに手を突っ込むとあるものが入っていた。 マトラ「何だこれ?」 入っていたのはガラスでできた小瓶だった。 中は飲み終えたペットボトルのように赤い水滴が残っていた。 その小瓶を見て京太郎が反応した。 京太郎「あっ、それ霊力を回復させる秘薬じゃん」 夜々「秘薬?」 京太郎「うん、確かそれ飲むと半分くらい霊力が回復する効果があるんだよ」 かるら「そうか・・・!秋宗の霊力が回復しておったのはそういうことじゃったのか!」 戦っている最中、秋宗の霊力が回復していたことにかるら理解した。 秋宗はこの秘薬の飲んだのだと。 そんな中、狭霧は雷にあることを聞いた。 狭霧「しかし何故だ?何故西条秋宗を逃がすようなことを?」 言ってしまえば雷の行動は炎焔と風を裏切ったようなもの。 もしバレたらただでは済まなかった筈。 にも拘わらず何故危険を犯してまで秋宗を助けようとしたのだろう。 質問された雷は観念したかのように答えた。 雷「・・・これ以上人が死ぬのを見たくなかった、それだけ」 雷は小さい頃から長女である炎焔の背中を見て育ってきていた。 誰よりも優れ武闘大会でも数々の成績を残してきた炎焔は雷にとって憧れの存在だった。 次女の風も炎焔に憧れ3人で中国の頂点に立とうと強い約束を交わした。 しかし、炎焔が狂気の快楽に落ちてから全てが変わった。 次々と霊能力者たちを殺害していきどんどん手を汚し取り返しのつかないところまで落ちてしまい、その影響を受けて風も変わってしまった。 しかし雷だけは呑まれずに殺害しているように装いこっそり逃がし炎焔から助けようとしたりした。 そして雷は察してしまった。 もう私たち姉妹はあの頃には戻れないと。 雷「本当は姉さんたちを止めたかった。 けど私は、自分が殺されるのが怖いから一緒に行動するしかなかったの。 だったらせめて姉さんたちの魔の手から遠ざけようと努力したけど殆どの人たちが犠牲になってしまった。 結局私は、自分の身がかわいいだけの臆病者よ」 全て言い終え目線を下へ落とし悲しい表情を浮かべる雷を見て幽奈たちは黙り込んでしまう。 狂気の快楽に呑まれなかったとはいえ自分が姉2人を止められず多くの人たちが犠牲となってしまった。 もし勇気を持っていたら犠牲者なんて出なかったかもしれないのにと悔やんでいると、 コガラシ「お前、臆病者って言ってるけどよ、それは違うんじゃねぇか?」 雷「え?」 コガラシが即座に論破をし雷は思わず顔を上げてしまう。 幽奈たちも驚くもコガラシは続けてこう言った。 コガラシ「西条に秘薬渡した時、隙を作るって言ってたらしいけど、どうするつもりだったんだ?」 雷「そ、それは、不意討ちで姉さんたちを襲うつもりだったけど・・・」 コガラシ「ってことはだ。 お前は覚悟を決めてあの2人と戦おうとしたってことになるんじゃねぇのか?」 雷「あっ・・・!」 死ぬのが怖くて自分を押し殺し炎焔と風と行動していたにも拘わらず秋宗を逃がすために戦おうとしていた。 自分が無意識に覚悟を決めていたと気付いた雷は恥ずかしくなり顔を赤くしてしまう。 コガラシ「まぁ兎に角、お前は姉の2人が間違ってるって思ってたんだろ?それを止めようと勇気を振り絞ったお前は正直スゲェと思うけどな」 雷「・・・どうしてそこまで言ってくれるの?」 演技とはいえ確実に仕留めようと襲いかかったにも拘わらず自分の言葉を信じてくれたコガラシに思わず首を傾げてしまう。 そんな雷に呆れながらもかるらが答えてくれた。 かるら「今更何を言うとるのじゃ。 貴様は身の危険を犯してまで秋宗を助けようとした。 それ以外に理由などないわ」 雲雀「そうだよ!貴女は何も悪くないよ!」 仲居さん「辛かったですよね。 お姉さん2人が変わってしまって、誰にも頼れなくて1人で耐えて・・・!」 それに便乗して雲雀と仲居さんも雷を責めず寧ろ同情の言葉を掛けた。 それを聞いた雷は不思議と心が軽い気持ちになったと同時に不思議な人たちだと思った。 浩介「冬空くんの言う通りだよ。 あんな2人と一緒に居ながら他の人たちを助けようとしたなんて。 僕だったら絶対ボロが出ちゃうよ」 呑子「貴女ホントにスゴいわ~」 雷「・・・そう言ってもらえるだけでも嬉しいよ、オバサン、チェリーボーイ」 呑子「ちょっと一回引っ張叩かせて」 浩介「脳天に一発撃ち込んでもいいよね?」 幽奈「お、落ち着いて下さい呑子さん!」 雲雀「浩介くんも抑えて!」 紫音「何でさりげなく毒吐いたんスかあの人!?」 それぞれ雷から悪口を言われた呑子と浩介は痛い目に合わそうとズカズカと近づくも幽奈たちに阻まれてしまい近づくことができなかった。 そして雷は一息ついてこう言った。 雷「最後にこれだけ言っておく。 私に同情なんてしなくていい。 狂気の快楽に呑まれなかったとはいえ姉さんたちに協力してしまったのは事実。 だから私は姉さんたちと一緒に祖国に戻って罪を償うわ。 それが、今の私にできる唯一のことだから。 それと、彼が起きたらこう伝えて・・・ 謝謝 シェイシェイ って・・・!」 そう言い終えて雷は涙を流しながら笑顔を見せた。 その笑顔は炎焔や風とは全くの別のもで心の呪縛から解放された本物の笑顔だった。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー その後、誅魔忍経由で炎焔、風、雷の3人は中国へと強制送還された。 殺人を犯した炎焔と風は当然罪は重くなり雷も姉2人とともに罰を受けることになった。 中国の霊能力者たちも殺人を犯していない雷の罪を軽くしようとしたが本人からの要望で姉たちと共に罪を償いたいということでこのような結果になったのだった。 そして秋宗は全治数週間の診断を受けしばらく絶対安静ということで学校も休学する羽目になってしまった。 緋扇邸で療養中、我琉駄とスズツキから叱られたり、三羽烏の黒服たちが重症の身体を見て号泣したり、かるらとマトラから説教の続きを受けたり、コガラシたちが見舞いに来たりと休む暇などなく寧ろ疲れが溜まるもいつも通りの日常が向かえることが出来ることに安心するのだった。

次の

俺の臆病なオオカミくん。1巻はzipやrarではもう無料で読めないの?

俺 の 臆病 な オオカミ くん

視線をさまよわせながらモゴモゴAが話すのを、壱馬はじっと見た。 壱馬「…100パーセント健さんじゃないん?」 A「…うん。 」 壱馬「…俺 何パーセント入ってる?」 A「…正直に言っていいの?」 壱馬「そのくらいで別に傷ついたりとかしないから笑」 A「…今は…40パーセントくらい…」 横澤『え、』 Ami『えー!!20から40になった!!!』 松田『健太といい勝負やん!!!』 壱馬「…俺40パーも入ってんの?」 A「あ、いや…えっと。 …あの…」 Aは慌てたように口をどもらせたが、返事を待つように壱馬が真っ直ぐ見つめてきたので、「…うん。 」と微かな声で呟いた。 壱馬は優しく笑う。 壱馬「…Aさ…俺は勝手にこうやって好きとか言ってるから、俺に申し訳ないとか思わないでな、ほんまに。 」 A「…そんなつもりじゃないよ。 」 壱馬「100パーセント健太さんだって言われても仕方ないって思うし。 Aは自分の気持ちを大事にして欲しい。 」 Aは俯いた。 壱馬「…俺が好きって言ったからとか、作業真面目にやってるからとか、罪悪感でそういうこと言うのは…後で傷つくから」 A「…ちがうよ。 罪悪感じゃない…」 壱馬「…今から最低なこと言うけどいい?」 A「…何…」 壱馬「……健太さんが脱落した時、ちょっとほっとする自分がいたんだよ」 A「……」 壱馬「…最低やんって思った。 自分でも…。 」 A「…しょうがないよ」 壱馬「…それでさ。 」 壱馬はコトリとマグカップをカウンターに置いた。 雰囲気を感じ、Aも同じように置いた。 壱馬「…Aに隠してたことがあって」 静かな空間に、壱馬の声が響いた。 Aが不安げな顔で壱馬の顔を見上げる。 横澤『ねえ待って何…、』 Ami『怖い怖い!』 A「…何…?」 壱馬「…健さんが…脱落した時に、言われたことがあって。 」 A「…脱落した時?」 壱馬「発表があって、そのあとシンデレラタイムでAと健太さんがいなくなる前に、全員と話したやん?」 A「…うん」 壱馬「あの時に、健太さんに言われたことが忘れらなくて」 A「………」 壱馬「今でもずっとAを見る度にそれを思い出して、自分を臆病にさせてるのかもしれない」 A「…何て言われたの…?」 壱馬「…聞きたい?」 Aは躊躇って、目を伏せ、それでもまた壱馬の瞳を見て頷いた。 A「…聞きたい…」. 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - いつも楽しく見させていただいています!私は翔平くんと結ばれて欲しいです。 最初からアピールして頑張ってるから翔平くんと結ばれて欲しいと思います!! 3月7日 19時 id: - 壱馬くん!!ほんとにほんとに報われて欲しい 3月7日 17時 id: - ずっと一途な壱馬くんと結ばれて欲しいです! 3月7日 17時 id: - 一途にずっと主人公を思っている壱馬くんと結ばれて欲しいです 3月7日 17時 id: - 健太くんとヒロインと野相だの雰囲気がとても好きなので、健太くんがいいです。

次の

俺の臆病なオオカミくん。1巻はzipやrarではもう無料で読めないの?

俺 の 臆病 な オオカミ くん

【 俺の臆病なオオカミくん。 1巻はzipやrarではもう無料で読めないの?】 現在、一部のニッチな層の間で話題になっている『 俺の臆病なオオカミくん。 』という漫画作品。 おそらくこのページに訪れてくださったということは、少なからず私と同じように『俺の臆病なオオカミくん。 』に興味を持っていらっしゃる方ですよね。 そこで今回は、 『 俺の臆病なオオカミくん。 1巻はzipやrarではもう無料で読めないの?』 について、ネット上のどこよりも詳しくお伝えしていきたいと思います! Contents• 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』の感想を一部紹介…! めっちゃ萌えました! 絵も綺麗で好み! イチャイチャタイムをもっと沢山見たいですね。 続編読みたいです!! 作者さん買いです。 短いお話ですがさくっと読めるので これはこれで大満足でございました! この作者さん大好きなので損なし。 買って良かった! しょっぱなのキス最高です! ガツガツいっちゃうと引かれると思って 我慢してるところがまた…いい!! とっても、読み応えのある作品でした!けど、短い! その前の付き合い始める前からのスピンオフ的な話も見てみたいです! その続きもあって欲しいぐらいです!大好きな作品です! 話が全然破綻してなくて、2人の気持ちもとても伝わってきて、 エロもほどよくあって、とても良かったです。 続編というか、両想いになるまでも読みたくなりました。 作者さん初めて購入したのですが、他の作品も読みたくなりますね?。 ステキな短編でした! 短いですが、これだよこれ!と言う感じです。 受けが迫る場面のセリフはとってもキュンとします! 続編希望ですー。 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』は令和現在、zipやrarで完全無料読破は可能? これまで、ネット上にはいろいろな 違法無料サイトが登場してきました。 例えば、有名なものですと、「 漫画村」や「 星のロミ」などなど…。 そういった層の方達にものすごい人気を誇っていました。 しかし、、、、 そんな無法地帯状態もずっと続く訳もなく、、、、 令和現在の今ではもう、 「違法によって全ての漫画が完全無料で読める」というサイトは全てなくなってしまったんですね。 ただ、それでも平成初期からずっと生き残っている「 漫画を完全無料で読むことができるサイト」というのが、実は存在しているのです…. ! そして、そんなサイトことが 『 zip』や『 rar』 なんですね…! それでは、 実際に現在も『zip』や『rar』で、『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を完全無料で読むことはできるのか についての、最新の調査結果をそれぞれ詳しくお伝えしていきたいと思います。 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』はzipで読めるの? まず、「zip」とは一体なんなのかいいますと、『 漫画のページ画像を圧縮してまとめたファイル』です。 …一言で言ってしまえば「 漫画を無料で読むことができる便利なヤツ」ですね…(笑) 実際に、これまで多くの人々が「zip」を利用し、読みたい漫画を好き放題に読み漁っていました。 正直、知らなかった方からすれば、 「 えっ、そんな裏技があったの…!?」 という感じですよね。 しかし、本当にそんな裏技的な手法も知らないところで存在していたのです。 では、『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』も「zip」を利用すれば、「 今すぐ無料で読むことができるのか? 」、といいますと、、、、 、、、 、、、、、、、、、、、、 実はできないんですね…。 もちろん、その理由もありまして、どうやら令和現在の最新の状況ですと、 漫画データをまとめた「zip」ファイルの排除の傾向が非常に高まってきておりまして、 もうほとんどの作品が、「zip」で読めなくなってしまっているみたいなのです。 といいますか、 そもそもの『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』の「zipファイル」自体が探しても存在していないような状態ですね。 またさらに…、、、! 根本的な問題としまして、「zip」というのは圧縮されているファイルのため、 解凍しなくては読むことができないのです。 では、多くの方が現在使用されているスマホに「漫画zip」用の解凍ソフトが入っているのかどうかなのですが、、、、 それが残念ながら入っていないみたいなんですね。 ですので、万が一『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』の「zip」が今後でてきたとしても、解凍することができないため結局読むことができず、さらにいろいろ面倒な手間も増えるため、そう簡単に辿り着けることができないのです。 といいますか、 もはやもう「zip」で漫画を読むことは諦めた方がいいと思ったいただいた方がいいでしょう。 つまり一言で言ってしまえば、 「zip」の時代は令和現在すでに終わってしまっている、 ということなんですね…。 ではそこで、もう一方の「 rar」には配信されているのかについて調査結果をご説明させていただきたいと思います。 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』はrarで読めるの? それでは、「zip」と同じような方法で漫画を無料で読むことができる「rar」には、 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』が配信されているのかですが…、 、、、、、 、、、、、、、、、、、 実はこちらも、残念ながら「rar」は配信されていないみたいでした。 といいますのも、「zip」と「rar」というのは、構造上や漫画を読むまでの流れがほとんど同じになっていまして、 「 zipで漫画が読めない= rarで漫画が読めない」 ということになってしまうのです。 しかし、それでは結局、最後の希望であった「zip」と「rar」がダメになった今の時代、 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を完全無料で読破できるサイト というのは存在しないのでしょうか…? そこで今回、私自身がネット上を1週間かけてリサーチや検証を行なった結果、 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を完全無料で読むことができたサイト が、ただ一つだけあったのです…! それでは続いて、そちらの サイトの正体について詳しくお伝えさせていただきますね! 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』をzipやrar以外の方法で読むことが可能な裏技とは? 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を「 今すぐ」「 全ページ」「 完全無料」で読むことができましたら、最高ですよね…! ただ、そんな方法が本当にあるのか、それが一番気になるであろう問題だと思います。 …しかし、 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を完全無料で読むことが可能 なんです。 それでは、一体なぜ、『FOD』で『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を完全無料で読むことができるのか、その 理由について手短にお話させていただきますね! 【令和最強】俺の臆病なオオカミくん。 1巻を完全無料で読破できる理由 まずですが、『FOD』のサービス内容について簡単にご説明させていただきますと、 フジテレビが公式で運営している動画・電子書籍配信サービスであり、 そして、 アニメや 映画、 ドラマの新作・旧作合わせて、見放題作品のみで 30,000作品以上。 さらに、今回のメインである、 電子書籍が 計33万冊という超膨大な作品が配信されているという、 超ビックサービスなんですね…! …しかし、これだけお聞きしますと、 「 それだけ配信されているサービスなら有料なんじゃ…? 」 と、疑問に思われますよね。 …これは公式サイトも明言していることなのですが、 意外と知らない人が多いのが現状ではあります。 方法は非常にシンプルなのですが、もうこれらを利用するだけで、 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を全ページ完全無料で読むことができるんですね。 、、、、、かなり衝撃的ですよね…。 (笑) しかもよく、「 初月は無料だけど、その代わり次月からは料金ちゃんと支払ってね」 というサービスが多いのですが、『FOD』は違いました。 「 初月は無料で、期間内に解約すれば、次月の料金は支払わなくていいですよ」 ………マ、マジですか.. しかし実はそうなんです、『FOD』は、これまでの常識を覆した 「 期間内に解約すれば完全無料制度」 というのを取り入れているんです。 もちろん、そのサービスの充実性・満足度から、 次月からもお金を支払ってでも継続して楽しみたい、という人がたくさんいらっしゃるので、このようなサービスが成り立っているという部分もありますが^^ 実際に、無料期間で試していただければよく分かりますが、サービス内容は本当に これまでの常識が覆りますよ…。 「 漫画喫茶を1ヶ月間無料で利用し放題」 それと大体同じようなイメージですからね…^^; そしてそんな中、『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を読むことだけを楽しみたい場合は、 『俺の臆病なオオカミくん。 1巻』を読み終わった初月で解約してしまっても問題はないです。 ちなみみに解約の方法も「電話」や「面倒くさい手続き」をする必要は一切なく、 サービス内の項目から、ちょろちょろっと30秒くらいの入力をするだけ で、簡単にできてしまいます。 しかし、 登録後にもらえる合計1300円分のポイントを使用することによって、その 有料作品たちも問題なく楽しむことができるというわけです。 1巻』は有料・無料関係なく、この1300円分のポイントがある限り、完全無料で読むことができる、 ということですね。 1巻』を全ページ完全無料で読むことができるわけです…! それでは、 今から30秒後に、『俺の臆病なオオカミくん。

次の