雑記ブログで稼ぐ。 日記系の雑記ブログ・趣味ブログでのアフィリエイトの収益化方法

ブログ運営の最短ルート!雑記ブログから始めて特化ブログで稼ぐ7ステップ

雑記ブログで稼ぐ

1.「雑誌ブログ」とは? 雑誌ブログでは、 テーマを3~5個くらいにしぼってブログを運営していきます。 雑記ブログほどなんでも書けるわけではありません。 かといって、特化ブログのようにテーマを1つにしぼらなくてもいいのです。 これにより、 「運営しやすさ」と「稼ぎやすさ」を両立します。 例えば、ある主婦向け雑誌の鉄板ネタは 「節約」「料理」「片づけ」の3テーマです。 この3つのテーマが繰り返し、手を替え品を替え登場します。 これをブログに応用するのです。 「節約」だけにしぼれば特化ブログですが、雑誌ブログではそこまで縛 しば りません。 テーマに「料理」や「片づけ」も含めると、楽にブログ運営をすることができます。 ただし、やるべきことはたくさんあります。 カテゴリーを整理する• メニューや関連記事表示を最適化する など、ごちゃごちゃしないようにしたり、過去の記事にも簡単にたどり着けるようにしたりする工夫は必要です。 例えるなら、• 雑記ブログ:「新聞」みたいなもの• 雑誌ブログ:「雑誌」みたいなもの• 特化ブログ:「書籍」みたいなもの といった感じです。 結論はここまでですが、もう少し詳しい説明を読みたい方は、続けてお読みください。 そうでない方は、下記の関連記事をお読みください。 雑記ブログのメリット 雑記ブログとは、テーマが定まっていない「なんでもあり」のブログです。 メリットは 自分の好きなことが自由に書ける点です。 縛 しば りがないのでどんなことでも書けるんですね。 今日の晩ごはん• ネコの話• 好きなゲームの紹介• たまにブログ論 などなど、なんでもOKです。 ブログ初心者でも簡単に運営できます。 2-2. 雑記ブログのデメリット 一方で、この自由さが雑記ブログのデメリットにもなります。 好きなように書いているので、1つ1つの記事が バラバラに存在し、ごちゃごちゃするんですね。 その結果、読者にとっては興味がある記事もあれば、そうでない記事も出てくるでしょう。 読者の属性がどうしても あいまいになりがちです。 アフィリエイトで稼ぐときにもターゲットがあいまいになるため、難易度が高くなります。 特化ブログのメリット 特化ブログとは、「ある1つのテーマ」だけを徹底的に書いているブログです。 メリットは、テーマがしぼられているので 読者が明確な点です。 例えば、ヨーロッパ旅行だけにテーマをしぼったブログを書くとします。 どんな人が訪れるでしょうか? そう、 ヨーロッパ旅行に興味がある人ですね。 余計な記事がないため、必要としている記事にすぐたどり着けるという読者側のメリットもあります。 アフィリエイトサイトはほとんどが何かに「特化」した形をとっています。 「紹介する商品ありき」なので自然とその商品を中心に特化したネタになるからです。 最近はブログ形式でアフィリエイトをしている方もたくさんいます。 なんでもかんでもアリの雑記ブログに比べるとターゲットがしぼられている分、アフィリエイトで稼ぎやすいと言えます。 3-2. 特化ブログのデメリット 一方でデメリットは、 ネタに困るという点です。 ヨーロッパ旅行に行くブログを書いたはいいけど、旅行記を書いたら終わりで放置という方もいることでしょう。 そして、選ぶテーマによっては 全く人が来ません。 その分野の専門家だったり、ある程度ブログをやっている方なら問題ありません。 しかし、初心者がいきなりマイナーなジャンルで特化ブログをやると、 続かない可能性が高いです。 ブログは続けることが重要なので、これではテーマをしぼって運営する意味がありません。 完全に特化するならそのテーマだけで50記事くらいは書ける見通しがある場合かなと思うところです。 4.「雑誌ブログ」というスタイル 今までいろいろなブログを見てきました。 するとある共通点がありました。 最初は「雑記ブログ」ではじめる。 この流れが1つの 成功モデルです。 というか、私がそのパターンでした。 もちろん、twitterやはてなブックマークを上手に活用する人は、いきなり雑記ブログで成功しているかもしれません。 また、最初から特化ブログで良いジャンルに巡り合っている人も結果が出ています。 ただ、すべての人がそうではないので1つのモデルとして提案するのが 雑誌ブログです。 4-1. 雑誌ブログの運営しやすさ 「新聞」や「書籍」と比較すると、雑記ブログが新聞寄りで、特化ブログは書籍寄りです。 雑誌ブログはその中間でそのまま 雑誌というイメージです。 3~5のテーマならネタに困ることもなく、安定して続けることができます。 ある程度テーマをしぼっているのでごちゃごちゃせず、専門性も出しやすくなるでしょう。 運営のしやすさという観点から、初心者におススメです。 「カテゴリーを3~5個にするということですか?」とよくご質問をいただきます。 例えばカテゴリーが10個あったときに、その中で 3~5個の記事数が他のカテゴリーよりも多ければ十分絞っているといます。 逆に言えば、10個のカテゴリーが全部同じくらいの記事数だと、雑記ブログを抜け出していないイメージです。 4-2. 雑誌ブログの稼ぎやすさ 稼ぎやすさについては「ターゲット(対象者)」の観点から分類してみます。 雑記ブログはテーマがばらばらなので「あいまい」、特化ブログはテーマが1つで「ピンポイント」、そして雑誌ブログはその中間で 「属性」です。 雑記ブログの読者のようにあいまいではないけれど、特化ブログほどピンポイントではない 「層」を読者にしていきます。 例えば、が• 30代関東在住• 子どもがいる• 専業主婦• 節約・料理・片づけに関心がある 層をターゲットにしているみたいな感じですね。 読者層というと難しく感じるかもしれませんが、 ブログを書いている自分の属性=読者層にするってことです。 自分が30代サラリーマンなら、「30代サラリーマン」という読者層を集めていくイメージです(本当はもう少し限定した方がいいですが)。 最後に この記事では雑誌ブログについて書きました。 要するに、 雑記ブログと特化ブログの良いとこどりをしようということです。 運営者で区別すると、• 雑記ブログ=プロブロガー• 雑誌ブログ=趣味ブロガー• 特化ブログ=アフィリエイター あたりが当てはまるかなと思うところです。 このブログは、趣味ブロガーとして雑誌ブログを運営し、月1万円稼ぐ自動販売機を作る方法をお伝えしているのです。 この記事は「考え方」を中心に書いたので、 「もやっ」とした方がほとんどだと思います。 他の「具体的な方法」について書いた記事を合わせて読んでいただくことで、ようやく「ああ、そういうことか」と分かるようにしているので、他の記事もぜひお読みください。

次の

雑記ブログと特化ブログどっちがいい?中間の「雑誌ブログ」を目指せ!|クロネのブログ講座

雑記ブログで稼ぐ

稼ぐ雑記ブログの作り方の構造的なものは、普通のブログと何も変わらないから普通にカテゴリー設定などをして、記事を投稿するだけでいいのである。 稼ぐ雑記ブログの主な収益源としては、Googleアドセンスになることが多く、アフィリエイトなどと併用することも多い。 でこのブログを作成する際に重要なのは、「記事の書き方」と「テーマやキーワードの選定」の2点になる。 記事の書き方 であるからして、まずは「記事の書き方」になるのだが、 記事を書くのは、自分の好きな分野の記事なら、そこまで難しくないかもしれない。 しかしながら、全く興味のない分野の記事も「稼ぐ雑記ブログ」では、書かないといけないので、もし記事を書くのが辛いなら最初は、記事の外注化をすることも考える。 あと稼ぐ雑記ブログを作る際には、文字数は基本的には「 2000文字」を意識して、私は書いていた。 記事を書くことに慣れてきてからは、文字数が「2500文字~3000文字」とかにもなっていた。 そして、1日最低でも1記事は公開するようにしていた。 基本的な記事の書き方については、下記にて次のページを参照してください。 記事の外注化 もし記事を書くのに「苦手意識」があるのなら、始めのうちは記事を書く作業に慣れるために記事の外注化を行う方がいい。 記事の外注化は、本来ならばあまりしたくはないのだが、雑記ブログのように市場調査的な場合には活用しても面白いし、初心者が長文を書く際に、慣れるための手法としても有効だと思う。 で記事を外注した場合、実際どのようにして書くのか。 これは私のやり方なのだが、 まず「1000文字」くらいの記事を外注し、残りの1000文字を自分で書いていくのである。 正直なところ、今まで何にも興味のなかった分野の記事(2000文字)を書くことは難しい。 1000文字が前もって書かれているなら、話は別でその文章を読んで足りない点を付け加えたり、その記事のリード文を付け加えたりすることで、軽く1000文字を付け加えることができるし、こうすることで「記事を買った分だけは・・・」と必死で記事を書くようになるのである。 言わば、記事の外注化で強制的に記事を書く習慣を身に付けることができるのである。 ちなみに慣れてくれば、自分で2000文字くらいの記事が一日のうちの作業時間内に書けるようになる。 慣れないうちは、こうした記事が一日かかっても書けないってことがあるやもしれない。 初心者のうちは、記事の外注化も視野に入れておくと、継続して記事を書く習慣を身につけることが可能になる。 ただし、その際には必ず「 コピペチェック」を行う必要がある。 じぁないと知らず知らずのうちに、コピペ記事という名の「ごみ記事」を量産していることにもなりかねないからである。 あと外注記事といっても、中にはかなり質の良い記事が納品されることがあって、そういう記事は長期にわたって上位表示されることもある。 下記では、記事の外注化に関する記事を紹介する。 記事代行サービスと記事作成代行業者 アフィリエイト秘書. com ランサーズ Shinobiライティング CROWDビジネス テーマ・キーワードの選定 では、次に雑記ブログの「テーマ」をどうするか。 このテーマが決められないから雑記ブログで、様々なジャンルの記事を書くのである。 なのでまずは、自分の好きなジャンルでもいいので、とにかく「 寿命がないテーマ」を選んで記事を書くのである。 寿命がないテーマ 寿命がない(長生き)テーマとは、毎日検索エンジンで検索されるジャンルのことをいう。 「美容、お金、恋愛、学ぶ系」などの様々なジャンルが存在する。 なので、稼ぐ雑記ブログを作りたいなら、「2語のミディアムワード」と「3語のスモールワード」で、上位表示を狙う手法をとることになる。 いわゆる「 ロングテール」である。 下記では、キーワードの濃さとロングテールSEOについて紹介する。 キーワードプランナーでキーワード選定する際のコツ でこのキーワード選定のコツとしては、 キーワードプランナーで、 月間平均検索ボリュームが「2000以上」あり、競合性が「低」となっているキーワードを選ぶことである。 こうすることで、1日に100PV読まれるキーワードを選定することができる(たぶん・・・)。 あとこうした穴場のキーワードは、様々なジャンルにあるので様々な言葉を入力して、穴場キーワードを探すのが大事である。 ちなみに、キーワード選定の際には、ライバルサイトのチェックを行うことで、「このキーワードでは上位表示が可能なのか」といったことがよりはっきりとわかってくるので、ライバルサイトのチェックは怠らないようにしよう。 下記では、キーワード選定を行う手順などを紹介する。 記事公開 キーワード選定が終わったら、このキーワードを投稿記事のタイトルに含ませて、それに沿った記事を書いて公開する。 すると3カ月後には、上位表示される記事がちらほら出てくることになると思う。 以上で、稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方の解説は終了である。 ちなみに、雑記ブログでアフィリエイト(物販など)を行う際には、キーワードに合った商品がある場合にのみ「アフィリエイトリンク」を貼るようにと、私は心掛けていた。 次のページは、の巻。

次の

雑記ブログを書いて有名になりたいの?それとも副収入が欲しいの?

雑記ブログで稼ぐ

雑記ブログは特化型ブログに対して、「稼げない」と言われています。 確かにPVで換算すると、特化型より収益率は悪いです。 しかし雑記ブログで稼いでいる人はたくさんいます。 稼ぎ方が特化型ブログと違うだけであって、「稼げない」という訳ではありません。 スポンサードリンク 目次 1,始めに ブログをやるなら、最初に ジャンルを絞らなければいけません。 自分が得意な分野は何なのか?興味がある、または勉強したい分野は何だろう?? 得意なジャンルがあればいいですが、そういった得意ジャンルがない人の方が実際多いです。 その場合は「雑記ブログ」にたどり着きます。 雑記ブログは好きなことをジャンル問わず書くことが出来て、継続して続け易いです。 例えば「金融」とブログジャンルを絞ったら、金融について書くことがどれくらいありますか?勉強し続けられれば書き続けますが、結構大変です。 ブログを書く前に下調べをしなければいけなくなるので、時間が倍以上は掛かります。 雑記ブログであれば普段インプットした知識を、自分の言葉でブログに書き続ければいいだけです。 ニュースから得た知識やテレビ、本、インターネットなど。 普通に生活していれば何らかの情報は入ってくるので、それをジャンル問わず記事にすればいいのです。 とっても簡単そうじゃないですか? 2,雑記ブログはキャラが大事 雑記ブログでは 「キャラ作り」が武器になります。 雑記ブログはジャンルが絞られていない分、回遊性が低くなります。 例えば保険について知りたくて、保険のブログにたどり着いたとします。 そこで有益な情報を得ることが出来たら、別のページを閲覧したり、ブックマークする可能性は高いですよね? しかし雑記ブログであれば、仮に有益な情報を得たとしても、情報のジャンルが定まっていないので、他のページを見ようとも思いません。 こういった時にファンを作るには、自分自身のキャラを作ることです。 記事の中身というよりは、 「この人が書いているからブログをチェックする」というような状態を作り上げましょう。 芸能人とまではいきませんが、それに近い感覚です。 ユーチューバーではそういった戦略でアクセス数を稼ぐ人が多いですね。 スポンサードリンク 3,PVを集め易いのが雑記ブログの武器 雑記ブログはジャンル問わず記事を量産できます。 ですので特化型ブログに対して、アクセス数を集め易いのが特徴です。 記事を書く時のキーワード選定が幅広くなり、たくさんのワードでユーザーを集めることが出来ます。 これが雑記ブログの最大のメリットだと言えます。 仮に同じ人がブログを更新していても、特化型と比べて 何倍~何十倍とPV数は多くなるはずです。 雑記ブログを書く時は、日記のようなものを書いている人もいますが、それは「キャラ作り」ができてからにしましょう。 それまではとりあえず、検索が多そうなキーワードに絞って、集中的に記事を書くことです。 そこからアクセス数が生まれ、その中の一部の人がファンになっていきます。 それを繰り返すことで、雑記ブログのアクセスは一気に上がります。 4,雑記ブログではアフィリエイトはできない? 雑記ブログはアフィリエイトが出来ないと思っている方もいます。 しかしそれは間違いです。 雑記ブログによくあるのは、 「アドセンスに頼りすぎている」ことですね。 アドセンスは確かにPV数が多ければ比例して、売上が上がっていきます。 そこに大した技術は必要なく、クリックが取れる場所にアドセンス広告を貼るだけでいいだけです。 もし雑記ブログで「大きく稼ぎたい!」と思っているのであれば、必ずアフィリエイトを行いましょう。 アフィリエイトはアドセンスのように、PV数と比例して売上が上がるほど甘くありません。 しかしアフィリエイトを上手く活用することができれば、特化型ブログのような売上を作ることも可能です。 1つのページで完結させる 特化型ブログであれば、すべてのページに共通させてアフィリエイトバナーを貼っておけばいいです。 ジャンルが絞られており、繋がりのある広告であれば成約するはずです。 しかし雑記ブログではページごとにジャンルが違うので、1つのページでアフィリエイトを行う必要があります。 ジャンルが違うほかのページに広告を貼っても、成約率は ほぼ0だと思っておいてください。 1つのページで集客して広告の成約まで行うので、強いアフィリエイトページを作ることになります。 まずそのページが グーグルで上位表示されていなければいけません。 ブログのページ内で回遊していきたユーザーは、ジャンルが違うページからの回遊なので成約しづらいです。 しかしアフィリエイトを行うキーワードを決め、グーグルの検索から流入してきたユーザーは成約しやすいユーザーです。 そこを狙ってアフィリエイトするのが、雑記ブログで稼ぐ唯一の方法です。 アクセスが見込めるビッグワードで上位表示させる 2. ランディングページでアフィリエイト広告を成約させる アフィリエイトページを増やす 後は1つのページで成約させられるページを、無数に増やすだけです。 でもいいし、 でもいいので、狙ったキーワードと関連性の高い広告を貼って、そのキーワードで上位表示させましょう。 上位表示させれるページが増えれば増えるほど、収益は上がっていきます。 売り込みすぎはダメ アフィリエイトページの増やしすぎはよくありません。 なぜかというと雑記ブログの場合は「ファン」が逃げてしまいます。 毎回ブログの更新が売り込みでしたらどう思いますか?普通だったらもう見なくなってしまいますよね。 理想は記事の5回に一回程度アフィリエイト記事を作りましょう。 さらにこのページは上位表示を狙わなければいけないので、普段の記事の数倍中身のあるものにしなければいけません。 毎回こんな記事を書くほうが辛いので自然とアフィリエイトページは少なくなると思います。 5,やっぱりグーグルアドセンス 雑記ブログの稼ぎ方の王道は 「グーグルアドセンス広告」です。 PV数の増加と比例して収益が上がるので、とても助かります。 アフィリエイトは記事の書き方や技術面も重要なので、最初は稼げませんからね。 雑記ブログであればグーグルアドセンスはやっておきましょう。 仮にアフィリエイトページが上手く作れなくても、アクセスを伸ばせばある程度の収入にはなります。 6,特化型ブログがアフィリエイトに強い理由 なぜ特化型ブログがアフィリエイトに強いか知っていますか?それは どのページから入ってきたユーザーも成約する可能性が高いからです。 雑記ブログであれば、1つのページで集客~成約まで行わなければいけません。 しかし特化ブログはジャンルが絞り込まれているため、どのページから入ってきてもそのユーザーは、広告を成約させる可能性が高いんです。 ですので実質下記のようになります。 雑記ブログ・・・1つのページでの集客 特化型ブログ・・・全ページでの集客 雑記ブログは別のページからのアフィリエイト広告成約はありません。 これが特化型ブログがアフィリエイトに強いと言われる理由です。 7,まとめ 雑記ブログでもアフィリエイトは出来ます。 しかしその場合は特化型と違い、グーグルの検索結果でビッグワード表示させる必要があります。 これがとっても難しく気合を入れて、ページ作りをしなくてはいけません。 特化型にも共通して言えますが、「 1つのページからの成約が売上の大半を占める」アフィリエイトブログも複数存在します。 それはそのページが狙ったビッグワードで上位表示できて、そこから関連性のある広告を成約できているからです。 そう考えると1つのページを上位表示させるだけなので、雑記ブログも特化型ブログも関係ない気がしませんか?「ジャンルが特化しているブログは上位表示されやすい」など言われていますが、強いブログは正直どんなワードでも上位表示してしまいます。

次の