マイクラ fill コマンド。 マイクラ#32 使える建築コマンド「fill 」の使い方。

【マイクラ】オススメの整地方法を紹介!|fillコマンドで山を消し飛ばす

マイクラ fill コマンド

fill 制限 初導入 () () 指定したブロックで一部もしくは全てを埋める。 Java Edition fill [データ値 状態] [元のブロックの処理] [データタグ] fillコマンドは replace を用いることで、別の構文が存在する。 fill replace [ replaceTileName] [ replaceDataValue]• Bedrock Edition fill [ tileData: int] [ oldBlockHandling: string] [ replaceTileName: string] [ replaceDataValue: int] 色マーカーは読みやすくするためのものである。 引数 x1 y1 z1 と x2 y2 z2 BE: from: x y z and to: x y z ブロックで埋めるための範囲(以下、選択範囲)を任意の2点 x1 y1 z1 と x2 y2 z2)を対角に取ることで指定する。 を使用することでコマンド実行の際に相対距離を指定できる。 選択できる範囲は32768ブロック以内までに限る。 The blocks that make up the corners extend in the positive direction from the coordinates used to identify them. For example, 0 0 0 0 0 0 has a 1-block volume, and 0 0 0 1 1 1 and 1 1 1 0 0 0 both identify the same region with an 8-block volume. ブロック PE: tileName: string 選択範囲内を埋めるブロックを指定する。 で指定し、 minecraft:stone というように記述する。 データ値 PE: tileData: int 省略可能 埋めるブロックに使用するデータ値を指定する。 0~15である必要がある。 指定したブロックに見合うものである必要がある。 有効なブロック状態はブロックによって異なるため、ブロック状態の記事を参照。 元のブロックの処理 PE: oldBlockHandling: string 省略可能 次のうちのどれかを選択する。 destroy - 指定したブロックで選択範囲内の全てのブロック(空気ブロック含む)を破壊し、存在しているブロック 変更されていないものも含めて)とブロックの中身のエンティティがエンチャントされていないダイヤのやダイヤので採掘されたような状態でドロップする。 ただし、のようにはさみのみで採掘されるブロックや液体はドロップしない。 hollow - 指定したブロックで選択範囲の枠部分のみを置き換える。 内側のブロックは空気ブロックに置き換えられ、それらの中身はそれ自身ではなくエンティティとしてドロップする。 選択範囲が十分に小さく、内側が存在しない場合、 replace と同じような結果になる。 keep - 指定したブロックで選択範囲内の空気ブロックの部分のみを置き換える。 outline - 指定したブロックで選択範囲の枠部分のみを置き換える。 内側のブロックには影響を与えない。 選択範囲が十分に小さく、内側が存在しない場合、 replace と同じような結果になる。 replace - 指定したブロックで選択範囲内の全てのブロック(空気ブロック含む)を置き換え、ブロックや中身のエンティティはドロップしない。 必要に応じて、置き換えるために指定したデータタグを指定する代わりに、ブロックIDとデータ値を指定して置き換えるブロックを制限することができる(以下、 replaceTileName と replaceDataValue 参照)。 何も選ばなければ、デフォルトで replaceになる。 replaceTileName や replaceDataValue と組み合わせることは出来ない。 replaceTileName BE: replaceTileName: string 省略可能 replaceDataValue BE: replaceDataValue: int 省略可能 元のブロックの処理 が replace のときのみ、この引数は有効である。 もし replaceDataValue が指定されていなければ、はどのブロックでも無視される。 どちらの引数も指定していない場合、選択範囲内の全てのブロックが置き換えられる。 結果 次の場合、このコマンドは失敗する。 引数が正しくない。 選択範囲が描画されていない。 選択範囲が 32768ブロックを超えている。 データ値やデータタグが指定ブロックに見合わない。 ブロックが全く変更されなかった場合。 ただし、Bedrock Edition では、 選択範囲がどの辺も2ブロック以上の場合無制限に埋めることができる。 [ ] 成功すると、選択範囲を指定したブロックに変える。 このページの最終更新日時は 2020年4月20日 月 00:09(日時はで未設定ならば UTC)。 特に記載がない限り、内容はのライセンスで利用できます。 Game content and materials are trademarks and copyrights of their respective publisher and its licensors. All rights reserved. This site is a part of Fandom, Inc. and is not affiliated with the game publisher.

次の

コマンド/fill

マイクラ fill コマンド

ざっくり目次• 座標は相対座標でも可です。 ですが、 座標の指定範囲は合計で32768ブロック以内でないとコマンドが動作しません。 また、ブロックID・データ値は個々のブロックを指定するコードで表記する必要があり、石では「stone 0」、閃緑岩では「stone 3」と書く必要があります。 石や羊毛の様な複数種類があるブロックで使うのがデータ値です。 普通のブロックでは0で指定します。 モードには以下の種類が有ります 空欄 指定範囲を指定のブロックで埋めます。 destroyと少し似ています。 destroy 指定範囲を指定のブロックで埋め尽くし、破壊されたブロックはドロップします。 hollow 指定範囲の外側を指定のブロックで囲みます。 内部に空洞が出来ます。 keep 指定範囲の空気ブロックのみを指定ブロックで埋めます。 replaceでも同様の操作が可能です。 outline hollowとkeepの中間のモードで範囲の内側にあるブロックを残して外側を囲みます。 replace 指定したブロックを別の指定した設置されているブロックと置き換えます。 実際に使ってみよう! コマンドはダラダラ説明を読むだけでは使えるようになりません! どんどん試してみましょう! 露天掘り待ったなし!地面をくり抜く 早速穴を開けてみました。 標準モードを使ったシンプルなfillコマンドです。 ただブロックで埋め尽くすだけならモードは空欄でいいなので、座標とブロックさえ指定すれば穴が掘れます。 葉っぱが邪魔で伐採しづらい時に非常に便利です。 穏やかな小池が地獄の溶岩池に! 草原によく生成される小池。 高速!海底神殿の水抜き! サバイバルで無くとも結構苦労する海底神殿の水抜き。 かなり乱暴な方法ですが複数のreplaceを組み合わせることで、あっという間に水を抜くことが出来ます。 水はそのまま空気に置き換えても無限水源の原理で復活してしまうため、周りをせき止めるための氷です。 周りを囲めれば良いので、outlineを使っても出来ますね。 コマンドブロックとの併用 いちいちコマンドを打っていられないので、コマンドブロック 又はコマンドブロックトロッコ と併用することで楽ちんになります。 このようにパワードレールとアクティベータレールを間にはさみつつ、線路を敷きます。 後はレールを走らせるだけ。 アクティベータレールに乗るたびにコマンドが実行されます。 今回のコマンドでは トロッコの上の高さ9マス、幅6マスが紫色のステンドグラスで覆われました。 大きな羊羹みたいで面白いでしょう? このようにコマンドが発動するタイミングをレッドストーン回路で操作することが出来るコマンドブロック。 クロック回路に組み合わせれば一定周期でコマンドが発動したり、 もっと簡単に感圧板で発動させればプレイヤーに合わせて発動させることも可能になります。 建築に活用!! ここまで読んだ方はもうお気づきでしょうが、fillコマンドは簡単な建築を行うことにも使えてしまいます。 例えば、 fill hollow コマンドを地上で発動することで、超簡単に豆腐建築が出来ます! 「危険!TNT柱」ではTNTの柱を立てましたが、木材や石などの建材で柱を作れば、建築物の柱として大きなビルやタワーを作るのに活用できますね! 通常のサバイバルではコマンドが使えないですが、配布ワールドを作る際には大きな建築物や空中に浮いた島などを作る機会も多くなると思うので、是非その際に活用してみてください!.

次の

【マイクラ】良く使うチートコマンドと入力方法【マインクラフト】|ゲームエイト

マイクラ fill コマンド

ざっくり目次• 座標は相対座標でも可です。 ですが、 座標の指定範囲は合計で32768ブロック以内でないとコマンドが動作しません。 また、ブロックID・データ値は個々のブロックを指定するコードで表記する必要があり、石では「stone 0」、閃緑岩では「stone 3」と書く必要があります。 石や羊毛の様な複数種類があるブロックで使うのがデータ値です。 普通のブロックでは0で指定します。 モードには以下の種類が有ります 空欄 指定範囲を指定のブロックで埋めます。 destroyと少し似ています。 destroy 指定範囲を指定のブロックで埋め尽くし、破壊されたブロックはドロップします。 hollow 指定範囲の外側を指定のブロックで囲みます。 内部に空洞が出来ます。 keep 指定範囲の空気ブロックのみを指定ブロックで埋めます。 replaceでも同様の操作が可能です。 outline hollowとkeepの中間のモードで範囲の内側にあるブロックを残して外側を囲みます。 replace 指定したブロックを別の指定した設置されているブロックと置き換えます。 実際に使ってみよう! コマンドはダラダラ説明を読むだけでは使えるようになりません! どんどん試してみましょう! 露天掘り待ったなし!地面をくり抜く 早速穴を開けてみました。 標準モードを使ったシンプルなfillコマンドです。 ただブロックで埋め尽くすだけならモードは空欄でいいなので、座標とブロックさえ指定すれば穴が掘れます。 葉っぱが邪魔で伐採しづらい時に非常に便利です。 穏やかな小池が地獄の溶岩池に! 草原によく生成される小池。 高速!海底神殿の水抜き! サバイバルで無くとも結構苦労する海底神殿の水抜き。 かなり乱暴な方法ですが複数のreplaceを組み合わせることで、あっという間に水を抜くことが出来ます。 水はそのまま空気に置き換えても無限水源の原理で復活してしまうため、周りをせき止めるための氷です。 周りを囲めれば良いので、outlineを使っても出来ますね。 コマンドブロックとの併用 いちいちコマンドを打っていられないので、コマンドブロック 又はコマンドブロックトロッコ と併用することで楽ちんになります。 このようにパワードレールとアクティベータレールを間にはさみつつ、線路を敷きます。 後はレールを走らせるだけ。 アクティベータレールに乗るたびにコマンドが実行されます。 今回のコマンドでは トロッコの上の高さ9マス、幅6マスが紫色のステンドグラスで覆われました。 大きな羊羹みたいで面白いでしょう? このようにコマンドが発動するタイミングをレッドストーン回路で操作することが出来るコマンドブロック。 クロック回路に組み合わせれば一定周期でコマンドが発動したり、 もっと簡単に感圧板で発動させればプレイヤーに合わせて発動させることも可能になります。 建築に活用!! ここまで読んだ方はもうお気づきでしょうが、fillコマンドは簡単な建築を行うことにも使えてしまいます。 例えば、 fill hollow コマンドを地上で発動することで、超簡単に豆腐建築が出来ます! 「危険!TNT柱」ではTNTの柱を立てましたが、木材や石などの建材で柱を作れば、建築物の柱として大きなビルやタワーを作るのに活用できますね! 通常のサバイバルではコマンドが使えないですが、配布ワールドを作る際には大きな建築物や空中に浮いた島などを作る機会も多くなると思うので、是非その際に活用してみてください!.

次の