工藤静香のマスク。 工藤静香“ヤンキー感”に騒然...梅雨コーデ披露も「コロナマスクが特攻用w」(2020年7月17日)|BIGLOBEニュース

工藤静香、黒マスク&穴開きデニムの私服コーデ「素敵すぎる」「憧れです」とファン歓喜(スポーツ報知)

工藤静香のマスク

歌手の工藤静香(50)が17日、自身のインスタグラムを更新し、亡き父への思いをつづった。 工藤は菊の花の写真を添えて「今日は他界した父のお誕生日でもあります」と報告。 「毎年、食卓に父の分も並べて、夕食を一緒に食べます」と明かし、「父は情に厚く愛情が底なしに深く、ハンサムでとてもチャーミングな人でした。 今でもとても愛されているんです 幾年経っても、7月になるとやはり涙で目が霞みますね」と思いをつづった。 その上で「父には、誰かに見られたりする事を懸念して、幼い娘達の写真すら渡してあげませんでした」と父と孫と関わりについて告白。 「勿論、父とのお出かけも無し!また写真を撮られたら、とか思い。。 」と人の目を気にしていいたことを明かし、「きっと父は『可愛いでしょ?』、お友達にも自慢をしたかったでしょうにね。 娘達を守る事ばかり考えていた分、両親には不自由な思いをさせてしまった事もあったと思います」と振り返った。 さらに「私は父に対して、とても寂しい思いをさせてしまった事が一つあり」とし、「15年経った今でも心の底から『ごめんね』と話しかけます。 いつか父に会った時に、その事を真っ先に謝ろうと思います」と吐露。 「時間には限りかがあるので、、、、、、、、、大切な人に溢れる程の愛情を注ぎたいです。 多すぎたら自然に溢れるのだから」と結んだ。 フォロワーからは「読んでいて心が温まり、清々しい気持ちにもなりました」「きっと天国で、見守ってくれてますね」などの声が寄せられていた。

次の

工藤静香、亡き父の誕生日に過去振り返り涙「娘達を守る事ばかり考え…両親には不自由な思いを」(スポーツ報知)

工藤静香のマスク

工藤静香さんは高校生の頃から「車やバイクが好き」と公言しています。 「18歳になったらクルマの免許を取りたい! で、中古のZと、セブンを買って、毎日とっかえひっかえで乗るの。 そしてお金を貯めたら、BMWのハルトゲ仕様を買いたい! コバルトブルーに、あのシルバーのストライプがとてもカッコいいから。 」 この発言、車好きの方から見ると 筋金入りの車好きだと分かるようです。 【工藤静香の元彼】• 諸星和己(光GENJI)• 植草克秀(少年隊)• 田原俊彦• 的場浩司• YOSHIKI(X JAPAN) 工藤静香さんのヤンキー要素は的場浩司さんとの交際から移った可能性もありそう! 田原俊彦さんは元々は中山美穂さんの恋人でしたが、2人の交際話を聞くうちに工藤静香さんが田原俊彦さんに興味を持ち始めたそうです。 そして二人は田原俊彦さんを巡って犬猿の仲に・・・ 最終的には工藤静香さんが強引に田原俊彦さんに急接近し、中山美穂さんにキスシーンや手を繋ぐところを見せつけたそうです。 と評判ですから、トシちゃんも2人に手を出していた可能性がありますけどね。 工藤静香は父親がヤクザだから言葉遣いが悪い? 工藤静香とKoki 妹のKokiさんも同じコンクールに出場していましたが姉妹揃って優勝することは出来ず、工藤静香さんの文句に続いて 『何考えているんだよ、先生と審査員がみんな悪い!! 』 『信じらんない! 下手くそ! 私の方が全然上手じゃん!』 と続いたそうなので、やっぱり親子ですね。 【関連】 工藤静香さんの言葉遣いの悪さや勝気な性格はKokiさんにもしっかりと遺伝しているようです。 親として子どもが優勝できなかったことに悔しさを感じる気持ちは分かります。 しかし、音楽コンクールの優勝って運ではなく普段の練習の成果や緊張が響くか否かで結果が決まるんですよね。 このような証言から、工藤静香さんがヤンキーと言われてしまう理由や父親がヤクザだと言われてしまう理由も分かる気がします。 スポンサーリンク 工藤静香の若い頃はヤンキー?まとめ 工藤静香さんの若い頃の画像を調べてみましたが、 「デビュー前はヤンキーだった!」のような事実はありませんでした。 むしろ普通の女の子だったけど、芸能活動を始めてから交際した男性の影響をモロに受けたのではないか?と思われます。 そこから車好きやバイク好き発言に繋がり、ソロデビューでは車やバイクが似合う容姿に変化したことでヤンキー層のファンが増えたようですね。 50代になった現在も言葉遣いの悪さや強気な態度は健在のようですが、世界的にも活躍し始めた娘2人のイメージのためにも公の場での発言には気をつけたほうが良いのでは?と感じます。

次の

工藤静香と木村拓哉、ほぼ同時に黒マスク姿を公開 「並んで見られて幸せ」|ニフティニュース

工藤静香のマスク

歌手の工藤静香(50)が、亡き父を悲しませたという思い出を振り返り、「15年経った今でも心の底から『ごめんね』と話しかけます」とつづった。 工藤は17日、インスタグラムを更新。 この日は他界した父の誕生日だといい、「毎年、食卓に父の分も並べて、夕食を一緒に食べます 父は情に厚く愛情が底なしに深く、ハンサムでとてもチャーミングな人でした。 今でもとても愛されているんです」としのんだ。 「幾年経っても、7月になるとやはり涙で目が霞みますね」と、最愛の父を亡くした悲しみがよみがえるという工藤。 「父には、誰かに見られたりする事を懸念して、幼い娘達の写真すら渡してあげませんでした。 勿論、父とのお出かけも無し!また写真を撮られたら、とか思い。。 きっと父は『可愛いでしょ?』と、お友達にも自慢をしたかったでしょうにね。 娘達を守る事ばかり考えていた分、両親には不自由な思いをさせてしまった事もあったと思います」と振り返った。 また、「私は父に対して、とても寂しい思いをさせてしまった事が一つあり、15年経った今でも心の底から『ごめんね』と話しかけます」という。 「いつか父に会った時に、その事を真っ先に謝ろうと思います 『あ 同じ時を生きているうちに、もっともっともっと、優しくしてあげれば良かったなぁ』」と後悔をにじませ、「大切な人を失った事がある方は、きっと同じ様に思うのではないでしょうか。 もし、いらっしゃるなら、、、、、、、人には言えます『あなたの事はわかっておられますから大丈夫ですよ』『後悔なんてなさらなくていいですよ』って 時間には限りがあるので、、、、、、、、、大切な人に溢れる程の愛情を注ぎたいです。 多すぎたら自然に溢れるのだから」と思いをつづった。

次の