インスタ フォローリクエスト。 フォローしてもリクエスト済みのままの理由は?Instagramで投稿を非公開にしている時の対処法

今さら聞けない!インスタグラムのフォローをする意味とルールとは?

インスタ フォローリクエスト

『〇〇のライブ動画への参加リクエストを送信する。 』 その隣に「リクエスト」のボタンがありますが、この文言だけでは何のことかわかりにくいですよね。 もしかすると、 「リクエストを送信しないと、そのインスタライブが見れないのでは?」と思っている人もいるかもしれません! 実際にはストーリーズからインスタライブを開いた時点で、あなたはその配信ルームに入っていることになり、リクエストボタンを押さなくてもその配信を見ることができます。 この「リクエスト」とは、 今配信している人と一緒に自分もライブ配信する「コラボ配信」へのリクエストのことなのです。 視聴者がリクエストボタンをタップしてリクエストを送信し、配信者が許可することで、 たとえ遠く離れていても2人で一緒にライブ配信ができる仕組みです。 コラボ配信のメリット もちろん1人でも十分インスタライブで配信を続けていくことができますが、コラボ配信にはコラボ配信にしかないメリットがあります。 より多くのユーザーが見に来る まず1つ目は、 自分のフォロワー以外も配信を見に来てくれることです。 コラボ配信中のストーリーズアイコン インスタライブで配信中のとき、自分のアイコンは左側に表示されますが、コラボ配信の時はアイコンが2つ重なった状態で出てきます。 自分のフォロワーとコラボ相手のフォロワーに上記のように表示されるため、 より多くのユーザーに配信を見に来てもらえ、自分をフォローしてもらえる確率も上がるのです。 寂しくなくなる 2つ目のメリットは、 「独り言を言っている感じ」がなくなること。 やはり画面の向こうに視聴者がいるとしても、スマホに向かって1人で話しているとどうしても「独り言」っぽくなってしまいますよね。 リアルタイムでテレビ電話のように話せる相手がいるおかげで、その寂しさがなくなるのも大きなメリットです! コラボ配信ならではの企画 そして3つ目のメリット。 それは、 友達と面白い企画を立てて有意義なライブ配信にできることです。 とあるインスタグラマーは、コラボ配信でセミナーをやっていました。 専門家2人でそれぞれの知識を教え合い、補填し合いながら、かなり有意義なセミナーになっていたのです。 このように、 友達と2人だからこそできる使い方もあるのがコラボ配信。 挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか? インスタライブでのコラボ配信の仕方(方法) それでは早速、インスタライブのリクエスト機能を使ってコラボ配信をする方法をわかりやすく解説しましょう。 ただ突然見知らぬ人からコラボ配信リクエストが来てもびっくりしてしまうため、前準備として次のことをやっておきましょう。 友達と一緒にインスタライブをする日時を約束しておく(アポを取っておく)• どちらが先に「配信者」になっておくかを決めておく インスタライブのリクエストは、ど ちらかが先に「配信者」になって配信をスタートさせる必要があります。 その配信ルームに入った「視聴者(コラボ配信予定の友達)」が、配信者にリクエストを送信するという手順です。 【視聴者】リクエストの送り方 自分が「視聴者」からスタートする場合、コラボ配信予定の友達がインスタライブを始めたら、そのライブ配信を開きましょう。 配信準備 配信者がリクエストを許可した後、 自分のカメラが起動して丸い枠内に映像が映し出されます。 これは準備の段階です。 もしくは、間違えて指が当たってしまった。 そんなときでも慌てる心配はありません! なぜなら、 間違えてリクエストを送信してしまっても、配信者が許可しない限りいきなりコラボ配信は始まらないためです。 すでに誰かとコラボ配信している(枠が埋まっている)• 配信者が許可していないだけ• インターネット接続や電波の状況が悪い• インスタグラムの不具合• アプリのバージョンが古い 前者の2つは配信者側の都合もありますから、こちらではどうにもならないでしょう。 後者3つであれば対処法があります。 インターネットの接続状況が悪い場合、ライブ配信そのものが快適に見れずストレスに感じることもあります。 できればWi-Fiを含め、電波が安定した場所でやり直しましょう。 また、インスタグラム自体に不具合が発生し、リクエスト機能が使えなくなっているかもしれません。 こうした不具合はすぐに 運営側が対応と修正をしてくれるため、直るまで待ちましょう。 一方、アプリのバージョンが古い場合も不具合が起こります。 アプリは常に最新の状態にするのも有効です。 配信者への質問の仕方は? 「リクエスト」は日本語で「要求する」という意味。 そのため「配信者に質問する機能?」「配信者に何かをお願いする機能?」と連想する人もいるようです。 ただ、 インスタライブのリクエスト機能と質問機能は別物。 質問をするなら、次の方法で質問機能を使ってみてください。 質問に回答中! そして配信者が届いた質問に答えてくれるとき、画面にその質問カードが表示されます。 (配信者側の操作で表示されないこともあります) コメントに質問をするのとは違い、 自分の聞きたいことが流されることがなく、配信者に答えてもらえる確率も上がるため、質問機能はとても便利ですよ。 インスタライブのリクエスト機能でコラボ配信に挑戦してみよう インスタライブに出てくる「リクエスト」の意味や正しい使い方はわかったでしょうか? インスタライブには「コラボ配信」というわかりやすい表現がないため、 今までコラボ配信のやり方をまったく知らなかったという人も多いようです。 最近ではライブ配信アプリが盛んですが、17ライブやLINEライブではコラボ配信をしている人がほとんどいませんね。 気軽に使えるインスタライブのリクエスト機能を使って、ぜひ友達とコラボ配信に挑戦してみてください!.

次の

インスタグラムでフォローするとは何の意味があるの?仕方・通知・おすすめマナーから相互フォロー確認まで完全ガイド!【Instagram】

インスタ フォローリクエスト

スパム的なものを含めて、インスタグラムで知らない人からDMの「メッセージリクエスト」が届いた経験はありませんか? フォローしていない人から届くDM(ダイレクトメッセージ)は、メッセージリクエストという形でそのDMを「承認」するか、「削除」するか、またはDMを送った相手を「ブロック」するか選べます。 ただ、この3つの操作に加えて、ブロックの中には「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」とさらに3つの選択肢があり、どれを選ぶべきなのか判断に困る人も多いはず。 そこで本記事では、インスタでDMのメッセージリクエストが届いた場合に取りうる選択肢をすべて試し、それぞれの影響や効果を検証してみました。 実際にDMのメッセージリクエストが届いた時の参考にしてみてください。 appllio. ただ、注意したいのがフィード上での新着の通知は一切ないこと。 そのため、こまめにDMをチェックしていない限り、メッセージリクエストが届いてもかなり気づきにくい仕様になっています。 メッセージリクエストを確認するには、インスタのホーム画面右上の紙飛行機マークをタップします。 メッセージリクエストの一覧から確認するものをタップして開くと、内容を確認できます。 ここでメッセージを開いても、相手の画面に既読はつかないので安心してください。 届いたメッセージリクエストに対する操作と効果 メッセージリクエストが届くと、DMの受信を「承認」するか、届いたDM自体を「削除」するか、またはDMを送った相手を「ブロック」するか選択できます。 それぞれの選択がどのような効果を生むのか、また相手にはどのような影響があるのかを検証してみました。 「承認」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[承認]ボタンをタップすると、すぐに通常のDM画面に切り替わり、返信ができるようになります。 また同時に、承認したメッセージがリクエストの一覧から消えます。 承認後はリクエスト一覧に戻せないので、慎重におこないましょう。 もし誤って承認してしまった場合には、後述する方法でDMの受信を拒否できます。 メッセージリクエストを承認された側の画面 メッセージリクエストを送った側への影響としては、承認されると送ったDMに既読がつくほか、相手がオンライン中かどうかも分かるようになります。 リクエストが承認された旨を知らせる通知などは届きません。 ただ、「承認」といってもあくまでDMの受信のみを承認したのであって、フォロー・フォロワー関係になったわけではありません。 「削除」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[削除]をタップすると、受信したメッセージリクエストが即座に消えます。 知らない人からの不快なメッセージやスパムだったときには、一見解決したように見えますが、削除の効果はそのメッセージリクエストを消しただけにとどまります。 つまり削除したところで、相手が再びDMを送ってくれば引き続きメッセージリクエストに届いてしまうというわけです。 もしリクエストすら受け取りたくないのであれば、後述のを選ぶといいでしょう。 メッセージリクエストを削除された側の画面 メッセージを送った側には永遠に既読が付くことはなく、相手がオンライン中かどうかも表示されません。 また、削除した事実は通知などで知らされません。 「ブロック」「無視」「報告」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[ブロック]をタップすると、さらに「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」という3つのメニューが表示されます。 似たような選択肢が並び、どれを選ぶか分かりづらいので、以下でそれぞれがどのような効果を生むのかを紹介します。 なお、以下の「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」どれを選択しても、相手に通知などで伝わることはありませんので安心してください。 「無視する」選択した場合 メッセージリクエストの対処法としていちばん使い勝手がいいのは、[無視する]です。 [無視する]をタップすると、メッセージリクエストが削除され、 それ以降は同じ相手からのメッセージリクエストを受信しないようになります。 後述する「アカウントをブロック」とほぼ同じ効果ですが、プロフィールを訪問すれば、DMと関係ない通常の投稿などは確認できます。 つまり、DM機能においてだけ、相手をブロックしている状態だと考えればいいでしょう。 appllio. com 「報告する」選択した場合 あまりにも不快なメッセージやスパムが送られてきたときは、[報告する]を選択して運営に通報するのもひとつの手です。 [報告する]をタップすると、さらに[スパムである][不適切である]の2通りの選択ができるので、内容に応じてどちらかを選択してください。 左:スパム報告をした場合 右:「不適切である」を報告をした場合 スパムであるを選択するとすぐに報告が完了し、「ご報告ありがとうございました」という画面に切り替わります。 報告完了と同時に、相手のアカウントがブロックされます。 不適切であると報告する場合、その理由を2つから選んでください。 選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。 appllio. com 無視やブロックした後にメッセージを確認する方法 前述の方法で相手のリクエストメッセージを無視、もしくはブロックしたとしても、二度と元に戻せないわけではありません。 こちらから相手のプロフィールの[メッセージ]を訪問すれば、[無視する]や[アカウントをブロックする]に設定した以降に、相手から送信されたすべてのメッセージを確認できます。 ここで再び[承認]をタップすると、過去に送られたものを含め相手のメッセージを受信するようになります。 リクエストの承認後にメッセージを拒否する方法 メッセージリクエストを承認したはよいものの、あとからやっぱりメッセージを拒否したくなったらどうすればよいのでしょうか。 このケースでは、一度リクエストを承認した相手を元に戻すことはできません。 しかし相手をブロックしてしまえば、メッセージの受信自体を拒否できます。 メッセージ画面の[i]マークをタップすると、詳細画面に移ります。 相手をブロックするには、赤字の[ブロック]をタップしてください。 確認画面が表示されるので、注意事項を読み問題なければ[ブロック]をタップします。 ブロック状態だと相手からのメッセージをすべて拒否できる効果に加え、相手の投稿やストーリーが非表示になるなどの影響があります。

次の

インスタでフォローリクエストがきた!知らない人だった時の対策方法

インスタ フォローリクエスト

この章の目次• フォローリクエストって何? フォローリクエストの例 フォローリクエストとは、非公開モードに設定しているあなたに対して、第三者から送られた、「私をあなたのフォロワーにしてくれませんか?」というリクエストのことです。 勝手にフォロワーになられたら、非公開モードの意味がありませんよね? 第三者があなたのフォロワーになるには、あなたの許可が必要なわけです。 リクエストがあるとどうなるの? あなたがフォローリクエストを受け取った時、主に2つの方法で知ることができます。 プッシュ通知 プッシュ通知 フォローリクエストを受け取ったタイミングで、お使いのスマホにプッシュ通知でお知らせが届きます。 通知設定で無効にしてない限りは、これで知ることができます。 アクティビティ アクティビティ プッシュ通知に気付かなくても、「アクティビティ」の画面に移動すれば、フォローリクエストがあった場合は上部に表示されます。 リクエストが消えてしまったのは何故? 何もしていないのに、相手からのフォローリクエストが、「アクティビティ」の画面から消えてしまうことがあります。 これは、相手があなたへのフォローリクエストをキャンセルしたことが原因です。 理由は不明ですが、「間違えてフォローリクエストを送ってしまったのでキャンセルした」ということも多いです。 あまり気にしないようにしましょう。 来たはずのリクエストがない場合は!? 画面を下に引っ張る 例えば、「友達から『フォローリクエスト送ったから承認してね〜』などと連絡があったから見たんだけど、リクエストが届いてない」なんてことがあります。 それは、画面が古い情報を映している可能性が高いです。 「アクティビティ」の画面で、図のように、指を滑らせて画面全体を下に引っ張ってみて下さい。 リフレッシュ更新が始まり、新しい画面が映されます。 間違えて拒否してしまったらどうするの? フォロワーとして迎え入れてあげたかったんだけど、間違えて「拒否」を選択してしまうことがあります。 もしくは、「拒否」したんだけど、やっぱり「承認」してあげたいな〜と思い直す時など。 その場合はやり直すことができません。 もう一度、相手にフォローリクエストを送ってもらう必要があります。 間違えて許可してしまったらどうするの? 逆に、「拒否」をしようと思ったけど、間違えて「承認」をしてしまい、フォロワーに迎え入れてしまうケースもあります。 本当は写真や動画を見せたくないのにどうしよう…。 そんな時は、ブロック機能を利用することで、相手をフォロワーから外すことができます。 フォロワーから外せば、相手はあなたの投稿を見れなくなります。 拒否するとバレる? バレます。 「相手にはどう映るの?」の章をご参考下さい。 しつこくリクエストを送ってくるユーザーに困ってる… フォローリクエストは、あなたが一度、「拒否」をしたり、または相手が「キャンセル」をした場合、もう一度送ることができます。 拒否してるのに何度も何度もフォローリクエストを送ってくる馬鹿者がいたら、前項で紹介したブロック機能を利用しましょう。 ブロックをしたユーザーに対して、ブロックされたユーザーは、フォローリクエストを送ることができなくなります。 リクエストが面倒な時はどうすればいい? 一番楽なのは、「承認」も「拒否」もしないで、「放置」をすることです。 そうすれば、ずーっと保留中の状態になり、相手がキャンセルしない限り、もう一度、そのユーザーからフォローリクエストを送られることがありません。 放置しておいて、しつこくリクエストが送られる時は、そのことを「正当な理由」にしてブロックしてしまいましょう。 相手をどうやって判断すればいいの? フォローリクエストを送る時に、メッセージを送るシステムはありません。 そのため、基本的にあなたは、相手のプロフィール画面や投稿、そのコメントなどを見て、相手を信頼できるかどうかを判断する必要があります。 もしかしたら、ダイレクトメッセージという機能を使って、別途、メッセージを送ってくるかもしれません。 その時は、メッセージも読んでみましょう。 非公開のユーザーからリクエストが来るのはなんで? フォローリクエストが来たから、「どんな人がリクエストを送ってきたんだろう?」と思って相手のプロフィールを見たら、その人が自分と同じく非公開ユーザーだった、ということがあります。 「これってどういうこと?」って、不審に思うかもしれませんが、システム上、おかしいことではないんです。 あなたがこのユーザーのフォローリクエストを承認したとしましょう。 そうすると、フォロワーである相手は、あなたの投稿を見ることができるようになります。 ですが、あなたの方は、非公開にしている相手の投稿を見ることができないという、ちょっと不思議な関係になります。 あなたも相手の投稿を見たいのなら、逆に、相手にフォローリクエストを送って承認してもらう必要があります。 …まあ、そもそも、非公開にしている人からフォローリクエストが来ても、どんな相手だか分からないので、普通は承認しにくいですよね。 それどころか、「なんで送ってきたんだろう…」と心配になってしまいませんか? そういう場合はこう考えて下さい。 Instagram上には「とりあえずプロフィールを非公開にしておいて、自分が把握できるフォロワーにだけ投稿を公開し、リクエストがあるならとりあえず全部受け付けるようにしている」という、いわば、"半"非公開的な運用をするユーザーも多くいます。 そういったユーザーをフォローするノリで、自分が非公開でも相手にフォローリクエストを送るユーザーもいるということです。 そこまで奇妙だと心配することではありませんが、得体の知れない相手を無理に承認する必要はないので、「相手がどんな人か分からない」という理由で拒否するのも、正当で立派な選択肢です。 リクエストを確認する手順 この章では、あなたに届いたフォローリクエストを確認する方法を説明します。 iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。 アクティビティのアイコンをタップする Instagramにログイン後、下にあるメインメニューの内、「アクティビティ」のアイコンをタップして下さい。 「フォローリクエスト」をタップする 「アクティビティ」の画面に移動します。 1つ以上、フォローリクエストがある場合は、一番上に、「フォローリクエスト」という項目があります。 これをタップして下さい。 フォローリクエストを確認する 「フォローリクエスト」の画面に移動します。 ここに、現在、あなたに届いているフォローリクエストの一覧が表示されます。 リクエストを承認 許可 する方法 この章の目次• 「承認」をした場合 プッシュ通知 フォローリクエストを承認すると、図のように、相手のスマホにプッシュ通知でお知らせが届きます。 これで、相手は気付きます。 「拒否」をした場合 拒否をした場合、相手にはプッシュ通知などのお知らせは届きません。 相手はあなたのプロフィール画面を見て、拒否されたのを確認することができます。 「リクエスト済み」の状態 例えば、あなたが、画面の「あらゆ」というユーザーにフォローリクエストを送ると、図の部分が「リクエスト済み」という状態になります。 これを見て、「ああ、あらゆさんは私のフォローリクエストを拒否したんだな…」と知ることができるというわけです。 スポンサーリンク.

次の