君の膵臓をたべたいアニメ声優。 君の膵臓をたべたい(キミスイ)|アニメ声優・映画最新情報一覧

「君の膵臓をたべたい」真実か挑戦かゲームは実在した!ルールや質問や病院での質問も!

君の膵臓をたべたいアニメ声優

彼女は言った。 「君の膵臓をたべたい」 春。 まだ遅咲きの桜が咲いている、4月のこと。 他人に興味をもたず、いつもひとりで本を読んでいる高校生の「僕」は、病院の待合室で、一冊の文庫本を拾う。 手書きの文字で『共病文庫』と題されたその本は、天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。 日記の中身を目にした「僕」に、桜良は自分が膵臓の病気で余命いくばくもないことを告げる。 それは、家族と医師以外には病気を隠している彼女にとってただひとり、秘密を共有する相手ができた瞬間だった。 最期の日が訪れるまで、なるべくこれまでどおりの日常生活を送りながら、やりたいことをやり、精一杯人生を楽しもうとする桜良。 そんな彼女の奔放な行動に振り回され、「僕」の心は少しずつ変化していく。 C 住野よる/双葉社 C 君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ 実写版はストーリーというよりも俳優さんの力が強く印象に残ったが、アニメ版はストーリー展開がほぼ原作と同様なので結構話が面白く、実写では指摘・表現されていないところまで描かれていた。 君すいは実写もアニメも両方見るべき。 (涙腺崩壊度は実写の方が大きかった。 多分俳優の力) ここからはもしかしたら自然にネタバレになるかもだけど自分的にこの映画の特徴は、『桜良』の死に方が『僕』との別れを最も切なくさせるものであったことと、『桜良』と『僕』との複雑な関係である壁を最後まで双方が取り除きに行かなかったこと。 死という壁は最後まで取り除かれなかったことで二人の関係性は恋人にも友人にもならなかった。 ただ『君の膵臓を食べたい』とでしか表せない関係に。 これはお互いの『選択』により。 この作品の結末に違和感を覚えた人も多いと思います。 『なぜ病気ではなく、通り魔に殺されたのか。 』 この作品で言いたいこと、主題について考えて見てください。 それは、『命の尊さと危うさ』です。 劇中にもありますように、『現在』というのは各個人による『選択』によって成り立っているのです。 しかし『桜良』が退院する日まで二人はあることを意識していなかった。 劇中で『桜良』が言っていた『人の一日は平等。 明日君が死ぬかもしれないんだよ。 』という言葉です。 二人は他人の『選択』によって引き裂かれることを考えていなかった。 膵臓の病という『運命』だけを見ていた。 『桜良』か死んだとTVでみた場面で私は毎回鳥肌が立ちます、『甘かった』と。 『人生は選択によって成り立っている』こと、それは『命の尊さと危うさ』を表しているように私は感じました。 『桜良』は死ぬ寸前に、『僕』は『共病文庫』と『桜良』のメールの受信箱を見たときに、『桜良』と『春樹』は 『お互いを尊敬し、お互いに認め合い、お互いに憧れていた』 ことを確認したのです。 分かり合えたのに結ばれなかった。 伝えられたのに確認できなかった。 言いたいことがあるのにその時間すら与えてもらえなかった。 最後の言葉さえ伝えられなかった。。。 この切なさは『桜良』の死に方でないと表現できません。 この要素は実写版映画にはなかったので残念です(TT) 『切なさをここまで磨き上げた作品は、これより他にないです』 他のレビュアーの方はアニメの映像美やストーリーの評価をされていますが、私は「死」が近いヒロインが発する一つ一つの言葉に注目し、この映画を鑑賞しました。 現在22歳ですが、これを最初に鑑賞したのは20歳の頃、恥ずかしながら違法アップロードによるものでした。 当時は5年付き合っていた彼女に振られ、心身ともに疲れきっており、ぼーっと携帯を観ていた所このアニメ映画に出逢いました。 今回映画のストーリーについては他の方が記述さててますので割愛させて頂き、私が評価したいのは誰もが必ずや訪れる「死」についてです。 「死」というものは誰もが訪れるものであるのにも関わらず、皆あまり意識はしません。 それも当然で多くの人は寿命で死ぬと思っているからです。 しかし統計を用いて考えると日本人の20人に1人は50歳まで生きられず、世界で1日に亡くなる人の数は約5500万人です。 これは宝くじ売り場で買えるスクラッチよりも遥かに高確率であり、もしかしたら明日私は交通事故で死んでしまい、この文章が最後の言葉になってしまう可能性もあるわけです。 初めてこの映画を観る前は、そんな事考えてもいませんでした。 ただ高校を卒業し大学に入り、このまま大学を卒業、その辺の企業に就職するんだろうなぁと考え生きてきた私の心が盤上事ひっくり返った瞬間でした。 その瞬間、失恋して落ち込んでいる自分がとても悔しくなり、この若さを大切にしようと思うようになりました。 それからは若気の至りながら、生きている証を残すため歴史の教科書に載るようなデカイ事をやろう!と決意し現在起業家とし日々世間と戦っています。 そして今回、私の人生を変えたこの作品にお礼をするため作品を購入しレビューさせて頂きました。 若い全ての方に見て欲しい作品であり、「死」についてもっと慎重に考えて欲しいと思います。 主人公には友達も彼女もいない。 他人を遠ざけ、クラスでも少し浮いた存在だ。 そんな彼にある日突然、クラスの人気者でリア充の美少女が声を掛けてきて・・・・といった内容に昔流行ったギャルゲー、エロゲーを思い出した。 それら泣きゲーの名作と比べれば正直凡作と言っていいかもしれない。 女の子が男を旅行に誘うってどんな心境よ?ちょっとご飯行こう!くらいなノリで異性を泊まりに誘える?余命いくばくだから?そしてエロゲー主人公のようにどこまでも紳士 笑 な春樹。 ただただ受身、そして攻める桜良。 ハーレムアニメの主人公とヒロインの構図じゃないか。 それでも桜良が春樹に惚れる? 動機がよほど心に突き刺さる物なのだろう、そんな彼女に春樹も心動かされるのだろう。 きっとその仕掛けが『君の膵臓を食べたい』というインパクト抜群のタイトルに繋がるに違いない!・・・と勝手に思っていたのだが、蓋を開ければ様式美と言っていい程に意外性の無い物語だった。 桜良の死についても『残り短い命が通り魔に刺殺されて少し早まった』よりも『不治の病が春樹と過ごすうちに奇跡の回復!まだまだ一緒にいようと誓った翌日、まさか通り魔の手に・・・』の方が泣けません?こんな感じで、全体的に一つ一つのエピソードをもっと濃くして欲しかった。 セカチューとか同系統の作品と比べると薄~く感じます。 実写映画化で話題になったそうですが、自分はコミック版から入り、原作と読み進めこちらのアニメ版を観るに至りました。 当然内容は、知っていますがそれでも改めて物語にのめり込み、とても良い時間を過ごさせてもらいました。 実写、文庫、コミックとメディアそれぞれに良いところはありますが、この作品はアニメーションならではの良さ、特性を活かして、作画や演出、声優さんの演技、そして内容に沿った素敵な劇伴音楽で素晴らしい映像作品であったと思います。 レンタル視聴でしたが、視聴期間中に見返して、改めて発見や感動がありました。 時間をおいてまた見返したい作品です。 私自身もですが、タイトルで少しひるむことがある方もいらっしゃると思いますが、とても良い青春映画だと思います。

次の

『君の膵臓をたべたい』原作者×監督対談 教室の片隅で悩まないで

君の膵臓をたべたいアニメ声優

アニメ「君の膵臓を食べたい」はつまらない・面白くない? 劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』がNHK Eテレにて5月2日(土)夜9時より放送! 退院の日から最高かよ。 また泣かなあかんの? — れんこん 非リア勢 ReNKoN2218 「君の膵臓をたべたい」は2017年に小説が実写化されてヒットして2018年にはアニメ版が公開されました。 両方の作品とも興行収入はかなり良くヒット作品として今も多くの人に好かれていますが、 やはり売れいる作品にはアンチはつきものです。 つまらない・面白くないといった意見はたくさんありました。 そういった意見を整理して行くと <「君の膵臓をたべたい」つまらないと言われている原因> 中二病の作品 対象年齢は低め ストーリーがざっくりしている タイトルに期待が強すぎる というような原因に分けられます。 1つづつ補足していきます。 Sponsored Link 中二病の作品 「君の膵臓をたべたい」は典型的なヒロインが病気で余命〇〇ヶ月という内容の話です。 それに対して主人公やヒロインが葛藤して愛を形にしていくような内容です。 なので中二病的な作品と言えるでしょう。 そこにはカラオケとかボーリングとかをしたいということが書かれています。 その程度のことしか書かれていません。 なので中学生とかなら楽しめると考えらます。 大人だとそのリストの内容が全然違うのでリアリティが持てないと考えられます。 なので大人が見ても物語の世界に浸ることは難しいでしょう。 ストーリーがざっくりしている 「君の膵臓をたべたい」は原作がケータイ小説です。 なので物語の尺などはあまり気にせずに作ったと考えられます。 それを2時間程度のアニメに凝縮しているために、どうしても時間的な拘束があったのではないかと思われいます。 それが結果としてストーリーがざっくりしていてるという感覚に繋がります。 たとえば、 なぜ桜は春樹に気持ちを以前から抱いていたのかとか、病気の進行に対してはほとんど説明なかったりしています。 テンポよく進んでいる作品とも取れますがストーリーがざっくりしているという意見は多かったです。 タイトルに期待が強すぎる 映画はタイトルがもちろん重要ですよね。 「君の膵臓をたべたい」というタイトルは初めて聞くと多くの人が内容に興味を持つと考えられます。 しかし興味をもって内容を知ったり、アニメを見た人の中には結局 「ヒロインが余命〇〇月で死ぬパターン映画かよ」 「『世界の中心で愛を叫ぶ』とみたいな作品だな」 といったタイトルからの期待を超えていない落胆もありました。 Sponsored Link 「君の膵臓をたべたい」評判・批判のコメント 京都に『君の膵臓をたべたい』の舞台挨拶つきで鑑賞してきました。 エキセントリックなタイトルとは裏腹に、内容はいたって陳腐。 じゃあつまらない? それは監督の演出、脚本、声優さんの演技で大化けするのね。 女優を使わず、Lynnさんを抜擢して大正解です。 彼女の演技が無きゃだわ。 これも終盤にどんでん返しがあるタイプのストーリーなんだけど、実写版は構成の妙で傑作と言っていいレベルになっていて、やっぱり問題はネタの良しあしじゃないなって確認できる — GiGi gigir 「君の名は。 つまらない」とか「ララランドは退屈だ」とか「ポケモンGOを楽しむ人を軽蔑します」とか、思っててもわざわざドヤ顔で発信しなきゃいいのにって思ってた俺にもついに終わりがきた。 今ここでハッキリ発信する。 「君の膵臓をたべたい、ありきたりな内容すぎてクソつまんなかった。 」 — ちんちん evoluya1116 「君の膵臓を食べたい」を読んだ妹の感想まとめ 「情景描写とかが無くてつまらない。 ただLINE読んでるだけみたい。 本にする意味あんの?」 「語彙力がない」 が私の中でツボった — 紅秒針 kurenaibyousinn 『君の膵臓をたべたい』見たことないけど聞いた話だと全然面白くないし泣けないらしいな。 それとは別に 「ケータイ小説の中では名作」とも言っている人たちもいます。 これはケータイ小説はそもそも「小説家になろう」という小説投稿サイトに素人が投稿してその中の面白い作品が書籍化やアニメや映画になっています。 なので素人が作っている作品というわけです。 なので面白くないのは当たり前と考えている人もいます。 そうった人からすると、 「君の膵臓をたべたい」は 素人作家の作品としては面白いというふうに捉えているのでしょう。 なので ケータイ小説としては名作といわれているのです。 まとめ キャラがかわいいのは認めるけどそれだけで2時間も見てられないのも事実だよね・・・ — 兄メックス EQVvM1KYTLtTHU1 ・「君の膵臓をたべたい」は大ヒット作品でですがつまらない・面白くないという意見もあります。 中二病の内容 対象年齢は低め ストーリーがざっくりしている タイトルに期待が強すぎる が原因になっています。 またケータイ小説としていは名作とも言われています。 これは「小説家になろう」という素人が投稿するサイトなのでつまらない作品が当たり前といわれているので、そういった作品の中では名作だと言われています。 最後までお読み頂きましてありがとうございました!.

次の

「劇場アニメ 君の膵臓がたべたい」を見た人必見! 原作との違い、隠された製作者側の狙いとは!

君の膵臓をたべたいアニメ声優

「劇場アニメ 君のがたべたい」を見に映画館へ足を運んだ方々も増えてきたのではないのでしょうか!私は実写化映画だけは見ていないのですが... 原作、漫画、そして今回のアニメ映画を見てきました。 そのこともあって、劇場で「原作・漫画」と「アニメ映画」との 違いや 違和感を感じたのを覚えています。 しかし、それらには理由があったことが分かりました! 私が感じた原作との違い、それに隠された工夫についてまとめたいと思います。 1.感じた「原作との違い」や「違和感」... 1.暗すぎる... 1つ目は数日前に上げたブログでも述べたように 「主人公の「僕」が暗すぎること」です。 これは、原作と漫画の両方と比較しても、明らかに暗いです。 このことについては原作を読んだ方はすぐに気になった点だと思います。 2.雰囲気が壊れた? 2つ目は 「最後の雰囲気違いなファンタ感」です。 原作を読み、共病文庫を主人公が読むシーンの雰囲気で本映画のような「ファンタ感」を頭に想像していた人は... 少ないと思います。 漫画を読んだ人はなおさら。 初めてこの作品に出会った人も違和感を感じたシーンであると思います。 3.「名前」に込める意味 3つ目は 「原作者が込める「名前」への思いについて」です。 これは原作や画を読んでいないと分からないのですが、「僕」は相手からどう思われているかを想像することを趣味にしています。 そのため、原作・漫画では【秘密を知っているクラスメイト】くんと書かれていたりします。 また、終盤で明かされる「僕」の名前と、ヒロインである山内桜良の名前との関係、それと物語は実に繊密に考え、設定されています。 それが劇場アニメでは原作ほど伝わってこなかった印象があります。 4.イメージが全然違った... 4つ目は 「漫画と劇場映画の違い」です。 私は本作品において漫画の印象が強く、漫画で描かれていた「君のがたべたい」をイメージして映画を見に行きました。 自分の中での「君のがたべたい」がガラリと大きく変わりました。 5.何故、泣けたのだろうか。 5つ目は上に挙げてきたような原作・漫画との違いが生じていながら 「何故、泣けたのか?」ということです。 主人公のイメージが変わり、予想していなかった世界観が加わり、知っている作品とは違うはずなのに 「原作を読んだときのような」感覚になるのか不思議に思いました。 2.全ては制作側の練っていた計算! 2. 1.主人公「僕」の表現法 何故「僕」が暗かったのか...。 そこには製作者側の明確な意図がありました。 という考えから、原作とは違った「僕」が生まれたようです。 また、暗く、人格が出来上がっていない脆さを持った「僕」を表現するために、 声優経験がない方が担当されています。 もしかしたら棒読みではないかと感じられた方もいると思いますがおそらく、これに起因しているかもしれません...。 2.ファンタ感は実は... 私個人の感想を言うと、 「うわぁ... やっちったな。 」といった感じでした。 お涙必至のシーンで今までとは、全く違う雰囲気に飛ばされたので、私としては少し残念だと感じました。 しかし、私の単純な頭では思いつかなかった創作者側の狙いがありました。 また、「感」を特に大切にされたようです。 原作では、作者がどのようなイメージでそのシーンを書かれたのかは分かりませんし、作者のイメージと合っていたのか定かではありません。 ですが、 劇場アニメでしか楽しめない部分だと思いました。 3.映画製作者と原作者が共に大切にしたものとは... 私は原作・漫画と見てきて、内容をすでに知っているのに加えて、期待していたイメージと違ったという少し残念な感覚がありました。 にも関わらず、 原作を読んだように泣き、もっと作品を深く知りたくなる、作品から離れたくなくなるような... この感情をうまく言葉にできないのですが、そんな原作を読んだときに感じた感覚を映画を見ても覚えました。 なぜか、という問いについて考えていたのですが、パンフレットに載っていた監督や原作者へのインタビューにて答えられていました。 ずばり、この理由は原作を読んだ時と同じ 「読了感」を大切にされていたためだったのです。 すなわち、 原作を読んだ時の気持ちと映画を見た時の気持ちが同じになるように工夫したということです。 また、劇場アニメ だけの「花火のシーン」など原作にはないオリジナリティーが印象的であったことも大切であったと思いました。 4.まとめます。 今回、私自身が映画を見てココはどうしてだろう... と思ったことを まとめてみたのですが、皆さんは映画を見てどんな疑問が浮かんだでしょうか。 そんな、なんで?と思うことも本作を見るうえでの1つの楽しみになっているのかもしれません。 また、今回疑問を払拭してくれた情報が載っていたのは映画館で購入できる本作品のパンフレットです。 上で語った以外のことも載っていますので気になった方は手にしてみてください。 パンフレットを読み終え、表紙を見ると... 桜良から春樹に共病文庫が手渡され... END 【ブログ Vol. 11】 matcha-rabit.

次の