伊与田成美。 沿革

THE WORLD ITSELF

伊与田成美

1980~1989 18• 1990~1999 33• 2000~2009 37• 2000 4• 2001 4• 2002 1• 2003 4• 2004 4• 2005 4• 2006 4• 2007 4• 2008 4• ndl. ndl. ndl. ndl. 印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。

次の

Peace Works 写真展 横浜ZAIM にて

伊与田成美

本日はカメラ雑誌の発売日です。 今月は20日ではなくて19日なんです。 でも、雑誌によって、首都圏以外ではもっと遅いかもしれません。 まずは。 今号では特集に登場しています。 伊与田成美さん、大橋愛さん、笹岡啓子さん、清水哲朗さん、瀬戸正人さん、 高砂淳二さん、平間至さん、広川泰士さん、福田文昭さん、宮嶋茂樹さん、 三好和義さん、持田昭俊さん、米美知子さん、吉村和敏さん、そして私の15人です。 みなさんのお話、なかなか興味深いです。 顔写真も笑顔だし。 私は寒さで顔が硬直しているし、カメラ目線で笑顔の練習が必要です。 しかも、2009年のことは何にも語っていない? 哲っちゃんは「アグレッシブ」で、吉村さんは「エネルギッシュ」だそうです。 じゃあ、私は「ダルビッシュで」って、順番は逆ですが泰葉さんの受け売りですね。 ほかのみなさんみたいに写真展の開催予定はいまのところありません。 では特集「デジタル10年、これまでとこれからと。 」で、 またまた勝手なことを申しております。 まあ、ありきたりのことを発言してもおもしろくないので、 いま思っていることを正直に書いたまでのことです。 この号には「デジタル、私のとっておきの一枚。 」という別冊付録がくっついておりまして、 こちらは50人の写真家さんの作品とメッセージが収録されています。 石橋睦美さん、岩合光昭さん、魚住誠一さん、内原恭彦さん、海野和男さん、 大西みつぐさん、小川勝久さん、小原玲さん、織作峰子さん、春日広隆さん、 河田一規さん、菊池哲男さん、栗林慧さん、小山壮二さん、櫻井由美さん、 佐藤ケイジュさん、杉本利彦さん、杉山ヒデキさん、関由香さん、高砂淳二さん、 高橋良輔さん、竹内敏信さん、田中達也さん、田中長徳さん、丹地敏明さん、 ハービー山口さん、橋本塁さん、八二一さん、浜崎さわこさん、広田尚敬さん、 前川貴行さん、丸林正則さん、水谷章人さん、水野克比古さん、宮崎学さん、 宮嶋茂樹さん、宮田正和さん、三好和義さん、望月宏信さん、茂手木秀行さん、 矢野直美さん、山岸伸さん、横木安良夫さん、吉田繁さん、吉村和敏さん、 米美知子さん、米津光さん、ルーク・オザワさん、渡部さとるさん、そして私の50人です。 ふぅ~、こんなにたくさん名前を入力するの、たいへんでした。 では特集でちょこちょことコメントしています。 年末年始にデジタル一眼レフ撮影の基礎知識を再確認する意味でも すごくためになる内容だと思います。 それと、本日発売となるので撮影した写真も掲載されています。 編集長、副編集長と一緒に早朝から夕方までJR只見線を追いかけました。 鉄分たっぷりの3人が夢中になって撮影している姿を想像しながら(笑)、 D3Xの2,450万画素の画像をご覧いただければと思います。 では特集の中でののパートを担当しています。 36の回折現象による小絞りボケの拡大画像がおかしな感じで掲載されていますが、 キャプションにあるとおりF11くらいから画質の低下が現れ始めて、 F22では顕著な結果となっています。 先日、写真家の石橋睦美さんとお食事をご一緒させていただく機会がありまして、 EOS 5Dでは回折現象はあまり気にならなかったけど、 では結構気になるとおっしゃっていました。 多画素化に比例して小絞りボケはどんどん目立ちやすくなっているようですね。 CAPA特別編集のムック「」も発売になりました。 EOS 5D Mark IIをすでに入手された方、予約しているが納品がまだの方はもちろん、 購入するかどうか悩んでいる方にもおすすめの本です。 実用的な使いこなし中心の内容となっているので、ぜひ一冊お手元にどうぞ! This entry was posted on 金曜日, 12月 19th, 2008 at 0:01:30 and is filed under , ,. You can follow any responses to this entry through the feed. Both comments and pings are currently closed. Comments are closed. Pages• Archives• Categories• 100• 585• 133• 187• 107•

次の

風の旅人 第41号 第42号

伊与田成美

今回は、人気Youtuberグループ「ボンボンTV」の新メンバー、「なっちゃん」について紹介したいと思います! 登録者数100万人超えを誇る超・マンモスチャンネル話題の新メンバーということで、最初はさぞかし緊張するだろうと思っていたのですが、なっちゃんは初登場時から堂々とした振る舞いと愛らしい笑顔で、私たちの度肝を抜いてくれました。 ほうほう、なかなかめずらしい名字ですね。 その昔、広島カープに伊与田(いよだ)という選手がいたのをちょっと思い出しましたが、なかなか耳にする機会のない名前だと言えるでしょう。 大学は、ご本人が 「学習院女子大学」と公言しています。 ご出身は関西ということなので、上京組ですね。 生年月日については、1994年生まれの23歳ということは確定していますが、誕生日は6月13日という情報はあったものの、裏付けを取ることはできませんでした。 なお、彼女は演劇が好きなのだそうで、早稲田大学の演劇ユニット「the pillow talk」にて活動し、そちらの界隈でも人気を博していたようですよ! さらに、以前は女性二人組のユニット「ナルミレイコ」として、Youtubeのチャンネルを持っていたそうです。 なるほど、なっちゃんが加入当初から物おじしない態度で振る舞うことができていたのは、「演劇」や「Youtuber」としての素地があったからなのかも知れませんね。 スポンサーリンク? 意外に身長は高いようです なっちゃんは、痩せすぎず太りすぎずの丸みを帯びた女性らしい体型で、顔も「可愛い系」であることから、男性人気を集めそうだな~という印象を持ちました。 が、身長は約161cmということなので、平均的な日本人女性よりも少し高いくらいですね! 何となく癒しオーラがあるので、もう少し小柄なのかな~と思っていましたが、他のメンバーの横に立つ姿を見ると、そこそこ上背があることを確認できます。 そしてどうしても気になってしまうのが、その豊満なバスト! ニット系などの体型が分かりやすい服を着ていることが多いので、ついつい目で追ってしまいます(笑) 調べたところ、推定でEカップと言われているようですね! う~ん、この顔でバストもあるとなれば、男性にモテるのは間違いないと言えるでしょう。 なっちゃんは、その笑顔やナチュラルな雰囲気がとっても可愛いし、本人も楽しそうに出演しているので、今後ますます人気が上昇すると予想します。

次の