ペット 飼いやすい。 飼いやすいペットはどの動物?なつく小動物や鳥はお金もかからなくおすすめ!

一人暮らしでも飼いやすいペット11選!飼いやすい犬や猫、小動物│ファッション・占い・結婚情報が集まる総合女子メディア|kinakina[キナキナ]

ペット 飼いやすい

ただ淡水魚を飼うときに使う濾過器を付けるような水槽であれば水を変える必要もなくなります! 水槽のレイアウトなどもこだわれるので機材や飼うための道具にお金を掛けられる場合はいいかもしれませんね! 値段や入手方法について アカハライモリは安ければペットショップやホームセンターなどで 1匹200円くらいで購入することができます。 また、シリケンイモリは安い個体であれば 800円程度で購入することができます。 維持費と手間はどれくらい? 温度管理などの必要がないのでかかる維持費はエサ代くらいです。 生き餌の場合アカムシなどを取り扱いますが、人工の餌であれば 『イモリの主食』という粒状の餌もあるので虫が苦手な人でも容易に飼育することができます。 エサ代はこだわればお金は掛かりますが年間1000円くらいで抑えることも可能です。 ペットショップでの取り扱いも多いので、両生類のペットとしては比較的身近な種類といえるでしょう。 魅力とオススメポイント 基本的にあまり動かないカエルなので小さい水槽やプラケースで飼育することが可能です! また、 餌の食い付きもいいので飼っていてエサやりも楽しいのが魅力ですね! 食欲旺盛で丈夫ですが、 エサを与えすぎると死んでしまうことがあるので注意が必要です。 特に人工の餌でも胃の中で膨れるものがあるのでエサやりはほどほどにしておくのが良いです。 初心者の場合は特に食いつきがよく、拒食の心配が少ないベルツノガエルがオススメですね! 値段や入手方法について 比較的飼いやすい種類のためどこのペットショップでも取り扱っている場合が多いです。 値段は3000円程度あれば購入することが可能です。 維持費と手間はどれくらい? ベルツノガエルは簡単な温度管理が必要なのでパネルヒーターなどを利用する分エサ代と光熱費が少し掛かります。 エサも人工エサであれば一袋400円程度で購入することができるので毎月1000円くらいの維持費は掛かるものだと念頭に入れておくと良いですね。 魅力とオススメポイント 魅力は見た目に反して温度管理などの必要がなく、エサの食付きも良くて拒食症の心配もないという点がなにより飼いやすいですね! さらに日本にいる両生類とは異なってサイズが大きいことや柄などがあって派手なところも魅力です。 個人的には ちょっとブサイクな顔が可愛らしくて好きですね。 値段や入手方法について オビタイガーサラマンダーについては爬虫類を専門に扱うペットショップなどで購入することができます。 有名どころで言えば爬虫類倶楽部などがそうですね。 値段は大体 一匹8000円で購入できます。 維持費と手間はどれくらい? 簡単に済ませるのであれば プラケースでも飼育ができて、温度管理の必要もないので掛かる維持費はエサ代のみです。 オビタイガーサラマンダーは私も飼育していますが、主に ピンクマウスをエサとして使用しています。 また、慣れれば人工のエサも食べます。 エサ代は 毎月1500円あれば十分余裕を持って飼育することができます。 かかる手間といえばイモリと一緒で水を変えてやる必要があることくらいです。 最低でも1週間に一度は変えると良いでしょう。 魅力とオススメポイント のっぺりとした顔に小さい目というなんともゆるい可愛さが魅力ですね! また、ウーパールーパーは 色のバリエーションも複数あることも楽しめる要素の一つですね。 水をろ過できるタイプの水槽を用意することができるのであればゆるい姿を十分に楽しめます! また、エサやりも大きくなれば 沈むタイプの人工のエサで十分飼育できるので比較的飼うのは簡単ですね。 値段や入手方法について 比較的どこのペットショップでも取り扱っていることが多いです。 値段は色によって大きく変わりますが、 安い個体だと1000円以下でも購入することができます。 維持費と手間はどれくらい? 濾過器のついた水槽を使う場合は光熱費が掛かるのと、あとはエサ代ですね。 エサは人工エサでウーパールーパーの主食というものもあるので虫を取り扱いたくない方でも飼育はできます。 ただ ペットであれ、取り扱うのは生き物です。 寿命も短いもので5年、長いものだと20年生きるものもいます。 しっかりと 『飼い続けられる!』という心構えができてからペットは購入するようにしましょう! 最後まで読んでくれた方、ありがとうございました! 爬虫類についてはこちら 関連記事: Sponsored Link 記事が参考になったという方は FBや Twitterでシェアしてみてはいかが?.

次の

お金のかからないペットおすすめ6種!癒しをくれる小動物

ペット 飼いやすい

手のかからないペット小動物編、第10位はプレーリードックです。 プレーリードックはネズミ目リス科で体長が35㎝前後、寿命が8年前後です。 北米原産で穴を掘って巣穴で生活しています。 また、プレーリードッグは一夫多妻制でキスやハグなどのスキンシップであいさつを交わします。 プレーリードッグの性格は警戒心が強いですが、社会性があり仲間思いなので慣れるとなつきます。 また、元々群れで生活しておりスキンシップでのあいさつをするので、寂しがり屋な一面もあります。 なので、スキンシップを多くとってあげましょう。 プレーリードッグの値段の相場は20万円前後で高い個体だと50万円前後する事もあります。 プレーリードッグのエサは干し草やペレット、プレーリードッグの専用の物をあげましょう。 散歩などはないですが運動量がありますので大き目のゲージを用意してあげましょう。 珍しいペットを飼いたい方におすすめです。 手のかからないペット【おすすめの珍しいペット】第9位|ハリネズミ 手のかからないペット小動物編、第9位はハリネズミです。 ハリネズミは体長が15㎝前後、体重は600g前後になります。 ハリネズミの寿命は5年前後で長生きな個体だと10年前後生きるようです。 ハリネズミのトゲは普段は痛くないですが、怒ったりしている時は痛いので注意しましょう。 エサはハリネズミ専用のフードがありますので専用フードを与えてあげましょう。 ハリネズミは夜行性ですが鳴き声が小さいので、音を気にせず飼う事ができ、噛むこともほとんどしないので飼いやすいペットです。 また、エサも1日2回程と水替え、掃除などの基本的なお世話なので手のかからないペットになります。 生態価格の相場は2万円前後になります。 ハリネズミは珍しいペットを飼いたい方にオススメの小動物です。 手のかからないペット【一人暮らしに人気】第8位|フェレット 手のかからないペット小動物編、第8位はフェレットです。 フェレットはイタチ科の哺乳類で体長35~50㎝前後、体重が1㎏前後の小動物です。 寿命は7年前後で一人暮らしの方などに人気のペットになります。 毛色も様々あり自分の好みのフェレットを探すのも楽しいですよ。 性格もフレンドリーで遊ぶのが大好きです。 頭もよく芸を仕込める事もあるようです。 また、睡眠時間も長くお留守番が得意でエサは1日2回程と水替え、掃除などで、そこまで手のかからないペットなので、一人暮らしの方にもおすすめです。 エサはフェレット専用のエサがあるのでそちらを与えてあげましょう。 生態価格の相場は3万円前後になり、珍しい色などの値段の高い個体は10万円前後で売られている事もあるそうでなので、珍しいペットを飼いたい方にもおすすめです。 手のかからないペット【長生きするペット】第7位|モモンガ 手のかからないペット小動物編、第6位はチンチラです。 チンチラはネズミ目チンチラ科の小動物です。 体長25㎝前後、体重500g前後になります。 また、寿命が15年前後と言われており長生きするペットになります。 チンチラは知能が高く名前を覚る事もあるようです。 また、チンチラは夜行性ですが鳴き声も小さく、砂浴びをする習慣があるので掃除をきちんとすれば臭いも気になりません。 エサはチンチラ専用があるのでそちらを与えてあげましょう。 チンチラのゲージは少し大きめの物にして運動不足解消に回し車をつけてあげましょう。 チンチラは体が丈夫で、お世話も砂浴びや基本的な掃除やエサやりなので、手のかからないペットになり一人暮らしの方にもおすすめです。 生態価格の相場は2~3万円前後で、珍しい色などは7万円前後するようです。 手のかからないペット【一人暮らしに人気の小動物】第5位|デグー 手のかからないペット小動物編、第5位はデグーです。 デグーはネズミ目デグー科の小動物で体長は12㎝~20㎝前後、体重は200g前後になります。 また、寿命は7年前後になります。 デグーは知能やコミュニケーション能力が高く、人懐っこい性格をしています。 また、砂浴びをするので体臭も少なく掃除をこまめにしてあげれば臭いもきになりません。 エサはデグー専用フードを与えてあげましょう。 小動物の中でも人懐っこくコミュニケーションがとれるので一人暮らしの方におすすめのペットになります。 生態価格の相場は1万円前後で珍しい個体は4万円前後する事もあるようです。 手のかからないペット【長生きするペット・小動物】第4位|シマリス 手のかからないペット小動物編、第4位はシマリスです。 シマリスはネズミ目リス科の小動物です。 体長12~19㎝前後、体重100g前後になり、寿命は10年前後になり小動物の中では長生きするペットです。 性格は個体差があり、臆病な子や人懐っこい子と様々です。 シマリスは鳴き声もほとんどなく昼間に活動します。 また、お世話も基本的なエサと水、お掃除などで手のかからないペットになり一人暮らしの方におすすめです。 エサは大人用と子供用が違うので、子供から飼う場合は注意しましょう。 また、リス専用フードがありますのでそちらを与えてあげましょう。 生態価格の相場は5千円~1万円前後で珍しい個体は5万円前後になります。 【小動物】飼いやすい・手のかからないペットランキング3位~1位 手のかからないペット【おすすめの小動物】第3位|ウサギ 手のかからないペット爬虫類・魚類編、第7位はコーンスネークです。 コーンスネークは有鱗目ナミヘビ科の爬虫類です。 寿命は10年前後と言われており長生きするペットです。 赤ちゃんの時は手のひらサイズですが成長すると1m以上になります。 コーンスネークは珍しいペットを飼いたい方におすすめです。 コーンスネークは環境に柔軟に対応でき、性格も穏やかなので手のかからないペットで一人暮らしの方におすすめです。 また、飼いやすく長生きなので爬虫類の中でも人気があります。 エサはピンクマウスを週2回程与えてあげて下さい。 生態価格の相場は6千円前後、珍しい個体は1万円以上する場合があります。 人気のペット【珍しいペット】第6位|ヒョウモントカゲモドキ 手のかからないペット鳥類編、第1位は文鳥です。 文鳥はスズメ目カエデチョウ科の鳥類です。 体長15㎝前後で寿命は7年前後になります。 鳴き声も大きくなく、性格も陽気で人懐っこい性格なので人気のペットになります。 お世話は基本的なエサや水・掃除・温度管理になります。 また、水浴びが好きなので水浴びをさせてあげましょう。 エサはシードやペレットを与えます。 生態価格の相場は2千円前後で珍しい個体は1万円前後する場合があります。 ペットを飼うには事前に学びましょう 今回はランキング形式で手のかからないペット・珍しいペットをご紹介しました。 ご紹介した通り様々なペットがいますが、性格や特徴を覚えておきましょう。 また、珍しいペットを飼う際は事前に診てくれる動物病院を探しておくといいでしょう。 手のかからないペットはお世話は簡単かもしれませんが、生き物なので病気にかかる可能性もあることを覚えておいて下さい。 また、長生きするペットもいますので先を考えて自分合ったペットを見つけていきましょう。

次の

一人暮らしにおすすめのペット9選!飼いやすいペットの条件も解説

ペット 飼いやすい

飼いやすい鳥の条件とは? ペットとして飼いやすい鳥とは、どのような条件なのでしょう。 お迎えしてから懐かない、手に負えなくなっても、返品交換はできません。 ここでは、 初心者でもおすすめの鳥の条件を紹介します。 身体が丈夫 鳥の中でも特に人気が高いのが インコ類です。 セキセイインコやコザクラインコなどは、比較的身体が丈夫です。 寒暖差にもある程度対応できるため、 温度対策もそこまで神経質になる必要がありません。 人気のあるインコは、日本でも多く繁殖されているため日本の気候に慣れている個体も多く、飼いやすいと言えるでしょう。 生体価格が安い 鳥類と言っても、さまざまな種類が販売されています。 ジュウシマツや文鳥など体の小さいフィンチ類、セキセイインコやコザクラインコなどのインコ類、タクハオウムやコンゴウインコなどのオウム類、フクロウ、タカなどの猛禽類などです。 値段が高い鳥類は、繁殖が難しい証拠です。 繁殖が難しいということは、 それだけ飼育に手間暇がかかる鳥であるとも言えます。 ペットとしてよく見かけるセキセインコや文鳥は、比較的繁殖が容易なため、価格もお手頃です。 お手頃な価格ということは、それだけ多くのブリーダーが繁殖に成功しているということですので、生体が飼いやすいという理由になります。 はじめて飼う方は、大型の鳥類よりも 小柄で値段もお手頃な価格のインコ類、フィンチ類をおすすめします。 ペットとしての需要が高い 鳥類を取り扱っているペットショップで、 比較的よく見かける鳥がおすすめです。 セキセイインコや文鳥などが該当するかと思います。 専門店などでしか見かけることのない鳥類は、 飼育するのに専門的な知識を要する場合があります。 また、よく見かけるインコなどは、それだけペットとしてメジャーなため、 飼育用品も充実しています。 鳥用の飼育用品は、大きさや種類によって異なるため、飼育用品が充実していて簡単に手に入ることは嬉しい限りです。 また、 足りないものがあった際すぐに購入できるので、何を用意するべきか把握しきれていない初心者の方でも安心して生体をお迎えすることができます。 人間によく懐く ペットとして飼われる鳥類は、 皆人間に懐くわけではありません。 カナリアなどのフィンチ類は観賞用であり、ハトは観賞やレース、タカは害獣駆除などと、さまざまな飼い方があります。 やはり飼育するなら肩に乗ったりお話ができる「懐く鳥」を飼育したいと思う方が多いかと思います。 どの鳥でも懐くわけではないということを頭に入れ、 懐く種類を選び、懐くように飼育することが大切です。 よく懐く種類は、セキセイインコやコザクラインコなどのインコ類です。 セキセイインコは、うまく飼育すれば多少のおしゃべりができるようになります。 鳥を飼う際の注意点 鳥を飼うには、どのようなことに注意する必要があるのでしょう。 ここでは、 どの鳥にも当てはまる基本の注意点を紹介します。 脱走に注意 鳥類は当然ですが、飛ぶことができます。 なかにはクリッピングと言って、 遠くまで飛べないように羽をカットする方法もあります。 これにはメリットデメリットがあります。 羽を切ると、脱走を防止することはできますが、うまく飛べないことで調理中の器具に飛び込んだり、ドアに挟まったりするなどの 事故が多くなります。 普段懐いていて、名前を呼んだら飛んでくるほど懐いている鳥でも、脱走となると別です。 はじめての外は、鳥にとって未知の世界のため パニックを起こし、どこまでも飛んでいこうとします。 正気に戻ったときには、自分の位置が分からず迷子になってしまいます。 ペットとして育てられた鳥は、 自力で生きるすべを持たないため、飼い主さんの元へ戻れる確率は低いことが現状です。 鳥を飼う方は、放鳥時に鳥が逃げ出さないよう、事前にしっかり戸締りをしましょう。 寒さ対策は必須 インコ類をはじめとしたペットとして販売されている鳥類の多くは、オーストラリアやアフリカなどの 高温多湿の場所に生息しています。 そのため、ある程度の暑さには対応できますが、 寒さには非常に弱い生き物です。 鳥類は寒さを感じると、羽毛を膨らませて熱を外に逃がさないようにします。 この行動は眠る際も行いますが、日中も膨らんでいる場合は、寒いからか、体調不良によるものです。 部屋の空気を温めるとともに、ケージ内にも鳥用のパネルヒーターやひよこ電球などを使用して温度が下がり過ぎないように注意しましょう。 ケージに温度計をつけ、温度を常に確認できるようにすると安心です。 また、 乾燥も苦手としますので、特に乾燥する冬場は加湿器なども使用して、快適な空間を作ってあげましょう。 診てくれる動物病院が少ない ペットは具合が悪くなると、動物病院を受診します。 それは鳥も同じなのですが、 鳥を診られる獣医は多くありません。 なかには鳥を専門で診てくれる動物病院も存在し、そこでは小鳥から大型の鳥類まで検査や手術も行えます。 しかし、通常の動物病院であれば鳥は診れないと断られるか、簡単な触診と投薬くらいしか行うことができません。 鳥を飼う前に 鳥を診られる動物病院を探しておくことが重要です。 また、飼い主さんもある程度かかりやすい病気やケガなどの応急処置の知識を得ておきましょう。 価格もお手頃で、白、黄色、青などカラーバリエーションも豊富です。 また、身体も丈夫で寒暖差にも強い個体です。 身体も小さいため、飼育スペースもそれほど必要としません。 人に良く懐き、雛のころからお世話をすれば手乗りインコになる確率が高いことも魅力です。 個体差はありますが、おしゃべりができるようになる子も少なくありません。 はじめて鳥をペットとしてお迎えする方には、一番おすすめできる種類です。 スズメよりも少し大きいくらいの小型で、丸い体つきに大きさくちばしが特徴です。 カラーは暗いグレーで、セキセインコに地味比べ全体的に地味な色合いをしています。 バリエーションは豊富で、全身が白い白文鳥をはじめ、シナモン、桜文鳥などがいます。 文鳥も 人に良く懐く種類で、雛からお世話をすることで手乗りにすることも可能です。 身体も丈夫で、水浴びを好む傾向にあります。 おしゃべりはできません。 小柄であるため、飼育スペースはさほど必要ありません。 複数飼育もしやすい種類です。 飼い主さんをパートナーと決めた場合、 ベタベタに懐きます。 よく懐く子は、体中を触ったり握ったりできるほどです。 全体的にずんぐりむっくりした体つきが可愛らしく人気の種類です。 また、バードテントで眠ったり、床を良く歩くなどユーモアな姿を良く見ることができます。 カラーバリエーションはセキセイインコの様に多くなく、緑や黄色、グレー系の色合いです。 コザクラインコは気が強いため 複数飼育には向かない種類です。 また、おしゃべりはできませんが、電子音などの音真似をする個体はいます。 まとめ 鳥をペットとしてお迎えする方は、年々増えています。 はじめてお迎えする方でも飼いやすい鳥の条件は、以下の通りです。 ・身体が丈夫 ・生体価格が安い ・ペットとしての需要が高い ・人に良く懐く これらの条件を満たした飼いやすい鳥類は、 セキセイインコ、文鳥、コザクラインコなどです。 鳥類を扱っているペットショップでは、ほとんど販売されているため探す手間もかかりません。 人にも良く懐くため、ペットとして適しています。 鳥を飼うには、犬猫などにはない注意点も存在します。 鳥類は飛べるという点が、一番の特徴です。 そのため、 飛んで逃げてしまう事故が多く報告されています。 また、犬猫に比べ詳しく診察のできる獣医の数が限られています。 飼育所もそれほど多くないため、飼い主さんが観察や学習するなどして、 基礎知識をある程度身に着けておく必要があるでしょう。

次の