アン ガルダ メイル。 【MHWI】抜刀ヘビィのテンプレ装備を紹介!パンパンゼミとの比較【アイスボーン】

【MHWアイスボーン】火力特化!マスターランクの操虫棍の強いおすすめ装備

アン ガルダ メイル

【MHWI】歴戦クシャルダオラ対策装備の紹介!徹甲ヘビィで10分周回【アイスボーン】 2019年10月20日 2020年2月13日 2分 アイスボーン「歴戦クシャルダオラ」の対策装備を紹介します。 マスターランクのクシャルダオラは閃光弾に耐性を得ただけでなく、竜巻や龍風圧なども強化され、対策しなければ近づくことすらできないモンスターとなってしまいました。 戦うこと自体が罰ゲームのモンスターです。 そこで今回は、歴戦クシャルダオラを安定して攻略できる装備の組み合わせを考えてみました。 徹甲ヘビィ「金獅子砲【重雷】」を使用すれば10~15分で安定して周回することができます。 攻略に苦戦している人は参考にしてみてください。 徹甲榴弾でスタンを取るのがこの装備の狙いです。 スキル構成を「 砲術」や「 KO術」など徹甲榴弾と相性の良いスキルで固めてみました。 一応、「龍封力強化」も付けてみましたが、本当に効果があるのかは不明。 徹甲榴弾は固定ダメージなので「弱点特効」などの会心率上昇スキルは必要ありません。 ですので、攻撃力を重視したスキル構成になっています。 また、徹甲榴弾が与えるダメージには上限があるみたいです。 火力スキルを詰め込みすぎても無駄になってしまう可能性があるとか。 なるべく4スロットの装飾品が重たくならないように装備の組み合わせを考えてみました。 「挑戦・整備珠」の部分は何でも良いです。 好きなスキルを積んでください。 EXアンガルダ防具を5か所装備することにより、シリーズスキル「 真・大地縫纏」が発動します。 装衣を装着している間、耐震Lv3、耳栓Lv5、風圧完全無効、ひるみ無効の効果を得られます。 つまり「 不動の装衣」と同じような効果を得られるということです。 シリーズスキルの効果で重要なのは「 風圧完全無効」の部分。 クシャルダオラの「龍風圧」を無効化させることが出来るので、かなり戦いやすくなるはずです。 (風圧耐性を5まで上げてもクシャルダオラの龍風圧は防ぐことができないので注意!) 「真・大地縫纏」を常に発動させるために「滑空の装衣」など装着時間が長く、再使用可能時間が短い装衣を選びましょう。 徹甲ヘビィで10分周回 クシャルダオラの厄介な所は「 空を飛んでいる間、ハンター側は何も出来ない」という点です。 常に空高く飛んでいるので「ぶっ飛ばし」によるダウンが狙いずらくなっています。 地面に落とす手段が限られているので、攻撃できるチャンスが非常に少ないです。 にも関わらず、竜巻と風圧による妨害を受け、近づくことすらできないのが現状。 少しでもストレスなく狩れる方法はないか色々と試してみた結果、 徹甲ヘビィが一番楽だと感じました。 徹甲ヘビィであれば安定して 10~15分くらいで討伐することができます。 以下、徹甲ヘビィ「金獅子砲【重雷】」を使用する際に注意すべきことのまとめです。 ボウガンのカスタマイズ 徹甲ヘビィには「 弾丸重化パーツ」がおすすめです。 貫通ダメージが与えやすくなる他、気絶や減気の威力を高めてくれる効果があります。 徹甲ヘビィはスタンを取ることが重要になってくるので弾丸重化パーツは外せません。 後は適当に「 シールドパーツ」でも積んでおきましょう。 機関竜弾を使う場合は「 機関竜弾・改造」を付けても良いかもしれません。 使用する弾は徹甲榴弾Lv3のみ 金獅子砲【重雷】の場合、使用する弾は「 徹甲榴弾Lv3」のみです。 徹甲榴弾を頭に打ち込む続けましょう。 スタンから立ち上がった瞬間にもう一度スタンを取るのが理想。 上手くいけば4、5回スタンをループさせることができます。 「機関竜弾」を弱点部位に当て続けられれば、かなりダメージを稼ぐことができるのですが、ブレが大きく狙いにくいです。 エイム力に自信のない方は無理に狙う必要はありません。 かえって与えるダメージが落ちてしまいます。 調合分を含めた全ての徹甲榴弾を打ち込んでも歴戦クシャルダオラを倒すことはできないので注意。 アイテム補充のために「モドリ玉」は必ず用意しておきましょう。 不動の装衣は使用しない 「不動の装衣」を装着することで、クシャルダオラの「龍風圧」を防ぐことができるのですが、竜巻の多段ヒットを食らいキャンプに送られてしまうリスクがあります。 ガンナーであればモンスターに近づかなくて済むので、風圧の心配をする必要はありません。 徹甲ヘビィの場合は「転身の装衣」と「強打の装衣」がおすすめ。 食事スキル「ネコの砲撃術」 食事スキル「 ネコの砲撃術」を発動させることにより、徹甲榴弾の威力を高めることができます。 5段目の列「 花火師」系統の食材を4つ選択すると確定でスキルが発生します。 肉系統で統一すれば「攻撃力UP【大】」の効果も得られるのでおすすめ。 マイセット登録しておくと便利です。 徹甲ヘビィを使う際は食事スキルも見直してみてください。 (砲術スキルと重複しますが、倍率に上限があるとのこと) まとめ 歴戦クシャルダオラの対策装備の紹介でした。 徹甲ヘビィを使用すれば、比較的安定して攻略することができます。 しかし、戦いにくいモンスターであることに変わりはありません。

次の

【MHWI】太刀のおすすめ装備を紹介!MR70~MR100

アン ガルダ メイル

達人珠IIはストーリーを進めると無料で配布されるので、多くの方は既に入手していると思います。 紹介する装備の特徴は「 災禍転福」と「 属性やられ耐性」を積んでいるという点です。 リオレウス希少種はブレスを頻繁に使用するので「火属性やられ状態」になる機会が多くなります。 逆に属性やられを利用して「災禍転福」を発動させ、攻撃力を高めるのがこの装備の狙いです。 「属性やられ耐性」のスキルをあえてレベル2に抑えることで、「災禍転福」を発動させやすくしています。 「火属性やられ」を 前転回避1回で解除することが出来るので、わざわざ納刀してウチケシの実を食べる必要はありません。 お手軽に「災禍転福」の強化状態を維持し続けることが出来ます。 必要なければ外して自由にアレンジしてください。 「災禍転福」のスキルには、状態異常の蓄積値を上昇させる効果もあります。 「麻痺」や「睡眠」の武器を担ぎ、マルチで援護に回るのも面白いかもしれません。 以下、リオレウス希少種についての情報になります。 リオレウス希少種の特徴 白銀の甲殻を持つリオレウスの希少種。 通称「銀火竜」。 ブレスが強化されており、攻撃範囲も格段に広くなっています。 飛行性能が高く、爪の毒も健在。 隠しモンスターだけあり、非常に強力なモンスターです。 出現条件 リオレイア希少種は導きの地の「 陸珊瑚地帯」、もしくは「 溶岩地帯」に出現します。 地帯レベル6以上で通常の個体、地帯レベル7以上で歴戦の個体が出現するようになります。 ただし、溶岩地帯をレベル7まで上げても歴戦個体は出現しないので注意が必要です。 歴戦の個体を倒すと特別なチャームが手に入ります。 肉質と耐性 有効な属性は「 水」、状態異常も効果的です。 弱点は「脚」、「翼」、「尻尾(の先端)」になります。 頭を部位破壊できれば攻撃が通るようになります。 肉質がとても硬いので、クラッチクローで傷つけながら戦うことになるでしょう。 エリア移動なし リオレウス希少種はエリア移動をしません。 「挑発の装衣」などで別のエリアに誘導したとしても、装衣の効果が切れればすぐに初期位置に戻ってしまいます。 基本的に同じエリアで最後まで戦うことになります。 長期戦になるのでアイテムの準備はしっかりと行いましょう! 攻略のコツ ヒカリゴケ リオレウス希少種のような頻繁に空を飛ぶモンスターに対して「 ヒカリゴケ」が有効です。 空中にいるモンスターに「ヒカリゴケ」を頭に2発ぶつけることでダウンさせることが出来ます。 ダウン時間が長く、閃光弾のように耐性も付きません。 怒り状態中のモンスターにも効果的です。 ただ、「 スリンガーを回収する必要がある」という点と「 動き回る相手の頭を狙うのが難しい」という点に注意が必要です。 導きの地の「陸珊瑚地帯」で戦う場合は、ヒカリゴケが大量に生えているので、スリンガー回収に手間取ることはないでしょう。 逆に「龍結晶の地」ではあまり役に立たない攻略方法になります。 問題は「頭に当てにくい」という点です。 ヒカリゴケは5発しか装填することが出来ず、内2発を頭に正確に当てなければなりません。 難易度が少し高めです。 リオレウス希少種の場合は「ブレス中」に狙うと成功しやすいです。 動きが止まるタイミングを見極めましょう。 クラッチクローによるぶっ飛ばし リオレウス希少種のメインとなる攻略方法はクラッチクローによる「 ぶっ飛ばし」です。 怒り状態ではない時、空中にいるモンスターに対して「ぶっ飛ばし」を行えば、墜落させダウンを取ることが出来ます。 (クシャルダオラなどは例外) 他のモンスターと比較して「ぶっ飛ばし」を狙えるチャンスが多いので、積極的に仕掛けていきましょう。 「 転身の装衣」や「 不動の装衣」を着ていれば、しがみつき中に攻撃を受けても耐えることが出来ます。 通常時は「ぶっ飛ばし」、怒り状態中は「閃光弾」や「ヒカリゴケ」と、モンスターの状況に合わせて使い分けるのが良いでしょう。 会心発生時に与える属性攻撃がかなり高くなるという効果があります。 属性攻撃を主体で立ち回る「双剣」や「弓」と相性の良いスキルです。 しかし、防具の装備スキルが物足りなく感じます。 特に「スリンガー装着数UP」は武器種によって価値が大きく変わるので評価が分かれることでしょう。 スキル構成を考える際、レアな装飾品が必要になってくるのも難しいところ。 良くも悪くも「武器を選ぶ」装備です。 まとめ リオレウス希少種の対策装備を紹介させていただきました。 ブレスをどのように対処するかが、リオレウス希少種を攻略するうえで重要になってくると思います。 「災禍転福」と「属性やられ耐性」の組み合わせが強力なので試してみてください。

次の

【MHWI】抜刀ヘビィのテンプレ装備を紹介!パンパンゼミとの比較【アイスボーン】

アン ガルダ メイル

武器について アン・イシュワルダの武器は 無属性です。 覚醒で龍属性を引き出せます。 が、無属性強化の運用も面白いかも? ちょっとこいつ専用の無属性装備を作りたいですね。 スキル名 効果 大地縫纏(4) 装衣を装着している間、耐震Lv3、風圧耐性Lv3、耳栓Lv3、ひるみ無効の効果を得る。 真・大地縫纏(5) 装衣を装着している間、耐震Lv3、風圧耐性完全無効、耳栓Lv5、ひるみ無効の効果を得る。 「大地縫纏(だいちほうてん)」はアイスボーンでの 新スキルとなります。 上記で解説している通り、装衣を装着している時に限り、様々な防御スキルが発動するというものになっています。 まとめ 以上、アン・イシュワルダの装備紹介でした。 シリーズスキルを踏まえると防御面が優秀な防具だと思います。 ただ、素材集めがクッソ面倒なので作る気がちょっと起きないな……。 ではでは。 カテゴリー• 234• 118• 107• 1,640• 112• 439• 281• 197• 783• 571• 124• 120• 138• 128• 24 アーカイブ• 109• 108• 113• 122• 134• 133• 112• 112• 107• 106• 102•

次の