私 の たった 一人 の 味方。 たった一人の私の味方 第103,104話あらすじ

韓国ドラマ【たった一人の私の味方】の相関図とキャスト情報

私 の たった 一人 の 味方

「たった一人の私の味方」103,104話あらすじ デリュクからの連絡でスイルの殺人の濡れ衣が晴れたことが分かり、急いで長距離バスに乗ったスイルを探すドラン。 ドランから、ダヤ父を殺した真犯人はあのホームレスのヤン社長だったことを知り、衝撃を受けるスイル。 ヤン社長が収監されている警察に行き、ヤン社長を問い質すスイル。 スイルに土下座をして謝り、スイルが落としたナイフでダヤ父を刺したことを告白するヤン社長。 ヤン社長は、今まで不安の中で生き、事業も潰れ、妻も早くに失い、息子も失くし、自身もホームレスになり、ガンになって苦痛だけしか残っていない罰を受けていると話すヤン社長。 何度も自首しようと思っていたが、怖くて尻込みしていたヤン社長だったが、デリュクのおかげで自首の決心がついたと話す。 殺人の冤罪のために28年間刑務所暮らしをして、ずっと苦痛の中で生きてきた父スイルの人生が悔しいドラン。 泣くスイル。 デリュクのおかげでヤン社長が自首したと、デリュクに礼を言うスイルとドラン。 スイルの汚名が晴れ、ホンジュとスイルの仲を許すことにするホンシル。 ホンジュが妊娠中だと聞き、驚くダヤ。 遅くはなったが、真実が明らかになって良かったと考え、誰の事も恨まず、過去の事も全部受け入れて現在を感謝して生きることに決めるスイル。 スイルの今までの人生が悔しくて納得できないドラン。 ダヤ父が殺されてしまったのも、あの時に自身がヤン社長の事務所にお金を借りに行かなければ起こらなかったことだと自身を責めるスイル。 泣くドラン。 ダヤ父を殺したと思ってスイルに暴言を吐いたり暴れたことを悔やむホンシル達。 行きたがらないダヤも行くように言い、スイルに会いに行って謝罪をするホンシルとゴレ。 抱き合う二人。 ドランには恥ずかくしてホンジュが妊娠したことは言えないスイルw 早くドランに言って欲しいホンジュ。 体に良い料理をスイルに持って来るヤンジャ。 そんなヤンジャの気持ちに感謝するスイル。 嬉しいスイル。 イリュクはそんなデリュクを応援する。 ドランとやり直すことに賛成するクムビョン、ジングク。 JSグループの一人娘よ。 うちのドランがワン本部長(デリュク)とまた会うことは無いでしょう。 その二人の会話を聞き、ショックを受けるドラン。 ドランを待っているデリュクの前に、代わりに現れるスイル。 君は君のレベルに合った人と幸せに暮らせ。 テプンがドランを好きなことに気付いているスイル。 テプンを家に招待し、みんなで食事をするスイルたち。 吐き気を催すホンジュを心配するドラン達。 私たちのためにお互いの家族が辛いじゃないの?私たちが別れるだけで他の人が楽になる。 ショックを受けるデリュク。 スイルのパン屋を訪れるテプン祖父。 その祖父を慌てて追い返そうとするテプン。 テプンには家に戻って来て、事業を継いでほしいテプン祖父。 知っていたら家に帰していた。 スイルのせいではなく、自身がテプンを傷つけてしまったからだと話すテプン祖父。 お前は家に帰れ。 家に帰らないならここにも来るな。 デリュクがソヨンに会うのを止めようと言ったことをダヤから聞き、驚くウンヨン。 ショックを受けたソヨンは当分アメリカに行くようだと話すダヤ。 また認知症の症状が出て、ミョンヒを探してウンヨンの髪を掴んで暴れるクムビョン。 急いで主治医を呼ぶデリュク。 鎮静剤を打たれて眠るクムビョン。 ウンヨンに、デリュクとドランを復縁させようと話すジングク。 もう反対はしないウンヨン。 スイルに会いに行き、今までの事を謝罪してデリュクたちを復縁させようと話すジングク。 ジングクが直接会いに行ったのにスイルが拒否したと聞き、憤慨するウンヨン。 デリュクに、ドランとの復縁を諦めるように言うジングク。 テプンに映画に誘われ、閉店後に一緒に見に行くことにするドラン。 映画館でテプンと一緒に居るドランの姿を目撃し、二人の写真を撮ってウンヨンに送るウンヨンの友人。 ドランがアルバイトのテプンのせいで復縁しないのか?と勘繰るウンヨン。 テプンとドランが一緒の写真をデリュクに見せるウンヨン。 家に戻ることにした事をドランに話すテプン。 これからは祖父の傍に居る。 ドランを家の前まで送るテプンの姿を見るデリュク。 ホンシルの家で、スイルやヤンジャ達も呼んで一緒に食事をすることになる。 スタッフのスジョンは休みの日で、二人が会っているんじゃないかと疑うダヤ。 家に帰ってきたイリュクの服の中から、スジョンと二人で写したラブラブのプリクラを発見して激怒するダヤ。 ホンジュが妊娠していることに気付き、赤ちゃんの靴をスイルとホンジュにプレゼントするドラン。 歳の離れた弟妹が出来る事を喜ぶドラン。 恥ずかしがるスイルw ジングクに会いに行き、孫で跡取りのテプンを連れて行って挨拶をするソン会長(テプン祖父)。 ソン会長の孫がスイルの店に居たテプンだと分かり、驚くデリュク。 第105話につづく。

次の

たった一人の私の味方ネタバレあらすじ61話62話63話!30年前の真実が明らかに?

私 の たった 一人 の 味方

「たった一人の私の味方」103,104話あらすじ デリュクからの連絡でスイルの殺人の濡れ衣が晴れたことが分かり、急いで長距離バスに乗ったスイルを探すドラン。 ドランから、ダヤ父を殺した真犯人はあのホームレスのヤン社長だったことを知り、衝撃を受けるスイル。 ヤン社長が収監されている警察に行き、ヤン社長を問い質すスイル。 スイルに土下座をして謝り、スイルが落としたナイフでダヤ父を刺したことを告白するヤン社長。 ヤン社長は、今まで不安の中で生き、事業も潰れ、妻も早くに失い、息子も失くし、自身もホームレスになり、ガンになって苦痛だけしか残っていない罰を受けていると話すヤン社長。 何度も自首しようと思っていたが、怖くて尻込みしていたヤン社長だったが、デリュクのおかげで自首の決心がついたと話す。 殺人の冤罪のために28年間刑務所暮らしをして、ずっと苦痛の中で生きてきた父スイルの人生が悔しいドラン。 泣くスイル。 デリュクのおかげでヤン社長が自首したと、デリュクに礼を言うスイルとドラン。 スイルの汚名が晴れ、ホンジュとスイルの仲を許すことにするホンシル。 ホンジュが妊娠中だと聞き、驚くダヤ。 遅くはなったが、真実が明らかになって良かったと考え、誰の事も恨まず、過去の事も全部受け入れて現在を感謝して生きることに決めるスイル。 スイルの今までの人生が悔しくて納得できないドラン。 ダヤ父が殺されてしまったのも、あの時に自身がヤン社長の事務所にお金を借りに行かなければ起こらなかったことだと自身を責めるスイル。 泣くドラン。 ダヤ父を殺したと思ってスイルに暴言を吐いたり暴れたことを悔やむホンシル達。 行きたがらないダヤも行くように言い、スイルに会いに行って謝罪をするホンシルとゴレ。 抱き合う二人。 ドランには恥ずかくしてホンジュが妊娠したことは言えないスイルw 早くドランに言って欲しいホンジュ。 体に良い料理をスイルに持って来るヤンジャ。 そんなヤンジャの気持ちに感謝するスイル。 嬉しいスイル。 イリュクはそんなデリュクを応援する。 ドランとやり直すことに賛成するクムビョン、ジングク。 JSグループの一人娘よ。 うちのドランがワン本部長(デリュク)とまた会うことは無いでしょう。 その二人の会話を聞き、ショックを受けるドラン。 ドランを待っているデリュクの前に、代わりに現れるスイル。 君は君のレベルに合った人と幸せに暮らせ。 テプンがドランを好きなことに気付いているスイル。 テプンを家に招待し、みんなで食事をするスイルたち。 吐き気を催すホンジュを心配するドラン達。 私たちのためにお互いの家族が辛いじゃないの?私たちが別れるだけで他の人が楽になる。 ショックを受けるデリュク。 スイルのパン屋を訪れるテプン祖父。 その祖父を慌てて追い返そうとするテプン。 テプンには家に戻って来て、事業を継いでほしいテプン祖父。 知っていたら家に帰していた。 スイルのせいではなく、自身がテプンを傷つけてしまったからだと話すテプン祖父。 お前は家に帰れ。 家に帰らないならここにも来るな。 デリュクがソヨンに会うのを止めようと言ったことをダヤから聞き、驚くウンヨン。 ショックを受けたソヨンは当分アメリカに行くようだと話すダヤ。 また認知症の症状が出て、ミョンヒを探してウンヨンの髪を掴んで暴れるクムビョン。 急いで主治医を呼ぶデリュク。 鎮静剤を打たれて眠るクムビョン。 ウンヨンに、デリュクとドランを復縁させようと話すジングク。 もう反対はしないウンヨン。 スイルに会いに行き、今までの事を謝罪してデリュクたちを復縁させようと話すジングク。 ジングクが直接会いに行ったのにスイルが拒否したと聞き、憤慨するウンヨン。 デリュクに、ドランとの復縁を諦めるように言うジングク。 テプンに映画に誘われ、閉店後に一緒に見に行くことにするドラン。 映画館でテプンと一緒に居るドランの姿を目撃し、二人の写真を撮ってウンヨンに送るウンヨンの友人。 ドランがアルバイトのテプンのせいで復縁しないのか?と勘繰るウンヨン。 テプンとドランが一緒の写真をデリュクに見せるウンヨン。 家に戻ることにした事をドランに話すテプン。 これからは祖父の傍に居る。 ドランを家の前まで送るテプンの姿を見るデリュク。 ホンシルの家で、スイルやヤンジャ達も呼んで一緒に食事をすることになる。 スタッフのスジョンは休みの日で、二人が会っているんじゃないかと疑うダヤ。 家に帰ってきたイリュクの服の中から、スジョンと二人で写したラブラブのプリクラを発見して激怒するダヤ。 ホンジュが妊娠していることに気付き、赤ちゃんの靴をスイルとホンジュにプレゼントするドラン。 歳の離れた弟妹が出来る事を喜ぶドラン。 恥ずかしがるスイルw ジングクに会いに行き、孫で跡取りのテプンを連れて行って挨拶をするソン会長(テプン祖父)。 ソン会長の孫がスイルの店に居たテプンだと分かり、驚くデリュク。 第105話につづく。

次の

IKKOおすすめ韓国ドラマ「たった一人の私の味方」現地の評価は? | ドラマのメディア

私 の たった 一人 の 味方

韓国で最高視聴率49. 4%を記録した大ヒットドラマ「たった一人の私の味方」のDVDが現在、好評発売&レンタル中。 除隊後の復帰作であり、紳士的で思慮深い主人公ワン・デリュク役を務めたイ・ジャンウのオフィシャルインタビューが到着! 出演のきっかけから元AFTERSCHOOL ユイとの共演の感想まで語ってくれた。 キム・サギョン作家が脚本を書かれるというのでシノプシス(映画や小説のあらすじ)も読んでいました。 実際、除隊してから作品を選ぶのに候補に挙がっている作品数はそこまで多くはなかったです。 2年兵役に行っていたこともあり、そんなに多くの作品の中から選ぶという状況ではなく、色々探していました。 ちょうどこの作品があったのですが、すでにほかの方がキャスティングされていたのです。 なので、作家さんに直接電話をして「ぜひ出演したいです!」と伝え、キャスティングが変更されたというエピソードがありました。 この作品が殺人容疑者をテーマにした週末ドラマになると初めて聞いたときに、これはヒットするなという確信がありました。 またユイさんがキャスティングされており、チェ・スジョンさんもすでに出演が決まっていたので、これまで親しくさせていただいたことも思い、この作品はぜひやらなくてはと思いました。 とても面白かったです。 以前から知り合いでしたが、このように演技をするのは初めてだったんですね。 なので楽しく撮影させていただきました。 お互いに意見を出し合って調整をしたりして撮影したました。 4%を記録し、大ヒットとなりました。 どういった時にご自身の人気を感じましたか? イ・ジャンウ:小学生がたくさん観てくれたようです。 20〜30代の方々よりは、お母さん世代の皆さんが観てくださっていたので、子供たちも一緒に観てくれたようです。 小学校近くを通りかかったときに多くの小学生に囲まれ、これまでは小学生からの認知度はそこまで高くなかったのですが、ドラマがヒットしてからは多くの小学生に気づいてもらえ、その時に人気を改めて感じました。 少し前にミュージカルに出演したのですが、このドラマのおかげで子供たちもたくさん観に来てくれました。 その時も「本部長へ」というお手紙をもらったりもしました。 行きたいところ、やりたいことはありますか? イ・ジャンウ:たくさんあります! 横浜方面、富士山のふもとにある温泉にも昔行ったのですが、そこにも行きたいですし、他にも行きたいところはたくさんありますね。 また、僕はバイクが好きなのですが、バイクをレンタルしたいです。 日本ではバイクで高速道路を走れますが、韓国では禁止されているので、バイクを借りて富士山に行きたいです。 最近はアプリも発達しているので、住所さえ入れればどこでも行けてしまうので、ぜひ行きたいと思っています。 美味しいご飯も食べたいですね。 イ・ジャンウ:このドラマはいろんなテーマが描かれています。 犯罪の加害者と被害者家族の話をテーマにしていて、その子供たちが結婚を許してもらおうと奮闘する姿も描かれています。 日本の文化として少し理解できないところがあったとしても、信じてこのドラマを見ていただければと思います。 僕が演じるワン・デリュクがうまく解決していきますしね。 また、年配の方々の認知症についても描かれています。 今回撮影現場で認知症の演技を間近で見させてもらいましたが、これが現実だったら本当に悲しいなと思いました。 なので、これを機に健康について考える機会になってもらえたらうれしいです。 1〜Vol. (C)2018 KBS.

次の