ファミリー カー ランキング。 【2019年】予算100万で買えるオススメのファミリーカーランキング

【最新版】トヨタ代表のおすすめ人気ファミリカーランキングTOP10!

ファミリー カー ランキング

子どもがいる家庭にとって、 車選びでも基準は「子育てに便利かどうか」。 しかし、ファミリーカーと簡単にいっても特徴はさまざまで、 どの車種が自分の家族に合っているのか判断するのは簡単ではありません。 価格だけでなく、装備や機能で比較したり最新の人気車種もしっかりチェックしておきたいですよね。 よくわからないからといって、デザインや価格だけで決めると 「必要以上に大きな車を買ってしまい運転しづらい」 「シートアレンジが利かず使い勝手が悪い」 「同じスライドドアでも両側が良かった…」 など、あとから後悔することにもなりかねません。 そうならないために、この記事では以下の内容をわかりやすく解説していきます。 この記事の目次• そもそもファミリーカーってどんな車? 一般的にファミリーカーは、「子育て世代が利用すること」を想定した広さのある車のことです。 少なくとも4~5人が乗車できて、車内を広く使える大きさものを指します。 人気のボディタイプには、ミニバンやSUVなどがあります。 ミニバンでは日産・セレナやホンダ・ステップワゴン、SUVではトヨタ・ハリアーやスバル・フォレスターなどが人気も知名度もあります。 しかし時代を追うごとに人気のボディタイプは変わっていくので、 いつまでも同じ人気を保つことはほとんどありません。 時代によって人気のボディタイプも変わる ファッションや言葉と同じく、ボディタイプにもその時代の「トレンド」があります。 ファミリーカーの共通点• 室内空間が広い• 安全性能に優れている• 乗り降りしやすい 子どもが乗ることが前提なので、 いつの時代も「広くて安全で便利」な車が求められているといえます。 ここまではファミリーカーについてくわしく解説してきました。 ここからは「子どもに優しい車を選ぶための方法」を紹介していきます。 子どもファーストなファミリーカーの選び方 子どもに優しい車を選ぶメリットやその必要性は、以下のとおりです。 メリットや必要性 子どもに優しいファミリーカーの選び方 子どもが自分で乗り降りしやすい 低床、ステップがある お出かけ時に子ども用品も楽に載せられる 後部座席に余裕がある 子どもを抱いていてもストレスなく使える キーレスでドアを開閉できる、スライドドア、ドアが軽い 子どもの世話をしやすい広い車内 (高さがあることも重要) 後部座席が広い、天井の高さがある アウトドアも楽しめる 着替えのスペースがあって道具も積める 万が一の事故でも安心できる 最新の安全装備が搭載されている 室内の広さや実用性を重視するのであればミニバンや軽トールワゴン、アウトドアならSUV、最新の安全装備ならセダンなどがあります。 子どもの年齢や趣味など、 自分たちのニーズに合ったボディタイプを選ぶことが大切です。 みんなが気になるポイント ファミリーカーに求められる要素は、以下のとおりです。 求められる要素 具体的な例 燃費の良さ 維持費を少しでも抑えたい 車体価格の安さ できるだけ初期費用や月々の支払いを抑えたい 運転のしやすさ 休日は妻が運転することが多い(街乗り) 休日は夫が中長距離運転することもある あなたがファミリーカーに何を求めているかによって、選ぶべき車は異なります。 たとえば、燃費の良さにこだわる人は「燃料代や税金を安くおさえたい人」なので、ハイブリッドカーや室内の広い軽自動車を検討すると良いでしょう。 あなたが 気になっている車種のボディタイプから確認してみてください。 それでは、下記から具体的に説明していきます。 軽自動車:子どもが小さく安価で小回り優先の人向け 子どもがまだ小さい場合は、安価で小回りが利く軽自動車が向いています。 軽自動車といえば「小さい」というイメージがありますが、車種によってはファミリーカーとして利用できる車種もあります。 普通車よりも小柄なのに 車内の空間効率に優れているため、大人4人で乗っても快適であることがファミリーカーとしておすすめの点です。 とくに筆者おすすめのN-BOXは、室内が広いだけではなく自動車アセスメント()で軽自動車の最高得点を得ています。 普通車に勝るとも劣らない衝突安全性能をもっているといえおすすめです。 これから、新車・中古車の軽自動車のランキングを見ていきましょう。 【新車】軽自動車おすすめランキング 新車の軽自動車でおすすめの車種は、以下のとおりです。 軽自動車では、車種によって維持費(燃料代、保険、税金など)が大きく変わるわけではないので、 安全性、広さ、走行性能を基準に選ぶと良いでしょう。 【中古車】軽自動車おすすめランキング 中古でおすすめの軽自動車は、以下のとおりです。 セカンドカーとして購入するのがぴったりです。 中古の軽自動車は状態の良い車両を選ぶことがコツで 、 とくに内装は慎重にチェックしておくことが大切です。 購入したあとによくみると、シートにシミがついていたり車体に細かい傷がたくさんついていたりすることがあるからです。 コンパクトカー:軽並みに小回りが利いて使いやすい 小回りの利くコンパクトカーは、 街乗りや近距離の移動が多い人に向いています。 ファミリーカーとしては、家族が3人であればゆったりと乗れて丁度いい大きさである点がおすすめです。 とくにおすすめなのは フリードやシエンタといった「コンパクトミニバン」です。 大人数が乗れて積載性も十分ありながら扱いやすいので、ミニバンが大き過ぎると感じている人にもぴったりです。 それでは、新車・中古車のコンパクトカーのランキングを見ていきましょう。 【新車】コンパクトカーおすすめランキング 新車のコンパクトカーでおすすめの車種は、以下のとおりです。 ミニバンは車体が大きく慣れない人には運転しにくいので、 適度な大きさのコンパクトミニバンがおすすめです。 コンパクトカーのなかではサイズや扱いやすさはそこまで変わらないので、広さや機能性を重視することをおすすめします。 【中古車】コンパクトカーおすすめランキング 中古でおすすめのコンパクトカーは、以下のとおりです。 子どもの送り迎えや近隣までの買い物といった用途では、十分な大きさであるといえます。 かならず現車を確認して、異音や動作不良がないか確認しておきましょう。 ミニバン:大家族や大きな荷物を積んで遠出にも対応 家族が多く大きな荷物を積んで遠出することの多い人には、ミニバンが向いています。 ファミリーカーとしても認知されているミニバンだけに、 家族でのお出かけや荷物も余裕で載せられる対応力がミニバンの魅力です。 とくにおすすめなのは、 セレナやステップワゴンです。 運転のしやすさと広さのバランスが良く、通勤や買い物といった日常でも使いやすいからです。 下記より、新車・中古車のミニバンのランキングを見ていきましょう。 【新車】ミニバンのおすすめランキング 新車でおすすめのミニバンは、以下のとおりです。 コンパクトカー同様に、女性であっても運転しやすいというメリットがあります。 4~5人の家族で通勤にも利用する人はミドルサイズ、5人以上の家族で出かけることが多い人はフルサイズのミニバンを選ぶと良いでしょう。 【中古車】ミニバンのおすすめランキング 中古でおすすめのミニバンは、以下のとおりです。 注意したいのは、アルファードやエルグランドといった人気車を選ぶときです。 格安の車両もありますが、 極端に安い車は修復歴があったり状態が良くない場合が多いので、しっかりと現車を確認するようにしましょう。 SUV:アウトドアにも対応できるアクティブな家族向け アウトドア用途が多いアクティブな家族には、SUVが向いています。 ひと昔前まではオフロード車を指していたSUV。 しかし最近では、乗用車ベースのシティ派も増えてきたことからファミリーカーとしても人気があります。 シティ派では ハリアーやエクストレイル、オフロード派では ランドクルーザーやパジェロといった車種が知られています。 下記から、新車・中古車のSUVのランキングを見ていきましょう。 【新車】SUVおすすめランキング 新車でおすすめのSUVは、以下のとおりです。 世界的な流行でもあるので、日本でもCH-Rやヴェゼルなどの新しい車種が次々と発売されています。 一口にSUVといっても車体の大きさや悪路走破性などは多種多様なので、 同じSUVでも用途にあった車選びが重要になってきます。 おもに 街中での利用ならCH-RやCX-3などが向いています。 また、長距離や悪路を走行することが多いのであればランドクルーザーなどがおすすめです。 【中古車】SUVおすすめランキング 中古でおすすめのSUVは、以下のとおりです。 SUVは最も人気のあるボディタイプなので、車種によっては中古と新車の価格に大きな差がないことがあります。 購入予定の車種は必ず事前に相場を調べておくようにしましょう。 中古車選びとしては、雪道を走行した車両は凍結防止剤により錆びやすいので 前オーナーの情報を確認しておくことが大切です。 外車:高級感や力強い走りも期待できる 高級感や力強い走りを求める人には、外車がおすすめです。 「ファミリーカーが欲しいけれど、カッコよさや力強い走りも魅力」と考えるなら外車という選択肢もあります。 国産と変わらない価格帯の車から、高級車といえる金額まで選択肢があることも特徴です。 【新車】外車おすすめランキング 新車でおすすめの外車は、以下のとおりです。 とくにフォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、BMWなどの 国内にディーラーが多いメーカーのものが好まれる傾向にあるといえます。 外車は国産車以上に排気量が大きく燃費の悪い車種もあるので、 税金や燃料代といったランニングコストを想定して購入するようにしましょう。 【中古車】外車おすすめランキング 中古でおすすめの外車は、以下のとおりです。 中古車選びで注意したい点は、 車両のコンディションです。 修理するときの部品や工賃は国産車よりも割高なので、 もともとの本体価格が高い車種を選ぶときは保証付きや認定中古車を選ぶと良いでしょう。 ここまでは、筆者おすすめのファミリーカーをランキング形式でご紹介しました。 どこで買うのが良い?ファミリーカーの探し方 ここまでで「欲しい車」がおおよそ絞れた人に向けて、ファミリーカーのおすすめの探し方について解説していきます。 新車・中古車ともに、 自分の目的に合った車種を選ぶことが大切です。 自分に合っていないと、不便な思いをしたりスペースや性能を持て余したりするからです。 自分の目的に合った車を選ぶと 便利なだけではなく予算を最低限に抑えることができるのです。 それでは、下記から新車と中古車に分けてファミリーカーをさがす場合のポイントを解説していきます。 新車でさがす場合のポイント ファミリーカーを新車でさがす場合のポイントは、以下のとおりです。 中古車で探す場合のポイント• 足を運べる距離の販売店を優先して探す• 走行距離や前オーナーなど車両の状態は細かくチェックする 画像引用: 検索サイトでは地域を絞り、お近くの中古車販売店を検索することができます。 画像引用: 検索サイトでは、運営会社が「第三者機関に委託して中古車を評価している車両」も検索可能で、写真だけでは伝わらない情報を得ることができます。 中古車の場合は万が一のトラブルに備えて、 品質の良い車両や保証付きの車両を選んでおくことが重要です。 できれば現車確認をして、すぐに対応してもらえるような距離にある販売店を利用するようにしましょう。 まとめ 今回の記事では、ファミリーカーとはどういった車なのか理解でき、自分に合っているのか判断できるような内容をお伝えしました。 ファミリーカーで一番に求められるのは実用性です。 実際に自分が乗ってみて、使ってみて「良かった」と思えるものを買うことが購入後に後悔しないための近道です。 実際に気になった車両があれば、ディーラーや中古車販売店に連絡して在庫確認と試乗予約をして、ぜひ乗ってみてください。

次の

ファミリーカー人気7車種比較ランキング。ミニバンの中から子育て家族におすすめの車はこれだ!

ファミリー カー ランキング

今まで自らの趣味で選んできた車選びも、結婚して家庭を持ち、さらに子供ができたとなるとそうも言っていられなくなる、という男性も多いだろう。 子供ができたということは、車に対する条件や使用目的が大いに変わってくるからだ。 子供が乳幼児の頃ならば、ベビーカーを運搬することが必須であるし、未就学児童の間までは親が介助して乗り降りさせることも多い。 そんな場合の車に求める使い勝手は、 当然スポーツセダンなどとは違うものである。 子供が小学生になったとしても、今度は子供のコミュニティーや活動次第で、他の家の子供を載せるという機会もあるだろう。 では、2017年のファミリーカーランキングから、ファミリーカーの条件を紐解いて行こうと思う。 【体験レポート】自動車保険の一括見積もりの結果• 【契約中だった保険料】72,140円• 【見積もりの最安値】アクサダイレクト27,620円• 【見積もりの最高値】三井ダイレクト損保39,380円 自動車保険は無駄が多く、大半の方は損をしているが気づいていない。 現在、あなたが加入中のプランが、ほかの保険会社では数万円単位で保険料が安くなる可能性がある。 少しの節約に見えても、数年の蓄積で大きなコストカットになる。 似たり寄ったりな保険内容があるため、もしかすると 補償範囲が重複しており、自動車保険を無駄に多く払っていることも考えられる。 損し続けないために、そして車購入の資金のために、必ずで試算を出してみてほしい。 vスライドドア 近年、子供がいる家庭においてその必要性が改めて認知されているのが、乗り降りや荷物の積み下ろしがしやすいスライドドアである。 ファミリーカーランキングの中でもその装備を備えた車種が2017年にも上位を占めるという傾向にある。 開口部が大きく、駐車スペースの横幅に余裕が無くても開閉できると共に、最近では自動で開閉するものも多く、買い物の荷物や子供を抱えていても乗り降りが容易になることも利点である。 ベビーカーを使っている家庭でも必須の装備だ。 3列目シートの有無 2017年のファミリーカーランキングで上位に入った車種の多くは、グレードにもよるが3列目シートを備えているタイプが多いという印象を受ける。 子供がまだチャイルドシートが必須の年齢の場合は、 家族の人数にもよるが、3列目シートが無いと乗車スペースに余裕が無くなることがある。 チャイルドシートが意外と横幅を取るからだ。 4~5人乗車する機会がある家庭は、3列目シートが必要だと言える。 自動ブレーキ 2017年は自動ブレーキ元年とも言える年だった。 前年の「 ペダル踏み間違いによる事故」の増加を受けて、各社が常々開発していた自動ブレーキ機能を販売者に続々と投入してきたのだ。 ファミリーカーランキングを見ても装備している車種が多い。 車の装備というものは、乗車する家族を守るということも大事な使命である。 そんな中、子供がいる家庭では、自動ブレーキ子供を守るための装備となるであろう。 どんなに自信があるドライバーであっても、万が一という瞬間は必ず訪れるからだ。 空気清浄機 週末などに子供を連れて長時間のドライブをするという家庭ならば、空気清浄機はぜひ備えておきたい装備である。 ファミリーカーランキングに入った車種でも、オプションとなることが多いが、車の中とは言え、排ガスの濃い空気の中に長時間いるとなれば標準で考えたい。 文部科学省の調べによると、2017年度の喘息の割合は全国の小学校で3. 少なからぬ子どもたちが呼吸器の疾患に苦しんでいるのだ。 従って、子供が吸う空気は少しでもきれいな方が良いというのは、当然の考え方である。 UVカットガラス 皮膚がんやシミ・シワなどの原因と言われ、人間にとって有害な光線であることが明らかになったのが紫外線である。 女性ばかりが気にするものかと思いきや、 近年は子供の皮膚にも有害であるとして、忌避すべきものとされている。 そんな紫外線をカットしてくれて、子供がいる家庭には必須なのがUVカットガラスだ。 もはや国産車の標準装備と言えるほどに普及している。 2017年のファミリーカーランキングに入るような車種はほとんどが装備済だが、しっかりと確認しておくことをお勧めする。 子供が乗りやすい床面地上高かどうか 子供がまだ小さい家庭にとって、車の床から地面までの高さ、つまり床面地上高も重要なファクターである。 高すぎると、子供が乗る際に足を大きく上げなければならず、降りる時も転ぶ危険性がある。 低いほうがベビーカーなども載せやすい。 2017年のファミリーカーランキングで7位のステップワゴンは、床面地上高400mm、同じく2位のセレナは460mmである。 セレナは高く見えるが、乗り降りのためにステップを設けている。 車を選ぶ際には、実際に子供に乗り降りさせてみて判断することをお勧めする。 ベビーカーの積み下ろしは容易か トランクの容量 ベビーカーが必要なほどの小さい子供を持つ家庭にとって、トランクにベビーカーがすんなり積めるか、というのは車選びの重要なポイントである。 ベビーカーだけでなく、買い物の荷物や旅行の際のバッグなども同時に載せることを考えると大容量の方がいい。 しかし、単純に容量だけでは推し量れない部分もある。 積み下ろしの際には、開口部の大きさや地上からの高さも重要な問題である。 2017年のファミリーカーランキングに入っているような車なら容量は十分なので、実際に手持ちのベビーカーを積み下ろししてみて、判断するべきである。 ファミリーカーの王道はやはり「ミニバン」 ここまで、子供がいる家庭にとっての「ファミリーカーの条件」を見てきたが、やはりそのどれをも満たしている車となると、あるジャンルに行き着くことが分かってきた。 それが、各メーカー近年最も力を入れているミニバンである。 貨物もある程度積めるが、乗用車としても取り回しのしやすい大きさの車であることを目指したのがミニバンである。 ハイエースなどといった貨物運搬に特化したフルサイズのバンに比べて「ミニ」という意味であり、決して「小さい車」という意味ではない。 2017年のファミリーカーランキングにあるミニバンも、 大きさは様々である。 アルファードは全長4840mm全幅1805mmだが、フリードは全長4265mm全幅1695mm。 これだけ違えば様々な部分で違いが出てくる。 よく吟味して選ぶことが肝心だ。 ミニバンの3ナンバー・5ナンバーとは?違いについて 子供がいる家庭ごとに事情が違うように、 それぞれに適した車の大きさというものがある。 2017年ファミリーカーランキングに入ったミニバンにも、大まかにわけて「L」「M」「S」といったサイズに分類でき、それぞれに使い勝手が違い、どんな車を選ぶかの基準になると言っていい。 そして、 ナンバーにも違いが現れる。 「5ナンバー」「3ナンバー」と呼ばれているが、ナンバープレートの地名に並ぶ数字が「5」か「3」かで分類が別れるのだ。 それぞれにどの様な違いがあるのか、見てみよう。 ミニバンの3ナンバー・5ナンバー• wikipedia. Lサイズで、「ミニバン」と呼ぶのも憚られるような高級車がラインナップされている。 3ナンバーとなる条件は、全長が4. 7m超か、全幅が1. 7m超か、全高が2m超、もしくは総排気量が2000cc超か、このどれか1つでも超えていれば即ち3ナンバーと登録されてしまうことになるのだ。 逆に、これらが全て基準内なら5ナンバーである。 従って、ステップワゴンやオデッセイ、セレナなどはグレードや年式によって5ナンバーや3ナンバーに分かれるという事態が起こる。 しかし、基本的には子供がいても高級感を求めたいとか、 乗車人数が多いという家庭向きの車だ。 wikipedia. 取り回しも良く、頑張れば大人数も乗れ、荷物もある程度積めるという利便性の高い車種だ。 5ナンバーとなる条件は、全長が4. 7m以下、かつ全幅が1. 7m以下で、全高が2m以下、さらに総排気量が2000cc以下であるという、この全ての基準を満たしていることとなる。 1つでも超えてしまえば即ち3ナンバーだ。 住宅事情が厳しい都会において、子供のいる家庭はなるべく小さい車の方がいいという場合が多い。 そんなに大きな駐車スペースが取れないし、妻が運転することもあるからだ。 そんな時に 買い物にも便利な5ナンバーミニバンは重宝される存在なのである。 基本的に3ナンバーは高級車であることが多いため、整備費などが高額になりがちだが、他にも税金などに違いが現れる。 最も違いが分かりやすいのが、 排気量毎に違う自動車税である。 総排気量1リットル以上から、500ccごとに変わっていくのが自動車税である。 例えば2017年ファミリーカーランキングの1位であるフリードは1. 5リットルなので39500円。 ヴェルファイアの3. 5リットルモデルは66500円である。 他にも基本的に3ナンバー車は5ナンバーよりも大型のため、重量税なども比較的高額になる。 このように3ナンバーと5ナンバーでは維持費にかなりの差が出る。 子供がいる家庭は他にも様々物入りである。 家計とよく相談して、最適な車を選ぶようにしたい。 【2020最新】ファミリーカーランキング15選 ここから、2017年のファミリーカーランキングの上位に入った車種を確認していく。 順位はついているが、どの車もそれぞれに特徴を持っているので、 子供がいる家庭ごとの事情に合わせて最適な車種をセレクトすることが肝心である。 もちろん、どの車種もファミリーカーとしての使い勝手は保証されているから、ここからは選ぶ楽しみを享受してもらってもいいだろう。 wikipedia. 5人乗りでラゲッジスペースを広くとったMグレードと、3列目シートを備えた7人乗りのGグレードがある。 地上高が386mmと低く抑えられ、スライドドアの広い開口部で子供にも乗り降りし易い作りとなっている。 乗車する人数が多い家庭ならばGグレードを、 ベビーカーや荷物を運搬する機会が多いならば、Mグレードがお勧めである。 wikipedia. 5lエンジン9. 5lエンジン10. 320万円を超える価格で、ラグジュアリー性・居住性はミニバンでもトップクラスの車種だ。 子供がいても生活の質を重視したい家庭向きと言える。 移動物検知機能や踏み間違い衝突防止アシスト機能を備え、安全性能総合評価で5つ星を獲得するなど、 安全性能が非常に高いことで知られている。 家族のために、維持費が高くても安心安全を手にしたいと考える人にお勧めだ。 wikipedia. クリーンディーゼル車もラインナップされる、Mクラスの3ナンバーミニバンである。 子供がいる家庭にとって嬉しいのは、 3列目シートまでウォークスルーとなっているシートレイアウトだ。 乗り降りは当然のこと、荷物の積み下ろしも容易なこのレイアウトにこだわりを持ち、長く所有しているオーナーが多いのもデリカD:5の特徴である。 wikipedia. 高い居住性を誇るにもかかわらず、ミニバン最大級の170馬力の上、低重心でふらつきも少ないので高速ドライブもし易いと人気である。 フロントガラスは当然のUVカットガラスであり、標準装備のクリーンエアフィルターは脱臭機能まで備えている。 子供の健康維持まで車に求める家庭にとっては、この上ない装備である。 ハイブリットグレードも用意されているので、価格に見合った上質なドライブが約束されるだろう。 wikipedia. しかし、室内の居住性はミニバンに軍配が上がる。 やはり、5人乗りとは言えチャイルドシートが必要な子供がいる家庭にとっては4人乗りに等しい居住空間となるであろう。 後席がスライドドアでない点も、順位を下げている理由だ。 だが、その燃費に魅力を感じる人は検討したい車種だ。 wikipedia. 3ナンバーミニバンの中では比較的購入しやすい価格帯であり、ハイブリットタイプになると、 24. 床面地上高が340mmと低く、最小回転半径も5. 4mと、妻が運転することもある子供がいる家庭にとっては、乗りやすく取り回ししやすいことが最大のメリットであろう。 歩行者対応の自動ブレーキ機能もあり、安全性でも高い評価を受けているのもポイントだ。 wikipedia. 比較的リーズナブルな価格帯でありながら、合成皮革の内装とメッキエクステリアで高級感あふれる仕上がりが、子供がいる家庭にも人気となっている。 また、ハイブリットモデルもラインナップしており、 23. さらに、底床プラットフォームを採用し、ステップ高は360mmと低い上に、 子供がつかみやすい位置にチャイルドグリップを設け、子供の乗り降りのし易さが好評を得ている。 wikipedia. 「大空間高級サルーン」という謳い文句そのままに、ダブルウィッシュボーンサスペンションの採用による 乗り心地の良さはまさに高級セダン並と評判だ。 助手席が1,160mmもスライドし、車内にさらにゆとりの空間が広がり、かつ3列目シートの下にも収納を備えるなど、子供がいる家庭にも使いやすい作りになっている。 電動両側スライドドアを備えているのも、ファミリーカーとしての条件を満たしている。 wikipedia. 5ナンバーのグレードと、3ナンバーの「スパーダ」がラインナップされている。 さらに、スパーダには2017年にハイブリッドモデルが追加された。 特筆すべきは独特の「わくわくゲート」である。 後部のゲートが横にも縦にも開き、荷物の積み下ろしはもちろん、3列目シートへのアクセスも容易になっている。 子供のいる家庭にとっては利便性が高い装備だ。 さらに、Honda SENSINGを備え、予防安全性能も高い。 wikipedia. こちらは5ナンバーのミドルサイズで、価格も比較的求めやすくなっている。 ハイブリッド車もラインナップされており、そちらの 燃費は23. シートがフラットになるので、オムツ替えが楽だったり、3列目シートがワンタッチで折りたためるなど、子供を持つ家庭にとって利便性の高い装備が多いのも特徴である。 車内にAC電源も備えているので、キャンプなどでも活躍できるだろう。 wikipedia. 内外装ともに高級感あふれる作りの3ナンバー車であり、子供がいても生活の質を向上させていきたい家庭向きの高級ラグジュアリーカーである。 近づくだけでスライドドアが開く「ウェルカムパワースライドドア」や、開口部の広いラゲッジスペースなど、ファミリーカーとしての使い勝手も良い。 シートに送風機能や温熱機能があったり、静寂性や安定性を追求したボディなど、一度は経験してみたい高級車だ。 wikipedia. ミニバンの中では比較的低燃費であり、ハイブリッド車の用意もあるので コストパフォーマンスは非常に高い。 デザインも良く、子供をもつ若い家庭に人気になっている。 さらに 安全性能も高く評価されていて、自動制御ハイビームと自動ブレーキ、車線逸脱警報などによる「セーフティセンスC」を備え、衝突回避性能を高めている。 このような事故予防の機能こそ、ファミリーカーに求められる機能であると言える。 wikipedia. リーズナブルでスポーティな外観が人気の5ナンバーコンパクトミニバンで、ホンダのフリードの強力なライバルである。 フリードかシエンタかで悩んだ家庭も多いことだろう。 330mmという子供もスイスイ乗れる床面地上高や、床下格納式の3列シートによりベビーカーなどを載せやすいフラットなラゲッジスペースを実現するなど、 ファミリーカーとしての使いやすさは群を抜いている。 車体の割に室内空間が広いこともポイントだ。 wikipedia. 2016年にモデルチェンジした新型セレナは、ハンドル、アクセル、ブレーキを自動コントロールするプロパイロット技術を世界初搭載し、 同一車線上なら自動運転が可能になるとして話題となった。 さらに、足をドアの下に入れるだけで開閉可能なスライドドアや、狭い場所でも開けられるハーフバックドア、シートを移動させることで 8人乗りも可能な室内など、子供がいる家庭に嬉しい装備が多数装備されている。 wikipedia. 2008年の登場以来、 爆発的な人気を誇り、今や街中のどこでも見かけ、ファミリーカーのスタンダードとなったミニバンだ。 その人気の理由は、7人乗れる広い室内でありながら、回転半径5. 2mという運転のしやすさにある。 女性でも運転し易いため、妻が運転することが多い子供がいる家庭で重宝されているのである。 しかも ミニバントップクラスの燃費の良さで家計にも優しい。 3人家族のおすすめ車種3選 Sクラス 子供が1人いる家庭にとってお勧めなのはSクラスのコンパクトミニバンである。 子供が小さくてチャイルドシートが必要であってもミニバンならば十分広々使えるし、ベビーカーが必須であっても楽々運搬が可能である。 ならば、将来子供が増えることを考えてもっと大きなミニバンを、と思いがちだが、次の子が生まれたら買い換えればいいし、 妻が運転することを考えてコンパクトなサイズの方が良い。 そんなお勧め車種を2017年ファミリーカーランキングの中から見てみよう。 wikipedia. 子供が1人いる家庭にとっては十分居住性が高い室内空間を持っているし、乗車人数が増えた時も対応できる。 さすがに6人、7人乗ると長時間のドライブは窮屈さを感じるし、パワー不足は否めないが、普段使いの街乗り車としては取り回しも楽で、女性でも安心して運転できる。 燃費性能も高いので、子供がまだ小さい若い家族などにとっては重宝する車である。 wikipedia. 子供がある程度成長したならばミニバンにこだわる必要はない。 何と言ってもハイブリッドの雄であるプリウスシリーズであるから、 燃費性能は他の追随を許さない。 車体価格は高めだが、長い目で見るとコストパフォーマンスは抜群である。 wikipedia. 注目すべきは安全装備である「 ホンダセンシング」を搭載していることだ。 衝突軽減ブレーキや、誤発進抑制機能などの安全性能で、ジェイドは 予防安全性能評価で最高クラスを獲得している。 大切な家族の命をあずけるにふさわしい車だ。 4人家族Mクラス 子供が2人に増えて、ファミリーが5人になった家庭ならば、ミドルサイズのMクラスミニバンがお勧めである。 車内も快適に使える空間を持ち、荷物もたくさん積める。 それにエンジンパワーも十分であるから走る喜びもある。 そんなクラスのミニバンを2017年ファミリーカーランキングから探してみると、いずれもギリギリ5ナンバーの規定内に収まっている。 どれも規定内で最大の居住空間や走行性能を目指しているからだ。 そんな車の数々を見ていこう。 wikipedia. それぞれ販売台数も多く、トヨタのミニバンの中でも特にミドルクラスの2人子供がいる 家庭に人気の高いシリーズだ。 220万円台から購入可能という価格帯に加え、14. さらに 助手席側オートスライドドアが標準装備ということで、ファミリーカーのお手本のような車だ。 wikipedia. 2016年モデルチェンジした新型セレナは様々な新装備で人気となり、 2017年ファミリーカーランキングの2位に輝いた。 プロパイロット技術ばかりが評判となっているが、室内が広々使えるなどとファミリーカーとしての使い勝手もいい。 また、 アラウンドビューモニターやスマートルームミラーなど、2人子供がいる家庭でも、妻が運転しやすい機能があるのもポイントだ。 wikipedia. 天井高は140cm、長さと共に、上位クラスのミニバンであるエルグランドより広いのである。 子供が2人いる家庭にとって、この広さは非常に重宝する。 シートをアレンジすれば自転車も搭載できるほどだ。 しかも、低重心設計でカーブでもふらつくことが少なく 運転しやすいとして、女性にも評判が高い。 荷物が多いファミリーにお勧めだ。 wikipedia. 室内長さ2m93cm、幅1m54cm、高さ1m40cmと、子供が二人いる家庭が使うには十分な広さだ。 2列目がキャプテンシートになっており、前後に81cmもスライドすることができる。 これで室内空間を自由にアレンジして使用できることになる。 家族が多くても、荷物が多くても、快適なドライブを実現できるのだ。 5人家族 3人子供 のおすすめ車種3選 Lクラス・LLクラス 子供が3人に増えると、家庭の規模が一回り大きくなってくる。 単純に人数が増えただけでなく、パパママ2人だけでは統制できなくなる場面も出てくるし、上の子は独立心が芽生える年齢に達し、様々な主張をしてくるようになる。 こうなると、ドライブにもある程度のラグジュアリー感が要求されてくる。 子供でも乗り心地が分かるようになるからだ。 そんな要求に答えてくれる車を2017年ファミリーカーランキングから探すと、やはりLクラス・LLクラスの高級車となるのである。 wikipedia. 子供が3人いて、常時3列目シートを使うような家庭にとって、3列目まで広々使えるのは大きな利点だ。 室内の広さは1番であり、 高級感は申し分ない。 しかも、全席にサイドエアバッグ、後席にはカーテンエアバッグを備え、 もしもの時の安全装備も備えている。 ラグジュアリー感にも安全性にも妥協しないというファミリーにお勧めの車だ。 wikipedia. 室内の広さ、オットマンを備えるなどの高級感は国内のミニバンでもトップクラスであり、ワンタッチオートスライドドアやリモコンオートバックドアなどの便利装備もある。 さらに、荷物を多く積んでも後方が確認できるスマートルームミラーや狭い路地などでの運転をアシストするアラウンドビューモニターなどの運転補助機能も備え、子供が多く、妻が運転することもある家庭にとっても使い勝手が良い。 wikipedia. 同じ位の大きさのエスティマに比べると、 50万~80万ほど安く手に入る。 それだけではなく、 ガソリン車でも12. ラグジュアリー感などでは他のLクラスに譲る面があるが、コストパフォーマンスの面ではトップクラスのミニバンである。 wikipedia. しかし、子供3人家庭にとって譲れない性能もある。 それは居住性と馬力である。 3列目シートを格納して2列目シートを80cmスライドさせると、 まるでVIPルームの様な空間が誕生する。 さらに、どんなに荷物を積んでもスイスイ加速する170馬力のエンジンは、ドライブの楽しさを約束してくれるだろう。 【年齢別】子供が小学生以上になったらミニバンがおすすめ 子供が小学校に通っている6年間は、子供が心身共に大きく成長してゆく時期である。 子供の体格や生活が大きく変わっていき、その間に、ファミリーカーに求める装備や機能もそれに合わせて変わっていくこととなる。 小学校低学年の頃は、まだ体格も十分でなく車の乗り降りや車内での振る舞いにアシストが必要な場面も出てくるであろう。 さらに、ちょっとした事故が大きな怪我につながりやすいので、安全装備も充実していた方が良い。 年齢ごとの要求に応えられるのはミニバン 小学校高学年ともなると、習い事やスポーツチームなどでの付き合いやコミュニティーが生まれ、大勢の子供達を同時に乗せる場面もあるかもしれない。 さらに、旅行に行く際にも大人並みに荷物が増えていく時期でもある。 そんな 年齢ごとにかわりゆく要求に応えられる車種は、やはりミニバンであろう。 底床設計やスライドドアで乗り降りをアシストし、数々の安全装備も充実しているクラスだ。 乗車可能定員も多く、荷物もたくさん積める。 もちろん、小学生がいる家庭が求めている装備はそれぞれ違うし、それぞれのミニバンにも様々な特徴がある。 2017年ファミリーカーランキングを見て、我が家に必要な装備を備えた車はどれなのか、よく吟味しよう。 ファミリーカーへの買い替え・乗り換えで10万以上得する方法 ファミリーカーへの買い替えや乗り換えや検討している方は今から紹介する方法を必ず知っておくべきだ。 なぜなら、これを実践するだけで10万円、人によっては50万円以上得する方もいるからだ。 まず、今乗っている車をファミリーカーへ買い替えしようと思っている方は「ディーラーに下取りを出す」という考えを捨てるようにしてほしい。 ディーラーはそもそも下取り 買取 を専門に行っていない。 独自のルートもなく、一般的なオークション価格で安く買い叩かれてしまう。 ファミリーカーに限らず、ディーラーでは下取り価格を上げて、見積もりから値引き額を大きくすることで、あたかも営業マンが頑張ったかのように見せかける交渉術が横行している。 車を売るならそれを専門に取り扱う買取業者に売らないと適正価格で買取はしてもらえない。 なお、 高価買取を実現させるために車一括査定を利用すれば、時間を節約しながら短時間で買取額を大幅に上げることが可能だ。 車一括査定を使えば、下取りより10万円以上の買取額が付くのが当たり前になってくる。 編集部で実際に利用したが、• ただ、売却する店舗を変えただけでこれだけ差が出るのだ。 これを見れば、 ファミリーカーへの買い替えや乗り換えで損しないために、必ず車一括査定は利用すべきサービスだとわかってくれるはずだ。 まとめ ファミリーカーに求められる条件には、様々な装備がある。 子どもの乗り降りをアシストするスライドドアや底床設計、人員や荷物をゆったりと運べる3列目シートや大容量トランク、安全や子供の健康を守る自動ブレーキやUVカットガラスなどだ。 乗車する家族の人数や、子供の年齢などによって、小回りが利いて街乗りにベストな5ナンバー車か、大勢の家族が乗ったり多くの荷物を積むことが多いなら3ナンバー車など、ミニバンには多くの種類がある。 そこで、それぞれの家庭の事情に合わせて必要な装備や性能を吟味して、2017年ファミリーカーランキングから自分たちにあった一台を選ぶことが大切である。 駐車場が狭いので上にも横にも開くバックドアがいい、など事情が違えば欲しい車も変わってくる。 さらに、子供の人数によっても必要なクラスの車が決まってくる。 子供が1人の家庭ならばフリードなどのSクラスミニバン、子供が2人の家庭ならばセレナなどのMクラスミニバン、そして子供が3人以上ならばエスティマなどのLサイズミニバン、といった具合だ。 また子供が小学生ならば、その 成長に合わせてファミリーカーに求める装備や性能が変わってくる。 家計も合わせて、どの車がいいか吟味していくべきである。 pickup service 車検切れ、故障した愛車を 必ず買取する「ハイシャル」 走行距離10万km以上の車、15年前の車や故障した車などは中古車市場では全く価値がない。 そのため買取業者やディーラで買い取ってもらうのはほぼ不可能だ。 それどころか 処分費用を請求されることもある。 しかし、ならそんな愛車でも買取が可能だ。 ハイシャルは海外に輸出やパーツや資源としてリサイクルすることで価値を生み出し、買取が可能なのだ。 想像以上の価格が付くこともある。 愛車がボロボロなのはわかっているが、少しでも高い値段で買い取ってほしいと思うなら、ハイシャルで査定をすべきだ。 カンタン20秒で無料依頼ができる。 ぜひ一度試すべきだ。

次の

【2019】ミニバンおすすめ比較ランキング!子育て世代に人気はコレ!

ファミリー カー ランキング

外車(輸入車)ファミリーカー!おすすめ人気ランキングとは? 外車(輸入車)ファミリカーについて 外車(輸入車)は、日本車と比べて家族で乗ることや子育て世代向けの車が圧倒的に少ないです。 それは、実用性や居住性よりも走行性能を重要視しているモデルが多いからです。 (国産車のミニバンや軽ハイトワゴンなどは家族で乗ることや子育て世代をターゲットに作られているモデルが多いです) ただ、安全装備や運転支援システムなどの装備面ではドイツの「フォルクスワーゲン」やスウェーデンの「ボルボ」の方が国産車より優れているし、乗り心地の面では国産車より快適なモデルも多いです。 あとは、国産車では数が少なくなってしまったステーションワゴンは、荷室が広いので使い勝手が良いです。 (海外ではまだステーションワゴンの人気が高いので車種も多いです) これから、ファミリーカーに適している外車モデルをご紹介させていただきますので、あなたのお車選びの参考にしてみてください。 8位「BMW X3」 メーカー:BMW(ドイツ) 価格と燃費 価格:654万円~875万円 燃費:13. 5~17. 7m 「総排気量」 1995cc 特徴 X3は、ミドルサイズのSUVです。 サイズはミドルサイズですが視界や取り回し性が良いので運転しやすいです。 あとは、前後輪50対50の重量配分やハンドリング性能の高さによって優れた走行性能を発揮してくれます。 (オンロードとオフロードの両方で高い走行性能を発揮してくれるモデルです) それと、室内は後席も広く乗り心地が良いです。 荷室の床面には上質なカーペットが敷いてありますが、レジャーで使うことが多い場合は汚れを防止できるマットも設定されています。 安全装備も充実していて、ヘッドアップディスプレイも搭載されています。 ドライブやアウトドアレジャーを楽しんだりするファミリーに向いているモデルとなっています。 スポンサーリンク 7位「ゴルフ トゥーラン」 メーカー:フォルクスワーゲン(ドイツ) 価格と燃費 価格:284万9000円~459万9000円 燃費:18. 5~19. 5m 「総排気量」 1968cc 特徴 トゥーランは、3列シートを備えたミドルサイズのミニバンです。 ミニバンですが、3列目のシートは狭いので格納して荷室を広く使った方でいいです。 (シートアレンジが多彩なので実用性が高く、車中泊もできるほど広くなります) あとは、オプションですが、サイドのヘッドレストが取り外し可能なチャイルドシートが設定されています。 (サイドのヘッドレストを取り外すと通常のシートになります) 他には、前席と後席の後ろにテーブルを設置してあるので食事ができて便利です。 それと、走行性能も優れていて、ディーゼルエンジンは加速が良く静かで燃費も良いです。 あとは、安全装備が充実していて安全性が高いです。 トゥーランは、運転しやすくて、使い勝手の良い実用性の高いモデルとなっています。 6位「BMW 3シリーズグランツーリスモ」 メーカー:BMW(ドイツ) 価格と燃費 価格:660万円~724万円 燃費:15. 7m 「総排気量」 1998cc 特徴 3シリーズグランツーリスモは、Lサイズのハッチバックモデルです。 ボディは大きめでホイールベースが長いので、室内が広く居住性が高いです。 (後席の足元の空間が広いです) 内装のデザインも上質なものとなっています。 あとは、荷室の積載性も良いので実用性が高いです。 荷室は電動で開くドアを採用していて、リヤバンパーの下に足をかざすことで手を使わずに自動で開けることができる機能も搭載されています。 そして、全高が1500mmの高さに抑えられているので立体駐車場を利用することができます。 エンジンはすべてターボ車で、BMWらしく優れた走行性能を持っています。 5位「メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン」 メーカー:メルセデスベンツ(ドイツ) 価格と燃費 価格:465万円~1438万円 燃費:19. 1m 「総排気量」 2142cc 特徴 Cクラスはメルセデスベンツの中核モデルで、ステーションワゴンは高い実用性と優れた走行性能が魅力のモデルとなっています。 ミドルサイズで最小回転半径が5. 1mなので、輸入車の中では取り回し性が良く運転しやすいです。 あとは、荷室が特別広いわけではないのですが、分割可動式のシートを採用しているので多彩なアレンジができて使い勝手が良いです。 (荷室の開口部も広いので荷物を積みやすいです) それと、高剛性アルミニウムハイブリッドボディやモーターと発電機の両方を兼ね備えた新技術「BSG」などの採用によって、優れた走行性能を実現しています。 (動力性能も高いです) 他には、乗り心地が良くドライバーをサポートしてくれる運転支援システムが充実しているので長距離運転でも疲れにくいです。 あとは、安全装備も充実しているので安全性が高いです。 (2018年のマイナーチェンジで内外装の上質さや快適性、安全性などあらゆる部分が向上しています) スポンサーリンク 4位「フォルクスワーゲン シャラン」 メーカー:フォルクスワーゲン(ドイツ) 価格と燃費 価格:364万9000円~474万4000円 燃費:15. 8m 「総排気量」 1394cc 特徴 シャランは、両側スライドドアを備えたミニバンです。 車内は空間効率が良いので3列目シートも余裕があり快適な乗車ができます。 (ホイールベースが2920mmもあるので広いです) あとは、シートアレンジはシンプルなですが積載性に優れているので実用性が高いです。 (国産ミニバンほど多彩なシートアレンジはできないです) そして、内装の質感が上質で安全装備も充実しています。 それと、スライドドアだけでなく、荷室のドアも電動になっています。 (リヤバンパーの下に足を入れることで手を使わずに開けることもできます) エンジンは、1400ccと小排気量ですが、ターボ車なので駆動力が高いです。 (ミニバンの中では走行安定性も良いです) 外車の中では珍しい多人数の乗車に適したモデルとなっています。 3位「アウディ A4アバント」 メーカー:アウディ(ドイツ) 価格と燃費 価格:476万円~868万円 燃費:16. 5m 「総排気量」 1394cc 特徴 A4アバントは、ミドルサイズのステーションワゴンです。 駆動方式は、FF(前輪駆動)と4WDがあって、4WDは高い走破性を持ちアウトドアレジャーや降雪地域でも安心して走行することができます。 そして、内装のデザインが上質で乗り心地が良いです。 (後席も快適です) 乗り心地が良いので長距離運転でも疲れにくいです。 他には、荷室はタイヤハウスの張り出しを抑えてあるのでスペースを広く使えて使い勝手が良いです。 それと、荷室のドアが電動で開くのと、開口部が広いので荷物が積みやすいです。 (荷室の下に足を入れることで自動でドアが開くシステムも設定されています) あとは、先進の安全装備を搭載しているので安全性が高いです。 居住性や実用性が高く、乗り心地が良いのでファミリーカーに向いているモデルとなっています。 (国産車のステーションワゴンはスポーティな走行性能を重視していますが、A4アバントは家庭向きのモデルとなっています) 2位「ボルボ XC60」 メーカー:ボルボ(スウェーデン) 価格と燃費 価格:599万円~899万円 燃費:11. 5~16. 7m 「総排気量」 1968cc 特徴 スウェーデンのメーカー「ボルボ」は、優れた安全装備が魅力となっていて、XC60は世界最高峰の安全性と運転支援システムを持つモデルです。 ミドルサイズのSUVモデルで、エンジンはディーゼルターボとガソリンターボがラインナップされています。 XC60の自動ブレーキは、自動車、人、自転車、大型動物を識別して衝突や回避をしてくれます。 それと、様々な機能を搭載したナビシステムはタッチスクリーン式になっていて、手袋をした状態でも操作できるようになっています。 あとは、ボルボの車は全幅がかなり広いのですが、XC60は日本からの要望でXC40よりも狭く1850mmまで抑えてあります。 走行性能も高くスポーティな走りを楽しむことができます。 (クリーンディーゼルターボは、駆動力が高く優れた加速力を持っています) そして、内装のデザインが上質で乗り心地も快適です。 (上級モデルの前席にはマッサージ機能が備わっています) あとは、オプション装備ですが子供が正しい姿勢でシートベルトを締めることができるように座面を上昇させることができます。 他には、クリーンディーゼルターボは燃費消費量が少なく軽油を使用するので燃料代を抑えることができて経済的です。 1位「フォルクスワーゲン ゴルフ」 メーカー:フォルクスワーゲン(ドイツ) 価格と燃費 価格:253万9000円~575万9000円 燃費:12. 6~19. 2m 「総排気量」 1394cc 特徴 ゴルフは40年以上もの長い歴史を持つロングセラーモデルです。 (初代モデルは、1974年に発売されています) もともと、フォルクスワーゲンのメーカー名は「フォルクス(国民の)」の「ワーゲン(自動車)」という意味で、高級志向でスポーツ性の強い外車の中でもファミリー向けのモデルが多いです。 そして、フォルクスワーゲンの中で最も人気があるモデルが「ゴルフ」となっています。 スポーティなモデルではないですが、操作しやすく長距離運転でも疲れにくい作りになっています。 ゴルフが人気の理由は、不満に感じる部分がほとんどなく居住性、実用性(積載性)、安全性、走行安定性などあらゆる性能が高水準なことです。 (国産のハッチバックモデルと比べると走行安定性や乗り心地や内装のデザインなどで優れています) それと、全長が短いので運転がしやすく、全幅はワイドボディなので安定した走りができて乗り心地も上質になっています。 他には、装備内容が充実していて、性能が高いのに価格は割安となっています。 装備は先進の技術が搭載されていて、タッチスクリーンに触れなくても左右にスワイプすだけで操作ができるようになっています。 2インチの大型画面ナビシステムを搭載しています) 安全面では、自動ブレーキやレーンキープアシストなど様々な先進の安全装備の他に9個ものエアバッグを搭載しています。 あとは、外車の中では燃費が良い方です。 (電気自動車やハイブリッドもラインナップされています) ボディサイズがコンパクトなので、後席は広いわけではないですが乗り心地が良いので快適です。 それと、荷室はホイールハウスによる出っ張りがないので広く使うことができます。 ゴルフは日本だけでなく世界的に高い人気を誇るベストセラーモデルとなっています。 さいごに ここ数年の間で、車の安全装備は飛躍的に進化してきています。 国産車も、かなり進化してきていますが外車には国産車に無い安全装備や運転支援システムが多数あります。 なので、選ぶときは比較してみるのも良いと思います。 自分だけでなく家族で乗る車だからこそ、安全な車を選んでいただきたいです。

次の