中央 フリーウェイ コード。 曲名:中央フリーウェイの楽譜一覧【@ELISE】

ユーミンの「中央フリーウェイ」なんですが・・・中央自動車道...

中央 フリーウェイ コード

カギになっているのは C7 - Fm7 のところで、C7 - FM7 でも自然なのですがあえて Fm7 にすることで変イ長調のコード進行に入るきっかけになっています。 要するに、「V-I」や「II-V-I」などの連続「部分転調」です。 「V-I」を終止。 といい、「V-I」を含むものを「終止形」といいます。 「転調」の方法として、「終止」のあとは、「転調できる」。 ということがあります。 ということです。 「器楽」の場合は、大変、高度? な転調がいろいろありますが・・・ ということで、「長調・短調」の平行調を行き来しいてる・・・というか、「終止形」で、「直接転調」の連続ですね。 「長調・短調」の平行調を行き来きだけだと、「臨時記号」がほとんどでないのですが、結構、あるようだし・・・ 楽譜がないので、説明した場所が違うと思いますが・・・参考までに。

次の

「中央フリーウェイ」の転調

中央 フリーウェイ コード

イントロ まずはイントロ。 和音をつなげただけのシンプルなイントロですが、その和音が既にかなり凝っている代物です。 3つ目まではよく見るコード進行。 そのあとに出てくる IVm6 はいわゆる サブドミナント・マイナーという奴で、手前のF7をV7としてジャンプしてきています。 サブドミナントマイナーは柔らかい響きがポップスで好まれますが、イントロのここで使うか、という感じのなかなか大胆な使い方です。 G7 9 はトップノートが9thなので、 9 は必須。 その後のC7に関してはトップノートが6度(13度)なので、C7 13 と書くべきかも。 本によっては7thではなくC69としているものもあるようです。 Aメロ Verse お次はAメロ。 アヴァンギャルドなコード進行の上にきれいにメロディが載っている、初期ユーミンの真骨頂がここにあります。 出だしは一見すると普通の Imaj7 — VI7 — IIm7 — V7 で、イチロクニーゴーと日本語で呼ばれるよくある進行に見えます。 VIはマイナー7thになるのが普通ですが、このように7thになることも多々あります。 ベースだけがF やEに行っているという感覚でしょうか。 それをそのまま使わず、ディミニッシュコードにしたのは、アレンジの妙と言えます。 ユーミンの歌は半音が多くて歌いにくいとは昔から言われてますが、こういうところに理由があるのかも。 マイナーコードに行く前のV7にはオルタードテンションが付くのが普通、この部分もそうしないと合わないので、その前のV7は alt と表記してます。 この2、3小節目と4、5小節目の組み合わせは、まったく同じ役割を担っているという不思議なことになっており、メロディラインもそのまま1音下に転調したものになってます。 こんな作り方が狙って出来るのかは知りませんが、あまり見たことのないパターンですね。 後半部分はキーがFマイナーになったあと、わりとすんなりと進みます。 ここでは分かりやすくするために、キーAbメジャーで度数を書いてます。 マイナーに行ったらもう一度戻らねばならないわけですが、やはりIIm7 — V7の流れを利用しているようです。 ポイントは普通のIIm7ではなく、m7-5になっていること。 この後にFm7に行くと普通なんですが、曲頭のFmaj7に戻ることで、メジャーキーに回帰してます。 サビ Chorus サビは実に単純。 Aメロが難しいだけにサビは響きも明快にする、これぞポップスの命題。 IVmajからImajに行く定番の進行ですが、この時点でキーFマイナー(Abメジャー)を引きずっているので、曲の頭に戻ろうとするならば、Fメジャーに戻すために一ひねりしなくてはいけません。 同じコードの1音半ずらしはあまり違和感なく聞こえる、という性質もあるかもしれません。 メロディラインはこのコードが入った頭からFのM3rdを歌うので、この3拍目ではっきりキーが戻っているのがわかります。 初期ユーミンに多い不思議な終わり方ですが、おそらくは更けゆく夜をドライブしながら去って行く、余韻のイメージではないかと思います。 キラキラした雰囲気と少し影のある余韻の残し方が不思議と曲にマッチしてます。 その雰囲気を作るために、こんな謎のコードをむりやりエンディングにはめ込んだのではないかと思うのですが、どうでしょうね…。 ソロをとってみる この曲をジャズみたいにやる人がどれぐらいいるのか知りませんが、コード進行を分析してやることといえば、作曲のための勉強にするか、アドリブをするぐらいしかないわけで。 アドリブをとる際にどういうアプローチがあり得るのか考えてみます。 僕自身がギタリストなのでギター的見地の話ではありますが、ピアニストでもやることは大体一緒で良いと思います。 Aメロ部分 まずAメロ。 ここが最大の難所ですが、F dim — D7 となっているところはまとめてD7扱いで良いと思います。 逆にディミニッシュのフレーズを1小節まるまる放り込んでもOK。 勝手にツーファイブにして Am7-5 — D7 なんてのもジャズ的アプローチで合いそうです。 その後の Edim — C7 — Fm7 も同じような感じでいけます。 原曲通り、同じアプローチを1音下げて行うというので問題ないかと。 Fm7の1音目は転調を分からせるためにも、m3rdの音を狙いたいとこです。 その後はスケール通りでも大丈夫。 個人的には、次にFメジャーに戻る前に、先んじてここでメジャースケール的な音を使って匂わせておくのが好みです。 サビ(Bメロ)部分 Bメロは特に問題なくいけます。 原曲のギターソロはここの進行だけで登場しますが、メロディをなぞってるだけで、凝ったことはしてません。 実際に弾いてみた ためしに僕が弾いてみたのを最後に置いておきます。 どさくさに紛れて宣伝しときます。

次の

コードの話「中央フリーウェイ」の巻

中央 フリーウェイ コード

イントロ まずはイントロ。 和音をつなげただけのシンプルなイントロですが、その和音が既にかなり凝っている代物です。 3つ目まではよく見るコード進行。 そのあとに出てくる IVm6 はいわゆる サブドミナント・マイナーという奴で、手前のF7をV7としてジャンプしてきています。 サブドミナントマイナーは柔らかい響きがポップスで好まれますが、イントロのここで使うか、という感じのなかなか大胆な使い方です。 G7 9 はトップノートが9thなので、 9 は必須。 その後のC7に関してはトップノートが6度(13度)なので、C7 13 と書くべきかも。 本によっては7thではなくC69としているものもあるようです。 Aメロ Verse お次はAメロ。 アヴァンギャルドなコード進行の上にきれいにメロディが載っている、初期ユーミンの真骨頂がここにあります。 出だしは一見すると普通の Imaj7 — VI7 — IIm7 — V7 で、イチロクニーゴーと日本語で呼ばれるよくある進行に見えます。 VIはマイナー7thになるのが普通ですが、このように7thになることも多々あります。 ベースだけがF やEに行っているという感覚でしょうか。 それをそのまま使わず、ディミニッシュコードにしたのは、アレンジの妙と言えます。 ユーミンの歌は半音が多くて歌いにくいとは昔から言われてますが、こういうところに理由があるのかも。 マイナーコードに行く前のV7にはオルタードテンションが付くのが普通、この部分もそうしないと合わないので、その前のV7は alt と表記してます。 この2、3小節目と4、5小節目の組み合わせは、まったく同じ役割を担っているという不思議なことになっており、メロディラインもそのまま1音下に転調したものになってます。 こんな作り方が狙って出来るのかは知りませんが、あまり見たことのないパターンですね。 後半部分はキーがFマイナーになったあと、わりとすんなりと進みます。 ここでは分かりやすくするために、キーAbメジャーで度数を書いてます。 マイナーに行ったらもう一度戻らねばならないわけですが、やはりIIm7 — V7の流れを利用しているようです。 ポイントは普通のIIm7ではなく、m7-5になっていること。 この後にFm7に行くと普通なんですが、曲頭のFmaj7に戻ることで、メジャーキーに回帰してます。 サビ Chorus サビは実に単純。 Aメロが難しいだけにサビは響きも明快にする、これぞポップスの命題。 IVmajからImajに行く定番の進行ですが、この時点でキーFマイナー(Abメジャー)を引きずっているので、曲の頭に戻ろうとするならば、Fメジャーに戻すために一ひねりしなくてはいけません。 同じコードの1音半ずらしはあまり違和感なく聞こえる、という性質もあるかもしれません。 メロディラインはこのコードが入った頭からFのM3rdを歌うので、この3拍目ではっきりキーが戻っているのがわかります。 初期ユーミンに多い不思議な終わり方ですが、おそらくは更けゆく夜をドライブしながら去って行く、余韻のイメージではないかと思います。 キラキラした雰囲気と少し影のある余韻の残し方が不思議と曲にマッチしてます。 その雰囲気を作るために、こんな謎のコードをむりやりエンディングにはめ込んだのではないかと思うのですが、どうでしょうね…。 ソロをとってみる この曲をジャズみたいにやる人がどれぐらいいるのか知りませんが、コード進行を分析してやることといえば、作曲のための勉強にするか、アドリブをするぐらいしかないわけで。 アドリブをとる際にどういうアプローチがあり得るのか考えてみます。 僕自身がギタリストなのでギター的見地の話ではありますが、ピアニストでもやることは大体一緒で良いと思います。 Aメロ部分 まずAメロ。 ここが最大の難所ですが、F dim — D7 となっているところはまとめてD7扱いで良いと思います。 逆にディミニッシュのフレーズを1小節まるまる放り込んでもOK。 勝手にツーファイブにして Am7-5 — D7 なんてのもジャズ的アプローチで合いそうです。 その後の Edim — C7 — Fm7 も同じような感じでいけます。 原曲通り、同じアプローチを1音下げて行うというので問題ないかと。 Fm7の1音目は転調を分からせるためにも、m3rdの音を狙いたいとこです。 その後はスケール通りでも大丈夫。 個人的には、次にFメジャーに戻る前に、先んじてここでメジャースケール的な音を使って匂わせておくのが好みです。 サビ(Bメロ)部分 Bメロは特に問題なくいけます。 原曲のギターソロはここの進行だけで登場しますが、メロディをなぞってるだけで、凝ったことはしてません。 実際に弾いてみた ためしに僕が弾いてみたのを最後に置いておきます。 どさくさに紛れて宣伝しときます。

次の