スーパー ミラクル ジャグラー グラフ。 スーパーミラクルジャグラー高設定の挙動や勝率やスランプグラフ(波)の特徴

ジャグラーで万枚は出る?|確率|データグラフ|達成しやすい機種を総まとめ!

スーパー ミラクル ジャグラー グラフ

スーパーミラクルジャグラーの設定判別は、 通常時のブドウ確率と 非重複チェリー確率(ペカらないチェリー)から推測。 スーパーミラクルジャグラーの立ち回り• 設定4以下は低設定:設定4以下は狙わない。 設定5. 8)から見抜く。 判断を早めに。 小役から設定推測:ブドウ確率、ペカらないチェリーカウント必須。 稀に爆発する:基本的に波が荒くないジャグラーであるか、まれに大爆発することがある。 REG確率が最も良いのが設定5という設定通りのスペックではない稀有なジャグラー。 高設定でも穏やかなスランプグラフを描きやすいのが特徴。 分かりやすいので見せ台として設定5を使うホールも多い。 設定4以下は苦痛を伴うので、朝一から打つ場合も夕方以降から打つ場合も、設定56の数値を上回っている台のみ狙っていきたい。

次の

スーパーミラクルジャグラー高設定の挙動や勝率やスランプグラフ(波)の特徴

スーパー ミラクル ジャグラー グラフ

コンテンツ• ゴーゴージャグラー|設定6から設定1まで全設定のグラフの特徴を画像と実機データで説明| 設定差をグラフから判別する方法 さて、それでは早速設定6から見てみましょう! ゴーゴージャグラー設定6のグラフと特徴 まずは実機設定6のグラフのサンプル画像をご覧ください。 第1ピークまで上がるのが早くすぐに2000枚行く事が多いです。 ハマリが浅い割に連荘が強くグングン上昇します。 またトレンドラインは最下点のラインと平行になる事が多いですが、このラインを突破するのはほとんど6です。 6でない場合は、その後急落してしまいます。 早い段階で強い上昇が来ると当日の差枚数の到達点が上がります。 詳しくは下記の記事で解説していますが、このサンプルは2000枚まで 早い段階で出た為に最終的に7000枚に到達しています。 設定差が出やすい第1ピークからの落差も少なくすぐに上昇して戻します。 設定6は不安なくハマリも浅く、ペカると期待に応えて連荘してくれますし尚且つBIGが連荘します。 設定5の場合は、一定の差枚数に達するとBIGが弱くなりがちです。 最大ハマリも500G行くことは一日に1. 2回あるかどうかです。 連続して300超えるとか頻繁に超える場合は、設定45かそれ以下を疑いましょう。 ゴーゴージャグラーの実機の統計データは下記の記事で詳しく紹介しています。 合わせてもご覧ください。 ゴーゴージャグラーも公表値が低く公表されています。 ジャグラーの設定6はかなり出ます。 ゴーゴージャグラーの設定6は頻繁に5000枚出る機種です。 結果的に差枚数がつかない台は設定6ではありません。 頻繁に300Gを超える場合や、連続して300Gを超える場合は まず設定6ではありませんので設定判別に使いましょう。 45位になります。 設定6のみ終日全く落ちない事もあります。 設定5でもブドウが良く、その後低下する実践記事もありますのでこちらも見てみてください。 設定5でも充分に出るので設定6を敢えて置いてくれる事は少ないです。 また平均連荘も一時的に3. 0に迫り最終的に2. 5以上程度に落ち着きます。 この辺りの統計データはで公開しています。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定5のグラフと特徴 まずは実機設定5のグラフのサンプル画像をご覧ください。 ゴーゴージャグラーの設定5の出る枚数は差枚で3000枚程度です。 この台は朝から1000枚まですぐに出ている為、4000枚に到達出来ました。 途中で設定5と気付ければ4000枚でやめるべき台です。 止めるべき枚数の判断方法は以下の記事で紹介しています。 しかし、その後伸び切れるかが設定6との差になります。 4000枚出た後に、3000枚まで落とされていますが、このような落ち方は設定6ではしません。 打たないと結果が分からないため、設定6が入っている根拠があるかが非常に重要になります。 また打ち慣れると分かってきますが、設定6よりはハマリの頻度が高く子役確率も落ちやすいです。 ゴーゴージャグラーの設定5も公表値が低く公表されています。 朝から跳ねる場合を除いて約3000枚の出玉を望める設定ですが、 3000枚到達した後はやめないと落とされます。 設定6よりは頻度が高く、3000枚を達成したとはまとめてハマリが来ます。 01ありますが、設定6ではありませんし、高設定域の設定差が少ないため 設定4以上との判断しか出来無い機種ですね。 またジャグラーのブドウ確率は一定ではありません。 限界の差枚数に達すると例外なく落ちます。 3000枚到達した後に、ハマリが深くなり連荘も弱くなるので止め時を見失わないようにしましょう。 高設定を後追いして負けた事が無い人は恐らくいないでしょう。 しかし、途中で波が変わるように出来ているので、 さっきまでと変わり「 当たらない・連荘しない・子役も落ちない」で回収されてしまうのです。 これは実は設定が無かった場合もあるでしょうが、 本当に高設定でも設定6でない限り起きるのです。 しかし、サンプルの台では9000回転回せれば最高点を更新する台です。 残り時間と枚数を考慮して勝利できるのかを考えて稼働すると収支に結びつきますよ。 こちらの記事に管理人が使っている方法を記載しているので是非読んでください。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定4のグラフと特徴 まずは実機設定4のグラフのサンプル画像をご覧ください。 この台朝から不調で出始めに時間を要していますが9000回転近く回っており 何とか2000枚に到達しています。 乱高下が激しく一度強い連荘が終わったら誰かに打ってもらって ハマり切ったところ打つ方が時間効率が良いです。 設定3はマイナスまで普通落ちますのでそこが設定4と設定3の差になります。 ジャグラーのボーナス確率は出始めのボーナス確率がその設定のボーナス確率です。 ハマリは少ないはずですがREGに偏る事で差枚が調整されます。 0など非常に多いですね。 ブドウ確率は設定4以上の判断に使いましょう。 設定5以上と違いBIGの連荘が少なく、間違ってBIG3連とかするとすぐにハマります。 基本的に2000枚到達したら連荘抜けでやめて構いません。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定3のグラフと特徴 まずは実機設定3のグラフのサンプル画像をご覧ください。 設定4は若干右肩上がりですが設定3は真横に行きます。 リセットで設定3を入れると調子が良い場合は2000枚でも出ます。 しかしその後きっちり0まで回収してくれるのでホールとしては助かるはずです。 設定3を後追いすると負けるので高設定の根拠を持っていないと履歴打ちはしてはいけません。 設定4以上と違いBIGが3連しにくいので数珠連で上がっている台は大体3です。 設定5以上になるとBIG4連など出玉が早い事が多いです。 BIG4連などしている台のみに着目すれば設定3をかわせる事が多いですが 高設定を使う根拠がやはり一番大事です。 ジャグラーのボーナス確率は出始めのボーナス確率がその設定のボーナス確率です。 設定4と勘違いしやすくなるのはこのためですが、これだけペカっても REGに寄せて出玉を回避するのは設定3の仕事です。 高設定は8割がたは素直に出ます。 出玉がつかない台はおかしいという考えを持つように意識しましょう。 86%になると6回に1回程度の割合で300Gを超えますので結構辛いです。 300Gを超えるジャグラーを追う時は設定判別が済んでいるか根拠がある台のみです。 管理人もわからずに捨てる事はありますが、ほとんどが低設定の中で わからずに追うのは危険ですし継続して勝てません。 ペカる台もすぐにブドウが悪い事に気づくのでペカっていても下の設定だなとわかります。 低設定や中間でも光る時ってホントにあるんですよ。 管理人はBIG1回分で出るだけだして、はまり出したらすぐに捨てますね。 この方法は本当におススメですのであなたも試して下さいね。 詳しくはこちらの記事に記載しています。 設定5以上と違いBIGの連荘が少なく、間違ってもBIG3連以上ほぼしません。 基本的に2回連荘が続くとやめないといけない設定ですね。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定2のグラフと特徴 まずは実機設定2のグラフのサンプル画像をご覧ください。 REG確率など完全確率じゃないから単体では有害なデータになってしまいますね・・・ ジャグラーの高設定の平均投資枚数は550枚程度です。 倍の1000枚入れても出ない台はほぼ否定するでしょう。 全く当たらなかった台が、当たってから普通に高設定として出だす台はありますが すでに連荘が発生している台はそういう台ではありません。 投資枚数の上限を決めると負ける金額を抑えれます。 通常は多くて1000枚程度にすると良いでしょう。 この台は1000回転を超えるハマリもありますが、高設定以外は300でやめれば 被害はぐっと少なくなります。 これは連荘が弱いので影響を受けにくいためです。 設定3同様で84%になると6回に1回程度の割合で300Gを超えます。 何度も言いますが300でやめましょう。 BIG1回分が150ゲーム位で無くなる事もざらにありますね。 BIGがほぼ連荘しないので出玉が増えません。 高設定はBIGがドンドン連荘する台なので、連荘が弱い台はとっとと捨てましょう。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定1のグラフと特徴 最後は実機極悪設定の設定1グラフのサンプル画像をご覧ください。 05とかありますが、ぶどうの信頼度はこんな物です。 また連荘もしないため、こういう台は絶対に打ってはいけません。 実際の機械割は87%程度です。 ちょっと打っただけで猛烈に負けるのはこのためですね。 サンプルの台は67%ですがこれは2. 3回に1回は300Gを超えています。 しかしサンプルのように 極端に当たっていない台はブドウ確率だけが良い事が多々あります。 これは機械割を保とうとしてくれているのか、稼働を上げるための罠なのかはわかりませんが こういう台はしょっちゅうあります。 ブドウ確率だけで判別をしていけないのはこのためですね。 全く連荘する気がしない気分にさせてくれる設定です。 もしこういう台を打っていて連荘したら100Gいったらすぐにやめましょうね。 -スポンサーリンク- まとめ 今回はゴーゴージャグラーの全設定のグラフの比較をご覧いただきました。 もちろん狙いたいのは設定6ですが現実的に見かけるのは設定4程度です。 そのため中間設定の波を読んで収支を上げていく必要があります。 こちらの記事でも中間設定で収支アップを狙う方法を具体的に記事にしましたので是非ご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 よろしければこのサイトをシェアしていただければ幸いです。

次の

スーパーミラクルジャグラー|機械割・小役確率・設定判別・立ち回り

スーパー ミラクル ジャグラー グラフ

目次(タッチでジャンプ)• 2 96. 2 97. 0 99. 3 102. 7 104. 2 108. 設定 50G以内のジャグ連確率 1 24. 100G以内の回数別ジャグ連確率 連荘回数 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6 1 43. 設定1でも100G以内に5連する確率は1. 100G以内のジャグ連10連となると設定1だと0. 達成できたら自慢出来るレベルです。 ミラクルジャグラーの大ハマり確率(100G~1000G) ボーナスがハマる確率をゲーム数別にまとめました。 ハマリG数 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6 100 56. 1日ぶんまわした場合の平均を取ると、設定1だと700Gはまり、設定6でも500Gはまりまでは発生する可能性が高いということになります。 1000G以上の大ハマりは設定1でも0. ブドウがあまり落ちないのでそこからちょっと回して止めましたが、次に座った人は450ハマり、350ハマりと合算がさがっていったそうです。 それより気になったのは最初に座った台。 2台目を打ちながら見ていると、R連荘、たま~にBと、お気の毒な状況。 他にもBRついてきて合算が良いが、Rがやたらきて増えない台が多く見受けられ、余程のことがないかぎり思い切って打ち切れない台だなあと実感しました。 朝一に1334GのReg、次に118GのReg、その後572Gで1回目のBig。 その後730GにBig。 その後は100G以内にBig2回、Reg1回とジャグ連しましたが、その後は200G以上のハマりだけ。 5スロだったので少しは助かりましたが、相当やられました。 750Gを含む300G以上のRegのハマり5連とかも経験あ ります。 そりゃ10万回回せば確率が収束するかもしれませんが、たかが8000Gでは無理です。 その前に設定1,2を回し続ければ、確率が収束する前にお金がぶっ飛びすぎて破産しますね。

次の