自動 スイープ と は。 MRF(自動スイープ取引)とは何ですか?ライブドア証券で新たに口座開設しようと...

自動入出金(スイープ)

自動 スイープ と は

SBI証券の自動入出金(スイープ)の特徴とメリット SBI証券の自動入出金とは SBI証券では、住信SBIネット銀行との連携サービスが利用できます。 連携サービスの設定は無料です。 住信SBIネット銀行にはSBI証券の買付余力に自動反映する「 SBIハイブリッド預金」があり、預け入れることで自動入出金が可能です。 SBIハイブリッド預金は通常の円預金に比べて金利も高く、SBI証券の買付余力と連動するため入出金の手間が省けます。 投資商品の清算代金も、受渡日にSBIハイブリッド預金口座へ 自動的に振替が行われます。 SBI証券の自動入出金サービスの特徴 住信SBIネット銀行口座の開設が必要 SBI証券で自動入出金サービスを利用するには、 住信SBIネット銀行の口座が必要です。 SBI証券口座と住信SBIネット銀行の口座を保有しているかたは、誰でも申込ができます。 SBIハイブリッド預金を申し込むと、投資商品の買付時には自動的にSBIハイブリッド預金の残高が買付余力に反映するため、入金の必要がありません。 売却した投資商品の清算代金は 自動的にSBIハイブリッド預金に出金されます。 入金方法は2種類 SBIハイブリッド預金への入金方法は 2種類あります。 一つ目は住信SBIネット銀行の代表口座へ ATM、窓口などから入金する方法です。 代表口座に入金後、SBIハイブリッド預金への振替操作を行うと入金完了です。 またSBI証券口座へ 直接振込を行う方法もあり、自動的にSBIハイブリッド預金に振り替えられます。 出金の方法は3種類 SBIハイブリッド預金から出金を行う場合、住信SBIネット銀行の代表口座へ振替処理後に出金が可能です。 振替処理後に ATM出金を行うか、 他行への振込で出金が完了します。 またSBI証券のATMカードを保有している場合は、 ATMカードを使って直接SBIハイブリッド預金の出金が可能です。 IPO銘柄の売買は利用不可 SBIハイブリッド預金の残高は株式、投資信託、債券などほとんどの投資商品購入に利用できます。 しかしIPO銘柄の売買には規制が設けられており、 即金での買付ができないため注意が必要です。 SBIハイブリッド預金を利用していてIPO銘柄を購入したい場合には、即時決済サービスを利用してSBIハイブリッド預金からSBI証券口座へ資金を振り替えることで買付が可能です。 SBIハイブリッド預金への振替は受渡日 SBIハイブリッド預金へ清算代金が振り替えられるのは、 受渡日です。 SBI証券の買付余力には商品の売却後すぐに反映されますが、実際に出金が可能になるのは受渡日以降のためです。 SBI証券の自動入出金サービスのメリット 無料で申込が可能 SBIハイブリッド預金は 申込に費用がかかりません。 利用申込だけで簡単に連携ができるため、手軽に自動入出金を行うことができます。 住信SBIネット銀行の通常口座より金利が高い 住信SBIネット銀行の円普通預金口座の金利は、預け入れの金額にかかわらず0. 001%です。 SBIハイブリッド預金は、金額にかかわらず 0. 010%の金利が設定されています。 SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力と連動するだけで、出金は自由です。 定期預金よりやや金利は低い設定ですが、通常口座に預け入れておくよりも効率良く運用できます。 またSBIハイブリッド預金は毎月利払いに設定されており、 早く金利が受け取れる点も魅力です。 毎月第3土曜日に計算の上利息が入金されます。 入出金の手間がかからない SBIハイブリッド預金を利用すると、 入金と出金処理の必要がありません。 即時入金では銀行のWebサイトで暗証番号などの入力が必要で、銀行振込の場合は銀行に足を運び入金を行います。 SBIハイブリッド預金の場合は、住信SBIネット銀行の代表口座から 簡単に振替処理ができるため手軽です。 出金時も清算代金が自動的にSBIハイブリッド預金へ振り替えられます。 申込から利用開始までの期間が短い SBIハイブリッド預金は 申込後、最短当日から利用が可能です。 当日15時までの申込分は 当日の17時頃に手続きが完了します。 15時以降の申込や休日の申込分は翌営業日の17時頃から利用可能です。 SBIハイブリッド預金は預金保険制度の対象 SBIハイブリッド預金は通常の銀行預金と同様、 預金保険の対象です。 代表口座と目的別口座すべての口座の預金を合算し、 1,000万円までが保険対象のため安心です。 アグリゲーションサービスで口座管理が簡単になる アグリゲーションサービスは住信SBIネット銀行でSBI証券の 資産残高が確認できる機能です。 SBI証券と住信SBIネット銀行どちらでも口座資金の確認ができるため、口座管理がしやすくなります。 アグリゲーションサービスはSBIハイブリッド預金と同様、 無料で利用できます。 自動振替の上限設定が可能 SBI証券への振替上限を設定すると、預金保険制度の上限までSBIハイブリッド預金を運用するなど 効率的な使い方が可能です。 設定した金額を超える場合はSBI証券口座に留保されるため、他の銀行口座へ出金するなど 都合に合わせて振り分けができます。 住信SBIネット銀行のスマプロランク対象 住信SBIネット銀行には、 優遇サービスのスマートプログラムがあります。 SBIハイブリッド預金はスマートプログラムのランク対象のため、 預け入れているだけで優遇サービスが受けられます。 スマプロランクの判定条件は住信SBIネット銀行に預け入れている資産や、利用しているサービスの内容で決まります。 原則リアルタイムでSBI証券口座の残高に反映される SBIハイブリッド預金の残高は、原則リアルタイムでSBI証券の 買付余力に反映します。 SBI証券または住信SBIネット銀行がメンテナンス時のみ、リアルタイムで反映されません。 SBI証券の自動入出金(スイープ)を利用するまでの流れ SBI証券の自動入出金サービスの申込方法 SBI証券の自動入出金サービスに申し込むには、 口座開設と同時に申し込む方法と別途申込を行う方法があります。 各種口座と同時申込の場合 SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に申し込む場合、 SBIハイブリッド預金の申込も同時に行うことができます。 SBI証券Webサイトで初期設定を完了し、本人確認などの 手続き後2日から3日で自動的に利用できるようになります。 別々に申し込む場合 SBI証券口座と住信SBIネット銀行口座を別々に申し込んだ場合、 SBIハイブリッド預金も別途設定が必要です。 SBI証券口座を保有しており後から住信SBIネット銀行口座を開設する場合は、口座開設時にSBIハイブリッド預金の要否が選択可能です。 住信SBIネット銀行開設時にSBIハイブリッド預金を不要と設定した場合や、SBI証券口座を後から開設した場合は別途申込手続きを行います。 別途申込を行う場合は住信SBIネット銀行のWebサイトにログインし、口座情報からお客さま情報照会・変更画面へ移動し、 SBI証券連携サービスから申込ができます。 SBIハイブリッド預金の付加サービス SBI証券と住信SBIネット銀行の連携サービスでは、SBIハイブリッド預金だけでなく 自動入出金の利用がしやすくなる付加サービスが設定できます。 必要に応じて設定を行いましょう。 アグリゲーションサービス 住信SBIネット銀行の WebサイトでSBI証券の口座残高が確認できるサービスです。 保有している銘柄ごとの確認も可能です。 振替上限設定 SBI証券Webサイトにログイン後、口座管理画面の登録情報一覧から、お取引関連・口座情報画面を開きます。 住信SBIネット銀行関連サービスから、SBIハイブリッド預金振替上限金額の確認・変更ボタンから申込が可能です。 預金保険の範囲内で住信SBIハイブリッド預金を利用したいかたに便利です。 追加保証金等自動振替サービス 信用取引を行っているかたが対象のサービスです。 追加保証金が発生した場合、不足している金額が自動的に住信SBIネット銀行の代表口座から振り替えられます。 申込は住信SBIネット銀行の口座情報の お客様情報照会・変更メニューから可能です。 SBI証券提携サービスから追加保証金等自動振替サービスの申込ボタンをクリックすると、SBI証券Webサイトに遷移します。 SBI証券側で手続き完了後、利用が可能です。 SBIハイブリッド預金に入金する 住信SBIネット銀行の代表口座に残高がある場合は、 WebサイトでSBIハイブリッド預金への振替処理を行うだけで入金が可能です。 必要な資金をATMや振込で入金することもできますが、入金先は住信SBI銀行の代表口座です。 SBIハイブリッド預金への振替処理は別途行う必要があります。 またSBI証券への入金でも自動的にSBIハイブリッド預金へ振り替えられるため、即時入金や銀行振込などを利用してSBI証券へ資金を入金しましょう。 SBIハイブリッド預金への振替は、 翌営業日または翌々営業日に反映されます。 まとめ ここまでSBI証券の自動入出金について見てきました。 内容を簡単にまとめておきましょう。

次の

スイープサービスとは

自動 スイープ と は

銀行の倒産(経営破綻)リスクを回避する方法としてはペイオフが広く知られていますよね。 1行あたりの上限を1,000万円にするのが基本ですが、複数の銀行に分散すると使い勝手が悪くなるので決済用普通預金に変更して全額を預金保険制度の対象とする方法もあります。 ところで、証券会社の倒産(経営破綻)リスクを回避するにはどうすればいいのでしょうか。 証券会社の倒産への備え 証券会社の倒産に対する対策は、• 株式・金銭・債券・投資信託などは証券会社とは別の法人で分別管理• 証券会社が分別管理をせずに倒産した場合でも上限1,000万円までは投資者保護基金が補償 があり、いわば2重構造になっていて安心なことを前回の記事にまとめています。 2018-08-21 15:21 それを前提として、万一の場合、「分別管理+投資者保護基金」でカバーされないケースに対して個人投資家としてどのようにリスクコントロールができるかを考察してみました。 基本的な考え方 そもそも、証券会社が同じ確率で倒産するわけではありませんよね。 なので、• 倒産の確率が低い証券会社を選ぶ• もし倒産しても分別管理をしている可能性が高い証券会社を選ぶ のがいいのではないかと。 上場している証券会社であれば監査法人などのチェックがあるので不正をしている可能性は低いし、税務状況が開示されているので倒産の予兆は把握しやすそうです。 その上で、• 投資者保護基金の補償上限である1,000万円を意識しておく ということでしょうか。 もちろん、• 投資者保護基金の対象かどうかを把握しておく ことも重要です。 証券会社で購入した「個人向け国債」 とりあえず「国債」と名前が付くので大丈夫そうですが、念のために調べてみました。 個人向け国債の口座を開設している取扱機関が破綻した場合、個人向け国債の利子や償還金がもらえなくなることはありますか。 個人向け国債を含む振替国債の権利の帰属は、振替口座簿の記載又は記録により定まりますので、振替国債の口座を開設している取扱機関が破綻した場合でも、その権利は保護され、利子や償還金がもらえなくなることはありません。 (財務省) いい意味で「分別管理+投資者保護基金」の対象外でしたね。 もし 証券会社が倒産した場合でも無条件に全額が保護されますし、投資者保護基金の補償枠である上限1,000万円の枠を使うこともありません。 安心しました。 SBIハイブリッド預金や楽天マネーブリッジ(自動スイープ) 証券会社の総合口座と系列銀行の口座の間で資金を自動で移動させるサービスを一般に「自動スイープ」と呼びます。 SBIハイブリッド預金や楽天マネーブリッジが有名ですよね。 で、自動スイープですが、証券会社の口座に残っている金銭は「証券会社が預かっている」という扱いなので「分別管理+投資者保護基金」の対象ですが、SBIハイブリッド預金や楽天マネーブリッジは「銀行が預かっている」という扱いになります。 SBIハイブリッド預金 住信SBIネット銀行の円普通預金、SBIハイブリッド預金、円定期預金、円仕組預金は預金保険制度の対象となります。 (SBI証券) 普通預金(マネーブリッジ利用者) 円普通預金、円定期預金、新型定期預金(満期特約定期預金、為替特約定期預金)を合算して元本1,000万円までと、その元本に対する利息が保護されます (楽天銀行) なので、そもそも「証券会社枠」ではなくて「銀行枠」であり、 証券会社が倒産した場合であっても影響はゼロということになります。 投資者保護基金の補償枠1,000万円を使うこともありません。 これも、いい意味で「分別管理+投資者保護基金」の対象外でした。 ただし、銀行が倒産した場合は直接的に影響を受けるので、ペイオフを考えて1行あたりの上限を1,000万円にするのが賢明かと。 株式 証券会社を利用する目的の大半は、株式投資ですよね。 株式については証券会社の倒産リスクの影響を直接受けるので、避けようがありません。 証券会社に預けている金銭を自動スイープにすることで投資者保護基金の補償額1,000万円を丸々使えるように枠を広げておき、 株式は1社1,000万円以内にする、という感じでしょうか。 でも、たとえば6,000万円の株式資産があったとして、各社1,000万円ずつ計6社に分散するというのは使い勝手がかなり悪そうです。 なので、実際には、補償額の上限1,000万円と使い勝手を天秤にかけることになるのでは。 たとえば「リスクを許容して3社に2,000万円ずつ計6,000万円を分散する」とか。 貸株 貸株は、個人投資家が所有する株式を証券会社に貸し出すことによって、年0. 1%ぐらいのお金をもらえる仕組みですね。 配当金や株主優待の権利が確定する日には自動的に名義を戻してくれるので、配当金の税金処理が煩雑ではなく、株主優待もちゃんともらえるというようなサービスも一般的になってきました。 たとえば株式を1億円保有していれば、その0. 1%は10万円になります。 真水で年間10万円は魅力的ですよね。 でも、 貸株は分別管理の対象ではなく投資者保護基金の対象にもなりません。 お客さまが貸出す株券は通常の保護預りとは異なり、証券会社が自社の資産とお客さまの資産を区別して管理する分別保管の対象とはなりません。 したがいまして、当社が倒産した場合などに投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 (SBI証券) 貸し付けいただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管の対象とはならず、投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 (楽天証券) 「投資者保護基金」では具体的に何が補償されるのですか?また補償の対象とならない資産には何があるのですか? マネックス証券において対象とならないもの ・貸株サービス利用時に貸し出している株式 (マネックス証券) うーん…。 冷静に考えると、 貸株は「わずか年0. 1%のために100%(全額)をリスクに晒す」という構造ですよね。 違う言い方をすれば、 その証券会社が「貸している株式の全てが毀損するような倒産」をする確率が1,000年に1回未満なら「貸株」も悪くない、ということでしょうか。 ちなみに、1,000年前といえば、日本では平安時代で藤原道長が摂関政治で絶頂を極めていた頃ですね。 「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」と詠んだ年がちょうど1,000年前の西暦1018年だとされています。 1,000年は長いですよね。 何が起きても不思議ではありません(苦笑)。 なので、 個人的には貸株を見送ることにしました。 備えあれば憂いなし で、自分はどうしているかといえば、従来はSBI証券に株式を集中させていました。 1社のみにすると、操作の慣れもあるし、色々と使い勝手がいいので。 でも、証券会社が倒産したときのリスクを認識し、今は楽天証券に株式の一部を移管しています。 具体的には、あまり売買をすることのないリートをSBI証券から楽天証券に移しました。 株式資産の8割弱がSBI証券、2割強が楽天証券という感じですね。 現在、このバランスを平準化するか、以前から保有しているマネックス証券を分散先に加えるか、を検討中です。 いや、これらの証券会社が危ないという訳ではないですよ。 逆に信頼できるから選んでるし、あくまで念には念を入れての話です。 ちなみに、移管手続き(出庫)はSBI証券とマネックス証券は手書き書面なので大変に面倒です(セコい作戦かと勘ぐっちゃうぐらい)。 他方、楽天証券は出庫手続きがネットで完結するので便利ですね(好印象)。

次の

楽天証券の自動入出金(スイープ)サービスの特徴とメリット

自動 スイープ と は

SBI証券の自動入出金(スイープ)の特徴とメリット SBI証券の自動入出金とは SBI証券では、住信SBIネット銀行との連携サービスが利用できます。 連携サービスの設定は無料です。 住信SBIネット銀行にはSBI証券の買付余力に自動反映する「 SBIハイブリッド預金」があり、預け入れることで自動入出金が可能です。 SBIハイブリッド預金は通常の円預金に比べて金利も高く、SBI証券の買付余力と連動するため入出金の手間が省けます。 投資商品の清算代金も、受渡日にSBIハイブリッド預金口座へ 自動的に振替が行われます。 SBI証券の自動入出金サービスの特徴 住信SBIネット銀行口座の開設が必要 SBI証券で自動入出金サービスを利用するには、 住信SBIネット銀行の口座が必要です。 SBI証券口座と住信SBIネット銀行の口座を保有しているかたは、誰でも申込ができます。 SBIハイブリッド預金を申し込むと、投資商品の買付時には自動的にSBIハイブリッド預金の残高が買付余力に反映するため、入金の必要がありません。 売却した投資商品の清算代金は 自動的にSBIハイブリッド預金に出金されます。 入金方法は2種類 SBIハイブリッド預金への入金方法は 2種類あります。 一つ目は住信SBIネット銀行の代表口座へ ATM、窓口などから入金する方法です。 代表口座に入金後、SBIハイブリッド預金への振替操作を行うと入金完了です。 またSBI証券口座へ 直接振込を行う方法もあり、自動的にSBIハイブリッド預金に振り替えられます。 出金の方法は3種類 SBIハイブリッド預金から出金を行う場合、住信SBIネット銀行の代表口座へ振替処理後に出金が可能です。 振替処理後に ATM出金を行うか、 他行への振込で出金が完了します。 またSBI証券のATMカードを保有している場合は、 ATMカードを使って直接SBIハイブリッド預金の出金が可能です。 IPO銘柄の売買は利用不可 SBIハイブリッド預金の残高は株式、投資信託、債券などほとんどの投資商品購入に利用できます。 しかしIPO銘柄の売買には規制が設けられており、 即金での買付ができないため注意が必要です。 SBIハイブリッド預金を利用していてIPO銘柄を購入したい場合には、即時決済サービスを利用してSBIハイブリッド預金からSBI証券口座へ資金を振り替えることで買付が可能です。 SBIハイブリッド預金への振替は受渡日 SBIハイブリッド預金へ清算代金が振り替えられるのは、 受渡日です。 SBI証券の買付余力には商品の売却後すぐに反映されますが、実際に出金が可能になるのは受渡日以降のためです。 SBI証券の自動入出金サービスのメリット 無料で申込が可能 SBIハイブリッド預金は 申込に費用がかかりません。 利用申込だけで簡単に連携ができるため、手軽に自動入出金を行うことができます。 住信SBIネット銀行の通常口座より金利が高い 住信SBIネット銀行の円普通預金口座の金利は、預け入れの金額にかかわらず0. 001%です。 SBIハイブリッド預金は、金額にかかわらず 0. 010%の金利が設定されています。 SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力と連動するだけで、出金は自由です。 定期預金よりやや金利は低い設定ですが、通常口座に預け入れておくよりも効率良く運用できます。 またSBIハイブリッド預金は毎月利払いに設定されており、 早く金利が受け取れる点も魅力です。 毎月第3土曜日に計算の上利息が入金されます。 入出金の手間がかからない SBIハイブリッド預金を利用すると、 入金と出金処理の必要がありません。 即時入金では銀行のWebサイトで暗証番号などの入力が必要で、銀行振込の場合は銀行に足を運び入金を行います。 SBIハイブリッド預金の場合は、住信SBIネット銀行の代表口座から 簡単に振替処理ができるため手軽です。 出金時も清算代金が自動的にSBIハイブリッド預金へ振り替えられます。 申込から利用開始までの期間が短い SBIハイブリッド預金は 申込後、最短当日から利用が可能です。 当日15時までの申込分は 当日の17時頃に手続きが完了します。 15時以降の申込や休日の申込分は翌営業日の17時頃から利用可能です。 SBIハイブリッド預金は預金保険制度の対象 SBIハイブリッド預金は通常の銀行預金と同様、 預金保険の対象です。 代表口座と目的別口座すべての口座の預金を合算し、 1,000万円までが保険対象のため安心です。 アグリゲーションサービスで口座管理が簡単になる アグリゲーションサービスは住信SBIネット銀行でSBI証券の 資産残高が確認できる機能です。 SBI証券と住信SBIネット銀行どちらでも口座資金の確認ができるため、口座管理がしやすくなります。 アグリゲーションサービスはSBIハイブリッド預金と同様、 無料で利用できます。 自動振替の上限設定が可能 SBI証券への振替上限を設定すると、預金保険制度の上限までSBIハイブリッド預金を運用するなど 効率的な使い方が可能です。 設定した金額を超える場合はSBI証券口座に留保されるため、他の銀行口座へ出金するなど 都合に合わせて振り分けができます。 住信SBIネット銀行のスマプロランク対象 住信SBIネット銀行には、 優遇サービスのスマートプログラムがあります。 SBIハイブリッド預金はスマートプログラムのランク対象のため、 預け入れているだけで優遇サービスが受けられます。 スマプロランクの判定条件は住信SBIネット銀行に預け入れている資産や、利用しているサービスの内容で決まります。 原則リアルタイムでSBI証券口座の残高に反映される SBIハイブリッド預金の残高は、原則リアルタイムでSBI証券の 買付余力に反映します。 SBI証券または住信SBIネット銀行がメンテナンス時のみ、リアルタイムで反映されません。 SBI証券の自動入出金(スイープ)を利用するまでの流れ SBI証券の自動入出金サービスの申込方法 SBI証券の自動入出金サービスに申し込むには、 口座開設と同時に申し込む方法と別途申込を行う方法があります。 各種口座と同時申込の場合 SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に申し込む場合、 SBIハイブリッド預金の申込も同時に行うことができます。 SBI証券Webサイトで初期設定を完了し、本人確認などの 手続き後2日から3日で自動的に利用できるようになります。 別々に申し込む場合 SBI証券口座と住信SBIネット銀行口座を別々に申し込んだ場合、 SBIハイブリッド預金も別途設定が必要です。 SBI証券口座を保有しており後から住信SBIネット銀行口座を開設する場合は、口座開設時にSBIハイブリッド預金の要否が選択可能です。 住信SBIネット銀行開設時にSBIハイブリッド預金を不要と設定した場合や、SBI証券口座を後から開設した場合は別途申込手続きを行います。 別途申込を行う場合は住信SBIネット銀行のWebサイトにログインし、口座情報からお客さま情報照会・変更画面へ移動し、 SBI証券連携サービスから申込ができます。 SBIハイブリッド預金の付加サービス SBI証券と住信SBIネット銀行の連携サービスでは、SBIハイブリッド預金だけでなく 自動入出金の利用がしやすくなる付加サービスが設定できます。 必要に応じて設定を行いましょう。 アグリゲーションサービス 住信SBIネット銀行の WebサイトでSBI証券の口座残高が確認できるサービスです。 保有している銘柄ごとの確認も可能です。 振替上限設定 SBI証券Webサイトにログイン後、口座管理画面の登録情報一覧から、お取引関連・口座情報画面を開きます。 住信SBIネット銀行関連サービスから、SBIハイブリッド預金振替上限金額の確認・変更ボタンから申込が可能です。 預金保険の範囲内で住信SBIハイブリッド預金を利用したいかたに便利です。 追加保証金等自動振替サービス 信用取引を行っているかたが対象のサービスです。 追加保証金が発生した場合、不足している金額が自動的に住信SBIネット銀行の代表口座から振り替えられます。 申込は住信SBIネット銀行の口座情報の お客様情報照会・変更メニューから可能です。 SBI証券提携サービスから追加保証金等自動振替サービスの申込ボタンをクリックすると、SBI証券Webサイトに遷移します。 SBI証券側で手続き完了後、利用が可能です。 SBIハイブリッド預金に入金する 住信SBIネット銀行の代表口座に残高がある場合は、 WebサイトでSBIハイブリッド預金への振替処理を行うだけで入金が可能です。 必要な資金をATMや振込で入金することもできますが、入金先は住信SBI銀行の代表口座です。 SBIハイブリッド預金への振替処理は別途行う必要があります。 またSBI証券への入金でも自動的にSBIハイブリッド預金へ振り替えられるため、即時入金や銀行振込などを利用してSBI証券へ資金を入金しましょう。 SBIハイブリッド預金への振替は、 翌営業日または翌々営業日に反映されます。 まとめ ここまでSBI証券の自動入出金について見てきました。 内容を簡単にまとめておきましょう。

次の