ご査収のほど。 「ご確認の程よろしくお願いいたします/申し上げます」の意味と敬語、返信、英語

今さら聞けない「ご査収」の意味と使い方

ご査収のほど

相手に「確認してください」とお願いする言葉をさらに丁寧にした表現で、ビジネスメールなどでは添付書類を確認してもらう場面など、非常に多く使用される言葉です。 「〜のほど(程)」は断定を避ける柔らかい敬語表現 「〜のほど」は、「〜のよう」という意味のある言葉で、「確認のほど」とすることで「 確認してもらうよう〜」という意味になります。 「〜のよう」と表現を使用することによって、 断定を避けて表現を和らげることができます。 「確認してください」と断定してお願いしてしまうと強い口調になってしまい、命令をされていると感じてしまう人もいるので、「確認してくれるようお願いいたします」という柔らかい言い回しでお願いをするほうが望ましいです。 「ご確認のほどよろしくお願いします」は、 「確認」という言葉に謙譲語の「ご(お)〜いたす」に丁寧語の「ます」をつけた表現です。 謙譲語は、相手を敬い自分の行動や言動をへりくだって表現する敬語です。 つまり、確認することを相手に「お願いをする」という自分の行動をへりくだって表現であるということです。 「お願いいたします」の「いたします」と「致します」 「お願いいたします」の「いたします」は、「する」の謙譲語「いたす」の語尾に丁寧語の「ます」が付いた言葉です。 「いたします」はひらがな表記の場合と「致します」のように漢字表記の2通りを見たことがあると思います。 「いたします(=いたす)」のひらがな表記は「補助動詞」であり、「致します(=致す)」の漢字表記は通常の動詞となっていて、 他の動詞と付属して使用する補助動詞の「いたす」はひらがな表記で書くという決まりがあります。 そのため、ビジネスシーンで最も使用する「お願いいたします」の「いたします」は、「お願いする」という動詞の補助動詞になるため、 ひらがな表記の「いたします」が正しい書き方です。 「ご確認の程宜しくお願いいたします」と漢字で表記することも可 「ご確認のほどよろしくお願いいたします」の「いたします」は、ひらがなで表記すると上述しましたが、「ご確認のほどよろしく」を漢字にして「 ご確認の程よろしくお願いいたします」と表記することができます。 漢字で表記することによって、よりかしこまった文章にすることができますが、堅苦しすぎる印象があるため状況によって上手く使い分けましょう。 「ご確認のほどよろしくお願い申し上げます」は「お〜申し上げる」という謙譲語に丁寧語の「ます」 「ご確認のほどよろしくお願い申し上げます」は、 「確認」に「お〜申し上げる」という謙譲語を丁寧語の「ます」をつけた表現です。 つまり、「ご確認のほどよろしくお願い申し上げます」は、「確認してほしいとお願いを言わせていただきます」といったような意味合いであると言えます。 「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違い どちらも謙譲語なので、そこまで違いはない 「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の違いは、 「お願い申し上げます」が 「言う」の謙譲語である「申す」を使用している言葉 「お願いいたします」が 「する」の謙譲語を使用している言葉 という点があげられます。 微妙なニュアンスの違いはありますが、どちらも謙譲語であるためそこまで違いがあるわけではないため どちらを使用しても間違いにはなりません。 意味的に「お願い申し上げます」の方が微妙に丁寧という考えも 上述したように、「お願いいたします」と「お願い申し上げます」にはしれほど大きな意味の違いはありません。 しかし、意味合い的に「言う」の謙譲語である「申し上げます」を使用した「お願い申し上げます」という言い回しのほうが微妙に丁寧であるという考え方もあります。 特に目上の人へお願いをするば合いは「お願い申し上げます」を使用するほうが無難であるといえるでしょう。 これは、社内宛てのメールでもよく使用される結び締めとなりますので覚えておくと良いでしょう。 親しい間柄であれば「ご確認ください」でもOK 「ご確認ください」は、尊敬を表す接頭語「ご」+「確認」で成り立っている敬語表現です。 同僚や、目下の人間に確認することをお願いする場合や、上司でも親しい間柄であれば、「ご確きださい」でも十分であるといえます。 「ご確認してください」は誤用 「ご確認」の使い方で間違いやすいのが、「ご確認してください」という言い方です。 「ご確認して」は「ご確認にする」を活用した形で、「ご確認にする」は「ご〜する」という文型なので謙譲表現になってしまい相手の行為に対して使用するのは不適切になります。 「する」の尊敬語は「なさる」「される」なので、正しくは「 ご確認なさってください」「 ご確認されてください」となります。 「ご」「お」をつけた言葉を使う場合、語尾は「してください」ではなく「ください」とするように覚えておきましょう。 確認をしてもらった後にさらに何かしてほしいときは、「ご確認ください。 「〜のうえ」を使う場合、よく「〜の上」と漢字表記されていることが多いですが「〜のうえ」とひらがな表記が正しくなります。 例文 「ご多忙のところ恐れ入りますが、枚数をよくご確認のうえ改めてご連絡ください」 「ご質問やご不明な点などがございましたら、ご確認のうえお問い合わせください」 「再度、ご確認のほどよろしくお願いいたします」で「もう一度確認することを促す」 「再度、ご確認のほどよろしくお願いいたします」で「もう一度確認することを促す」言い回しです。 ・提出してもらった書類に誤りがあったので、もう一度確認してほしい ・資料など、内容の一部に変更があったのでもう一度確認してほしい といった場合などに、丁寧にお願いをすることができます。 例文 「この電車は車庫行となっております。 お忘れものがないか、再度ご確認のほどよろしくお願いいたします」 「資料に今年度の実績を追加したので、再度ご確認のほどよろしくお願いいたします」 「本日改めて〇〇様宛てで請求書を送付いたしました。 再度ご確認のほどよろしくお願い申し上げます」 「公演によって振込口座は異なりますので、お間違えのないようご入金前に再度ご確認をお願いいたします」 「ご確認くださいますようお願い申し上げます」「ご確認のほど何卒よろしくお願い申し上げます」とも 「ご確認くださいますようお願い申し上げます」「ご確認のほど何卒よろしくお願い申し上げます」という言い回しを使用することもできます。 「 ご確認くださいますようお願い申し上げます」は、「くれる」の尊敬語の「くださる」の命令形に丁寧語の「ます」と「ように」をつけた敬語です。 「〜のほど」と同じように、「〜くださいますよう」とすることで丁寧に、かつ柔らかいニュアンスでお願いをすることができます。 「 ご確認のほど何卒よろしくお願い申し上げます」は、「何卒」という言葉を使用することにより改まった印象でお願いをすることができる表現です。 「何卒」は「どうぞ」の堅い表現で、「期待する」ニュアンスが含まれています。 つまり、「何卒よろしくお願い申し上げます」は、「どうぞよろしくお願します」という意味で、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現として使用することができます。 例文 「ご請求いただいておりました資料を本日送付いたしましたので、ご確認くださいますようお願い申し上げます」 「お受け取りの際は、枚数にお間違いがないかご確認くださいますようお願い申し上げます」 「お手数をおかけいたしますが、ご確認のほど何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご確認いただければ幸いです」だとさらに丁寧な表現に 「ご確認いただければ幸いです」だとさらに丁寧な表現になります。 「いただければ」は、「もらう」の謙譲語である「いただく」に、「ければ」という仮定形を使用して敬語にしています。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「 〜してくれるとありがたい」という意味になり、さらに「お願い申し上げます」と続けることで強くお願いするニュアンスをもたせることができます。 ただし、「幸いです」は「〜してもらえると嬉しいです」という意味の言葉なので 期限が迫っておらず、相手の判断に委ねられる依頼に対して使うのが適切になります。 必ず確認してほしいという場合には不向きな表現であるため注意してください。 」 相手に「確認」をしてもらったたときの返信 相手に「確認」をしてもらったときには、確認してもらったことに対するお礼の返信をすることがビジネスマナーです。 その場合は、「〜してもらう」の謙譲語である「〜していただき」を使用した「 ご確認いただきありがとうございます」といった返信が適切であると言えるでしょう。 「ご確認くださいましてありがとうございます」なども丁寧な返信のフレーズとして使用されています。 「ご確認よろしくお願いいたします」と言われたときの返信 相手に「ご確認をよろしくお願いいたします」と言われた場合は、「わかりました」と了承したことを返信で伝えましょう。 しかし、「わかりました」は丁寧語であるため、目上の人にたいして使用するには敬意の度合いが低い表現になります。 返信には「つつしんで目上の人の言葉を承る」という意味の「 かしこまりました」や、「 承知いたしました」という返信をすることが望ましいです。 「ご確認のほどよろしくお願いいたします」の類似表現 「ご一読のほど」 「ご一読」の意味は「 一度読むこと・さっと読むこと」です。 「一読」には「さっと一度読んでください」というようなニュアンスがありますが、ビジネスシーンで使うような場合には「じっくり読んでほしい」という場面でも使用することができます。 直接的に「きちんと読んでください」と伝えるよりも、相手の負担を考えた柔らかいお願いの仕方をすることができる言葉です。 例文 ・次回の会議資料を送付させていただきましたので、ご一読くださいますようお願いいたします。 ・今回の問題に関しての改善策をまとめましたのでご一読くださいますようお願いいたします。 「ご査収のほど」「ご検収のほど」「ご参照のほど」 ・「ご査収のほど」 「ご査収」は「 ごさしゅう」と読みます。 「ご査収」は、 金品など、間違いがないかきちんと確認してから受け取ってほしいものがある場合に使う言葉です。 例文 ・送付しました資料が届きましたらご査収のほどよろしくお願い申し上げます。 ・〇月〇日までにご査収の程よろしくお願いいたします。 ・「ご検収のほど」 「ご検収」は、「 ごけんしゅう」と読みます。 「ご検収」は、 物相手のもとに届く場合に使用される言葉で、「納品されたものに間違いがないか確認してください」という意味で使用される言葉です。 例文 ・本日ご注文頂いた商品を発送いたしましたので、ご検収の程よろしくお願いいたします。 ・システムを変更いたしましたのでご検収のほどよろしくお願いします。 ・「ご参照のほど」 「ご参照のほど」は、「 ごさんしょうのほど」と読みます。 「参照」は「理解を深めるために、すでにある知識や資料などと他の情報と照らし合わせて見る・読む」というニュアンスであるため「ご参照のほど〜」は、ただ見る・読むのではなく、参考にして理解をしてほしいとお願いをする場面で使用されます。 例文 ・契約内容に関しましては、こちらの資料をご参照のほどよろしくお願いいたします。 ・詳しいデータについては、送付いたしました資料をご参照のほどよろしくお願い申し上げます。 「ご高覧のほど」 ご高覧」は、「 ごこうらん」と読みます。 「ご高覧」の意味は、「 他人がみること」です。 「覧」という漢字に「広くみること」という意味があることから、「ご高覧」とは、「広く全体的に見ること」を指しているということがわかります。 目上の人に対して使える言葉で、主にメールや、ビジネス文書などで使用します。 例文 ・弊社のパンフレットを同封いたしましたのでご高覧のほどよろしくお願いいたします。 ・会議の詳細につきましては、資料をご高覧のほどよろしくお願いいたします。

次の

「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

ご査収のほど

「ご確認」は「確認」に「ご」という言葉が付くことで、丁寧な表現になります。 同じような言葉で「ご安心」「ご注文」、また「お」をつけた言葉で「お答え」「お話」などがあります。 そして「ご確認」の後に続く言葉の使い方が大切になってきます。 例文を通して説明していきます。 例文 ご確認ください 「ご」「お」をつけた言葉を使う時に続く言葉は「ください」になります。 似ている言葉に「してください」という言葉があります。 しかし「してください」は依頼の敬語の尊敬語にあたりますので、前につく「ご確認」が謙譲語ですので、二重敬語になってしまい敬語としては間違っています。 「ご確認ください」はメールなどでよくやり取りする相手に1番使いやすい言葉です。 ・詳細につきましては、添付いたしました資料をご確認ください。 ・この件に関しましては、添付資料の20ページでご確認ください。 ・カタログは郵送させていただきましたので、ご確認ください。 「ご確認をお願いします」とすると、「ご確認ください」よりも強制的な響きがなく、もう少し丁寧な表現になります。 ご確認のほど 「~ほど」という言葉には、強制的なニュアンスを避けて、柔らかい雰囲気とより丁寧に聞こえる効果があります。 目上の方や社外の方へのメールに使うのに適当な丁寧さがあります。 ・ご確認のほど、よろしくお願いいたします。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 「~のほど」は、「ご協力のほど」「ご支援のほど」「ご指導のほど」などがあります。 ご確認の上 「~の上」は「~した後で」、「~の結果」などの順序や前提を示している表現になります。 つまり、何かをして(この場合確認して)、次になんらかの動作や反応をお願いしたい時に使われる表現になります。 丁寧で具体的な表現になりますので、顧客や社外の方、目上の方に使えますが、「~の上」の後の文章に気を付けて使いましょう。 ・添付資料をご確認の上、ご連絡ください。 ・お送りいたしました商品をご確認の上、受領印を押してください。 ・記載内容をご確認の上、折り返しご返送くださいますようお願い申し上げます。 「ご査収」との違い 「ご査収」は「ごさしゅう」と読みます。 「査収」は「よく調べたうえで受け取る」「よく確認して受け取る」という意味があり、「確認」と同じように「ご」がついて丁寧な表現になります。 「ご確認」との大きな違いは、受け取るものがあるということが前提なります。 ない場合に「ご査収」を使用すると、意味が通らなくなって相手を混乱させてしまいますので注意しましょう。 「ご査収」が使えるのは、書類やデータを送ったときだけと覚えておくといいでしょう。 また、細かい点ですが既に送ったことのある資料の最終版などを送付する際は、すでに何度か目を通していただいているので「ご確認ください」で十分です。 ・明日の会議の資料を送付しますので、ご査収ください。 ・データを提出させていただきます。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・提出書類一式を送付させていただきましたので、ご査収願います。 大変くどい言い回しになりますので、よく調べた上で受け取ってほしい場合は、別々に使った方がいいでしょう。 ・本日資料を送付いたしましたので、よろしくご査収願います。 ・ご確認の上、お受け取り下さい。 こちらも別々に使った方がいいでしょう。 ・ご検討の上、よろしくお願い申し上げます。 ・ご確認の上、ご判断ください。 ビジネスメールでは、返信メールも重要です。 あまり時間を置かずに返信することが大切で、返信が遅いと、時間をうまく使えない・重要度を見極められないなど信頼を失うきっかけになりかねません。 また、的確な言葉をもっての返信は重要です。 「ご確認ください」に対する返信 確認したことを伝えるメールですので、簡潔に短いものでも十分です。 メールを頻繁にやり取りする相手には「内容を確認いたしました。 ありがとうございます。 」で十分です。 目上の方や社外の方へ、もう少し丁寧に返答したい場合は、 「確かに拝受いたしました。 ありがとうございました。 」 「内容を確認いたしましたので、ご連絡申し上げます。 ご配慮いただきありがとうございました。 」 と答えましょう。 いずれも「ありがとうございました。 」と加えると丁寧です。 ・書類を確認させていただき、特に問題ございませんでした。 ご送付いただきましてありがとうございました。 以上のように、目を通して確認したということを伝える必要があります。 「ご査収」に対しては「中身を確認して受け取りました」という返答をすることを覚えておいてください。 「ご確認」と同じような意味や使い方の言葉 「一読」とは「ひと通り読むこと。 ざっと読むこと」で、「ご」をつけて丁寧に表現した言葉になります。 ビジネスメールやビジネス文書で頻繁に使われていますが、特に文章を相手に確認してもらいたい場合の丁寧な表現として使うと便利です。 ・先日の会議の議事録を送付させていただきました。 ご一読くださいますようお願い申し上げます。 ・先程メールを送らせていただきました。 ご一読いただければ幸いです。 お目通し・ご高覧 「お目通し」は後ろに「いただく」をつけて正しい敬語表現になります。 「お目通し」というのは自分が何かを見るときに使うのではなく、誰かに何かを見てもらう時に使います。 よって、「いただく」という表現がつきます。 かなり丁寧な表現なので、目上の人や社外取引相手に使っても失礼に当たらない表現といえます。 ・お目通しいただきたくお願い申し上げます。 ・お目通し頂ければ幸いです。 ・お目通しいただけますよう、お願い申し上げます。 また特に丁寧な言い回しが「ご高覧」です。 「ご覧いただく」以上の「見てもらう」の丁寧な言い回しです。 目上の人や、取引先など特に敬意を払いたい相手に使う言葉とされています。 また、公の場で自分の商品や芸術作品を宣伝したり、お知らせをする時にも使われます。 その際は、文の最後に「ご高覧いただければ幸いです。 」、「ご高覧ください」と表現します。 ・このたび、貴社のホームページを立ち上げましたので、是非ご高覧ください。 ・このたび、季刊誌を発行いたしましたので、ご高覧いただければ幸いです。 敬語を正しく使いましょう.

次の

間違いも多い「ご査証のほど」の使い方と例文・「ご査収」との違い

ご査収のほど

金額や文言など、相手のチェックが必要な書類を送るときに使います。 【「ご査収」NG例(1)】 ・弊社の新商品のカタログをお送りします。 よかったらご査収くださいね。 この場合「お時間のあるときにご確認いただけますと幸いです」「ご笑納ください」などと言うのがよい。 【「ご査収」NG例(2)】 ・(「ご査収ください」の返信で)私が確かに査収いたしました。 【例文】 ・企画書をお送りいたしましたので、 ご確認ください。 メールや書類などの書き言葉で使われています。 【例文】 ・資料を ご高覧いただければ幸いです。 (3)「お目通し」 資料や本に目を通してもらうこと、一通り見ることを意味します。 会議に使う資料などを送ったときに使います。 【例文】 ・会議資料を送付いたしましたので、事前に お目通しのほどお願い申し上げます。 (4)「ご検収」 納品された成果物に対して使われています。 数があっているか、破れているものがないかなど、確かめたうえで受け取ることを意味します。 【例文】 ・ご注文の品を納品いたします。 間違いがないか ご検収ください。 (5)「ご笑納」 相手から頼まれたわけではないけれども、おまけや好意によって贈り物をするときに使います。 【例文】 ・お礼の品です。 どうぞ ご笑納ください。

次の