とうもろこし の 茹で 方。 とうもろこしの美味しい茹で方!レンジ&鍋の方法・茹で時間解説

とうもろこしの美味しい茹で方!レンジ&鍋の方法・茹で時間解説

とうもろこし の 茹で 方

美味しいとうもろこしを見分けよう! 美味しいとうもろこしを食べるために、 まずはとうもろこしの見分け方を知っておきましょう。 ヒゲの色も濃い子下車が良いです。 このヒゲノ数が実の数と比例しているので、 毛がふさふさしていると実もぎっしり詰まっています。 あまり濃い色だと成熟しすぎているサインです。 実はぎっしりと詰まった密度の高いものを選びましょう。 とうもろこしを買ったら、皮などをむかずにそのまま持ち帰りましょう。 皮をむいたとうもろこしは、鮮度がどんどん落ちていくからですね。 外皮は実の水分を守っているので、直前で剥くのがポイントです。 水はとうもろこしが浸るくらいで十分です。 茹で過ぎると、旨味が落ちてしまいます。 水1Lに対して、塩30g(大さじ2杯)くらいです。 保存する場合は、1本ずつラップに包み、冷蔵庫に立てて保存します。 たったこれだけで、今まで食べてきたとうもろこしとは違う、 究極に美味しいとうもろこしが出来上がります。 ぜひ試してみてください! おいしいとうもろこしの為には、 鮮度を保つことが一番です。 皮をむいたら、すぐに茹でるようにしましょう。

次の

とうもろこしの美味しい茹で方!レンジ&鍋の方法・茹で時間解説

とうもろこし の 茹で 方

Contents• とうもろこしの選び方と保存方法 まず、皮の緑色が濃くて、重く、粒がそろっているものを選びます。 ヒデは濃い茶色になっていると熟している証拠です。 とうもろこしの粒がびっしりとついているものが良品となります。 そして、とうもろこしにはヒゲがあると思いますが、実は、実一個に一本のヒゲがついています。 つまり、ヒデがふさふさしているほうが、実がぎっしりとしている証拠になりますので、そういったものを選びましょう。 また、とうももろこしは鮮度が落ちるのが早いので、調理するまでは、皮付きのまま保存指定おいてください。 それでも、買ったその日に調理するのがポイントです。 ゆでたら一本ずつラップします。 冷蔵庫であれば、2~3日くらいは保存できます。 また、横にしてしまうとストレスを感じてうまみ成分が逃げてしまうので、立てた状態で保存してください。 スポンサードリンク 美味しい茹で方1位と噂の「ためしてガッテン流」の方法 それでは、さっそく、とうもろこしの美味しい茹で方1位のガッテン流をご紹介します。 1.とうもろこしの皮をむいてヒゲをとる このときまで、皮はむかずに置いておくことが大切です。 調理の直前に皮をむきましょう。 2.鍋にとうもろこしと水を入れる 火をつける前の水の状態からとうもろこしを入れておくことが大切です。 大きな鍋を使って、とうもろこしが浸るくらいの水の量を入れます。 水の状態からとうもろこしを浸しておくことで、一粒一粒がよりジューシーになるのです。 よって、ここがポイントですよ! 3.水が沸騰してから3~5分ゆでる とうもろこしによって多少ゆで時間がかわるので調整します。 ゆでている間は、ゆでむらができないように時々ひっくり返します。 茹ですぎると旨味がが逃げてしまうので注意してくださいね。 4.火を止める 5.塩を1Lに対して塩30g(大さじ2杯)いれて4分ほど絡める 必ず、火を止めてから塩をしれてください。 6.ザルに上げて水気を拭きとる 水がついたままだと旨味が逃げてしまいますのですばやくふき取りましょう。 ちなみに、水の状態からとうもろこしを入れるとジューシーに仕上がりますが、沸騰した後にとうもろこしを入れるとしゃっきりとした食感になりますので、お好みで選んでください。 まとめ 以上、とうもろこしの茹で方1位のためしてガッテン流の茹で方をご紹介しました。 賛否両論はあると思いますが、ネット上では、このゆで方が1位だと思っている方が多いので、是非試してみてくださいね。 スポンサードリンク.

次の

森町とうもろこし。甘々娘(かんかんむすめ)の食べ方、焼く、茹でる、生で食べる

とうもろこし の 茹で 方

Contents• 白いとうもろこしの3つの食べ方とは? 白いとうもろこしの食べ方はいくつかありますが、 まずは生で食べてみて甘さを体感してみて下さい。 私もこの白いとうもろこしを初めて食べた時は いままで体験した事のない甘さを感じたものです。 フルーティーな爽快感のある味わいでしたね。 この白いとうもろこしの甘みは、加熱する事で、 さわやかな甘さからまろやかな甘さへと変化します。 白いとうもろこしの加熱方法としては、 ゆでる、蒸す、そして電子レンジという 3つの食べ方があります。 それぞれについて詳しく見ていきましょう! 白いとうもろこしのゆで方と、その注意点とは? 白いとうもろこしの ゆで方ですが、 基本的には黄色いとうもろこしと同じです。 ただ、ゆでる場合は黄色くならないように 注意する必要がありますね。 黄色くならないゆで方を行うには、 一体何に気を付ければいいのでしょうか? ポイントは皮です。 皮を完全にむいたゆで方を行ってしまうと、 白いとうもろこしは黄色くなってしまうのです。 皮を1枚残した状態でゆでるようにしましょう。 これは他の食べ方にも言えることです。 白いとうもろこしを加熱する時は、 必ず皮を1枚残したまま加熱して下さい。 また、皮をむくのは 調理する直前がいいです。 なぜなら、 とうもろこしの皮は水分の蒸発と乾燥を防ぎ その鮮度をキープする役割があるからです。 ただし、白いとうもろこしのゆで方に関しては、 デンプンが大量に水分を抱え込むので水っぽくなり、 含まれている甘みや香りが減少してしまうので、 個人的にはあまりおすすめ出来ないですね。 白いとうもろこしを電子レンジで調理する方法 では、 電子レンジで調理する食べ方はどうでしょうか。 この食べ方はとても簡単にできますし、 白いとうもろこしの味をそのまま味わえます。 ゆでる場合より甘みも残ります。 具体的なやり方ですが、 皮を1枚残した状態でラップに包み、 電子レンジで3~5分加熱します。 ワット数やとうもろこしの大きさによって レンジの時間を3~5分と微調節して下さい。 この電子レンジで調理する食べ方は 洗い物も出ませんし、 とても簡単です。 収穫から時間が経っている場合は、 とうもろこしをサッと水にくぐらせるか、 霧吹きを使って少し湿らせてから ラップに白いとうもろこしを包むと良いです。 白いとうもろこしをフライパンで蒸す方法 また、 フライパンで蒸す食べ方もあります。 このフライパンで蒸す食べ方は甘みや香りが逃げず、 食感も良くなるので、個人的には最もおすすめです。 ご自宅に蒸し器がなくても、 フライパンで蒸す方法がありますので、 この記事ではそのやり方をご紹介します。 まず、むいた余分な皮を水で洗い、 水のしたたる状態でフライパンに敷きます。 白いとうもろこしがフライパンに入るよう 半分に折って1枚皮を残したまま、 先程の皮を敷いたフライパンの上にのせます。 そして、フライパンに水を入れます。 お玉1杯くらい、少し浸かる程度でOKです。 蓋をして中火で10分ほど加熱します。 竹串で刺してゆで加減をみます。 蒸し上がったら、サッと塩水にくぐらせてからザルに取ります。 塩水の濃さは、水1リットルに対して塩20gが丁度いいです。 こうすると粒がしわしわになりません。 スポンサードリンク 白いとうもろこしの食べ方について、 そのゆで方や電子レンジを使って調理する方法、 フライパンで蒸す方法の3つをご紹介しました。 では、出来上がった白いとうもろこしを 美味しさをキープする形で保存するには 一体どのような方法があるのでしょうか? 白いとうもろこしの保存方法についてもまとめてみました! 白いとうもろこしのオススメな保存方法とは? 白いとうもろこしの保存方法ですが、 通常のとうもろこしと何ら変わりはありません。 黄色いとうもろこしと同じく、 その美味しさを保つためには、 皮をいきなり剥かず、そのまま冷蔵庫に保存します。 その際、必ず 皮付きのまま新聞紙などに包んで 冷蔵庫の野菜室に立てた状態で保存します。 この保存方法であれば、5日間くらいは 購入時の美味しさをキープする事が可能です。 また、冷蔵庫のスペースがない場合は、 購入後ただちにゆでるか蒸してラップに包み、 冷蔵庫で保存する方法がオススメです。 この保存方法の場合、2日以内に食べるのが理想ですが、 乾燥に気を付ければ鮮度を長く保つ事も可能です。 スポンサードリンク この記事のまとめ 白いとうもろこしの食べ方には色々な方法がありますが、 まずは生のまま、その甘さを味わって下さい。 ゆで方のポイントとしては皮を1枚残す事で、 他にも電子レンジや蒸す方法もあります。 保存方法としては、皮付きのまま新聞紙にくるみ、 冷蔵庫の野菜室で立てて保存するか、 購入後ただちにゆでるか蒸すかなどして 冷蔵庫で保存するのがポイントです。 いずれも黄色いとうもろこしと大差はないので、 そこまで気になさる事はないのかな?と思います。 また、こちらの記事では、 白いとうもろこしの栄養価や旬の時期について わかりやすくご紹介しているので、興味があれば 一度チェックしてみて下さい。

次の