アジサイ 育て 方 鉢植え。 アジサイにぴったりな植木鉢!アジサイの育て方からかんたん剪定まで

アジサイの育て方|地植えのアジサイの植え方やお手入れ方法

アジサイ 育て 方 鉢植え

そしてアジサイの鉢植えであれば、場所もあまり選ばず、 小さく育てることもでき、美しい花を傍らで鑑賞できるのが魅力です。 アジサイの鉢植えの育て方をわかりやすくご紹介します。 好みの花を見つけたら、 まず品種名のラベルが付いているかどうかを確かめましょう。 アジサイの苗は開花した状態で売っていることがほとんどです。 良い良苗を選ぶポイントは、元気な苗であり、 開花してから時間が経っていないということです。 ガクアジサイは両性花の蕾が多い方がよく、 手まり型は花が固くしっかりとしたものが良いでしょう。 また、枝が太くしっかりとしているか、 葉の色が濃く分厚いかも確認して買い求めます。 苗選びの詳細は下記をご覧ください。 プレゼントの鉢も、大きい素焼き鉢に換えてあげましょう ・栽培環境 アジサイの苗は、プラスチック鉢に植えてあることが多いです。 プラスチック製の鉢は軽くて安価なのですが、 通気性が悪いため栽培環境としては適しません。 植物の根は呼吸しているので、空気をよく通す素焼鉢がお勧めです。 アジサイの花がきれいに咲くためには日当たりも重要です。 アジサイの鉢は適度に日の当たる半日陰や、 西日の当たらない場所に置くと丈夫に育ちます。 ・植え付け アジサイは、鉢花として店頭に並ぶことが多いです。 ハイドランジアは花が終わったら剪定をし、植え替えます。 ヤマアジサイは、買い求めてすぐに植え替えたほうがよく、 もったいないのですが、植え替えと同時に剪定を行います。 アジサイは根の生長が早いため、 植え替えの時はひとまわり大きな鉢に植え替えます。 用土の割合 ・用土 アジサイは水はけのよい用土を好みます。 赤玉土をベースに、腐葉土や鹿沼土を配合すると良いです。 一般的には、赤玉土:腐葉土を7:3に配合します。 市販の培養土を利用する時も、 赤玉土を半分くらい配合すると水はけがよくなります。 ・水やり 鉢植えのアジサイの水やりは、土が乾いたらたっぷりと水を与えます。 6月~9月上旬の気温が高い時期は、特に乾燥に気を付けてください。 花後の剪定のコツ ・花後の剪定 アジサイの花は、特に剪定をしなくても毎年花を咲かせます。 しかし、アジサイは生長がとても早く、 剪定しないと驚くほど大きくなってしまいます。 鉢植えでは大きく育ち過ぎると、 株の傷みや栽培管理もたいへんですので、 剪定は行うことをお勧めします。 翌年も花を楽しみたい場合は、 アジサイの花が咲き終わった後、 花の2~4枚下の茎を切り落とします。 剪定して小さく育てるコツ アジサイを小さ目に仕立てたい場合には、 秋に花芽を確認してから、そのすぐ上で剪定します。 翌年の花を鑑賞せずに、 樹形を整えたい場合には、 丈の3分の1くらいまで剪定するのが良いです。 どうしても花が見たいときには、 樹の半分ほどを丈の3分の1くらいまで剪定します。 ・冬の剪定 アジサイの休眠期である11月~3月上旬には、冬剪定を行います。 冬剪定は、混んだり枯れて弱っている枝を選んで切り、 株の風通しを良くするために行います。 冬の剪定は、枝が混んでいなければ必要ありませんが、 枯れ枝やゴミなどは、きれいに取り除いておきます。 冬のアジサイ、もう葉芽が出ています ・肥料 アジサイは、寒肥と花後の追肥が必要です。 鉢植えでは、少なめに2~3回に分けて施します。 寒肥は、発酵油かすなどの固形肥料や、 油かすと骨粉を7:3で混ぜた有機肥料がよいでしょう。 5号鉢では一回につき5~6g、6号鉢では10gが適量です。 花後の追肥は、花が終わってから1か月から2か月後に行います。 発酵油かすや、遅効性化学肥料を1~2回施します。 一回につき5号鉢で5~6g、6号鉢で10gが適量になります。 慣れてきたら寄せ植えにするのも楽しいです ・植え替え アジサイの植え替えは、 休眠期である11月~3月上旬か、5月~9月中旬の花後に行います。 花後の植え替えでは、 花が咲いた枝を剪定してから植え替えを行います。 鉢は、ひとまわり以上大きな鉢を用意します。 古い鉢から苗を抜いたら、 必ず根鉢をひとまわり崩して発根を促します。 鉢底に小石を敷き、赤玉土をベースにした、 用土を少し入れてから苗を植え付けます。 用土は隙間が無いよう、棒など突いて入れます。 植え替えた後はたっぷりと水を与えましょう。 ・挿し木 アジサイは、緑枝挿しと休眠枝挿しの、 2通りの方法で挿し木を行うことができます。 どちらの方法でもよく発根し、手軽に増やすことができます。 ・病害虫 アジサイは病害虫の被害が少ない植物ですが、 全く被害が無いとは言えません。 チャノキイロアザミウマは葉の形を悪くします。 ハダニは葉裏に群生し、葉の表面にかすり状の斑点を作ります。 アジサイハバチは葉を円形状に食い荒らします。 シイノコキクイムシは枝に点々と穴を開け、枝を枯らしてしまいます。 栽培スペースに合わせてコンパクトに育てるためには、 適期に強めに剪定する必要があります。 剪定時期には注意が必要で、春先に適当に剪定してしまうと、 花芽を切り落としてしまい、花が咲かないことがあります。 アジサイは鉢花の状態で売っていますが、 花後に剪定し一回り大きな素焼鉢に植え替えましょう。 アジサイの花を元気に咲かすには、日当たりの良い日陰に置きます。 とくに真夏の水切れに注意しましょう。 花後は短めに切り詰め、鉢の容量とのバランスをとります。

次の

紫陽花(アジサイ)の花の育て方・剪定など

アジサイ 育て 方 鉢植え

花が終わった山アジサイの剪定方法 山アジサイの鉢植えの開花株は、5月のゴールデンウィーク明け、母の日近くから園芸店で販売されるようになります。 アジサイ類の特徴として、花が終わり退色しても茎から花が散ることは無くそのまま残っています。 花の色が褪せて中心の両性花が散った頃に花が咲いていた軸を切り取り、それと同時に植え替えをしませんと枯れてしまうことがあります。 庭植えされた山アジサイの剪定 十分な日光を浴び紅色に染まった山アジサイの紅の花です。 時期は5月下旬、それから数週間した6月半ば、赤く染まった装飾花は下向きになり弁が反り返って花の終わりを知らせます。 装飾花も少しずつ色が褪せてきますので来年の花に向けて枝の剪定作業に入ります。 枝の剪定をする場合、幾つか注意しなければならないことがあります。 それは枝剪定の時期と位置。 山アジサイ海峡の両性花が本来の色を失い装飾花が下を向き反り返ったところです。 花弁が反り返った状態は花の観賞期間が終わったことを知らせています。 花が終わったことを確認し来年の花芽を作り株の姿を整えるための枝の剪定作業に入ります。 山アジサイは花の真下の二つの葉基には芽が作られません。 枝剪定の基本は上から二番目の芽の上「ハサミを入れる部分」か、株下部分の芽を確認して、その芽の上で切り取ります。 株が大きく育って、背丈や株幅を小さくするときには、芽当たりを確認して下の芽の上で切り取る。 終わった花と不必要な葉を切り取ったところ。 矢印は夏にかけて伸びてくる芽。 庭植えの山アジサイ紅、枝の剪定作業が終わりました。 枝剪定前の状態 枝剪定後の状態 株の幅は6割程度に切り詰められました。 山アジサイ 鉢植え株の剪定作業 庭植えでも鉢植えでも、山アジサイの花後に控えている枝の剪定作業方法は基本的に同じです。 一番大切なのは茎に着いている葉、葉の基に芽があるのを確認して、その上部にハサミを入れることです。 葉の無い部分に隠れ芽が見られないときには、その上部に必ず芽当たりを確認して作業してください。 剪定作業後 芽当たりのある部分をのこして不要な枝を切り取ると株の背丈は半分程度になります。 残した枝葉の付け根にある芽が生長して、秋10月頃になると翌年の花を咲かせる花芽を作ります。 鉢植えの剪定作業が終わりましたら植え替えをします。 現在の鉢が4〜5号サイズとしたら6号から7号サイズの鉢に植え替えます。 現在の株を鉢から抜き出し、根鉢の周囲に回った根を剥がすようにして新しい鉢に植え込みます。 用土の組成は赤玉土6、鹿沼土2、腐葉土2位にします。 増やし方 山アジサイの挿し木 花が終わったらお気に入りの山アジサイを増やすことにチャレンジしてみましょう。 誰にでもできる難しくない方法ですのでぜひ挿し木をして増やし友達にプレゼントし花友達を増やしてください。 挿し木を行う時期は関東地方を基準として、6月の末から7月の梅雨の季節が空気中の湿度もあり山アジサイの発根に最も良い季節です。 花が終わった枝の芽当たりを確認のうえ二節残して切り取ります。 切り取った先端の部分を鋭利な刃物で斜めに切り、活力剤のメネデール100倍液に4〜5時間浸けて挿し穂に水を吸わせます。 その際に挿し枝に残っている葉は半分程度に切り取ります。 (下の画像参照) 5〜6号の鉢に小粒の鹿沼土を深さ10センチほど入れ水を吸わせておきます。 水を吸わせた挿し穂の発根する部分に発根促進剤を付けて挿し床に斜めに挿します。 枝に着いている葉は挿し木後の水分蒸散をできる限り少なくするため葉面積の半分程度を切り取ります。 挿し木が終わったら灌水します。 その後は風通しの良い半日陰の場所で管理し朝夕二度の灌水を行い鹿沼土が乾燥しないよう注意します。 発根までの時間は約二週間ほどです。 管理方法は用土を乾燥させないようにし週に1回程度メネデール100倍液を与えます。 発根と新芽が伸び出してきた9月頃から油かすを少量与えるようにします。 挿し穂を直接、ビニールポットに挿す方法もあります。 鹿沼土と赤玉土の小粒を等量、混合して挿し床にします。 この方法は翌春に予定される植え替え時の根にあたえるダメージが少なくなります。 翌年の春にビニールポットから抜き出して一回り大きな鉢に植え替えします。

次の

アジサイの育て方・プレゼントされた鉢植え紫陽花その後の管理

アジサイ 育て 方 鉢植え

アジサイは鉢植えで育てても素敵ですね 鉢植えには、用土のスペースに限りがあります。 鉢の中で根がいっぱいまで育ってしまうと、 根詰まりの状態になって生育不良を起こすようになります。 アジサイの植え替えは難しいと感じる方が多いようですが、 植え替える時期や植え替え方、植え替え後の管理法を間違えなければ、 元気にしっかりと育てることができます。 アジサイは本来、とても丈夫な植物です。 上手に育てると、鉢植えでも何年も花を楽しむことができます。 この時期であれば、花も咲いていることがありません。 ちょうど根が休眠に入る時期か、休眠から目覚めようとしている時期なので、 多少、根を触っても問題はありません。 ただし、これは元気に育っている時の植え替えです。 もし根詰まりで、できるだけ早く植え替えをすべき状態であれば、植え替えます。 端的に言うと、アジサイは真夏と真冬以外であれば、いつでも植え替えが可能です。 植え替えを行うと、どうしても根を少し傷めることになります。 根を傷めた時に、暑かったり寒かったりすると、回復が遅れてしまい、 調子を崩したまま枯れてしまうことがあります。 せっかく植え替えをしてリフレッシュさせるのに、 植え替えの時期が悪かったために枯れてしまっては残念です。 アジサイが回復しやすい時期に植え替え時期を合わせてあげるだけで、 弱ったり枯れる可能性は低くなります。 鉢植えで育てているアジサイの植え替えが必要になるタイミングはいくつかあります。 園芸店やホームセンターで、黒いポットに植わって苗として販売されているものは、 購入した後に、苗のサイズに合った鉢に植え付けるので問題ありません。 ただし、すでに鉢植えの状態になって、開花したアジサイも販売されています。 この開花株は、鉢植えにはなっていても、株に対して鉢が小さすぎることが多いです。 鉢が小さいということは、すでに根詰まりをしている可能性もありますし、 土の量が少なくて水切れを起こしやすい状態でもあります。 購入してからすぐに植え替えても良いですが、 まだアジサイ栽培に慣れていないのであれば、 花が終わってから、剪定と同じ時期に植え替えをするのが安心です。 ・根詰まりをしている 鉢植えの土の表面に細かい根が見えていたり、鉢の底から根が見えている場合は、 鉢の中が根でいっぱいになってアジサイはストレスを感じています。 この場合は根詰まりになっているので、植え替えをしてあげる必要があります。 多くの根が見えている場合や、根詰まりで水はけが悪くなっている場合は、 急を要するので一回りか二回り大きい鉢に植え替えます。 弱っているアジサイは根鉢を触らずそのまま植え替えます。 ほんの少し根が見えている程度であれば、 すぐに植え替えずに秋か春まで待ってから植え替えることも可能です。 ・何年も植え替えていない鉢植え 根がいっぱいになっている様子はないけれど、 もう何年も植え替えていない鉢というアジサイもたまにあります。 この場合、本当に根詰まりしていないのであれば、 根の育ちが悪くなっている可能性があります。 最初に植えた時に、苗に対してよほど大きな鉢で植えたのでない限り、 3年もすると、鉢は根でいっぱいになります。 3年以上同じ鉢で植え替えていないのに根詰まりしていない場合は、 一度土を変えてあげた方が良いかもしれません。 また、表面上は根詰まりしていないように見えても、 水を与えてもすぐに水切れする場合は、根詰まりを起こしている可能性があります。 一度鉢から株を抜いて、根の状態を確認するようにしましょう。 植え替える方法は、大きくわけて2つです。 1つは鉢を大きくして植え替える方法で、 もう1つは鉢のサイズを変えずに植え替える方法です。 ・鉢を大きくする植え替え 鉢を大きくする場合は、今の鉢よりも1号か2号大きなサイズの鉢を用意します。 アジサイはあまり深鉢にする必要はありませんが、 浅鉢だと水切れを起こしやすくなるので、普通の深さの鉢を用意します。 あるいは菊鉢と呼ばれる鉢だと、寸胴な形なのでたっぷりと土が入るのでお勧めです。 古い鉢からアジサイを抜き、根鉢の表面と肩の部分の土を少し落としておきます。 さらに根鉢の底の部分は、三分の一ほど土を崩し、 傷んでいる根や長すぎる根があれば切ります。 春と秋以外に植え替えをする場合は、無理に根鉢を崩さずに植え替えた方が、 根にダメージが少ないのでお勧めします。 植え替えをする時、新しい鉢には必ず鉢底石を敷いておきます。 それから培養土を入れて、古い鉢から抜いたアジサイを植え付けます。 植え付けた後は、鉢の底から水が出てくるまで、たっぷりと水を与えておきます。 鉢を大きくしたくない時は、下記のように植え替えます ・鉢を変えずに植え替える 鉢のサイズを変えずに植え替える場合は、できれば春か秋に植え替えます。 鉢のサイズを変えない場合は、根が伸びた分だけ切り戻してあげます。 アジサイへのダメージが大きくなるので、 気候も株も安定している春か秋に植え替えます。 まず古い鉢からアジサイを抜きます。 根鉢の半分以上の土をほぐして落とします。 この時、あまり乱暴に土を落とすと、根まで傷めることがあるので注意します。 土をほぐして根を露出させたら、 全体の三分の一~半分くらいの根を切って根鉢を小さくします。 元の鉢に鉢底石を敷いて、新しい培養土を使って植え付けたら、 たっぷりと水を与えておきましょう。 いつもは日向に置いて管理している株であっても、 植え替えた後は明るい日陰などで管理します。 植え替えから2週間~1ヶ月ほど、様子を見ながら管理します。 この間は絶対に水切れを起こさないように注意しましょう。 新芽が動き出したのを確認したら、徐々に日向に移動させます。

次の