機 皇帝 ワイゼル s アブ ソープ ション。 BHMの遊戯王ブログ

機皇帝ワイゼル∞−S・アブソープション

機 皇帝 ワイゼル s アブ ソープ ション

このカードを手札から特殊召喚する。 このターン、そのモンスターは攻撃できない。 その発動を無効にし破壊する。 その発動を無効にし破壊する。 スターダスト・ドラゴンの効果とよく似ており スターダスト・ドラゴンの力を吸収したというのを意識した効果なのでしょう。 他のカードを破壊効果から守る事は出来ますが 破壊効果にチェーンしてこのカードを特殊召喚してもその破壊は防げない点には注意です。 破壊効果を持ったモンスターなどが特殊召喚されたタイミングなどに このカードを特殊召喚するのがいいでしょう。 また本家のスターダスト・ドラゴンとは違い戻ってこないので注意です。 そんなに場に残す意義はないです 全体的に防御よりの性能をしているカードであり エースカードというよりは【機皇】用の防御カードといった感じです。 闇属性デュエリストパックなのにそいつら闇属性じゃないだろと思うかもしれませんが 既に水属性の神・スライムが収録されてますし・・・。 アポリアが闇属性デュエリストかどうかという時点でかなり疑問が浮かぶ所ですが きっとプラシド単体を強化するよりは機皇帝全体を強化しようという方針なのでしょう。

次の

遊戯王カードWiki

機 皇帝 ワイゼル s アブ ソープ ション

このカードを手札から特殊召喚する。 このターン、そのモンスターは攻撃できない。 その発動を無効にし破壊する。 このカードを手札から特殊召喚する。 ]というもので、基本的に相手ターンにのみ特殊召喚できるカードです。 このターン、そのモンスターは攻撃できない。 しかし切り札のカードは効果の対象にならないカードも多いため過信は禁物です。 その発動を無効にし破壊する。 ]という効果で、《スターダスト・ドラゴン》のような効果を持っています。 「機皇」デッキでは切り札の《》を破壊から守るのが主な仕事になるでしょう。 ただし《スターダスト・ドラゴン》と違い蘇生しない点には注意が必要です。 《》を通常召喚し、《機皇創出》をデッキから手札に加えます。 《機皇創出》で手札のカードを捨て、《》を破壊します。 このカードを手札から特殊召喚する。 このターン、そのモンスターは攻撃できない。 その発動を無効にし破壊する。 (対象を取る効果ではありません。 相手ターンに、任意に発動する事ができる効果です。 ダメージステップに発動する事はできません。 この効果の発動時にコストとして、自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「機皇」と名のついたモンスター1体を墓地へ送ります。 (相手のモンスターゾーンに存在するモンスター1体を対象を取る効果です。 ダメージステップでも発動する事ができます。 (対象を取る効果ではありません。 フィールドのカードを破壊する効果が発動した時にその発動に直接チェーンして、任意に発動する事ができる効果です。 ダメージステップでも発動する事ができます。

次の

BHMの遊戯王ブログ

機 皇帝 ワイゼル s アブ ソープ ション

このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手ターンに、自分フィールドの表側表示の1体を墓地へ送って発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 このターン、そのモンスターは攻撃できない。 3 :フィールドのカードを破壊する効果が発動した時、このカードをリリースして発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 原作的にも効果的にもスターダストを奪ったのだろう。 相手ターンに自分の機皇モンスターを墓地に送って手札から特殊召喚する効果、特殊召喚成功時に相手のモンスター1体のこのターンの攻撃を封じる効果、場のカードを破壊する効果を自身をリリースして無効にする効果を持つ。 手札誘発的に場に繰り出せるが、機皇は機皇兵以外はやや重いモンスターが多いので積極的に出すよりは効果の対象に取られたときに入れ替えるなどの運用で使いたい。 自身の効果を活かすなら、機皇帝を超えてくる打点から機皇帝を守るために使うことになるがこのカードの攻守もワイゼルと同じなので一時しのぎで終わりかねない。 破壊から守る効果の方はこのカードを失う以上に、手札から特殊召喚してすぐ使えないのが痛い。 機皇帝でありながら攻撃制限を持たないという嬉しいメリットもあるが、もともと出し方が相手ターンに限られるので攻め手の追加としてはそこまで当てにならないか。 ホント、ようやく登場した機皇の新規。 107〜108話におけるワイゼルの形態がモチーフ。 頭がワイズT3じゃないのは素のワイゼルが類似効果を持つから? 機皇なら難しくない召喚条件で破壊以外の除去ではトリガーが引けない機皇帝のリカバリーになりますが、相手ターン中なのでどうしても展開が遅くなりがちなのがネック。 外見通りスキエルC5と吸収してるスタダの効果を引き継ぐ。 ただ対象をとり一度しか止めれず、2500のステも安心できる数値じゃないので、有効に働くかは状況や相手に左右されがち。 破壊無効も機皇帝とのシナジーがイマイチ。 このカード自体ちょっと重いので適当な発動はできない。 タイミング逃させる破壊や複数枚除去に使いたい。 テクニカルなカードっぽいですが、なんか微妙な感じも否めず先行きが不安になる印象。 DP5の地縛神みたいになんなきゃいいんですが・・・。

次の