ポケモン ダイオウ ドウ。 ダイオウドウ

【ポケモン剣盾】キョダイマックスダイオウドウの入手方法と種族値【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ダイオウ ドウ

ダイオウドウ どうぞうポケモン ガラルNo. 303 ぜんこくNo. 879 高さ 3. 0m 重さ• 650. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Copperajah タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 3倍になる。 また、追加効果がある技を使うと、道具『いのちのたま』の反動効果や『かいがらのすず』の回復効果を受けない。 攻撃対象の相手の道具『だっしゅつボタン』『レッドカード』『アッキのみ』『タラプのみ』および特性『にげごし』『ききかいひ』『へんしょく』『わるいてぐせ』『ぎゃくじょう』の効果も発動させない。 なお、自分の能力ランクを下げる技や反動技、ダイマックス技は追加効果の対象ではない。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第6世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 いずれの状態でもない時は技が失敗する。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

【ポケモン剣盾】色違いポケモン一覧と見分け方【ソードシールド】

ポケモン ダイオウ ドウ

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、および育成論を記述するところである。 ダイオウドウの歴史 第八世代 単タイプだが火力、技範囲などから補って余りあるアタッカーとして評価された。 特にでは素早さのが激戦区の30である事からのエースとして候補に挙がる。 ただ、、、といったトリパのエースとしてのトップメタにいずれも一致で抜群を取られてしまうので、安心はし切れない。 ランクマッチシリーズ1では通常はができないにもかかわらず、バグによりキョダイマックスできることが判明。 シナリオではのエースとしてキョダイマックスを披露する。 一般的な育成論 高いHPと攻撃が特徴で、特攻も低くはない。 だがその他のステータスは低い。 それでも、HPに耐久種族値が寄っているため、耐久指数自体は高い。 メインウエポンは。 サブウエポンは、、、、。 特性ちからずくを考慮するとこれらが候補になる。 変化技はステルスロック、ちょうはつ辺りが使える。 はちからずくでデメリットを帳消しにできるがメイン。 違和感なくフルアタック型にできるので型もアリ。 とのシナジーを考慮するならが候補に挙がる。 はとに各252振りが無難。 がどれも物理寄りなので、防御に厚くするとそれらに強気に出ることができる。 とつげきチョッキ型なら防御の代わりに特防に厚く振ろう。 はが主流。 や後攻ばかぢからという目的があるならゆうかん最遅もおススメ。 隠れ特性のはやを最大限に強化できる。 元が重いので自身に対するけたぐりのダメージも変わらないが、ダイマックスポケモンが相手だと体重依存の技は無効になるため、基本的に採用候補にはならない。

次の

ダイオウドウの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ダイオウ ドウ

目次(Contents)• 【ダイオウドウVMAX】のキーカード 《ダイオウドウVMAX》 HP340という非常に高いHPと、必要なエネルギーこそ多いもののダメージの高い技を2種類持つ、重戦車系のアタッカーです。 ワザ『デンジャラスノーズ』は相手のポケモンがたねポケモンなら「200」ダメージになります。 「非ポケモンV・GX」のたねポケモンなら確実にワンパン出来、「ポケモンV・GX」を相手にしたときでも《ガラル ニャイキング》の特性『はがねのせいしん』を使えば「220」ダメージになり、ワンパン圏内に入ってきます。 もう一つのワザ『キョダイハンマー』はシンプルに「240」ダメージを与えます。 条件やデメリットが無いので、 どのポケモンに対しても安定した攻撃が可能です。 《ザシアンV》《ザマゼンタV》 伝説のイヌヌワン。 《ザシアンV》はサブアタッカーとして活躍します。 (あくまでも サブアタッカーですよ!?) ワザ『ブレイブキャリバー』はデメリットこそありますが、エネルギー3つで230ダメージと非常に高いダメージを与えることが出来ます。 特性『ふとうのつるぎ』によるドローソースとしての活躍もすることが出来、バランスの取れた強力なポケモンです。 《ザマゼンタV》は徐々に頭角を現してきた「ポケモンVMAX」に対して有効な特性『ふくつのたて』を持っています。 「ポケモンVMAX」からのダメージを防ぐことが出来るので、時間稼ぎにも有効。 ワザ『アサルトタックル』も特殊エネルギーを破壊できるので、《ザシアンV》とは違った戦い方をすることが出来ます。 《ジュラルドン》《メタルソーサー》 貴重な鋼タイプのエネルギー加速カードです。 メインアタッカーの《ダイオウドウVMAX》、サブアタッカーの《ザシアンV》共にエネルギーを3つ以上要求しているので、素早く攻撃をするために入れておきたいです。 《ジュラルドン》は後攻1ターン目からワザ『メタルシャープナー』を使ってエネルギー加速が出来ます。 ワザのダメージこそ低いですが、複数回使用することが出来れば、場のエネルギーをどんどん増やすことが出来ます。 《メタルソーサー》は「グッズ」なので即効性が魅力です。 ベンチポケモンにしか付けられない点には注意しましょう。 特に《ダイオウドウVMAX》は逃げエネが4つなので、使用タイミングはよく見ておきたいです。 【ダイオウドウVMAX】のレシピ 《ダイオウドウVMAX》を軸に据えて、サポート役として《ガラル ニャイキング》を採用した形にしてみました。 また《ダイオウドウVMAX》は逃げエネが4つである為《ムキムキパッド》に対応していますが、炎タイプデッキが相手になっても戦えるように、《鋼鉄のフライパン》を優先して採用しました。 《ザシアンV》《ザマゼンタV》など、対応するポケモンも多いので《鋼鉄のフライパン》を優先して大丈夫です。 他に特筆すべき点は見当たらないですね…。 やることが分かりやすいデッキになったのではないかなと感じます。 《ダイオウドウVMAX》は強力ですが、「ポケモンVMAX」なので3枚のサイドを取られたり、進化ポケモンであるデメリットがあります。 《ダイオウドウVMAX》が2体倒されると負けてしまうので、《ザシアンV》を出してサイドを取られる枚数を調整しつつ攻撃したり、《ザマゼンタV》で時間稼ぎをしていきましょう。 《ガラル ニャイキング》は特性『はがねのせいしん』によってダメージの底上げが可能です。 《ダイオウドウVMAX》の『デンジャラスノーズ』で相手の「ポケモンV」を倒しやすくなるので、是非場に出しておきたい所です。 【ダイオウドウVMAX】の強い点・弱い点 強い点:動き出したら止まらない超火力ポケモン! 《ダイオウドウVMAX》は、ワザのエネルギーこそ多く必要としておりますが、どちらのワザも高火力かつ使い勝手のいいものに仕上がっています。 HPも「340」と中々ワンパンされない耐久力を持っているので、生半可なポケモンでは成す術なく倒されることになるでしょう。 強い点:充実してきた鋼タイプの専用カード vs【ダイオウドウVMAX】時の対策 《ボスの指令》でエネルギーが付いていない《ダイオウドウVMAX》を呼び出す 《ダイオウドウV》や《ダイオウドウVMAX》は逃げエネが4つでワザの必要エネルギーも多いため、《ボスの指令》を使ったバトル場への縛りが有効です。 《ダイオウドウV》、《ダイオウドウVMAX》を縛り付けている間に手早く盤面を完成させて、攻撃を開始していきましょう。 もたもたしていると《ザシアンV》や、もう1体の《ダイオウドウVMAX》が攻撃をし始めるので注意です。 《ツールスクラッパー》で《鋼鉄のフライパン》を破壊 《ダイオウドウVMAX》は鋼タイプのポケモンである為、《鋼鉄のフライパン》を付けて防御性能を更に高めることが可能です。 実質的なHPを増やしつつ、弱点も消してしまう為、非常に厄介な相手になります。 そこで 《ツールスクラッパー》を使用して《鋼鉄のフライパン》を破壊することで、多少楽に戦うことが出来るようになります。 《ボスの指令》と同様、多くのデッキで採用が出来るので是非入れてみてください。 まとめ 今回は【ダイオウドウVMAX】デッキを紹介しました。 《ザシアンV》が強力過ぎるので陰に隠れがちですが、《ダイオウドウVMAX》も魅力的なポケモンだと思います。

次の