ミョウバン 重曹。 ミョウバン・重曹・クエン酸、気になる臭いにはどれが効く?

詳しく知りたいミョウバンと重曹。料理で使うことの安全性とは

ミョウバン 重曹

ミョウバン・重曹・クエン酸はどんな臭いに効く? 自分の「臭い」について悩んでいる男性は、案外多いかもしれません。 「臭い」といっても、ワキや足の臭い、加齢臭など、さまざまですよね。 その臭い対策、「臭いの種類」によってミョウバン・重曹・クエン酸のどれを使うかが異なってくるのです。 まず、ミョウバンについてですが、ミョウバンは酸性なのでアンモニア臭などのアルカリ性の臭いに効果が期待できます。 特に、足の嫌な臭いを軽減するために役立ちます。 次に重曹ですが、重曹は弱アルカリ性なのでワキの汗など酸性傾向の臭いを中和する性質があります。 最後にクエン酸ですが、クエン酸もミョウバンと同様に酸性なので、アンモニア臭や年を重ねるとともに発生する加齢臭に効き目があるとも言われています。 このように、それぞれ効果が異なります。 それでは、ミョウバン・重曹・クエン酸それぞれの活用法をみていきましょう。 足の臭い軽減策!ミョウバン活用法 ミョウバン・重曹・クエン酸それぞれの活用方法は異なります。 こちらではまず、ミョウバンの活用法についてご説明していきましょう。 ミョウバンは先ほども申し上げましたとおり、「足の臭い」に効果が期待できます。 まずは、「ミョウバン水」を作ることから始めましょう。 ここで注意していただきたいことがあります。 ミョウバン水を作る際は、必ず水道水を使用するように気をつけてください。 ミネラルウォーターなどでミョウバン水を作ると、すぐ腐ってしまうことがあるのです。 また、ミョウバン水の原液は約1か月程度もちますが、ミョウバン水を薄めたものはそこまで日持ちしませんので、1週間程度で使い切るようにしてくださいね。 気になる汗の臭いに!重曹活用法 ミョウバン活用法の次は、重曹活用法をご説明していきましょう。 重曹はアルカリ性ですから、汗の臭いの元となる酸性傾向の臭いを中和する性質があります。 また、殺菌作用があるとも考えられているので、臭いの元となる雑菌の繁殖を防いでくれる役割もあるのです。 それでは、実際にどのように重曹を使用するかお話ししていきましょう。 それをワキの下などの気になるところに塗ってください。 重曹パックは、臭いだけではなくワキの下が黒ずんでいたりする方にも良い効果が期待できますよ。 それでは次項では、クエン酸活用法についてご説明していきましょう。 加齢臭が気になってきたら!クエン酸活用法 クエン酸は、加齢臭だけではなく健康のためにも良いと言われています。 クエン酸は、食品ですとグレープフルーツ・レモン・梅干しなどに含まれています。 いわゆる「酸っぱい」ものですね。 クエン酸は、疲労回復や血液循環を良くする効能があるとも言われており、体内にたまった老廃物を出してくれるのです。 話がそれてしまいましたが、さっそくクエン酸の活用法についてお話ししていきましょう。 どちらも、加齢臭を軽減するにはおすすめの方法です。 ミョウバンもしかりですが、重曹もクエン酸も、臭い軽減対策だけではなく掃除にも使える優れものであり、そんなに高いものでもないので、自宅にそれぞれ用意しておくと良いですよ。 また、爪と皮膚の間には雑菌が繁殖しやすいので、爪の伸ばしっぱなしはやめましょう。 そして、男性のビジネスシューズは通気性が良くないことが多いので、なるべく洗うように心がけてくださいね。 革靴など、洗えない場合は日干しをしたり靴専用の消臭スプレーを活用してみましょう。 また、出社後に靴を履き替えられる場合には、サンダルなどに履き替えて靴を乾燥させてください。 蒸れて湿度の高い状況は臭いの元となる雑菌の大好物なので、靴を乾燥させることが重要なのです。 体を洗う際は、肌を傷つけないように優しく洗うように気をつけてくださいね。 そして、外出時に汗が出てしまった時ははやめに拭き取るようにしましょう。 そうすることで、臭いを軽減することができます。 また、可能であれば、汗をかいたときは着替えるようにするとさらに良いです。 仕事中などは難しいかもしれませんが、着替えることで気になるワキの臭いを軽減できますよ。 特に、耳の後ろ・肩・首の後ろ・背中を中心にしっかり洗うと良いです。 さらに、夜に入浴して朝にもシャワーを浴びると、加齢臭を抑える効果が期待できます。 口臭の予防対策は、口臭の種類によっても異なります。 まず、緊張したときや朝起きたときに臭ってしまう場合ですが、歯磨きをしっかりと行ったり咀嚼の回数を増やすことで唾液が増え、口臭を抑えることができます。 次に、ストレスや生活習慣が乱れることによって発生する口臭についてです。 ストレスや生活習慣の乱れは、免疫力が低下することにより口の中が乾き、口臭の原因となります。 なるべく生活習慣を整え、難しいかもしれませんがストレスもためないように心がけましょう。 以上のように、ミョウバン・重曹・クエン酸に頼らなくても、できる臭い対策はいろいろとあります。 自分がどのような体臭なのかを見極め、対策していきましょう。 しっかり対策をして気になる臭いと無縁に! とても気になる自分の嫌な「臭い」。 対策次第で、その嫌な臭いを軽減することができます。 掃除にも役立つ、ミョウバン・重曹・クエン酸を活用することもおすすめですが、毎日しっかりと体全体を綺麗に洗うことも大切です。 自分の嫌な臭いが気になっている方は、さっそく臭い対策を始めてみてくださいね。

次の

詳しく知りたいミョウバンと重曹。料理で使うことの安全性とは

ミョウバン 重曹

とはいえ、普通に汗はかきますし、なんだかんだで臭いが気になる季節なので、デオドラントを使用する以外にも生活の中でいろいろと臭い対策を行っています。 臭い対策といえば ミョウバンと 重曹を用いる方法が有名ですが、皆さんはそれぞれの消臭効果の原理をしっかりと理解して使用できているでしょうか。 風呂に入れるならミョウバンと重曹どっちがいいのかな? 洗濯に使うなら? 浸け置きするなら?「消臭効果があると聞いたのでなんとなく」という理由だけで、どちらか片方だけを使っている方も多いのではないでしょうか。 今回は、そんなミョウバン水と重曹水の消臭効果の原理を解説します! この記事を読めば、「足のニオイに効くのはミョウバンと重曹どっち?」「ワキガのニオイにはどっち?」「洗っても落ちない汗臭さの消臭にはどっち?」といった疑問も解消することでしょう! また、記事の最後に僕が使い続けている ミョウバンと 重曹のお勧め商品を紹介しています!• ミョウバンの消臭効果の原理 化学的な難しいところの説明は省きます (僕もよく分かりません)が、ミョウバンの消臭原理を知る上で一つだけ覚えておいてほしいことがあります。 ミョウバンを水に溶かすと 弱酸性を示します。 この 弱酸性という性状が様々な消臭・防臭効果をもたらしてくれます。 殺菌作用がある ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。 雑菌は 酸性の環境では満足に繁殖することができないため、ミョウバンを含むデオドラントなどを皮膚に塗布することで雑菌の繁殖を抑制し、結果的に臭いが抑えられるのです。 中和消臭作用がある 身体からは様々なニオイの素となる成分が出ていますが、特に強烈なニオイを発する成分は汗に含まれるアンモニアです。 アンモニアは アルカリ性であるため、 酸性のミョウバンと触れることで中和され、ニオイを抑えることができます。 収れん作用 制汗作用 がある ミョウバンに含まれる成分が汗腺の導管周囲に働くことで汗そのものを出さなくする効果があります。 具体的には、ミョウバンに含まれる成分が汗腺の導管付近に炎症を起こして出口を塞ぐ、成分が汗腺に入って出口を塞ぐ、成分が表皮の角質を角化させる、などさまざまな説があります。 これらの現象のうちどれか1つではなく、この全てが起こっているのではないかとも言われています。 重曹の消臭効果の原理 こちらも化学的な詳しい話は省きますが、一つだけ覚えておきましょう! 重曹は水に溶かすと 弱アルカリ性を示します。 ミョウバン水は 酸性という性状を利用して消臭を行うものでしたが、 アルカリ性の重曹水はどのような効果があるのか見ていきましょう! 中和消臭作用がある ミョウバン水と同じじゃないか!と思った方もいるでしょうけれど、効果は逆で、 重曹水は アルカリ性であるという性状を利用して 酸性のニオイを中和します。 ニオイの基となる成分は アルカリ性のアンモニアだけではなく、何百種類という成分が入り混じっていて、その中には 酢酸や 脂肪酸など 酸性の成分もあります。 脂肪酸の中でも代表的な成分が、 足の裏から発せられる特有のニオイの基となる イソ吉草酸です。 重曹水には、 酢酸や 脂肪酸などの酸性のニオイ成分を中和して消臭する作用があるのです。 結局どっちを使えばいいの? 結論から言うと、答えは ミョウバン水と重曹水の両方を使うべき!です! なんじゃそりゃ!と言わずにまあ聞いてください。 前述したように、ニオイの基となる成分には 酸性の成分と アルカリ性の成分の両方があります。 汗臭さの原因となるのは アルカリ性のアンモニアですが、足の裏の臭さや加齢臭などは 酸性の脂肪酸などが原因です。 ミョウバン水と 重曹水では 用途や対処できるニオイの成分が異なるため、両方を使用してニオイの対策をすることが賢い使い方なのです! 例えば、 足の裏のニオイに着目してみても、それぞれ以下のような使い方ができます。 ミョウバン水… 足の裏のニオイの発生を予防する効果がある• 重曹水… 今すぐ足の裏のニオイを消したい場合に効果がある 洗濯物を浸け置きする場合も、 お風呂に入れて入浴剤として使用する場合も、それぞれ別の効果が得られますので、「この場合はこっち!」と決めつけずに、まずは両方を試してみることをお勧めします! 両方を試してみた上で、ご自身やご家族の体質や年齢に応じて効果のある方の頻度を増やすなどして工夫すると、より快適な無臭ライフを送れることでしょう! ミョウバンや重曹を使った洗濯物の浸け置きの効果や方法、ミョウバン風呂・重曹風呂の効果や作り方などは以下の記事で紹介していますのでよろしければご覧ください! 未公開 ミョウバンや重曹はネット通販で大量購入がお得! 僕は定期的にミョウバンと重曹を使って洗濯物の浸け置きをしたり、ミョウバン風呂・重曹風呂に浸かっていますので、ネット通販で大量に購入しています! ここでは安く大量に買えるミョウバンと重曹をご紹介します! ミョウバン 僕はいつも で 500gの焼ミョウバンを購入しています。 定期おトク便が利用できるので、最大 15 % OFF と非常におトクに購入できます! それぞれの特性を理解して賢く使おう! ここまで読んでくださった方なら、タオルや洋服についた洗っても落ちない 汗臭さ アンモニア臭 には、 重曹よりミョウバンのほうが効果があることは分かっていただけたかと思います。 歳を重ねて皮脂に 脂肪酸が増えることで発生する 加齢臭の 消臭には、 ミョウバン風呂より重曹風呂の方が効果があります。 ミョウバン風呂には加齢臭を 予防する効果がありますので、加齢臭にミョウバン風呂が無駄なんてことはありません。 ニオイを「 予防」したいのか、今すぐ「 消臭」したいのかによって、ミョウバンか重曹のどちらを使うべきかが変わってきます。 それぞれの特性を理解して適切なタイミングで使用できるようになれば、嫌なニオイで周りを不快にすることもなくなるでしょう! ミョウバンと重曹を有効活用して良い無臭ライフを!.

次の

風呂掃除はカビキラーを効果的に使え!ミョウバンと重曹は最強アイテム

ミョウバン 重曹

ミョウバンは酸性 ミョウバン水に溶かすと酸性溶液になります。 酸性であることで、ワキガに対して下記のような効果があります。 アルカリ性のにおいに対する消臭 ワキガのにおいは主にアンモニアやアミン系などのアルカリ性物質が主体なので、酸性のミョウバンによって中和され、においを打ち消すことができます。 殺菌 雑菌はアルカリ環境を好みます。 雑菌によって分解されたワキガ物質もアルカリ性なため、さらに雑菌が繁殖し、ワキガ臭もさらに強くなっていきます。 アルカリ環境で満たされたわきの下へミョウバン水を塗布することで、雑菌の繁殖を抑えることができます。 制汗 さらにミョウバンは継続的にわきの下へ塗布することで、「収斂(しゅうれん)作用」を言われる汗を抑える効果があります。 収斂作用とは、毛穴や汗腺の入り口を引き締め、汗の出を抑える効果のことを言います。 この収斂作用にはミョウバンの他、さらに強力なものでは塩化アルミニウムがあります。 ミョウバンの持つ収斂作用には即効性はなく、継続的に塗布することで徐々に効果を発揮します。 しかも一度効いてくると、数日は効果を維持できるという性質も併せ持っています。 重曹はアルカリ性 酸性であるミョウバンとは反対に、 重曹は水に溶かすとアルカリ性溶液となります。 したがって、 重曹にはミョウバンのような殺菌効果は無く、制汗効果もありません。 酸性のにおいに対する消臭 重曹は足のにおいや汗のにおいなどの、いわゆる「酸っぱいにおい」に効果があります。 足のにおいはイソ吉草酸,汗臭さには酪酸や酢酸などの酸性物質になりますが、アルカリ性である重曹はこのような物質を中和してにおいを消してくれます。 このように酸性系の体臭にも効果を発揮する重曹ですが、人間の肌表面は余計な雑菌が繁殖しないよう、常に弱酸性側になっています。 肌表面へ重曹水を多用すると、肌のpHバランスを崩して余計な雑菌が繁殖し、逆に肌トラブルや強い体臭を放つ場合もあるので、注意が必要です。 汚れ落とし アルカリ性である重曹は、酸性汚れや皮脂などの脂汚れを浮かせて落とす効果があります。 重曹が油と反応して石鹸成分ができるため、その力で繊維の奥などに入り込んだしつこい汚れも落とすことができます。 ワキガの消臭,殺菌,制汗にはミョウバン デオドラント剤としてのミョウバンの効果 ワキガの消臭,殺菌,制汗には、ミョウバンが効果があります。 ミョウバンが結晶化したものを「アルム石」と言いますが、太古の昔から天然のデオドラント剤としてアルム石をわきの下に擦り付けて使われており、現在も同じ使い方で利用されているくらいワキガに効果があります。 市販されている多くのワキガ用デオドラント剤の主成分にもミョウバンが使われていることからも明らかです。 ミョウバンはワキガの原料となる汗を抑える効果から、においを作る雑菌の増殖を抑える殺菌効果、においを中和する消臭効果の3つを備えています。 そのため、ミョウバンはワキガにはなくてはならないデオドラント成分となります。 ミョウバン風呂では制汗,殺菌効果 ワキガにミョウバン風呂の効果をよく言われますが、ミョウバン風呂でワキガが治るわけではありません。 どちらかというとミョウバン風呂は、肌の表面を殺菌して制汗機能を持たせる効果があります。 ミョウバン風呂に入った後はシャワーで流さずに上がると、ミョウバン成分が肌に残って殺菌,制汗効果がより持続されるので、結果的ににおいが出にくくなります。 ワキガ汚れを落とすには重曹 衣類に付着したワキガ汚れを落とす 衣類に付着したワキガ汚れは繊維の奥に絡みつき、通常の洗濯くらいでは落としきれずにそのほとんどが衣類に残ります。 こうして蓄積された服のワキガ汚れは低温では揮発せず、着た際に体温や気温の上昇で温められ、揮発することでさらに強いワキガ臭を放ちます。 体からのにおいよりも衣類に蓄積したワキガ汚れが体臭原因だったということも多く、洗濯の際に完全にワキガ汚れを落とすだけでもワキガの悩みを大幅に改善できます。 いつもの洗濯に重曹を大さじ1〜2杯入れるだけでも効果は得られますが、しつこい汚れがあるときはぬるま湯に重曹を加えて揉み洗いするのも良いでしょう。 重曹風呂で肌の汚れを浮かす ワキガに効果があると言われる重曹風呂は、肌に付着した皮脂汚れを浮かせ、石鹸で体を洗う際に落としやすくする目的があります。 そのため、重曹風呂でワキガが治るのではなく、ワキガ汚れを効果的に落とすための重曹風呂であることを覚えておきましょう。 重曹風呂を利用する際、重曹を入れすぎると潤いを落としすぎて肌荒れの原因となるので、注意が必要です。 ミョウバンと重曹を混ぜて使ったらどうなるの? ミョウバンと重曹で用途が違うんだったら、いっそのこと、混ぜて万能に使った方が良いと思われる方もいるかもしれません。 または混ぜれば効果が倍増するなんて思われる方もいるかもしれません。 最初でお伝えしたように、ミョウバンは酸性,重曹はアルカリ性であるため、酸性とアルカリ性が混ざったら中和され、どちらの効果もなくなってしまいます。 安易に混ぜるなど考えず、ここはそれぞれの役割をしっかり理解し、効果的に利用しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?ワキガへのミョウバン,重曹の役割が明確にお分かりいただけたでしょうか? まとめると、下記のような結論になります。 ・消臭,殺菌,制汗にはミョウバン ・衣類の洗濯でワキガ汚れを落とすには重曹 ・ミョウバン風呂,重曹風呂は目的に応じて使い分ける ミョウバンと重曹、どちらもワキガへの効果はあります。 しかし、同じ場面で使うのではなく、役割に応じて使い分ける必要があります。 ミョウバンや重曹は安価に入手でき、お手軽に利用することができます。 それぞれの役割や意味を理解してワキガ対策へ上手に活用してみてください。 スポンサーリンク•

次の