目の下 の クマ 取り。 目の下クマ取り

目の下のクマを解消したい人におすすめのマッサージ・クリーム・クマ取りのアイケアなどをご紹介!

目の下 の クマ 取り

2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。 「なんだか顔がつかれているなぁ…」 朝、メイクをしながら嘆いた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 また、よく寝たつもりなのになかなか取れないクマは悩みのタネですね。 実は、目の下のクマには大きく分けて3つのタイプがあるんです。 この記事では、目の下のクマの解消法を解説していきます。 30秒簡単マッサージで血行を良くし、新陳代謝を高めてクマを解消していきましょう。 ここでは、顔の細かい筋肉をストレッチして柔軟性をつけ、次のステップでの効果を最大にするためのウォーミングアップです。 それでははじめましょう。 ニコッと笑う 笑顔を作って、気持ちも筋肉も上向くポジティブな信号を脳に送ります。 ゆっくりと深呼吸 深呼吸をすることで、顔の筋肉をリラックスさせていきます。 息を吐くときに、引き上げる 筋肉が固くなって柔軟性がなくなると、引き上げる力が低下してたるんできます。 これには顔の細かい筋肉のストレッチが大切。 顔の中心や下にある指でツボを押さえたまま、息をはくときに、顔の外側や上にある指でツボを刺激しながら、筋肉をグーッと引き上げていきます。 目の下のクマを解消!ツボ押し30秒 顔の筋肉がほぐれたところで、本題の「クマ解消マッサージ」へ入っていきましょう。 効果別にその1とその2のパートにわかれています。 ・その1.目の下のクマ撃退ツボ押し:まず、クマを消していきましょう! ・その2.血行改善: 体の中からクマ対策をしていきましょう! その1. 目の下のクマ撃退ツボ押し その1で刺激していくツボは、目の周りのクマやめまいを改善するツボです。 ツボの刺激とあわせて目の周りの筋肉(眼輪筋)をマッサージすることで血行を改善し、くすみや目元のしわ改善にも効果的です。 さらに、目の疲れを和らげ、目ヂカラアップの効果にも期待! 【使うツボ:睛明 セイメイ 、承泣 ショウキュウ 、瞳子リョウ ドウシリョウ 】 【1】まず、右目から。 左の人差指で目頭にある『睛明 セイメイ 』というツボを軽く押さえます。 【2】次に右手の人差指で、瞳孔のまん中のちょうど下、骨の上の凹みにあるツボ、『承泣(ショウキュウ)』を軽く押さえます。 【3】位置を確認したら、右指を左指の横まで持っていき、撫でるようにスーッと目の下のツボに戻します。 【4】指が目の下に戻ってきたら、ニコッと笑って深呼吸。 息を吐くときに『睛明』を軽く押さえたまま、『承泣』を外側に軽く引っ張ります。 あくまでも軽くです。 これを3回繰り返しましょう。 【5】指をずらして、左人差指で瞳孔のまん中のちょうど下、『承泣』を軽く押さえます。 次に右人差指で目尻にあるツボ、『瞳子リョウ ドウシリョウ 』を軽く押さえます。 【6】【3】と【4】と同じようにニコッと笑顔で深呼吸しながらマッサージ。 そして軽く引っ張る。 これも3回やりましょう。 さらに指をずらして、左指を『瞳子リョウ』、右指をこめかみにある『太陽』というツボを押してストレッチするとより効果的です。 その2. 血行改善でクマ撃退! ここでは、体全体の血の巡りを改善し、 クマができにくい体質作りをおこないます。 ここでご紹介するマッサージは東洋医学でいう『肝(かん)』機能を高めるマッサージです。 体からの老廃物を運ぶ血液は、夜寝ている時に肝臓で綺麗になります。 ところが、寝不足で肝臓の機能が低下していると、血液を綺麗にできず、汚れた血液が体を流れます。 この汚れた血液が体の中で肌が一番薄いまぶたを通ると、青黒いクマとして現れるのです。 また東洋医学では、『肝』はイライラしたりストレスを感じたりするとダメージを受けるとも言われています。 クマ解消のためだけでなく、寝不足やストレスが気になる方は、目の下のマッサージと『肝』の機能を高めるマッサージを合わせてすると効果的です。 【使うツボ:太衝 タイショウ 肝経(カンケイ)】 【マッサージ前の準備】 マッサージの前に足をチェックしておきましょう。 両手で足のふくらはぎを触れ、両足ともチェックします。 片方マッサージした後に、もう一度チェックして比べてみると変化を楽しめますよ。 では、はじめましょう。 【1】 まず右手で握り拳をつくり、人差し指の第二関節で右足の親指と人差し指の水かきを指圧します。 そこから足の甲を足首のほうへ流すと、骨と骨の間で指が引っかかります。 ここが『肝』の流れをよくする『太衝(たいしょう)』というツボです。 親指の爪のつけ根の外側から指圧しはじめ、『太衝』まで流します。 【2】3回流したら、ニコッと笑って、深呼吸。 息をはくときに、さらにギュ~っと『太衝』を指圧します。 これを3セットおこないます。 【3】次に内くるぶしの前方で、ななめ下を両手の親指が重なるようにして押さえ、両手で足首を握ります。 そこから、スネの上を膝下までマッサージしていきます。 【4】ニコッと笑顔をつくり、深呼吸して息をはくときに一気にマッサージします。 これを3セット。 肝の流れがよくなってきます。 足のむくみがとれ、スッキリ細くなることもありますよ。 最後に先ほどと同じようにふくらはぎをチェックしてみましょう。 スリムになった足に驚くはずです!.

次の

ためしてガッテンの「目の下のクマを消す方法」が凄いと評判!

目の下 の クマ 取り

2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。 「なんだか顔がつかれているなぁ…」 朝、メイクをしながら嘆いた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 また、よく寝たつもりなのになかなか取れないクマは悩みのタネですね。 実は、目の下のクマには大きく分けて3つのタイプがあるんです。 この記事では、目の下のクマの解消法を解説していきます。 30秒簡単マッサージで血行を良くし、新陳代謝を高めてクマを解消していきましょう。 ここでは、顔の細かい筋肉をストレッチして柔軟性をつけ、次のステップでの効果を最大にするためのウォーミングアップです。 それでははじめましょう。 ニコッと笑う 笑顔を作って、気持ちも筋肉も上向くポジティブな信号を脳に送ります。 ゆっくりと深呼吸 深呼吸をすることで、顔の筋肉をリラックスさせていきます。 息を吐くときに、引き上げる 筋肉が固くなって柔軟性がなくなると、引き上げる力が低下してたるんできます。 これには顔の細かい筋肉のストレッチが大切。 顔の中心や下にある指でツボを押さえたまま、息をはくときに、顔の外側や上にある指でツボを刺激しながら、筋肉をグーッと引き上げていきます。 目の下のクマを解消!ツボ押し30秒 顔の筋肉がほぐれたところで、本題の「クマ解消マッサージ」へ入っていきましょう。 効果別にその1とその2のパートにわかれています。 ・その1.目の下のクマ撃退ツボ押し:まず、クマを消していきましょう! ・その2.血行改善: 体の中からクマ対策をしていきましょう! その1. 目の下のクマ撃退ツボ押し その1で刺激していくツボは、目の周りのクマやめまいを改善するツボです。 ツボの刺激とあわせて目の周りの筋肉(眼輪筋)をマッサージすることで血行を改善し、くすみや目元のしわ改善にも効果的です。 さらに、目の疲れを和らげ、目ヂカラアップの効果にも期待! 【使うツボ:睛明 セイメイ 、承泣 ショウキュウ 、瞳子リョウ ドウシリョウ 】 【1】まず、右目から。 左の人差指で目頭にある『睛明 セイメイ 』というツボを軽く押さえます。 【2】次に右手の人差指で、瞳孔のまん中のちょうど下、骨の上の凹みにあるツボ、『承泣(ショウキュウ)』を軽く押さえます。 【3】位置を確認したら、右指を左指の横まで持っていき、撫でるようにスーッと目の下のツボに戻します。 【4】指が目の下に戻ってきたら、ニコッと笑って深呼吸。 息を吐くときに『睛明』を軽く押さえたまま、『承泣』を外側に軽く引っ張ります。 あくまでも軽くです。 これを3回繰り返しましょう。 【5】指をずらして、左人差指で瞳孔のまん中のちょうど下、『承泣』を軽く押さえます。 次に右人差指で目尻にあるツボ、『瞳子リョウ ドウシリョウ 』を軽く押さえます。 【6】【3】と【4】と同じようにニコッと笑顔で深呼吸しながらマッサージ。 そして軽く引っ張る。 これも3回やりましょう。 さらに指をずらして、左指を『瞳子リョウ』、右指をこめかみにある『太陽』というツボを押してストレッチするとより効果的です。 その2. 血行改善でクマ撃退! ここでは、体全体の血の巡りを改善し、 クマができにくい体質作りをおこないます。 ここでご紹介するマッサージは東洋医学でいう『肝(かん)』機能を高めるマッサージです。 体からの老廃物を運ぶ血液は、夜寝ている時に肝臓で綺麗になります。 ところが、寝不足で肝臓の機能が低下していると、血液を綺麗にできず、汚れた血液が体を流れます。 この汚れた血液が体の中で肌が一番薄いまぶたを通ると、青黒いクマとして現れるのです。 また東洋医学では、『肝』はイライラしたりストレスを感じたりするとダメージを受けるとも言われています。 クマ解消のためだけでなく、寝不足やストレスが気になる方は、目の下のマッサージと『肝』の機能を高めるマッサージを合わせてすると効果的です。 【使うツボ:太衝 タイショウ 肝経(カンケイ)】 【マッサージ前の準備】 マッサージの前に足をチェックしておきましょう。 両手で足のふくらはぎを触れ、両足ともチェックします。 片方マッサージした後に、もう一度チェックして比べてみると変化を楽しめますよ。 では、はじめましょう。 【1】 まず右手で握り拳をつくり、人差し指の第二関節で右足の親指と人差し指の水かきを指圧します。 そこから足の甲を足首のほうへ流すと、骨と骨の間で指が引っかかります。 ここが『肝』の流れをよくする『太衝(たいしょう)』というツボです。 親指の爪のつけ根の外側から指圧しはじめ、『太衝』まで流します。 【2】3回流したら、ニコッと笑って、深呼吸。 息をはくときに、さらにギュ~っと『太衝』を指圧します。 これを3セットおこないます。 【3】次に内くるぶしの前方で、ななめ下を両手の親指が重なるようにして押さえ、両手で足首を握ります。 そこから、スネの上を膝下までマッサージしていきます。 【4】ニコッと笑顔をつくり、深呼吸して息をはくときに一気にマッサージします。 これを3セット。 肝の流れがよくなってきます。 足のむくみがとれ、スッキリ細くなることもありますよ。 最後に先ほどと同じようにふくらはぎをチェックしてみましょう。 スリムになった足に驚くはずです!.

次の

icon / heart

目の下 の クマ 取り

「目のクマは、遺伝とライフスタイルに影響を受ける、2つの異なる要因によって引き起こされる。 1つ目は、色素沈着。 色素沈着は、基本的に皮膚の黒ずみのことで、遺伝性の場合と、日光によるダメージにより引き起こされるケースが考えられる。 2つ目の要因は、静脈の拡張。 疲労や季節性アレルギー、食事などに起因して目の下の静脈が拡張すると、静脈はより大きくなり、色もより濃くなってしまう」 自分のクマの原因を突き止める最善の方法として、グロス博士は、目の下の皮膚をつまむテストを勧める。 目の下の皮膚をつまみ、持ち上げた時に、皮膚の色が茶色のままであれば、色素沈着が起きている可能性が高い。 それに対して、皮膚をつまんで持ち上げた時に色が改善する場合、静脈拡張によるクマであると言える。 「目のクマを即時に解消してくれる食べ物はないけれど、新鮮な果物や野菜、全粒粉の食品、脂肪分の少ないタンパク質、体に良い脂質をふんだんに摂り入れた、栄養価が高く体内の炎症を抑える食生活を維持すること。 目の周辺を含む、全身の皮膚の状態が目に見えて改善する可能性があるわ」 また、グロス博士は、夜のワインや夕食後のエスプレッソを控えることが必要だと説く。 「赤ワインやカフェインの消費を減らすと、食生活にわずかな変化をもたらすだけで、目の下のクマを軽減できる可能性が期待できる」 2. 睡眠の質を徹底改善。 ポーラはまた、睡眠の質とクマの関係をこう指摘する。 「寝不足だからといって目のクマができるわけではない。 寝不足によって、目のクマがより目立ってしまうの」 クマを軽減するためには、質の良い睡眠を確保することが大切と言えそうだ。 ポーラは続ける。 「スマートフォンとタブレットを、一日中『ナイトモード』に設定すること。 そうすれば、自然な睡眠周期を乱すと証明されているブルーライトの影響を、最小限に抑えることができる」 3. 日焼け止めを忘れずに。 冒頭でグロス博士が指摘した通り、日焼けに起因する色素沈着によるクマを解消するには、日焼け止めを忘れずに塗ることが重要だ。 ポーラもこれに同意する。 「毎日、日焼け止めを塗り、とにかく日焼けを避けることが、目のクマを軽減するのに極めて重要」 目の下の保護とカバーを同時に行いたければ、広域スペクトルのSPF数値の高い、目元用のコンシーラーを選ぼう。 とにかく禁煙。 喫煙者に対するポーラのアドバイスは明白だ。 「何としてでも喫煙習慣を断ち切って。 喫煙と受動喫煙は、目のクマを悪化させることが研究により証明されている。 太り過ぎであることや、コレステロール値、またはトリグリセリド値が高いことも、同様にクマを悪化させてしまう。 コレステロール値と中性脂肪値は、食生活の改善や薬物治療、運動によって低下させることが可能よ。 基本的に、より健康になるための努力は、目のクマの解消にもいいということ」 5. 有効なスキンケアを。 スキンケアも見直してみよう。 グロス博士によると、有効成分のビタミンCとヒアルロン酸を含む製品が、目の下のクマには一番のおすすめだという。 「ビタミンCとヒアルロン酸は、ともに肌を明るくするだけでなく、疲れた印象の外見を生き生きと輝いたものに変えてくれる。 ビタミンCは、静脈と皮膚の間のコラーゲンの生成を促し、ヒアルロン酸は、皮膚をふっくらさせるため、クマを目立たなくすることが可能だ」 6. クマ隠しメイクをマスター。 一瞬で目の下のクマを消すメイクには、ちょっとしたテクニックが必要だ。 の世界的なシニアメイクアップアーティストであるクレア・ミュレディが、色の補正が何よりも重要だと語る。 「まず、クマの色を確認して。 一般的には、暗い青色か灰色であることが多いので、下の色を中和する、暖かいピーチ系のコンシーラーを選んで。 よりピンクや赤に近い色調の場合は、イエローが基調のコンシーラーで中和させること」 さらに、コンシーラーは軽く塗るのがポイントだという。 クレアによれば、正しい色調のコンシーラーで薄くカバーする方が、たくさん塗って完全にクマを消そうとするよりも、はるかに効果的だという。

次の