中華スマホ デメリット。 iPhone一筋だった俺がAndroidに変えてみて思った8つのメリット・デメリットを話そうと思う!

iPhone一筋だった俺がAndroidに変えてみて思った8つのメリット・デメリットを話そうと思う!

中華スマホ デメリット

小型スマホのメリット・デメリットは? 小型スマホのメリット・小さいから便利 小型スマホのメリットは、片手で簡単に操作ができるくらいに小さい点です。 特に、3インチ以下の超小型の機種は、女性の手のひらに収まるほどの小ささが特徴的です。 スマホは頻繁に使うものですが、最近の大型の機種では不便に感じてはいませんか? 小型スマホの他のメリットとして、持ち運びが楽というポイントもあります。 小型スマホの機種は、衣類のポケットに入れて持ち運びができるほどのサイズが便利です。 それに、単純に見た目の小ささがかわいいという点も、小型スマホの魅力です。 小型スマホのデメリット・小さいから不便 小型スマホのデメリットは、スペックが比較的低いことです。 近年では、そこそこのスペックを備えた小型スマホの機種も販売されていますが、ハイスペックを望む場合には、小型スマホでは限界があります。 希望のスペックを確認して機種を選びましょう。 小型スマホのデメリットには、小さいことそのものに由来する不便さもあります。 例えば、入力のしにくさや、カバンの中で迷子になってしまうといった点です。 特に、3インチ以下の超小型の機種の場合に顕著ですから、これも考慮して機種を選びましょう。 この機種は、世界最小スマホをうたっていて、ディスプレイが2. 45インチという超小型です。 ズボンの前ポケットにも入るほど小さいことが、一番のメリットです。 jelly-proの他の特徴として、SIMフリーになっていることがあげられます。 使えるSIMカードは、ドコモ回線を使用したものとY!mobileのものです。 超小型機ながらそこそこのスペックで、ドコモのプラチナバンドB19対応が魅力です。 この機種の特色は、iPhone miniを彷彿とさせる外見です。 ディスプレイのサイズは2. 54インチで、こちらも超小型の分類に入ります。 本体重量の59gという軽さも魅力です。 もともとは4G LTE非対応でしたが、この機種は4Gに対応しています。 超小型ながら、Google Playが可能というスペックです。 こちらの機種も、中華スマホの中の超小型の機種です。 そして、日本の地域設定ができますので、日本語に対応しています。 超小型ながら、500万画素のカメラも搭載しています。 このシリーズは、最新型で4G LTE対応のSIMフリーになりました。 技適認証をとれば、日本国内でも使えそうです。 OSは、Android7. 0であり、microSDカードスロットがありますので、メモリカードを内部ストレージ化できれば便利です。 こちらの商品は先ほどのjelly-proの姉妹品です。 jelly-proの超小型の魅力はそのままに、アウトドア向けの頑丈さをプラスした機種です。 この機種の防水・防塵・耐衝撃性能は、アウトドアでの使い道はもちろん、日常生活にも有用でしょう。 また、CPUやメモリ・電池やカメラといったスペックも、jellyに勝るとも劣らないものになっています。 スポーツで使うための専用付属品もあります。 米国のメーカーのPOSHmobileから発売されたスマホで、2. 5インチというサイズです。 このMicroX-S240は3G通信対応で、SIMフリーです。 LTE通信には非対応ですが、GooglePlayには対応しているため、アプリの追加の仕方は容易です。 気になるお値段は90ドルで、日本円では約1万円です。 これで、超小型でそこそこ使えるスマホが買えれば、お買い得といえるでしょう。 こちらは、数年前の機種のXperiaで、ディスプレイは3インチです。 少し前まではスマホの小型化が顕著でしたので、型落ち機種の小型スマホも良いでしょう。 スマホといえば、格安スマホの活用で節約を考えている人も多いでしょう。 格安スマホのメリットとデメリットをしっかり押さえて、格安スマホへ切り替えましょう。 今回は、そのために使える情報を取り上げましたので、参考にしてください。 現在でもまだ主力のXperiaの小型機で、ディスプレイは3. 3インチです。 このシリーズは、サイズ以外ではデザインも機能もシンプルなことが特長です。 このXperia-rayですが、通話専用機としての利用も、経済的なため推奨できます。 このスマホを通話専用機として利用した場合の費用は、月々1,000円弱にすることも可能です。 性能上、電話帳の番号を多く入れることもできます。 ディスプレイは3. 3インチで、メイン機と同期するサブ機としての利用のための機種です。 PalmPhoneは、スマホとして自由にアプリを追加できます。 このスマホの独特の機能は、NumberShareというサービスです。 これは、メイン機がメールなどを受信した際に、PalmPhoneに通知するサービスです。 また、この機種には顔認証にも対応していたりと、役立つAndroidです。 auの懐かしいガラケーのデザインを忠実に再現しています。 この機種は、スマホでありながら、ガラケーの様にテンキーを備えていることがポイントです。 その見た目そのままに、ガラケーとしての利用にもぴったりの機種です。 すでにハイスペックのスマホを持っている場合には、通話専用にすれば安上がりに使えます。 もちろん、小さいから使いやすいという魅力も忘れてはいけません。 このスマホの最大の魅力は、5000円を切る値段にあります。 この値段で、画面が3. 5インチというiPhone4s並の小さいサイズなのです。 この機種を使いこなすために必須のアイテムが、microSDカードです。 ここに、移動可能なアプリや画像ファイルを入れておけるのです。 搭載されているアプリの使い心地はまずますといった感じですが、格安で小型スマホが買えるなら上等でしょう。 Xperiaの小型機種で、3. 2インチのディスプレイを備えています。 そして、この機種の最大の特徴はSIMカードが2枚挿せることです。 つまり、これ1台で2回線分の通話やSMSが使用可能だということです。 電話発信の際に回線を選択する時には、本体の右側面にある切り替えボタンを使います。 安価な機種であるため、少し機能が削られていますが、日常使いには問題ないでしょう。 Xiに対応している機種の中でも、最軽量である点が看板です。 そのうえ、ワンセグ・赤外線通信・おサイフケータイの機能が、日本では極めてありがたいです。 この機種の他のメリットとして、操作するとするする動くスムーズさがあります。 WALKMANアプリ搭載で、音楽が楽しめる点も強みです。 また、バッテリーが取り外し可能な点も、最近の感覚からすれば利便性が高いといえるでしょう。 こちらも、ワンセグやおサイフケータイの機能が魅力です。 音楽プレーヤー機能に重きを置いた、防水・防塵性能がうれしい小さいスマホです。 格安スマホも悪くないと思って、買い替えを検討中の人は、それぞれのMVNOの特徴を把握したうえで選びましょう。 ここで、どこが自分に合っているかを確認したうえで格安スマホを選んでもらえれば幸いです。

次の

中華スマホのメリット、デメリット(格安スマホ)

中華スマホ デメリット

中華スマホとは中国に拠点を置く企業が開発したスマホのこと。 「Huawei」「Lenovo」「Xiaomi」などのメーカーが有名です。 かつての中華スマホは信用できないイメージがありましたが、 今では飛躍的な進歩を遂げ、機能もデザインもオリジナルの発展を見せています。 そんな中華スマホの最大のメリットは、 高機能な製品を安価で手に入れられること。 中にはiPhoneや国産Androidスマホと比肩する品質・機能のものや、iPhoneよりも先を行く機能が搭載されているものもありますが、それらが手頃に入手できるのは嬉しいところですよね。 ただしおサイフ機能やワンセグ機能など、 日本のスマホ独自の機能は備わっていないのが基本、というデメリットも。 これらの機能をよく使う方は注意が必要ですが、あまり必要としておらず、スマホにコスパを求める方には、中華スマホはおすすめですよ。 次に、対応している周波数をチェックしましょう。 まず、LTEバンドの中で最も高い周波数帯である、 2. 1GHz帯(バンド1)に対応しているものを選んでください。 この周波数帯は、日本全国に基地局があるため、速度が速いという特徴があり、日本だけでなく海外でも広く使われています。 また 地方在住、または地方によく行く方は、800MHz(バンド19)に対応している中華スマホがおすすめ。 こちらはプラチナバンドと呼ばれており、速度は遅めですが電波が届きやすく、地方でも問題なく繋がる周波数帯になります。 大手キャリアから正式販売されているものは、そのキャリアの通信規格に対応しているため、あまり気にしなくてもOKですが、 SIMフリーの中華スマホを購入する際は注意して選んでくださいね。 およそ6. 75mmの薄型のアルミボディのスマホです。 持ちやすく美しいのが魅力ですね。 またカメラ機能に優れており、ローライトセンサーと深度センサーで、目が見ている以上の情報を写し取ることができます。 一色だけ浮き上がらすことができるモードも搭載されており、 簡単におしゃれな写真を撮影することができます。 顔認証も指紋認証も搭載し、毎日使い倒す相棒として申し分なしです。 対応周波数(バンド) FDD-LTE B1・3・4・5・7・8・12・17・18・19・26・28・38・40・41 CPU Qualcomm Snapdragon 636 画面サイズ 約6. こちらの最大の特徴は、 世界初の技術で搭載されたスライド式ステルス3Dカメラ。 端末上部に格納されている斬新なデザインで、顔認証にも対応。 またOPPO独自の快速充電システムに対応しており、 35分で充電を完了でき、充電し忘れた朝も大活躍してくれます。 女性でも片手で扱えるようなサイズ感になっています。 CPUは同じHuaweiの上位機種と同じものを搭載しているので、特別に重いスマホゲームなど以外なら、サクサク快適に動かせます。 ダブルレンズ搭載で、ボケた画像もそれなりに撮影できるため、写真撮影という面でも十分使えますよ。 コンパクトで手軽な中華スマホを探している人におすすめです。 対応周波数(バンド) FDD-LTE B1・3・5・7・8・19・20 CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU 画面サイズ 約5. 同時に優れたバッテリー管理システムも採用されており、複数のアプリを併用しても長く使えます。 また角度によって変化し、光の表情を楽しめるデザインも魅力のひとつ。 2インチの画面は、比率19:9のフルスクリーンになっており、 画面占有率の高さも相まって、大迫力の美しさで動画もゲームも楽しむことができます。 非常にコスパのいいスマホと言えるでしょう。 対応周波数(バンド) FDD-LTE B1・2・3・4・5・7・8・18・19・20・26・28 CPU Qualcomm SDM 450 画面サイズ 約6. 2インチ 内蔵メモリ RAM 3GB・ROM 64GB カメラ機能 1300万画素デュアルカメラ・インカメラ:800万画素 バッテリー容量 4230mAh メンテナンス 本体1年保証・2019年1月より国内に認定修理店開始 その他 - カメラ機能にこだわりたい人におすすめなのが、こちらの「Huawei nova3」。 4つのカメラを搭載しており、写真のクオリティを数段上げてくれます。 またセルフィーにAI機能を搭載しているため、ベストな撮影方法を自動で設定。 自分史上最高の1枚を目指せますよ。 顔認証や指紋認証機能も搭載しており、セキュリティー面も充実。 Huaweiの中でもフラッグシップモデルのため、快適なパフォーマンスを発揮してくれます。 ネットもゲームもSNSも気持ちよくサクサクと動作してくれるので、メイン使いもOKですね。 対応周波数(バンド) FDD-LTE B1・2・3・4・5・7・8・12・17・18・19・26・28 CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU 画面サイズ 約6. iPhone Xにも搭載されている顔認証搭載で、指紋認証もあります。 カメラ機能も優れており、 メインカメラもインカメラも高い画素数で、ポートレート機能なども充実。 暗い場所でも美しく撮影できるインカメラは、セルフィーにぴったりです。 パワフルなオクタコアCPUを搭載していることもあり、ゲームアプリの中には少しもっさり動作になるものもありますが、SNSやネットはサクサク。 快適なパフォーマンスが期待できる1台です。 対応周波数(バンド) FDD-LTE B1・3・5・7・8・18・19・26・28 CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU 画面サイズ 約5. 84インチ 約6. 3インチ 約6. 2インチ 約5. 65インチ 約5. 7インチ 約6. 4インチ 約6.

次の

防水対応のタフネス中華スマホの選び方とおすすめ6選!アウトドアに最適

中華スマホ デメリット

小型スマホのメリット・デメリットは? 小型スマホのメリット・小さいから便利 小型スマホのメリットは、片手で簡単に操作ができるくらいに小さい点です。 特に、3インチ以下の超小型の機種は、女性の手のひらに収まるほどの小ささが特徴的です。 スマホは頻繁に使うものですが、最近の大型の機種では不便に感じてはいませんか? 小型スマホの他のメリットとして、持ち運びが楽というポイントもあります。 小型スマホの機種は、衣類のポケットに入れて持ち運びができるほどのサイズが便利です。 それに、単純に見た目の小ささがかわいいという点も、小型スマホの魅力です。 小型スマホのデメリット・小さいから不便 小型スマホのデメリットは、スペックが比較的低いことです。 近年では、そこそこのスペックを備えた小型スマホの機種も販売されていますが、ハイスペックを望む場合には、小型スマホでは限界があります。 希望のスペックを確認して機種を選びましょう。 小型スマホのデメリットには、小さいことそのものに由来する不便さもあります。 例えば、入力のしにくさや、カバンの中で迷子になってしまうといった点です。 特に、3インチ以下の超小型の機種の場合に顕著ですから、これも考慮して機種を選びましょう。 この機種は、世界最小スマホをうたっていて、ディスプレイが2. 45インチという超小型です。 ズボンの前ポケットにも入るほど小さいことが、一番のメリットです。 jelly-proの他の特徴として、SIMフリーになっていることがあげられます。 使えるSIMカードは、ドコモ回線を使用したものとY!mobileのものです。 超小型機ながらそこそこのスペックで、ドコモのプラチナバンドB19対応が魅力です。 この機種の特色は、iPhone miniを彷彿とさせる外見です。 ディスプレイのサイズは2. 54インチで、こちらも超小型の分類に入ります。 本体重量の59gという軽さも魅力です。 もともとは4G LTE非対応でしたが、この機種は4Gに対応しています。 超小型ながら、Google Playが可能というスペックです。 こちらの機種も、中華スマホの中の超小型の機種です。 そして、日本の地域設定ができますので、日本語に対応しています。 超小型ながら、500万画素のカメラも搭載しています。 このシリーズは、最新型で4G LTE対応のSIMフリーになりました。 技適認証をとれば、日本国内でも使えそうです。 OSは、Android7. 0であり、microSDカードスロットがありますので、メモリカードを内部ストレージ化できれば便利です。 こちらの商品は先ほどのjelly-proの姉妹品です。 jelly-proの超小型の魅力はそのままに、アウトドア向けの頑丈さをプラスした機種です。 この機種の防水・防塵・耐衝撃性能は、アウトドアでの使い道はもちろん、日常生活にも有用でしょう。 また、CPUやメモリ・電池やカメラといったスペックも、jellyに勝るとも劣らないものになっています。 スポーツで使うための専用付属品もあります。 米国のメーカーのPOSHmobileから発売されたスマホで、2. 5インチというサイズです。 このMicroX-S240は3G通信対応で、SIMフリーです。 LTE通信には非対応ですが、GooglePlayには対応しているため、アプリの追加の仕方は容易です。 気になるお値段は90ドルで、日本円では約1万円です。 これで、超小型でそこそこ使えるスマホが買えれば、お買い得といえるでしょう。 こちらは、数年前の機種のXperiaで、ディスプレイは3インチです。 少し前まではスマホの小型化が顕著でしたので、型落ち機種の小型スマホも良いでしょう。 スマホといえば、格安スマホの活用で節約を考えている人も多いでしょう。 格安スマホのメリットとデメリットをしっかり押さえて、格安スマホへ切り替えましょう。 今回は、そのために使える情報を取り上げましたので、参考にしてください。 現在でもまだ主力のXperiaの小型機で、ディスプレイは3. 3インチです。 このシリーズは、サイズ以外ではデザインも機能もシンプルなことが特長です。 このXperia-rayですが、通話専用機としての利用も、経済的なため推奨できます。 このスマホを通話専用機として利用した場合の費用は、月々1,000円弱にすることも可能です。 性能上、電話帳の番号を多く入れることもできます。 ディスプレイは3. 3インチで、メイン機と同期するサブ機としての利用のための機種です。 PalmPhoneは、スマホとして自由にアプリを追加できます。 このスマホの独特の機能は、NumberShareというサービスです。 これは、メイン機がメールなどを受信した際に、PalmPhoneに通知するサービスです。 また、この機種には顔認証にも対応していたりと、役立つAndroidです。 auの懐かしいガラケーのデザインを忠実に再現しています。 この機種は、スマホでありながら、ガラケーの様にテンキーを備えていることがポイントです。 その見た目そのままに、ガラケーとしての利用にもぴったりの機種です。 すでにハイスペックのスマホを持っている場合には、通話専用にすれば安上がりに使えます。 もちろん、小さいから使いやすいという魅力も忘れてはいけません。 このスマホの最大の魅力は、5000円を切る値段にあります。 この値段で、画面が3. 5インチというiPhone4s並の小さいサイズなのです。 この機種を使いこなすために必須のアイテムが、microSDカードです。 ここに、移動可能なアプリや画像ファイルを入れておけるのです。 搭載されているアプリの使い心地はまずますといった感じですが、格安で小型スマホが買えるなら上等でしょう。 Xperiaの小型機種で、3. 2インチのディスプレイを備えています。 そして、この機種の最大の特徴はSIMカードが2枚挿せることです。 つまり、これ1台で2回線分の通話やSMSが使用可能だということです。 電話発信の際に回線を選択する時には、本体の右側面にある切り替えボタンを使います。 安価な機種であるため、少し機能が削られていますが、日常使いには問題ないでしょう。 Xiに対応している機種の中でも、最軽量である点が看板です。 そのうえ、ワンセグ・赤外線通信・おサイフケータイの機能が、日本では極めてありがたいです。 この機種の他のメリットとして、操作するとするする動くスムーズさがあります。 WALKMANアプリ搭載で、音楽が楽しめる点も強みです。 また、バッテリーが取り外し可能な点も、最近の感覚からすれば利便性が高いといえるでしょう。 こちらも、ワンセグやおサイフケータイの機能が魅力です。 音楽プレーヤー機能に重きを置いた、防水・防塵性能がうれしい小さいスマホです。 格安スマホも悪くないと思って、買い替えを検討中の人は、それぞれのMVNOの特徴を把握したうえで選びましょう。 ここで、どこが自分に合っているかを確認したうえで格安スマホを選んでもらえれば幸いです。

次の