エクシア アップル パイ。 #アークナイツ #エクシア(アークナイツ) 始めてのパイ

エクシア(アークナイツ)とは (エクシアとは) [単語記事]

エクシア アップル パイ

ミッション本当に光り輝くコレクションというものは、その領域にとどまらずとも依然として比類なき輝きを保つ。 <簡易補給所>オペレーターやコマンドシステムにSPを付与する アークナイツ CB-6 攻略手順 「アークナイツ CB-6」の攻略方法ですが、 先鋒と重装で防衛しながら、遠距離オペレーターで削り倒していくだけでOKです。 範囲回復できるオペレーターがいると1人で済みます。 また、すり抜け対策と火力要員に、前衛を入れておくと安定します。 範囲回復できるオペレーターがいるのであれば、誰でも大丈夫です。 敵は全部で45体。 さて、CB-6の攻略手順ですが、 その前に、戦闘前のシナリオにて クロワッサン「おーっ! エクシアはんお手製のパイやな!」 自分もエクシアちゃんのアップルパイ食べたいいいいい!(落ち着け) (アップルパイ大好物なんです。 アップルパイ大好物なんです。 ) ・・・さて、落ち着いたところで、フェンちゃんを左向きでスタンバイ。 続けて、クーリエくんも下向きでスタンバイさせます。 2人ともコスト回収組ですが、序盤には本当にお世話になってますね。 敵が3体やってくるので、すり抜けられないよう、ジェシカちゃんを下向きでセット! 敵をまとめてドカンしたいので、ラヴァちゃんにお願いしちゃいますかね。 周囲をまとめて回復させたいので、ブリーズちゃんを左向きでコトっと配置。 仲間にするのに購買資格証が600枚必要ですが、範囲回復が1人いるだけでかなり助かる場面も・・・。 なので、範囲回復キャラが1人もいない or 足りないのなら交換しておきましょう。 今回さりげなく右下にいる「簡易補給所」を右向きで配置。 これで課題の「簡易補給所を使用してCB-6をクリア」もバッチリですね。 ちなみに、残り配置可能数に関係なく置けるので安心してください。 そろそろ突進男をどうにかしますかね。 今回は、ラヴァちゃんとジェシカちゃんの攻撃範囲内に、ビーグルちゃんを投入して止めちゃいます。 向きは右にしています。 突進男は術攻撃に弱いので、ジェシカちゃんとアーミヤちゃんを交代させます。 向きは右で大丈夫です。 すり抜け対策&敵を斬り伏せたいので、メランサちゃんを右向きで投入。 少し進めて討伐数25前後。 ブリーズちゃんが制式術師にいじめられています。 そのせいで、HPが回復量よりも減っているので、スキルを解放し間に合わせます。 このあとにラッシュが来るので、ジュナーちゃんを下向きで待機。 敵がまとまってドドドッと、やってきましたね。 アーミヤちゃんとメランサちゃんのスキルを解放! 敵をまとめて返り討ちです! ラヴァちゃんは、一番下の通路を歩いている敵が右側に来たら、スキルを解放します。 続けてビーグルちゃんのスキルも解放します。 後はこのまま敵を倒して作戦終了。 無事、CB-6攻略完了です。 お疲れさまでした。 全体の流れ1.フェンを配置する 2.クーリエを配置する 3.ジェシカで敵を削っていく 4.ラヴァでまとめてドカン 5.ブリーズで周囲を回復させる 6.簡易補給所を配置 7.ビーグルでロードローラーを止める 8.ジェシカとアーミヤを交代させる 9.メランサで敵を斬り伏せていく 10.ブリーズのスキルを解放 11.ジュナーで守りを固める 12.アーミヤとメランサのスキルを解放 13.ラヴァのスキルを解放 14.ビーグルのスキルを解放 15.ジュナーのスキルを解放 アークナイツ CB-6 敵情報 CB-6で出てくる敵情報は下記からご覧ください。 制式術師x8 術耐性が高い術師。 今回はブリーズちゃんが狙い撃ちの対象に。 シシリアンx27 シラクラーザ出身の戦闘員。 27体も襲いかかってくる。 どこから湧いてくるん? 拳闘士崩れx8 ボクサーもどき。 8体ほど殴りかかってくる。 地味に痛いので、前衛だとやられてしまうかも。 ロードローラーx2 突進男。 ブロック数が3以上のオペレーターでないと動きを止められない。 2体ほどグルグルまわっている。 アークナイツ CB-6 地図情報 はじめて「簡易補給所」が出てくるステージ。 アークナイツ CB-6 報酬.

次の

元気いっぱいな笑顔が可愛い『アークナイツ』エクシアのねんどろいどがAmazonで予約受付中!源石銃や大好きなアップルパイも付属!!

エクシア アップル パイ

アサルトモード [攻撃回復] [自動発動] Lv 効果 消費 配置初期値 持続時間 1 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 105%の物理ダメージを与える 5 0 - 2 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 107%の物理ダメージを与える 5 0 - 3 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 109%の物理ダメージを与える 5 0 - 4 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 113%の物理ダメージを与える 4 0 - 5 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 115%の物理ダメージを与える 4 0 - 6 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 117%の物理ダメージを与える 4 0 - 7 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 121%の物理ダメージを与える 4 0 - 8 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 129%の物理ダメージを与える 4 0 - 9 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 137%の物理ダメージを与える 4 0 - 10 次の通常攻撃時、 3回連続で攻撃力の 145%の物理ダメージを与える 4 0 - バーストモード [自動回復] [手動発動] Lv 効果 消費 配置初期値 持続時間 1 通常攻撃が攻撃力の 100%での 4回連続攻撃になる 45 15 15秒 2 通常攻撃が攻撃力の 100%での 4回連続攻撃になる 44 15 15秒 3 通常攻撃が攻撃力の 100%での 4回連続攻撃になる 43 15 15秒 4 通常攻撃が攻撃力の 105%での 4回連続攻撃になる 42 15 15秒 5 通常攻撃が攻撃力の 105%での 4回連続攻撃になる 41 15 15秒 6 通常攻撃が攻撃力の 105%での 4回連続攻撃になる 40 15 15秒 7 通常攻撃が攻撃力の 110%での 4回連続攻撃になる 39 18 15秒 8 通常攻撃が攻撃力の 115%での 4回連続攻撃になる 38 20 15秒 9 通常攻撃が攻撃力の 120%での 4回連続攻撃になる 37 22 15秒 10 通常攻撃が攻撃力の 125%での 4回連続攻撃になる 35 25 15秒 オーバーロード [自動回復] [自動発動] Lv 効果 消費 配置初期値 持続時間 1 通常攻撃が 5回連続攻撃になる 50 20 15秒 2 通常攻撃が 5回連続攻撃になる 48 20 15秒 3 通常攻撃が 5回連続攻撃になる 46 20 15秒 4 通常攻撃が 5回連続攻撃になり、攻撃間隔が わずかに短縮 ー0. 10s 44 20 15秒 5 通常攻撃が 5回連続攻撃になり、攻撃間隔が わずかに短縮 ー0. 10 s 42 20 15秒 6 通常攻撃が 5回連続攻撃になり、攻撃間隔が わずかに短縮 ー0. 10s 40 20 15秒 7 通常攻撃が 5回連続攻撃になり、攻撃間隔が やや 短縮 ー0. 16s 38 20 15秒 8 通常攻撃が 5回連続攻撃になり、攻撃間隔が やや 短縮 ー0. 16s し、 攻撃力が 103%まで上昇 36 20 15秒 9 通常攻撃が 5回連続攻撃になり、攻撃間隔が やや 短縮 ー0. 16s し、 攻撃力+ 107% まで上昇 34 20 15秒 10 通常攻撃が 5回連続攻撃になり、攻撃間隔が 短縮 ー0. スキル発動時、非常に高いバースト火力を持ち、通常の狙撃オペレーターでは削り難い大型の敵もガリガリ削る。 その高火力から変身持ちのボスや、短時間で制圧する必要のある敵の処理に重宝する。 難点として、攻撃回数が増えるタイプなので将来的に高防御力の敵が出てくるとやや苦しくなる場合もある。 流れ変わったな は、指定された位置にデバフを設置できるドローン型デバフとも言える性能なのだが、 従来 での処理が難しかった新しい防御が高い重装系の敵が出た時だけ、 で防御デバフする事により でも迅速に敵を処理できるようになった。 この事から、重装の敵が極端に多くない状況で の火力効率は大幅に改善されたと言って良い。 今までも が居たではないかと思われるかもしれないが、エクシアの攻撃範囲をカバーするには の攻撃範囲は重ねる事が難しかった為、置き場所を自由に選べる でシナジーが発揮された。 大陸での使用例 スキン 昇進2 昇進2スキンは要望により折りたたんでいます。 秘書任命 リーダー、何か仕事をまわしてちょ。 会話1 リーダー、パーティーでもしない?ヒップホップ流して、アップルパイなんかも焼いちゃってさぁ。 完璧な人生にパーティはつきもの。 ノーパーティ、ノーライフってね。 たとえどんなに大金持ちでも、あの世に送ってやればそれっきり~。 昇進後会話1 お願いその一!銃を八丁ほどプレゼントよろしく!あたしたち天使はみんな自分の守護銃を持ってるけど、一丁だけじゃしょぼいんだよね! 昇進後会話2 お願いそのニ・・・・・・誰かこの頭の上の蛍光灯を消して! 信頼上昇後会話1 テキサスのやつが、あーんなに生き生きとしてるのは、あたしのおかげだよ。 こんなこと、言うまでもないでしょ? 信頼上昇後会話2 もし、黒い角が生えてて、全身からやばそうなオーラが出てる天使に会ったら、エクシアは君のことを忘れてないよって、伝えといてほしいな。 信頼上昇後会話3 リーダー、ペンギン急便も悪くないでしょ?うちのボスとかやってみちゃう?冗談だよ。 放置 ・・・・・・主よ、この人にも救済が必要なのでしょうか? 入職会話 合言葉は「ペンギン帝国万歳」、アンタが今回の雇い主?あたしのことはエクシアって呼んでね。 あの無愛想なオオカミとは違って、声をかけてくれればいつでも遊んであげるよ! 経験値上昇 こーいう感じ好きかも! 昇進1 ごひいきにしてくれて、ありがとー! 昇進2 リーダー・・・・・・いや、義人よ、この銃に誓って、あなたを最後の審判はでお守りします。 編成 チームでの戦い、慣れてるからまっかせてー! 隊長任命 キミ、人を見る目あるね!あたしより隊長にふさわしいやつはいないって! 作戦準備 行くよ!嵐のように蹂躙してやる! 戦闘開始 キミたちのために地獄の一等地に部屋を用意しておいたから!安心していってらっしゃい! 選択時1 よーし! 選択時2 あたしの出番? 配置1 ついてきて! 配置2 ちょっとからかってあげよーっと。 よーし、帰って飲もう! 作戦失敗 ま、銃だって詰まるときはあるし、人生も同じだよ。 気にしない気にしない。 基地配属 ここ、気に入った! タッチ1 よっ! 信頼タッチ リーダー!あたしの武器、試してみる? タイトルコール アークナイツ。 joyme.

次の

エクシア

エクシア アップル パイ

某日日も上がらぬ時間帯、龍門都市内にあるビルの一室で複数人がなにやら準備をしていた。 あるものは銃を、あるものは薄い剣を、あるものは大盾とハンマーと丁寧に整備された武器を準備していた。 約一名、武器とは思えないマイクであったが。 防具などは着けず、武器以外は簡単な戦闘用具などを纏め終えると最後の一人を待つことにする。 五分ほど、思い思いの精神統一を計っていると目的の人物がやってきた。 灰色のニット帽にサングラス、金のネックレスを幾つも身につけている。 そして身長130cmと小柄な彼の名前は皇帝、ペンギン急便の社長のコウテイペンギンである。 比喩でもなんでもなく、姿形がコウテイペンギンなのである。 先ほどから準備していた彼女達はペンギン急便の社員であるテキサス達であった。 本日は皇帝の号令により、カチコミをかけるために朝早くから集合していたのだ。 皇帝が来たことにより、無言で全員立ち上がと皇帝は口を開いた。 「あ、今日のカチコミ止めるわ。 じゃ」 そう言うと皇帝は入ってきたドアから出て行った。 」 部屋内にはなんとも言えない空気が流れた。 ----- 結局、早朝から行っていた準備は全て無駄になってしまった。 しかも、本日の業務はカチコミだけにしていたため突然の休日となったのである。 「ほっっっんま社長さんのあの気まぐれなんやねん! 」 「諦めろ、いつものことだ」 うがーと吠え、机に突っ伏すクロワッサンに、テキサスは棒状のチョコ菓子をくわえる。 口ぶりから、これが初めてでないことが伺える。 クロワッサンは虚ろな目で、半開きの口から魂が抜ける様を幻視させる表情をしているが、彼女の特有のノリによってそう見せているだけだったりする。 「ゆーてもなぁ... ほんま勘弁してほしいわ」 「それは同感だ」 特にやることもないと、二人はソファーに身を任せのんべんだらりとし始めた。 すると二人の耳に、かちゃかちゃという器具がぶつかり合う音が聞こえてきた。 「エクシアとソラは? 」 「キッチン」 音の正体が気になりクロワッサン、テキサスが一単語という簡潔に伝える。 クロワッサンが首だけを回して背後を見ると、エクシアとソラがキッチンでワイワイと何やら準備していた。 「何やっとんやあの二人は」 「カチコミ戦勝記念のパイを作るそうだ」 「はぃ? カチコミなんぞ始めてやないやろ、何で今回に限って... 」 「アップルパイ食べる口実が欲しいだけだろう」 「ほんま好きやなぁ」 エクシアのパイ好きに呆れる二人であった。 「只今からアップルパイを作ります! 」 「いえ~い! パチパチ~」 ドヤ顔でそう宣言するエクシアの前には、調理器具一式とパイ作りに必要な材料が全て揃っていた。 側にいるソラもノリノリでエクシアに乗っかる。 二人ともエプロンを着けているおり、エクシアが先生役でソラは助手として作っていくようであった。 「いつもはパイ生地から作るんだけど、今回は前に作り置きしておいたものを使うね」 「分かりました先生! パイ生地って作るの面倒なんですか? 」 「いい質問です。 ズバリ、面倒です。 なので作るときは多目に作っておきましょ~」 「了解であります! 」 ソラが形だけのなんちゃって敬礼をし、エクシアは大仰に頷いてみせる。 「では早速始めていこー」 「おー」 エクシアは初めにリンゴを手に取ると、包丁を使い綺麗に皮を剥き始めた。 ソラもそれに習うようにリンゴの皮を剥いていくが、皮に果肉を付けてしまいリンゴ本体も不恰好になってしまっている。 悪戦苦闘するソラに、エクシアが心配そうに声をかけた。 「ソラは包丁持つの始めて? 」 「はい...。 アイドルだからって持たせて貰えなかったんです」 ソラがなんとか一個向いている間に、エクシアは既に三個剥き終わっていた。 シュンとするソラに、エクシアは苦笑しつつ励ます。 「それは仕方ないね~。 でも今回はいいの? 」 「エクシア先輩、黙ってれば犯罪じゃないんですよ? 」 「ソラも大分染まってきたね~」 ペンギン急便に来た頃と比べると、見違えるほどに逞しくなった後輩にエクシアは嬉しくなった。 これらなら今回なくなったカチコミでも大丈夫だと思えるほどに。 「じゃあいい機会だから包丁の扱いを覚えちゃおうか」 「よろしくお願いします先生! 」 エクシアは包丁を置くと、ソラの後ろに回りこんで手を重ねた。 「包丁はこう持って、リンゴはこう」 優しくソラの手を支えるようにして、指導していく。 密着する二人だが、エクシアは指導にソラはリンゴを剥く事に集中している。 「ゆっくりでいいから、手を切らないようにね」 「分かりました...! 」 ゆっくり、ゆっくりと丁寧に剥いていく。 先ほど自身が剥くよりも時間がかかっているが、エクシアの指導によりソラは綺麗に皮を剥くことに成功した。 「で、できました! エクシア先輩!! 」 綺麗に剥けたことに感動したのか、ソラは目を輝かせて後ろにいるエクシアへと振り向いた。 「良かったね。 二度目にしては凄い上手だよ」 無邪気なソラに、エクシアは優しく微笑んだ。 そんな二人を眺めていたクロワッサンは、変な顔をしていた。 「何しとるんやあの二人」 「パイ作りだろう」 「パイというか、タワー建てとるわ」 「... 何を言ってるんだお前は? 」 ----- 「はーい、おまたせしました。 出来立てほやほやのアップルパイだよ」 「私も頑張って作りました! 」 それから一時間もしないうちに、クロワッサンとテキサスの元にエクシアとソラがアップルパイをそれぞれ持って来た。 エクシアが持っているパイはいつも通り形が整っているが、ソラが手にしているパイは少し形が崩れていた。 「えへへ、ちょっと失敗してしまいました... 」 申し訳なさそうにソラが謝る。 クロワッサンとテキサスが顔を見合わせると、躊躇なくソラのアップルパイを所望した。 二人の希望に驚くソラであったが、破顔するとパイを切り分け二人に差し出した。 「うん、美味いな」 「おいしーわー。 ソラは料理の才能あるんとちゃう? 」 「あ、ありがとうございます」 美味い美味いと食べ進める二人に、ソラははにかんだ。 エクシアも料理の弟子が褒められて嬉しそうである。 だがすこし悪いことを思いついたのか、一切れパイを切り取り、手に持った。 「なんだよー二人して、私のパイはいらないの? 」 態とらしく拗ね始めた。 クロワッサンはなんやこいつと胡乱な目を向け、テキサスは無視した。 ただソラは気づいていないようで。 「私はエクシア先輩のパイ食べたいです! 」 慌てたようにエクシアが持っているパイに食いついた。 「あら」 「... 」 「美味しいです! 」 ペロリと一口で、それこそエクシアの指ごと食べてしまった。 驚くエクシアに、何も見ていないと無言を貫くテキサス、ソラは満面の笑みであった。 「ほんま、何しとんねん... 」 クロワッサンだけが、ジト目を向けているのであった。 追加でパイを一口食べるが、クロワッサンにはさっきよりも甘く感じるのであった。

次の