大阪桐蔭 吹奏楽 オーディション。 吹奏楽の旅 2013

こんな吹奏楽部、見たことない! 大阪桐蔭高校吹奏楽部の、驚きと感動のドキュメンタリー!

大阪桐蔭 吹奏楽 オーディション

新型コロナウィルス感染防止について 関西吹奏楽連盟理事長より再度の呼びかけ 皆様におかれましては、平素より本連盟の諸事業につきまして格別のご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 全国各地が大雨により多大な被害を受けておりますが、一旦落ち着いたかに思えた新型コロナウイルス感染症も再度猛威を振るい始め、収束の予測が立たない深刻な状況になってきたように思います。 このような中、既にニュースにもありましたように奈良県内の吹奏楽部で複数名の感染が報告されました。 罹患された方たちの回復を心より願うとともに、改めてこのCOVID-19の感染力の強さ、その中で部活動をする難しさ、そして予防の重要性を痛感いたしております。 各加盟団体の皆様におかれましても、常日頃より感染対策に心を砕きつつ、生徒達へのご指導にご尽力されていることと存じますが、いま一度、感染予防への注意喚起と無理のない部活動をご確認いただきたいと思います。 そして生徒一人一人が、まず自分自身の健康を大切にするようご教示いただくと共に、生徒たちだけでなく皆様方ご自身の安全も配慮した上で、各自治体、教育委員会等の要請及び指示を守りながら、より注意深く部活動を行うことが何よりも大切であると感じております。 我々役員一同も、この緊急事態に屈することなく、皆様と一緒にこの難局を乗り越えるため努力してまいります。 どうぞご理解、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 2020年7月13日 関西吹奏楽連盟 理事長 米田 正博 2020年度大阪府吹奏楽コンクール・大阪府マーチングコンテスト 開催中止について 皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 日頃は大阪府吹奏楽連盟に、ご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。 さて本連盟は今年度の大阪府吹奏楽コンクールと大阪府マーチングコンテストの開催の可否につきまして、検討を重ねてまいりました。 政府からの緊急事態宣言の延長の決定により、多くの学校が休校を延長され、また休校が解除された後も部活動の制限がまだしばらく続くことが予想されます。 各教育委員会が夏休みの短縮を発表・検討をされています。 昨日、全日本吹奏楽連盟より秋季事業(全日本吹奏楽コンクール・全日本小学生バンドフェスティバル・全日本マーチングコンテスト)の中止が発表されました。 上記の状況にあわせ、何よりも皆様方の健康と安全を最優先に考え、2020年度の大阪府吹奏楽コンクール・大阪府マーチングコンテストの開催を中止とさせていただくことにしました。 誠に残念ですが、加盟団体の皆様、とりわけ学校では最高学年の皆様のことを想うと、本当に心が痛みます。 今回の措置は連盟にとりましても苦渋の決断でございます。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 今後とも本連盟の事業等につきまして、ご協力とご支援を併せてお願い申し上げます。 2020年5月11日 大阪府吹奏楽連盟 理事長 丸谷 明夫.

次の

最強!大阪桐蔭高校吹奏楽部 梅田先生と部員170名の青春ラプソディ : オザワ部長

大阪桐蔭 吹奏楽 オーディション

今回初めて登場した「甲子園応援リクエスト・コーナー」。 甲子園での応援演奏のレパートリーから2曲演奏されました。 わずか2曲ではありましたが、私はこれを一番楽しみました。 3年間を振り返る映像をバックにベッド・ミドラーの『The Rose』。 私が高校生の頃の曲ですよ。 誰の選曲なのでしょう。 最後は銀河鉄道。 わが子は舞台にいませんが、そんなことは関係ありません。 特に3年生の姿を見てるとこみ上げてくるものを止められませんでした。 年々、エンターテインメント性が向上しています。 しかし、先ほども言ったように、個人的には甲子園応援演奏のような高校生らしい演奏が好きです。 贅沢を言えば、あの『カルミナ・ブラーナ』や『レクイレム』を超えるサウンドを追求してほしいという欲求があります。 あの鳥肌が立つほどの演奏を再び体験する機会を熱望してます。

次の

吹奏楽の旅 2013

大阪桐蔭 吹奏楽 オーディション

今回初めて登場した「甲子園応援リクエスト・コーナー」。 甲子園での応援演奏のレパートリーから2曲演奏されました。 わずか2曲ではありましたが、私はこれを一番楽しみました。 3年間を振り返る映像をバックにベッド・ミドラーの『The Rose』。 私が高校生の頃の曲ですよ。 誰の選曲なのでしょう。 最後は銀河鉄道。 わが子は舞台にいませんが、そんなことは関係ありません。 特に3年生の姿を見てるとこみ上げてくるものを止められませんでした。 年々、エンターテインメント性が向上しています。 しかし、先ほども言ったように、個人的には甲子園応援演奏のような高校生らしい演奏が好きです。 贅沢を言えば、あの『カルミナ・ブラーナ』や『レクイレム』を超えるサウンドを追求してほしいという欲求があります。 あの鳥肌が立つほどの演奏を再び体験する機会を熱望してます。

次の